生活/文化


この投稿の、動画・曲は、全て、you tubeから借りて来た物です。

今までの投稿の文の中から、子供時代の頃を中心に、私と私の弟に関する投稿文をまとめた物です。

東京都心部の西部の静かで落ち着いた住宅地にある、我が家の近所の、私の実家は、元々、私の母方の祖父母の家で(ちなみに母は、一人っ子です)、現在は、両親が引き継いで暮らしています。既に、母方の祖父母共に、亡くなっています。

私には、兄弟姉妹は、2歳年下の弟が一人います。私の弟は、外資系の会社員で、既に、結婚をし、(まだ、二人共、幼いですが)子供が2人いて(男の子(上)が1人と、女の子(下)が1人。女の子は、一昨年、生まれたばかり)、弟の家族(妻・子供)と共に、東京の西部郊外の、静かで落ち着いた住宅地に買った、一戸建て住宅に、暮らしています。

私の父の家系は、長身の家系で、私の父は、身長は、177cmと、私の父親の世代にしては、背が高い方です(私の父は、兄弟は、弟が一人いるのですが、私の父の弟(私の父方の叔父)の身長は180cmです)。

ちなみに、私の、身長は、176cmから177cm位で、私の父親(身長177cm)と同じ位で、背は、(私の父親に、追い付いたとは言えますが)、私の父親を追い抜かす事は、出来ませんでした(母も私の母の世代にしては割と背が高く163cm位なのに。。。(ちなみに、私の母は、一人っ子です)。高校の頃、不摂生(夜遊び)しなければ、もう少し背は伸びたかもしれませんw ちなみに、私には、兄弟姉妹は、2歳年下の、弟が、一人いますが、私の、弟は、背は、私よりも、少し、高く、178cmから179cm位ですが(体形は、痩せ形の体形です)、まあ、それでも、父よりも、若干、高い位で、明確に、私の父を追い越したと言える程ではないと思いますw)。ちなみに、卒業した大学の、入試の難易度(難度)と言う点においての、学歴においては、私の弟は、私の、父親に負け(父は、東京の国立の大学を卒業しています)、私は、私の、弟に負けていますw ちなみに、私は、身長や学歴に関して、私の弟や、私の父に、劣等感と言った物は、全くありませんw(自分は、自分(私は、私)なので。。。まあ、他人との比較てはなく、自分の個人的な問題として、身長は、少なくとも、180cm位、出来たら、183cm位、欲しかったですが。。。w)

ちなみに、私の父(身長177cm)、私の父の弟(私の、叔父)(身長180cm)、私の従兄(私の父の姉(私の伯母)の、息子。私には、男の、従兄弟は、一人しかいない)(身長183cmから185cm位)、私(身長176cmから177cm位)、私の弟(身長178cmから179cm位)の、私の父、私、私の弟、(血の繋がっている)私の父方の男の親戚の、合計5人の平均身長は、179.2cm位で、北欧の成人男性の平均身長と、概ね同じ位か、若干、低い位です。

ちなみに、私が、中学生の時、私の両親、私、私の弟、私の母方の祖母でハワイ(Hawaii)に家族で旅行に行った際に、父と私が二人で行動していた時、何故だか、アメリカ本土から旅行に来ていた見知らぬ白人系のアメリカ人の家族に、フランス人旅行客の父と息子に間違われましたw。基本、アメリカ人は、地理だとか国際感覚だとかアバウト(いい加減)だからなぁwと言う感じなのですが、それは、もしかしたら、父と私が、ソース顔であると言う事も関係していたのかもしれません。

私は、会社員の父の仕事の関係で、小学校低学年の時の約2年間(当時、日本のアニメ等は祖母が私の為にマメにビデオに録画してくれましたw)、中学1年と2年の間の約1年間、アメリカに暮らしていて(小学生の頃はL.A.、中学の頃は、サンフランシスコ)、休みの日に、現地で親に色々遊びに連れて行って貰ったり、良い(楽しい)思い出として残っています。


私は、サッカー・サッカー観戦と言うかスポーツ観戦自体興味ないのですが、彼女や友人達とこれはやるのは好きです(我が家にある訳ではありませんが、行った場所に置いてあるとついやってしまうw)。 単純ですが、面白い。ちなみに、この動画は、私は小学校低学年の頃、父の仕事の関係でアメリカに暮らしていたのですが、プールやビーチに遊びに行くと、よく、現地の、10代から20代初め位の白人のビキニのお姉さん達(この動画の女の子達はアジア系のようですが)にcuteとか言われて可愛がられて、遊んで貰った記憶がありますが、その頃の事を何となく思い出しますw


私の母は、昔から(本人が若い頃から・私が子供の頃から)、何も考えておらず(少なくとも一見何も考えていないような感じで)何も考えないで欲望のままに突っ走ってしまうような面がある女性です。

私の母は、私と私の2歳年下の弟が、幼稚園・小学校の頃、天気が良くて、気分が乗ったりしたら、突然、幼稚園・学校を、ずる休みさせて、動物園・遊園地等に、子供達(子供)を、遊びに連れて行く事がありましたw

私の母は、思いついたまま自由奔放に発言し発言が支離滅裂になって、本当に言いたい事が話し相手に伝わらない事があったり、地名や店名等の固有名詞を勝手な思い込みの勘違いをしたまま堂々と言ってしまうタイプの女性なのですがw、私と弟は、昔から(子供の頃から)、母の言いたい事を翻訳出来たのでw、私と弟は、家(実家)に訪れた、お客さんや、家族旅行先で又は母とお出掛けした際に、知り合った人等と、母が、会話する際に、母の言いたい事を整理したり、母が本当に言いたい固有名詞を翻訳して、母の話し相手に伝える通訳の役割をしていましたw

以下、参考の投稿。

男根の世代後編 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2630943/page/5?&sfl=membername&stx=jlemon


私も、私の2歳年下の弟も、幼い頃・子供の頃から高校生位の頃、親に、物質的には、好き放題甘やかされていた為、自分が欲しい物の為に、駄々をこねる(我儘を言う)必要がなかったと言う事もありますが、(例外的に、赤ちゃんの頃の私は、行ってはいけないような場所に、どんどん這って行ってしまうような冒険家の赤ちゃんであったようですがw)、私も私の弟も、親の前では、大人しい良い子供で、父親にも、母親にも、一度も、大きな声で、叱られたような事はありません。その点に関しては、自分で言うのも、何なんですが、私も弟も、頭の良い子供だったのだと思いますw

私は、弟とは、昔から(幼い頃から)、お互いに、過干渉しない、適度な距離感の、個人主義と言った感じで、仲が良いです(弟と激しい喧嘩なんて、生まれてから、一度もした事がありません)。

弟は、まだ、二人共、幼いですが、子供が二人いる(男の子一人(兄)と女の子一人(妹)。女の子の方は、一昨年、生まれたばかり)のですが、どのような子育てをしているのか詳細は分かりませんが、弟は、子供達に深い愛情を持って、辛抱強く、紳士的に子育てを行っている雰囲気は伝わって来ます。


写真は、借り物(写真の作者:160SX )。「Cosmo AP」。「Cosmo AP」は、MAZDA(日本の、大規模、自動車会社の一つ。ただし、大規模会社としては、規模が小さい)が、1975年に販売を開始した、ミドルクラス(中級class)の乗用車です。「Cosmo AP」は、私が、幼い頃から子供の頃、実家(両親)の、自動車でした。幼い頃、親に連れられて、実家のCosmo APで国内旅行をした際に、現地の私よりも年上の(おそらく自動車に興味がある・自動車好きの)見知らぬ男の子が、うちの(実家の)Cosmo APを見て、「品川ナンバーのコスモ、かっけー!」みたいな内容の事を言い、その言葉が耳に残り、子供心になんとなくですが、品川ナンバーってブランド力があるんだなと言う事を初めて認識しましたw

ちなみに、私の母は、運動神経が良く、自動車の駐車等、確かに女性にしては(と言うか男女関係なく)上手いのですが、自分が自動車の運転が上手いと言う自信が、妙に高くてw(今は、さすがに、もう高齢者の年齢に突入し、昔よりも、自動車の運転は、慎重になっているようですw)、私が子供の頃から中学生・高校生の頃、それが故に、母が運転する車に乗るのは、ちょっと怖かったですw(家の車(両親の車)の運転は、同乗者(家族(妻・子供))の事を気遣い、慎重な安全運転である父の運転の方が、安心でしたw)。

