自動車

大手航空機メーカーのベルヘリコプターが、「空飛ぶタクシー」のコンセプトモデルを「CES 2019」に出展した。自動運転や電動化といった課題を先送りにしながら、大手メーカーのノウハウを注ぎ込んで実用化を目指すという。多くのスタートアップが競う「空飛ぶクルマ」の開発競争で、米軍輸送機「V-22 オスプレイ」でも知られる大手メーカーは頭ひとつ抜けることができるのか?




都市交通の世界では、2年ほど前から信じられないようなヴィジョンが語られるようになっている。移動が必要なときはスマートフォンを使ってタクシーを呼び出すと、どこからともなく空飛ぶ乗り物が現れて、獲物を捕らえるハヤブサのようにわたしたちを拾い上げてくれるというのだ。ラスヴェガスで開かれている世界最大級の家電見本市「CES 2019」でベルヘリコプターのブースに行くと、これがただの夢物語ではないことが確認できる。展示されているのは、ベルが考える未来のタクシー「Bell Nexus」だ。


機体重量6,000ポンド(約2.7t)の電動垂直離着陸(eVTOL)機の最高時速は150マイル(同約241km)で、航続距離は150マイル(約241km)に上る。目も眩むような眺めを楽しみたい乗客のために機体側面には大きな窓があり、拡張現実(AR)を駆使して短い空の旅を楽しめるようになっている。Nexusはただのおもちゃではなく、近い将来の実用化に向けて開発が進められている。この乗り物を巡っては、昨年のCESでもコックピットなど内部の一部が公開されていた[日本語版記事]が、全貌が明らかになるのは初めてだ。




ベルのeVTOLは、ダクトで覆われたティルト型のローター(回転翼)と補助的な翼を使って飛行する。それぞれが直径8フィート(244cm)のローターを地面に対して水平ではなく、垂直もしくは傾けた状態で回転させることで、前に進むという仕組みだ。飛行中は窓ガラスと乗客が着用するARグラスに、飛行データや現地の観光情報などが表示される。ベルヘリコプターは米軍輸送機「V-22 オスプレイ」やティルトローター機「V-280 バロー」を手がける大手航空機メーカーで、スタートアップなどとは違ってこの分野では十分な経験がある。VTOL機の設計や製造については知り尽くしており、空飛ぶクルマの開発でも市場をリードでしているわけだ。


冒頭にも書いたが、業界では空飛ぶクルマを使った効率的な都市交通システムというアイデアが流行している。機体は電動で騒音がほとんどなく、最先端のテクノロジーを駆使した管理システムを備えているため安全性も高い。操縦するのはコンピューターでも人間でもいいが、人間がパイロットになる場合でも、ヘリコプターや飛行機と違って飛ばせるようになるまでそれほどの時間はかからないという。実現すれば、特に交通渋滞の激しい大都市では移動にかかる時間が激減するはずだ。




Nexusはそんな未来の交通システムに向けて、ベルが出した答えだ。がっしりとした機体は乗客4人とパイロット1人の計5人乗りだが、操縦は将来的には自動化していくという。


テクノロジー&イノヴェイション担当副社長のマイケル・サッカーは、「これほど速く静かに大量の人を運べ、かつ環境に優しいものは地上での移動手段にはありません」と話す。「世界は2次元ではなく3次元なのです。既存の交通システムでは対応しきれないニーズをさばく上で、小型航空機は大きな役割を果たすでしょう」


多くのスタートアップが上空を行き交う新型の都市交通というアイデアに取り組むが、航空業界で名のある企業でこの分野に参入しているのは、ベルヘリコプターとエアバスだけだ。一方で、グーグル共同創業者のラリー・ペイジが出資するKitty Hawk、インテルやトヨタ自動車から資金を集めたJoby Aviation、Uber、Liliumといった企業が競争相手として名乗りを上げている。


ベルがほかのプレーヤーたちと異なるのは、他社が無視している重要な問題を念頭に置いている点だ。具体的には、ベルは空飛ぶタクシーは実用化の初期段階においては、自動操縦も完全な電動化も現実的な選択肢ではないと考えているのだ。このため、Nexusは人間のパイロットが操縦する仕組みになっている。


航空業界ではパイロット不足が深刻化しているが、Nexusの操作は非常にシンプルで、「簡単なトレーニング」を受ければ飛ばすことができるようになるという。また、動力源は電動モーターではなくタービンエンジンで、自動操縦システムと完全な電動化はテクノロジーが十分に進化するまで待つ方針だ。


操縦桿のないコックピットに?