私が幼い頃から現在に至るまでの、(我が家の近所の)私の実家の(私の両親の)、自動車の変遷は、MAZDA「Cosmo AP」→Nissan Volkswagen Santana(日産(nissan)自動車が、日本国内市場向けに、日本国内で生産していた、2代目、Volkswagen Passat(Volkswagen Passat (B2))の姉妹自動車。1984年に販売開始)→Mercedes-Benz C-Class →Mercedes-Benz E-Class (W211)(現在)(Mercedes-Benz E-Class の中では安い物です)となっていますが、両親は、まだ、W211 E-Classに乗り続けていて、今のところ、一向に(全く)、買い替える気配を見せません。私の、家系(家族の性質)は、一度、自動車を買ったら、とても長く乗る(乗り潰す位の、つもりで乗る)、家系(家族の性質)ですw(私も、私の弟も、そうです)。

私の実家(両親)の自動車の選択は、母が主導権を握っているので、私の母は、ミーハーでチャラチャラしたところがあるんでw(現代に若者時代を過ごしていたら、ギャルになったような気もしますw)、Nissan Volkswagen Santanaは、ドイツ車(当時、日本では、おそらく、まだドイツ車のブランド力が高かった)が、国産の同クラスの車と同程度の価格で買える、「ラッキー!」と言った程度の乗りで買ったような気がしますw その後、両親は、Mercedes-Benz C-Class、Mercedes-Benz E-Classと乗り継いでいるのですが、ベンツと言う選択は、母の見栄の部分もある事は、否定出来ないと思いますw まあ、(私もそうなのですが)、両親は、休日に高速道路を使う機会が多いので、その点において、ドイツ車と言う選択は、良いのだと思いますが。


私の母は、昔から(私が子供の頃から)、「母親である前に女」であるような女性ですw

私は、顔は、母よりも、父に似ており、私の弟は、父と母、両方に似ているとも言えるし、父と母、どちらにも似ていないとも言える顔です。

私と、私の母との関係は、私の母にとって、私は、昔から、自分の好みのタイプのルックス(外貌)の(私は、顔は、母よりも父に似ているのですが、私の父と母は、父の顔を見て、一目惚れした私の母が、父に対して、猛烈にアプローチ(誘惑)しての、バリバリの恋愛結婚ですw)、何でも、気楽に話せる、気の合う男友達と言った感じで、私の母は、昔から、自分の恋愛話でも何でも、自分の事は、何でも、バンバン私に話して来ていますw これに対して、私の母は、私の弟に対しては、昔から、態度を使い分けて来ていると言った感じで、弟に対しては、自分の話を、何でもすると言う訳ではなく(弟に対しては、自分の、女性である面を見せようとせず)、昔から、相対的に、母親の顔をしようとして来ている感じです。

私は個人的に少なからぬ女性経験はありますがw(済みません。私は昔は(若い頃は)、ワルでした)、前述の通り、母自身、何も考えていないと言うか、母自体がチャラチャラしている面があり、男の子は、ある程度、遊んだ方が良い・やんちゃした方が良い位に、思っていた節があり、又、変な話かもしれませんが、私の母は、私に関して、自分が惚れた男性との間に産んだ自分の息子(私)の女性関係・女性遍歴に関して、昔から、まんざらでもないと思って来た・誇りに思って来たような面もある感じもしますw

私の父は、私が子供の頃・若い頃は、典型的な、仕事人間・会社人間と言った感じで、土・日・祝日や休暇時期に、子供(私及び弟)を積極的に遊びに連れていったり・子供(私及び弟)と積極的に遊んだりして、子供(私及び弟)の思い出作りには、出来るだけ協力するが、子供(私及び弟)の教育に関しては、妻である私の母に全て任せて、自分は(私の父は)、子供(私及び弟)の教育に関して、一切、関与する事はなく、(父は、私及び私の弟が子供の頃は、子供(私及び弟)の事は好きで、一緒に遊ぶのは楽しいが)、子供の教育に関しては面倒くさいので何も考えないと言った感じの、ある意味、子育てに関して自己中心的な面があった男性でした。

父は、私が幼い頃・子供の頃、私と、よく遊んでくれましたが、父は、私の弟に関しては、長男である私と遊ぶので、子供と遊ぶのは飽きてしまったと言った感じもありましたw(前述の通り、私の父は、ある意味、子育てに関して自己中心的な面があった男性です)。これに対して、弟は、幼い頃・子供の頃は、甘えん坊で(今でも、私の弟は、性格に甘えん坊な面がある様な気がします)、私の母に、べったりと言った感じで、(弟が、幼い頃・子供の頃は)、私の母に、よく甘えており、母も、弟が、幼い頃・子供の頃、弟に対して、よく甘えさせて、相対的に、しっかりと母親をしていた感じですw

以下、参考の投稿。
銀座のホステス→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2686292/page/2?&sfl=membername&stx=jlemon


幼い頃・子供の頃の、私と私の弟は、私の母にとって、マスコット・自慢のペット(愛玩動物)のような物でしたw ぶっちゃけて言うと、私も弟も、幼い頃・子供の頃、大人達からの、可愛い・ハンサム・可愛くてハンサムと言った感じの、お世辞は言われ慣れていましたw 

私も私の弟も、子供時代、ズル賢い子供で、母の前で、お行儀が良いペット(愛玩動物)を演じている限り、母に愛されて、母に甘やかされて、結果として、自分達の得になる(自分達が幸せになる)と言う事を、幼い頃から、本能的に分かっていると言う感じの子供でしたw

また、それに関連して、私も私の弟も、こうすれば、大人達に、可愛がられると言う事を、幼い頃から、本能的に分かっていると言った感じの子供で、(まるで、女性が小悪魔テクを無意識的・意識的に使うようにw)、そうした事を、無意識的・意識的に行っていました。

前述の通り、幼い頃・子供の頃の、私と私の弟は、私の母にとって、マスコット・自慢のペット(愛玩動物)のような物でw、お客さんが家に来た際は、多くの場合、母に、一回は、挨拶に出されました。

私も私の弟も、幼い頃・子供の頃、お客さんに挨拶する時、無意識的・意識的に、はにかんだりしていましたが、私も私の弟も、はにかんだ方が、大人に可愛いと思われ、可愛がられると言うのを、幼い頃から本能的に分かっていた為であると思いますw

お客さんに、一通り、顔見せを済ませた後は、私の母は、それぞれの部屋に戻って遊んでなさいと言った感じの事を言ったり、そのような流れに持って行ったりしたのですが、私も私の弟も、長時間、お客さんに愛想を使い続けるのも疲れるのでw、母が、そのような感じの事を言ったり、そのような流れに持って行った時は、私も私の弟も、喜んで、再び、自分たちの部屋に戻り、おもちゃやゲームで遊んでいました。

私は、幼い頃・子供の頃から、電車・自動車その他、乗り物全般に、広く浅く興味がありますが、弟は、幼い頃・子供の頃から、そのような事はありません(まあ、弟は、テレビゲームのレーシングゲームに関しては、子供の頃から大学生の頃、私よりも、遥かに夢中でやっていましたがw)。一方、弟は、幼い頃・子供の頃は、私よりも戦隊もの・ヒーローものに夢中でした。

私は、子供の頃、博物館が好きで、東京国立科学博物館や、交通博物館、科学技術館に、よく行きました(幼い時は、親に連れて行ってもらいましたが、小学校4年生頃からは、同じ興味を持つ友達(達)と、小学生だけで、行く様になりました。中学生になってからは、ほとんど行かなくなりましたが。。。)。私は、幼い頃、恐竜に、とても興味があったので、取り分け、国立科学博物館の、恐竜に関する展示は、印象に残っています(ちなみに、かつては、本館(現在の日本館)の1階の、かつての玄関を入って右側が、恐竜に関する展示室となっていました)。

父は野球観戦が好きなのですが、私は野球は、昔から(子供の頃から)興味はなく、まだ、弟の方が少しは興味があります。また、私は、子供の頃、当時、父が、テレビでプロレスを見るのが、とても好きであった関係で、よくテレビでプロレスを見ていたのですが(ちなみに、中学生になる頃には、プロレスに対する興味は、ほとんど失っていました)、弟は、プロレスには、ほとんど興味を示しませんでした。一方、弟は、プロレスの人気が衰退した後の格闘技ブームの格闘技やボクシングは(私は、それ等に、ほとんど興味を示しませんでしたが)、テレビで夢中になって見ていました(ちなみに、父は、昔から、プロレスの人気が衰退した後の格闘技ブームの格闘技やボクシングも、テレビで見るのが好きです)。




使い勝手の良い写真なので、私の多くの投稿で使い回してしまっていますがw、私が子供の頃(小学生の頃)の写真です(前に、我が家の近所の実家を訪れた際に、出て来た、古い写真の中から、私が写っている物の一部を貰って来て、我が家に保管してある物の中から、一枚)。夏の休暇時期の写真で、とても日焼けしていますw 左側の帽子は、私の2歳年下の弟の帽子(私は兄弟姉妹は2歳年下の弟が一人います)、右側の帽子は、私の父の帽子で、写真は、私の母が撮影した写真です。服は、夏の休暇時期なので、とてもカジュアルな服装になっています(普段、小学校に通う時は、もう少し、お洒落をして行きましたw)。子供の頃(小学生の頃)は、夏の休暇時期は、この様な服で、飛び回っていました。 ちなみに、私の家族の肌の色は、父(白)、母(白)、私の弟(白)、私だけ、(おそらく私の母方の祖父の隔世遺伝で)どちらかと言えば黒です(ちなみに、どうでも良い事ですが、家族全員、酒飲みで、酒には強いですw)。例えがイケメン俳優さんで申し訳ありませんがw、私の肌の色は、調度、竹野内 豊さんと同じ位の感じです(ちなみに、どうでも良い事ですがw、私よりも竹野内豊さんの方がまあまあ年上です)。

上の写真で見て分かる通り、私は、子供の頃(小学生の頃)は、少し、丸々としていました(少し、太っていました)。ただし、実は、(たぶん、小学生の頃の、女の子は、相対的に、それ程、深く考えないで、男の子に、バレンタインデー(Valentine‘s Day)の、チョコレート(chocolate)を渡してしまう年頃と言うのもあって)、私が、人生の内で、バレンタインデー(Valentine‘s Day)の、チョコレート(chocolate)(義理チョコレートではなく、私の為の(私向けの)、個別のチョコレート(chocolate))を、一番、たくさん貰っていたのは、小学校中学年から小学校高学年の頃でw、バレンタインデー(Valentine‘s Day)の時期には、親に、冗談で、よく、チョコレート(chocolate)屋さん(チョコレート(chocolate)店)を開いた方が良いとか、チョコレート(chocolate)会社を経営出来るのではないか等と、からかわれていましたw

私は、チョコレート(chocolate)を含めた、お菓子全般は、好きなのですが、小学生の頃の、バレンタインデー(Valentine‘s Day)時期は、チョコレート(chocolate)を貰い過ぎて、チョコレート(chocolate)を食べるのに飽きてしまい(チョコレート(chocolate)を食べ切れなくて)、チョコレート(chocolate)をくれた女の子達には、大変、申し訳なかったのですが、少しずつ味見をして、家族や男の友人達等に、(貰った)チョコレート(chocolate)をあげたりしていました。

私の母は痩せの大食い(大食いと言っても標準よりも少し多く食べる程度ですが)の体質(比較的たくさん食べても痩せている体質)で(近所の実家の母は、年を取っても、よく食べるのに相変わらず痩せています)、私も私の母からの遺伝で、痩せの大食い(やはり大食いと言っても標準よりも少し多く食べる程度ですが)の体質(比較的たくさん食べても痩せている体質)なのですが、それに加えて、私の母は、痩せてはいるが筋肉質の体質で(まあ、母は、よく父と共通の趣味のゴルフに(父と)二人で行っているようですし、フィットネスクラブにも通っていて、割とよく運動はしているようなのですが、それでも、年齢の割に食べる量を考えたら、痩せの大食い体質と言わざるを得ませんw)、私も、母の痩せているが、筋肉質の体質と言うか、(運動をしなくても)筋肉がつき易い体質(ちなみに、私は、普段、運動は、ほとんどしていませんw)を、受け継いでいて、(まあ、私の場合、肉を、たくさん食べていると言うのもあるのかもしれませんがw)、私は、細マッチョ系の体型です(フィットネスやジムで体を鍛えているという訳では全くないので(と言うか、普段、運動不足気味)、細マッチョの体型ではなく、あくまで、細マッチョ系の体型ですがw)。

ただし、私は、体を動かす事(運動)は、基本的には、それ程、好きではなく、子供の頃から、現在まで続けているスポーツは、スキー位しかありません。ちなみに、両親がスキーが好きと言う事もあり(その影響で私はスキーは子供の頃からやっており得意です)、北海道は、子供の頃、親にニセコにスキーに連れて行って貰ったりして、地元(東京)から離れた場所の割には、子供の頃から割と馴染みのある土地なのですが(ニセコ・富良野は馴染みがある)、最近は、訪れていません。

もっとも、子供の頃(小学生の頃)までは、弟よりも、私の方が、運動と言った面に関して、活発で、やんちゃでしたw

私は、自分の事を、不器用で(ただし、エッチの時は、指は器用に動きますw)、運動神経はないと思っているのですが、瞬発力や、キック力、パンチ力と言った基礎的な運動能力はある様で、私は、子供の頃(小学生の頃)までは、体育の授業や運動会で、大活躍していましたw

私は高校の頃は学校で自分の身の回りにイジメはありませんでしたが、小学校・中学校の頃は、クラスでいじめられている子を、まあ時には暴力に訴えてしまう事もありましたが、いじめっ子から助ける(解放してあげる)事は、得意でしたし、自分の身の回りに、イジメを受けている子がいたら見逃せずにそうして来ました。

また、私は、若い頃、それなりに危ない事はしましたが、幸いな事に路上等で、人に攻撃されそうになった事はなく、私は喧嘩に関する、武勇伝等は全くありませんがw、小学校・中学・高校の頃は、クラスに、クラスの男どもをしめようとする、いけ好かない男がいた場合は、私が、殴ったり、張り手をかましたりしたら、以後、私には干渉しなくなったものですw

運動に関しては、私は、前述の通り、瞬発力や、キック力、パンチ力と言った基礎的な運動能力はある様で、私は、子供の頃(小学生の頃)までは、体育の授業や運動会で、大活躍していましたが、私は、前述の通り、体を動かす事(運動)は、基本的には、それ程、好きではなく、私は、中学・高校と帰宅部であったので、中学・高校の頃は、体育の授業や、運動会・体育祭で、普段バリバリに筋トレをしている体育会系の部活に所属する男子達には、敵わなくなりました。

まあ、私の弟の場合、実際にそうであった(大人しく優しい良い子であった)と言う面もあるのですが、私も、私の弟も、親の前、学校の先生の前を含む、大人の前では、大人しい良い子を演じるのが、とても、ズル賢く上手でした。

私も、私の弟も、基本、小学校・中学校・高校を通じて、老若男女を問わず、全ての、学校の先生から、エコ贔屓されていましたw(私の弟については、推測が入ってしまうのですが、私の弟も、おそらく、私と同じであったと思います)。

前述の通り、私も、私の弟も、親の前、学校の先生の前を含む、大人の前では、大人しい良い子を演じるのが、とても、ズル賢く上手でしたが、私も、私の弟も、小学生から中学生の頃、基本、マセたガキであった事は確かで、特定の大人に対しては、生意気に牙を向く事もありました(私も、私の弟も、高校から大学にかけて、だんだんと穏やかになって行きましたが。。。)。