Nexusの開発においては、4つのフレームワークが設定された。まずは運航上の要件で、飛行距離やどの程度の高度を飛行するかによって必要なスペックが違ってくる。次に、空飛ぶクルマというまったく新しい乗り物に対して、当局がどのような規制をかけるのかという頭の痛い問題がある。また、新種の乗り物という意味では、エンジニアリングや技術的に乗り越えなければならない課題も山積みだった。


そして、これらをすべてクリアしたとしても、最後に大きな難関が待ち受けている。この見たこともない乗り物を、安全かつ実用性のある交通手段として社会に受け入れてもらわなければならないのだ。イノヴェイション担当副社長のスコット・ドレナンは、「おもちゃでも、単なる娯楽用途の乗り物でもありません。これだけのサイズがあれば十分に実用的で、実際に未来の移動手段となりうる製品なのです」と説明する。


開発チームには心強い仲間もいる。ハイブリッドの動力システムを手がけるのは、フランスのジェットエンジンメーカーのサフランで、操縦システム関連はやはりフランスの防衛エレクトロニクス大手タレスが担当する。バッテリーを供給するのは、米国のElectric Power Systemsだ。フライトコントロール周りのハードウエアはMoog、それ以外の電子機器はガーミンからそれぞれ調達する。すべてを合わせれば、従来の航空機よりはるかに簡単に操縦できる乗り物が誕生する予定だ。


また、誰でも使えるインターフェースの操縦系統をつくるために、飛行訓練を受けたことのない“普通”の人々にNexus用のシミュレーターを試してもらい、データを収集している。これまでのような操縦桿とフットペダルのシステムとは、まったく異なったものになる可能性もある。


ほかの空飛ぶクルマから頭ひとつ抜けている


参考までに、複数のローターを動力とする航空機は、各ローターの回転速度を変えることで操作するようになっている。CESのブースにはこのシミュレーターの実物模型が展示されていた。今後は「SXSW」(サウス・バイ・サウス ウエスト)などのイヴェントでも同様の展示を予定しているという。


ベルは一方で、安全性の確保は最重要課題だと強調する。どれだけ強固な安全対策を施しても不安を訴えてくる大衆をなだめるには、こうした姿勢を頻繁に示しておくべきなのだろう。Nexusはローターのひとつが動かなくなったり、タービンエンジンに何らかの問題が生じた場合でも、緊急用の小型バッテリーを使って着陸するか、すぐ着陸できない場合はしばらく飛行を続けることが可能だ。


ヘリコプターには、エンジンが停止した際にメインローターを空気の動きによって回転させて空中にとどまる仕組み(オートローテーションと呼ばれる)があるが、Nexusはローターの大きさが十分ではないためオートローテーションはできない。ほかのメーカーのような避難用パラシュートなども装備していないが、ベルは緊急時にはハイブリッドのパワーシステムで完全に対応できると断言する。


また、バッテリーパックも火災などの事故の際に損傷を防ぐデザインになっている。ベルのエンジニアのボブ・ヘイロニムスは、「仮にバッテリーパックの一部とエンジンの両方が破損しても飛行を続けることができます」と話す。


ただ、やはり最も大きいのは、ベルがこれまでに積み上げてきた経験だろう。製造実績という意味では、競合はどうあがいてもベルとは張り合えない。Nexusを含め多くのローター機はボディに量産の難しい炭素繊維材を使用するが、未来のタクシーを実現するには、数百台ではなく数千台単位での生産が必要となる。このレヴェルを達成できるスタートアップは少ない。


さらに、ベルは開発段階から量産を念頭にプロジェクトを進めてきた。この点からだけでも、Nexusがほかの空飛ぶクルマから頭ひとつ抜き出ていることが納得できるのではないだろうか。