私の弟は、中学生の時、担任であった、男の先生に、制服の着方が、だらしないと注意されて、弟は、その着方が、格好良いと思い、故意にその様な制服の着方をしていたのですが、それに対して、弟は、キレて、先生に対して、「誰にも、迷惑をかけていないじゃないですか!」と強い口調で反発をし、その制服の着方を、直さなかったそうです。まあ、私も弟も、先生の家庭訪問の時は、いつも、お宅のお子さんは何の問題もありませんよと言った感じの、先生と母の、短い談笑で終わっていた感じなのですが、その時の事も、その様な家庭訪問の際に、その弟の担任の先生と母との談笑の中での、「お宅のお子さんは、はっきりと物を言う時は言いますね」と言った感じの話題の取り上げられ方だけで終わったようですがw

私の父方の祖母は、もう100歳近い年齢ですが(私は性格に大雑把な面があり、父方の祖母の正確な今の年齢を把握していませんw)、元気に長生きしていますが、昔から頭の回転が速く、ユーモアがあり話がとても面白いです。私の父方の伯母も昔から頭の回転が速く私が子供の頃から、とてもユーモアがあり話がとても面白いです(ちなみに私の父はそうでもありません)。私も、実際に話が面白いかどうかは置いておいて、実生活において面白い話をして人を笑わせるのが好きなのですが、私の性格のそのような面は私の父方の祖母の性格を受け継いでいると思います。

実は、私が、人生の内で、人を笑わせる才能が、最もあったのは、私が小学生の頃で、当時、私が、実際、どの様な事を言って、クラスの女子達を笑わせていたのか忘れましたが、子供相手の子供のギャグなのですが、私は小学生の頃、クラスの女子達を、本当によく笑わせていて、当時、クラスの女子達は、皆、休み時間等に、私を取り囲んで、こぞって、私と話したがりましたw

私は、中学生以降になるとクールを気取りたい年頃になって、クラスの女子達を全員相手する(笑わせようとする)ような事はしなくなりましたが、自分の友人達や自分の交際している女の子・自分の親密な女の子を、引き続き、面白い事を言って笑わせていました(面白い事を言って笑わせるのが好きでした)。

私は話し(会話)が、決して上手な方ではないと思いますが、私は、昔から実際に話が面白いかどうかは置いておいて、実生活において、面白い話をして、人を笑わせるのが好きで、(これは、相手が男女関係ない事ですが)、私は、笑いの波長の合う相手だと、相手を笑わすのが楽しいので饒舌になりますw

ちなみに、私は、小学生の頃、本能的に?、クラス等の特定の女の子と親しくすると、人間関係がギクシャクするかもしれないと分かっていた感じで、基本、全ての女の子に、出来るだけ平等に接するようにしていたのですが、そんな中でも、特に親しい子は、いた事はいて、その様な女の子は(特に親しくする女の子は)、本能的に(自然に)、親しくしても、他の女子達との人間関係がギクシャクしないような女の子を選んでいました。

小学生の頃、特に親しかった同級生の少しマセた女の子の友達が、教室で、本田美奈子の歌と踊りの真似をして「マリリン~♪」なんてやっていた頃に(ちなみに、その女の子は(その女の子は、美人さんでした)、地元の同じ公立の中学に進学したのですが、中学では、校内女子トップクラスの不良になりましたw)、私は、ボン・ジョヴィのCDをかけながら、鏡に自分を映して、ジョン・ボン・ジョヴィの歌真似をする、一人ボン・ジョヴィごっこを編み出し、家でやっていました(さすがに、学校では恥ずかしいのでやらなかったw)。ボン・ジョヴィごっこは中2くらいまで続けていました(今となっては、赤面の思い出ですw)。

私は、小学校高学年の頃、クラス等のマセた(こう言うのは厳密にはマセたと言うのかどうか分かりませんがw)女子達が、自ら、自分達のスカートをめくって自分達のパンツを見せて、それを見て赤面した私の顔を見て楽しむと言う、羞恥プレイ的な?w、いじめだか何だかを受けていましたw 私は、当時、まだ性欲にも目覚めていなくて、べつに嫌でもなかったけど、嬉しくもなんともありませんでした。ちなみに、その羞恥プレイ的な?w、いじめだかの首謀者の女の子は、前述した、教室で、本田美奈子の歌と踊りの真似をして「マリリン~♪」なんてやっていた、特に親しかった同級生の少しマセた女の子です。

ちなみに、私は、小学校の頃は、同じ小学校に通う、同じclassの女の子・同学年の女の子のような、同年代の、子供の女の子達には興味は示さず、当時、小学生の頃の私から見たら、十分に、大人に見える、女性、芸能人であった、中山 美穂(nakayama miho)と言う、女性、アイドル(idol)歌手が、好きでしたw

以下、参考の投稿。

万引きの思い出/先生のエコ贔屓    →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2625194/page/5?&sfl=membername&stx=jlemon

私の母は、子供(私、及び、私の弟)が、子供の頃から高校生の頃、子供(私、及び、私の弟)の事を、物質的には、好き放題、甘やかせ、又、子供(私、及び、私の弟)の勉強に関しては、全くと言って良い程、関心がなかったのですが、母は、二人の息子を育て上げるにあたって、これだけはと言う教育方針がありました(もっとも、母にとっては、もしかしたら、それも意図的な教育方針と言うものではなく、母は、それについても、何も考えずに、無意識的・本能的に、そうしていたのかもしれません)。

私も、私の2歳年下の弟も、少し、大袈裟な言い方をすれば、保守的な考えに基づき、女性を、尊敬・尊重し、女性を大切にすると言う事に関しては、母に徹底的に教育されました。

私の母は、ミーハーで、面食いの(ハンサムな男性が好きな)、女性でした。また、私の母は、親バカでしたw 私の母は、自分の息子(私と、私の弟。特に私w)の事を、ハンサムと評価していました。

私の母が、私が思春期の頃に、私に、よく言っていた言葉(また、私の弟にも、私の弟が、思春期の頃に、時々、言っていた言葉)で、印象に残っている言葉で、たぶん内面や心掛け等に関して言っていたんだと思いますが、「美男子(又は、ハンサム。どちらか忘れた。まあ、両方言っていたと思います)は、女性(又は、女性達。たぶん両方言っていたと思います)の美男子に対する期待に応える義務がある」と言う言葉がありますw

また、私の母は、私と、私の弟が、思春期の頃に、私と私の弟に対して、「美男子(又は、ハンサム)に生まれたのは、たまたま運が良かっただけで、図に乗ってはいけない」だとか、「運が良く美男子(又は、ハンサム)に生まれたからには、相応の社会的な責任を負わなければならない」と言った感じの言葉も言っていましたw 笑ってしまうような言葉ですがw、母は、割と真面目な気持ちで息子達に言い聞かせているような感じでした。

母の教育方針は、一見、甘く見えて、実は厳しい物であったのかもしれませんw 私と弟に、「美男子(又は、ハンサム。どちらか忘れた。まあ、両方言っていたと思います)は、女性(又は、女性達。たぶん両方言っていたと思います)の美男子に対する期待に応える義務がある」と言って置きながら、どの様にしたら、女性(女性達)の期待に応える事が出来るのかは、自分達で考えて実行しなさいと言った感じであったからです。女性の期待に応えると言うのは、もちろん、ある程度、勉強が出来るとか、女性の期待に応えるだけの、ある程度の、お金を、仕事で稼げるようにならなければならないと言う事も含んでいると思います。

私は弟とは、昔から(幼い頃から)、お互いに、過干渉しない、適度な距離感の、個人主義なのですが、私と弟は、お互いの女性関係に関しても、(互いに気を遣って無関心をよそおうと言う事も含めて)互いに無関心・不干渉主義でした。それでも、私は、少なくとも、私の弟の歴代の彼女の顔くらいは知っていますw 一方、弟は、(弟に比べて不真面目であった)私の、女性関係の全貌は、二人とも実家暮らしであった時に限定しても、全く掴めていないと思いますw

前述の通り、私は弟とは、昔から(幼い頃から)、お互いに、過干渉しない、適度な距離感の、個人主義なのですが、中学校・高校時代、学校の部活に縛られない、帰宅部であった事、大学受験の為の、予備校は、通わず、学校の勉強と、(自分で選んだ参考書を使った)自宅の勉強だけで(家で、自分だけで行った勉強だけで)、大学を受験した事、大学時代に1年間、アメリカの大学に留学した事等について、弟は、私の影響を受けており、ちゃんと、私の背中を見ていてくれたのだなと思います。

 


私は、高校の時、遊び重視派高校生だったのでw、大学受験の為の予備校・塾には行かずに(模試は何回か受けた)、学校の勉強以外は、(自分で選んだ参考書を使った)自宅の勉強だけで(家で自分で行った勉強だけで)、大学を受験しました(弟も、その影響を受けました。私も弟も、高校までずっと公立(私も弟も高校までずっと共学でw、弟の方が勉強が出来た高校だが、何れにしても、私が通った高校も弟が通った高校も、伝統的に、全般的に女子の方が優勢で校風は何となく女性的な高校w)で浪人もしなかったので、私の両親は、大学受験までは、私にも私の弟にも、教育費に関してはあまり掛からなかったと思います)。ちなみに、私は、異性関係チャラチャラ男子高校生、2歳年下の弟はスケボ・サーフィン男子高校生でしたw

以下、参考の投稿。

「女子校・共学違い」等    →
/jp/board/exc_board_50/view/id/2689592?&sfl=membername&stx=jlemon


私も私の弟も文系で、(育った家庭環境もあり)昔から英語が得意と言う事は共通しているのですが、弟は私程、社会(歴史や地理)に興味を示さなかった一方で、私よりも読書家で、私よりも、本をよく読み、国語が得意科目でした。また、弟は、文系ですが、昔から、パソコンやITに関する知識は割と豊富で(私は、パソコンやITに関する知識は乏しく、疎いですw)、実家ではパソコンの調子が変になったり使い方が分からなかったりしたら、弟に聞けと言うのが家訓になっていましたw 私も私の弟も、父に似て、知的好奇心が旺盛と言う点に関しては共通していますが、興味の方向性と言う事に関しては、昔から微妙に異なります。

私は性格が猫又は極端に言えば一匹狼で、昔から、人付き合いに関して、集団・群れるというよりも個人対個人・集うと言った付き合いを好みます。その事もあって、中学・高校時代は部活に縛られない帰宅部を選択したのですが、私の弟(私は兄弟姉妹は2歳下の弟が一人います)も、その影響を受けました。

テレビゲームと言う点に関しては、私も子供の頃から中学生の頃、よく遊んでいましたが、弟の方が、相対的に、よく遊んでいました。

そのかわり弟はプラモデルには全く興味を示しませんでした。

私は、子供の頃から中学生の頃、プラモデルを作るのを趣味としていたのですが、私がプラモデルの世界に入る、きっかけになったのは、私が、まだ幼稚園児の頃、父が、私と一緒に作ろうと、私に買って来た、ロボダッチのプラモデルです。私は、幼い頃から子供の頃、父と一緒に(父と共同作業で)、よくロボダッチの、プラモデルを作っていました。まあ、実質的には、ほとんど、父が作っていた面があるのですが、父は、いつも丁寧に、優しく、私と共同作業で作っている振りをしてくれていました(私の2歳年下の弟は、制作に加わると言うよりも、時々、ちょっかいを出すだけと言った感じでしたw 完成品では、一緒に遊びましたが。。。)。ちなみに、私の父は手先が器用ですが、私は、基本的に、手先が不器用ですw(エッチの時は指は器用によく動くのに何でだろうw)。

前述の通り、私は、ロボダッチシリーズから、プラモデルの世界に入って行ったのですが、だんだんと、渋い趣味に走り、小学校高学年から中学生の頃(特に中学生の頃)は、日本の城シリーズのプラモデルや、昔の、おでんの屋台や蕎麦食堂等のプラモデル、昔の農家のプラモデル(草の種を植えると草が生えて来る)等を好んで作りましたw。ちなみに、私は、小学生・中学生・高校生の頃、学校の授業の科目の中で、社会は好きな科目でした。

私は、プラモデルは、高校生になると、ほとんど作らなくなり、大学生からは、全く作らなくなり、現在へ至っています。ちなみに、私は、モデラーと言う程では、全くなく、前述の通り、不器用であるので、プラモデルは説明書通りに組み立てて、説明書通りに色を塗るだけでしたw

私は、中学1年生の時に、地元の同じ中学校に通う、当時、中学3年生の、スケバン(不良の女性)の、番長に、告白された(その番長と、その番長の、子分又は友人の、同じ中学校に通う不良の中学校3年生の女子中学生の、二人で、中学校の通学路で、待ち伏せされ、その番長に告白された)のに始まって、私は、若い頃、所謂、典型的な不良とは、むしろ、女性との絡みが多かったですw

私は、中学1年生の時、その、当時、中学3年生のスケバン(女性の不良)の番長(美人で、背が高い、女優・モデル系の外貌の女性でした)に告白された際に、私は、その様な年上の女性に、告白される、心の準備が出来ておらず、又、まだ、あまり物事を、よく考えられない年頃であったと言うのもあり、咄嗟に、どうして良いか、全く、分からず、「今は、ちょっと付き合う事が出来ません」と断りました。その、スケバン(女性の不良)の番長とは、それ以来、何もありませんでした。

ちなみに、私が、初めて女性と交際したのは、中学2年生の後半(14歳の時)で、相手は地元の同じ中学校に通っていた同学年(同い年)の女の子で、それまで、「目と目で通じあう」(工藤静香の歌とは全く関係ないですw まあ、私が初めて女性と交際し始めた時期と似たような年のヒット曲ではありますがw)と言った感じで、お互いに両想いであるのは分かっていて、私が誘った初めてのデートの際に、私が、「付き合っちゃおうか!」と言い、相手が、それに対して快諾した事で、交際がスタートしました。

前述のように、私は、若い頃、所謂、典型的な不良とは、むしろ、女性との絡みが多かったのですが、別な意味での、悪い友人(悪い友人達)との付き合いは、中学生の頃からあり、既に、中学生の頃から、渋谷での、ディスコ・クラブでの夜遊びの、デビューを果たしていました(本格的に、club(nightclub)等で、よく、夜遊びするのは高校生になってからでしたが。。。)。

私は、高校生の時は、放課後は女の子・女の子達や私と同じチャラチャラした男友達達と遊ぶのに忙しく(渋谷でよく遊んでいました)、クラブ等での夜遊びや合コンもたくさんしていました。

ちなみに、私も、当時、私と一緒に遊んでいた、悪友達(友達達)も、学校の先生の前では、優等生で(素直で、礼儀正しく、一般的には、学校内においては、学校の規則を、しっかりと守る生徒で)、親の前でも、一般的には、反抗期なんて言う物は存在しない位、良い子(良い、子供)でしたw  また、私の弟は、(若い頃、サーフィン(surfing)や、スケートボード(skateboarding)、スノーボード(snowboarding)を、よく、やっていて、そう言う面(運動と言った面)に関しては、私よりも活発でしたが)、私に比べれば、かなり真面目でした。

私の弟は、高校の頃、サーフィンや、スケートボード、スノーボードを、よく、やっていて、アウトドア派でしたが、私は、基本、インドア派でした。私の場合、インドア派と言っても、人と過ごすインドアで、交際している女の子・親密な女の子との放課後のカラオケボックスでのカラオケ(渋谷のカラオケボックスをよく利用していました)、交際している女の子・親密な女の子との放課後のラブホテルのご休憩(エッチ)(渋谷周辺のラブホテルをよく利用していました)、放課後に交際している女の子と家(実家)の自分の部屋でテレビゲームをして遊ぶ事、放課後に交際している女の子の家(実家)に遊びに行き交際している女の子の部屋で過ごす事、合コン、クラブでの夜遊び等と言った物です。

私は、もちろん学校の友人関係もありましたが、特に高校時代は学校外の人付き合い(私の場合主に夜遊びを通じた人付き合いなので褒められた物では全くないけどw)を大切にしていました。私の弟もその影響を受けて、中学・高校時代は帰宅部を選択して、弟も、もちろん学校の友人関係もありましたが、特に高校時代は趣味のサーフィンを通じた人間関係を大切にしていました。

私の弟は、若い頃、私よりも、かなり真面目でしたが、サーフィンやスケートボードスノーボードをよくやっていて、そう言う面(運動と言った面)に関しては私よりも活発でした。実は、子供の頃(小学生の頃)までは、弟よりも、私の方が、運動と言った面に関して、活発で、やんちゃでしたがw
             
前述の通り、私の弟は、若い頃、サーフィンやスケートボード、スノーボードを、よく、やっていました。弟は、若い頃、本当に、よく、湘南や千葉の海に、サーフィンをしに行っていました。弟は、高校時代から、サーフィンを通じた、幅が広い年齢層の人脈を築き、高校時代、学校内(通っていた高校内)で彼女も作っていましたが、サーフィンを通じた人脈で、彼女を作る等もしていました。

また、私の弟は、小学生の頃から大学生の頃にかけて、私の街の、空手教室に通っていて、特に、中学生から高校生の頃、熱心に通っていました。私の弟は、初段だか、二段だか、三段だか、弟に確認してみないと分かりませんが、何れにしても、私の弟は、空手は、黒帯です。

私は、昔から、コーヒー・紅茶には、拘りがありませんが、弟は、昔から、コーヒーが好きで、自分で、家庭用のエスプレッソマシンを購入する等していました。私も私の弟も、酒飲みで酒に強い(ちなみに弟の奥さんも酒飲みで酒に強いw)と言う点は共通していますが、私は、ワインや日本酒を飲むのは好きなのですが、ワインや日本酒の知識は乏しく、また味の違いの見分け方とか自信はないのですが、私の弟は、ワインや日本酒の知識が豊富です。一方、食べる事に関しては、私の方がグルメで、食べ物や飲食店の知識は、私の方が、豊富であると思います。

私も私の弟も、本格的な登山やキャンプ等のアウトドアは好まないのですが、私の方が、自然の中を散歩したりハイキングしたりする事は、弟よりも、相対的に好きであると思います。

性格に関しては、昔から、弟は、保守的で慎重(悪く言えば臆病)・堅実で、私は冒険家気質で性格に大胆な面がありますw

この様に、私と弟は、同じ家庭環境で育ったのにも関わらず、昔から、性格や趣味に異なる点も少なくありませんが、テレビゲームも、子供の頃から中学生位の頃、夢中になって遊んでいた物が被る物が多いですし、まあ、2歳違いで、あまり年齢が離れていないのと、やはり、そうは言っても同じ家庭環境で育った事から、私と弟で共通する面も、少なくはないと思います。

私と弟2へ続く→

/jp/board/exc_board_8/view/id/2694200?&sfl=membername&stx=jlemon

 


私と弟1


この投稿の、動画・曲は、全て、you tubeから借りて来た物です。

今までの投稿の文の中から、子供時代の頃を中心に、私と私の弟に関する投稿文をまとめた物です。

東京都心部の西部の静かで落ち着いた住宅地にある、我が家の近所の、私の実家は、元々、私の母方の祖父母の家で(ちなみに母は、一人っ子です)、現在は、両親が引き継いで暮らしています。既に、母方の祖父母共に、亡くなっています。

私には、兄弟姉妹は、2歳年下の弟が一人います。私の弟は、外資系の会社員で、既に、結婚をし、(まだ、二人共、幼いですが)子供が2人いて(男の子(上)が1人と、女の子(下)が1人。女の子は、一昨年、生まれたばかり)、弟の家族(妻・子供)と共に、東京の西部郊外の、静かで落ち着いた住宅地に買った、一戸建て住宅に、暮らしています。

私の父の家系は、長身の家系で、私の父は、身長は、177cmと、私の父親の世代にしては、背が高い方です(私の父は、兄弟は、弟が一人いるのですが、私の父の弟(私の父方の叔父)の身長は180cmです)。

ちなみに、私の、身長は、176cmから177cm位で、私の父親(身長177cm)と同じ位で、背は、(私の父親に、追い付いたとは言えますが)、私の父親を追い抜かす事は、出来ませんでした(母も私の母の世代にしては割と背が高く163cm位なのに。。。(ちなみに、私の母は、一人っ子です)。高校の頃、不摂生(夜遊び)しなければ、もう少し背は伸びたかもしれませんw ちなみに、私には、兄弟姉妹は、2歳年下の、弟が、一人いますが、私の、弟は、背は、私よりも、少し、高く、178cmから179cm位ですが(体形は、痩せ形の体形です)、まあ、それでも、父よりも、若干、高い位で、明確に、私の父を追い越したと言える程ではないと思いますw)。ちなみに、卒業した大学の、入試の難易度(難度)と言う点においての、学歴においては、私の弟は、私の、父親に負け(父は、東京の国立の大学を卒業しています)、私は、私の、弟に負けていますw ちなみに、私は、身長や学歴に関して、私の弟や、私の父に、劣等感と言った物は、全くありませんw(自分は、自分(私は、私)なので。。。まあ、他人との比較てはなく、自分の個人的な問題として、身長は、少なくとも、180cm位、出来たら、183cm位、欲しかったですが。。。w)

ちなみに、私の父(身長177cm)、私の父の弟(私の、叔父)(身長180cm)、私の従兄(私の父の姉(私の伯母)の、息子。私には、男の、従兄弟は、一人しかいない)(身長183cmから185cm位)、私(身長176cmから177cm位)、私の弟(身長178cmから179cm位)の、私の父、私、私の弟、(血の繋がっている)私の父方の男の親戚の、合計5人の平均身長は、179.2cm位で、北欧の成人男性の平均身長と、概ね同じ位か、若干、低い位です。

ちなみに、私が、中学生の時、私の両親、私、私の弟、私の母方の祖母でハワイ(Hawaii)に家族で旅行に行った際に、父と私が二人で行動していた時、何故だか、アメリカ本土から旅行に来ていた見知らぬ白人系のアメリカ人の家族に、フランス人旅行客の父と息子に間違われましたw。基本、アメリカ人は、地理だとか国際感覚だとかアバウト(いい加減)だからなぁwと言う感じなのですが、それは、もしかしたら、父と私が、ソース顔であると言う事も関係していたのかもしれません。

私は、会社員の父の仕事の関係で、小学校低学年の時の約2年間(当時、日本のアニメ等は祖母が私の為にマメにビデオに録画してくれましたw)、中学1年と2年の間の約1年間、アメリカに暮らしていて(小学生の頃はL.A.、中学の頃は、サンフランシスコ)、休みの日に、現地で親に色々遊びに連れて行って貰ったり、良い(楽しい)思い出として残っています。


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube-nocookie.com/embed/GrxBzRDHL7s?rel=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>私は、サッカー・サッカー観戦と言うかスポーツ観戦自体興味ないのですが、彼女や友人達とこれはやるのは好きです(我が家にある訳ではありませんが、行った場所に置いてあるとついやってしまうw)。 単純ですが、面白い。ちなみに、この動画は、私は小学校低学年の頃、父の仕事の関係でアメリカに暮らしていたのですが、プールやビーチに遊びに行くと、よく、現地の、10代から20代初め位の白人のビキニのお姉さん達(この動画の女の子達はアジア系のようですが)にcuteとか言われて可愛がられて、遊んで貰った記憶がありますが、その頃の事を何となく思い出しますw


私の母は、昔から(本人が若い頃から・私が子供の頃から)、何も考えておらず(少なくとも一見何も考えていないような感じで)何も考えないで欲望のままに突っ走ってしまうような面がある女性です。

私の母は、私と私の2歳年下の弟が、幼稚園・小学校の頃、天気が良くて、気分が乗ったりしたら、突然、幼稚園・学校を、ずる休みさせて、動物園・遊園地等に、子供達(子供)を、遊びに連れて行く事がありましたw

私の母は、思いついたまま自由奔放に発言し発言が支離滅裂になって、本当に言いたい事が話し相手に伝わらない事があったり、地名や店名等の固有名詞を勝手な思い込みの勘違いをしたまま堂々と言ってしまうタイプの女性なのですがw、私と弟は、昔から(子供の頃から)、母の言いたい事を翻訳出来たのでw、私と弟は、家(実家)に訪れた、お客さんや、家族旅行先で又は母とお出掛けした際に、知り合った人等と、母が、会話する際に、母の言いたい事を整理したり、母が本当に言いたい固有名詞を翻訳して、母の話し相手に伝える通訳の役割をしていましたw

以下、参考の投稿。

男根の世代後編 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2630943/page/5?&sfl=membername&stx=jlemon


私も、私の2歳年下の弟も、幼い頃・子供の頃から高校生位の頃、親に、物質的には、好き放題甘やかされていた為、自分が欲しい物の為に、駄々をこねる(我儘を言う)必要がなかったと言う事もありますが、(例外的に、赤ちゃんの頃の私は、行ってはいけないような場所に、どんどん這って行ってしまうような冒険家の赤ちゃんであったようですがw)、私も私の弟も、親の前では、大人しい良い子供で、父親にも、母親にも、一度も、大きな声で、叱られたような事はありません。その点に関しては、自分で言うのも、何なんですが、私も弟も、頭の良い子供だったのだと思いますw

私は、弟とは、昔から(幼い頃から)、お互いに、過干渉しない、適度な距離感の、個人主義と言った感じで、仲が良いです(弟と激しい喧嘩なんて、生まれてから、一度もした事がありません)。

弟は、まだ、二人共、幼いですが、子供が二人いる(男の子一人(兄)と女の子一人(妹)。女の子の方は、一昨年、生まれたばかり)のですが、どのような子育てをしているのか詳細は分かりませんが、弟は、子供達に深い愛情を持って、辛抱強く、紳士的に子育てを行っている雰囲気は伝わって来ます。


写真は、借り物(写真の作者:160SX )。「Cosmo AP」。「Cosmo AP」は、MAZDA(日本の、大規模、自動車会社の一つ。ただし、大規模会社としては、規模が小さい)が、1975年に販売を開始した、ミドルクラス(中級class)の乗用車です。「Cosmo AP」は、私が、幼い頃から子供の頃、実家(両親)の、自動車でした。幼い頃、親に連れられて、実家のCosmo APで国内旅行をした際に、現地の私よりも年上の(おそらく自動車に興味がある・自動車好きの)見知らぬ男の子が、うちの(実家の)Cosmo APを見て、「品川ナンバーのコスモ、かっけー!」みたいな内容の事を言い、その言葉が耳に残り、子供心になんとなくですが、品川ナンバーってブランド力があるんだなと言う事を初めて認識しましたw

ちなみに、私の母は、運動神経が良く、自動車の駐車等、確かに女性にしては(と言うか男女関係なく)上手いのですが、自分が自動車の運転が上手いと言う自信が、妙に高くてw(今は、さすがに、もう高齢者の年齢に突入し、昔よりも、自動車の運転は、慎重になっているようですw)、私が子供の頃から中学生・高校生の頃、それが故に、母が運転する車に乗るのは、ちょっと怖かったですw(家の車(両親の車)の運転は、同乗者(家族(妻・子供))の事を気遣い、慎重な安全運転である父の運転の方が、安心でしたw)。

私が幼い頃から現在に至るまでの、(我が家の近所の)私の実家の(私の両親の)、自動車の変遷は、MAZDA「Cosmo AP」→Nissan Volkswagen Santana(日産(nissan)自動車が、日本国内市場向けに、日本国内で生産していた、2代目、Volkswagen Passat(Volkswagen Passat (B2))の姉妹自動車。1984年に販売開始)→Mercedes-Benz C-Class →Mercedes-Benz E-Class (W211)(現在)(Mercedes-Benz E-Class の中では安い物です)となっていますが、両親は、まだ、W211 E-Classに乗り続けていて、今のところ、一向に(全く)、買い替える気配を見せません。私の、家系(家族の性質)は、一度、自動車を買ったら、とても長く乗る(乗り潰す位の、つもりで乗る)、家系(家族の性質)ですw(私も、私の弟も、そうです)。

私の実家(両親)の自動車の選択は、母が主導権を握っているので、私の母は、ミーハーでチャラチャラしたところがあるんでw(現代に若者時代を過ごしていたら、ギャルになったような気もしますw)、Nissan Volkswagen Santanaは、ドイツ車(当時、日本では、おそらく、まだドイツ車のブランド力が高かった)が、国産の同クラスの車と同程度の価格で買える、「ラッキー!」と言った程度の乗りで買ったような気がしますw その後、両親は、Mercedes-Benz C-Class、Mercedes-Benz E-Classと乗り継いでいるのですが、ベンツと言う選択は、母の見栄の部分もある事は、否定出来ないと思いますw まあ、(私もそうなのですが)、両親は、休日に高速道路を使う機会が多いので、その点において、ドイツ車と言う選択は、良いのだと思いますが。


私の母は、昔から(私が子供の頃から)、「母親である前に女」であるような女性ですw

私は、顔は、母よりも、父に似ており、私の弟は、父と母、両方に似ているとも言えるし、父と母、どちらにも似ていないとも言える顔です。

私と、私の母との関係は、私の母にとって、私は、昔から、自分の好みのタイプのルックス(外貌)の(私は、顔は、母よりも父に似ているのですが、私の父と母は、父の顔を見て、一目惚れした私の母が、父に対して、猛烈にアプローチ(誘惑)しての、バリバリの恋愛結婚ですw)、何でも、気楽に話せる、気の合う男友達と言った感じで、私の母は、昔から、自分の恋愛話でも何でも、自分の事は、何でも、バンバン私に話して来ていますw これに対して、私の母は、私の弟に対しては、昔から、態度を使い分けて来ていると言った感じで、弟に対しては、自分の話を、何でもすると言う訳ではなく(弟に対しては、自分の、女性である面を見せようとせず)、昔から、相対的に、母親の顔をしようとして来ている感じです。

私は個人的に少なからぬ女性経験はありますがw(済みません。私は昔は(若い頃は)、ワルでした)、前述の通り、母自身、何も考えていないと言うか、母自体がチャラチャラしている面があり、男の子は、ある程度、遊んだ方が良い・やんちゃした方が良い位に、思っていた節があり、又、変な話かもしれませんが、私の母は、私に関して、自分が惚れた男性との間に産んだ自分の息子(私)の女性関係・女性遍歴に関して、昔から、まんざらでもないと思って来た・誇りに思って来たような面もある感じもしますw

私の父は、私が子供の頃・若い頃は、典型的な、仕事人間・会社人間と言った感じで、土・日・祝日や休暇時期に、子供(私及び弟)を積極的に遊びに連れていったり・子供(私及び弟)と積極的に遊んだりして、子供(私及び弟)の思い出作りには、出来るだけ協力するが、子供(私及び弟)の教育に関しては、妻である私の母に全て任せて、自分は(私の父は)、子供(私及び弟)の教育に関して、一切、関与する事はなく、(父は、私及び私の弟が子供の頃は、子供(私及び弟)の事は好きで、一緒に遊ぶのは楽しいが)、子供の教育に関しては面倒くさいので何も考えないと言った感じの、ある意味、子育てに関して自己中心的な面があった男性でした。

父は、私が幼い頃・子供の頃、私と、よく遊んでくれましたが、父は、私の弟に関しては、長男である私と遊ぶので、子供と遊ぶのは飽きてしまったと言った感じもありましたw(前述の通り、私の父は、ある意味、子育てに関して自己中心的な面があった男性です)。これに対して、弟は、幼い頃・子供の頃は、甘えん坊で(今でも、私の弟は、性格に甘えん坊な面がある様な気がします)、私の母に、べったりと言った感じで、(弟が、幼い頃・子供の頃は)、私の母に、よく甘えており、母も、弟が、幼い頃・子供の頃、弟に対して、よく甘えさせて、相対的に、しっかりと母親をしていた感じですw

以下、参考の投稿。
銀座のホステス→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2686292/page/2?&sfl=membername&stx=jlemon


幼い頃・子供の頃の、私と私の弟は、私の母にとって、マスコット・自慢のペット(愛玩動物)のような物でしたw ぶっちゃけて言うと、私も弟も、幼い頃・子供の頃、大人達からの、可愛い・ハンサム・可愛くてハンサムと言った感じの、お世辞は言われ慣れていましたw 

私も私の弟も、子供時代、ズル賢い子供で、母の前で、お行儀が良いペット(愛玩動物)を演じている限り、母に愛されて、母に甘やかされて、結果として、自分達の得になる(自分達が幸せになる)と言う事を、幼い頃から、本能的に分かっていると言う感じの子供でしたw

また、それに関連して、私も私の弟も、こうすれば、大人達に、可愛がられると言う事を、幼い頃から、本能的に分かっていると言った感じの子供で、(まるで、女性が小悪魔テクを無意識的・意識的に使うようにw)、そうした事を、無意識的・意識的に行っていました。

前述の通り、幼い頃・子供の頃の、私と私の弟は、私の母にとって、マスコット・自慢のペット(愛玩動物)のような物でw、お客さんが家に来た際は、多くの場合、母に、一回は、挨拶に出されました。

私も私の弟も、幼い頃・子供の頃、お客さんに挨拶する時、無意識的・意識的に、はにかんだりしていましたが、私も私の弟も、はにかんだ方が、大人に可愛いと思われ、可愛がられると言うのを、幼い頃から本能的に分かっていた為であると思いますw

お客さんに、一通り、顔見せを済ませた後は、私の母は、それぞれの部屋に戻って遊んでなさいと言った感じの事を言ったり、そのような流れに持って行ったりしたのですが、私も私の弟も、長時間、お客さんに愛想を使い続けるのも疲れるのでw、母が、そのような感じの事を言ったり、そのような流れに持って行った時は、私も私の弟も、喜んで、再び、自分たちの部屋に戻り、おもちゃやゲームで遊んでいました。

私は、幼い頃・子供の頃から、電車・自動車その他、乗り物全般に、広く浅く興味がありますが、弟は、幼い頃・子供の頃から、そのような事はありません(まあ、弟は、テレビゲームのレーシングゲームに関しては、子供の頃から大学生の頃、私よりも、遥かに夢中でやっていましたがw)。一方、弟は、幼い頃・子供の頃は、私よりも戦隊もの・ヒーローものに夢中でした。

私は、子供の頃、博物館が好きで、東京国立科学博物館や、交通博物館、科学技術館に、よく行きました(幼い時は、親に連れて行ってもらいましたが、小学校4年生頃からは、同じ興味を持つ友達(達)と、小学生だけで、行く様になりました。中学生になってからは、ほとんど行かなくなりましたが。。。)。私は、幼い頃、恐竜に、とても興味があったので、取り分け、国立科学博物館の、恐竜に関する展示は、印象に残っています(ちなみに、かつては、本館(現在の日本館)の1階の、かつての玄関を入って右側が、恐竜に関する展示室となっていました)。

父は野球観戦が好きなのですが、私は野球は、昔から(子供の頃から)興味はなく、まだ、弟の方が少しは興味があります。また、私は、子供の頃、当時、父が、テレビでプロレスを見るのが、とても好きであった関係で、よくテレビでプロレスを見ていたのですが(ちなみに、中学生になる頃には、プロレスに対する興味は、ほとんど失っていました)、弟は、プロレスには、ほとんど興味を示しませんでした。一方、弟は、プロレスの人気が衰退した後の格闘技ブームの格闘技やボクシングは(私は、それ等に、ほとんど興味を示しませんでしたが)、テレビで夢中になって見ていました(ちなみに、父は、昔から、プロレスの人気が衰退した後の格闘技ブームの格闘技やボクシングも、テレビで見るのが好きです)。




使い勝手の良い写真なので、私の多くの投稿で使い回してしまっていますがw、私が子供の頃(小学生の頃)の写真です(前に、我が家の近所の実家を訪れた際に、出て来た、古い写真の中から、私が写っている物の一部を貰って来て、我が家に保管してある物の中から、一枚)。夏の休暇時期の写真で、とても日焼けしていますw 左側の帽子は、私の2歳年下の弟の帽子(私は兄弟姉妹は2歳年下の弟が一人います)、右側の帽子は、私の父の帽子で、写真は、私の母が撮影した写真です。服は、夏の休暇時期なので、とてもカジュアルな服装になっています(普段、小学校に通う時は、もう少し、お洒落をして行きましたw)。子供の頃(小学生の頃)は、夏の休暇時期は、この様な服で、飛び回っていました。 ちなみに、私の家族の肌の色は、父(白)、母(白)、私の弟(白)、私だけ、(おそらく私の母方の祖父の隔世遺伝で)どちらかと言えば黒です(ちなみに、どうでも良い事ですが、家族全員、酒飲みで、酒には強いですw)。例えがイケメン俳優さんで申し訳ありませんがw、私の肌の色は、調度、竹野内 豊さんと同じ位の感じです(ちなみに、どうでも良い事ですがw、私よりも竹野内豊さんの方がまあまあ年上です)。

上の写真で見て分かる通り、私は、子供の頃(小学生の頃)は、少し、丸々としていました(少し、太っていました)。ただし、実は、(たぶん、小学生の頃の、女の子は、相対的に、それ程、深く考えないで、男の子に、バレンタインデー(Valentine‘s Day)の、チョコレート(chocolate)を渡してしまう年頃と言うのもあって)、私が、人生の内で、バレンタインデー(Valentine‘s Day)の、チョコレート(chocolate)(義理チョコレートではなく、私の為の(私向けの)、個別のチョコレート(chocolate))を、一番、たくさん貰っていたのは、小学校中学年から小学校高学年の頃でw、バレンタインデー(Valentine‘s Day)の時期には、親に、冗談で、よく、チョコレート(chocolate)屋さん(チョコレート(chocolate)店)を開いた方が良いとか、チョコレート(chocolate)会社を経営出来るのではないか等と、からかわれていましたw

私は、チョコレート(chocolate)を含めた、お菓子全般は、好きなのですが、小学生の頃の、バレンタインデー(Valentine‘s Day)時期は、チョコレート(chocolate)を貰い過ぎて、チョコレート(chocolate)を食べるのに飽きてしまい(チョコレート(chocolate)を食べ切れなくて)、チョコレート(chocolate)をくれた女の子達には、大変、申し訳なかったのですが、少しずつ味見をして、家族や男の友人達等に、(貰った)チョコレート(chocolate)をあげたりしていました。

私の母は痩せの大食い(大食いと言っても標準よりも少し多く食べる程度ですが)の体質(比較的たくさん食べても痩せている体質)で(近所の実家の母は、年を取っても、よく食べるのに相変わらず痩せています)、私も私の母からの遺伝で、痩せの大食い(やはり大食いと言っても標準よりも少し多く食べる程度ですが)の体質(比較的たくさん食べても痩せている体質)なのですが、それに加えて、私の母は、痩せてはいるが筋肉質の体質で(まあ、母は、よく父と共通の趣味のゴルフに(父と)二人で行っているようですし、フィットネスクラブにも通っていて、割とよく運動はしているようなのですが、それでも、年齢の割に食べる量を考えたら、痩せの大食い体質と言わざるを得ませんw)、私も、母の痩せているが、筋肉質の体質と言うか、(運動をしなくても)筋肉がつき易い体質(ちなみに、私は、普段、運動は、ほとんどしていませんw)を、受け継いでいて、(まあ、私の場合、肉を、たくさん食べていると言うのもあるのかもしれませんがw)、私は、細マッチョ系の体型です(フィットネスやジムで体を鍛えているという訳では全くないので(と言うか、普段、運動不足気味)、細マッチョの体型ではなく、あくまで、細マッチョ系の体型ですがw)。

ただし、私は、体を動かす事(運動)は、基本的には、それ程、好きではなく、子供の頃から、現在まで続けているスポーツは、スキー位しかありません。ちなみに、両親がスキーが好きと言う事もあり(その影響で私はスキーは子供の頃からやっており得意です)、北海道は、子供の頃、親にニセコにスキーに連れて行って貰ったりして、地元(東京)から離れた場所の割には、子供の頃から割と馴染みのある土地なのですが(ニセコ・富良野は馴染みがある)、最近は、訪れていません。

もっとも、子供の頃(小学生の頃)までは、弟よりも、私の方が、運動と言った面に関して、活発で、やんちゃでしたw

私は、自分の事を、不器用で(ただし、エッチの時は、指は器用に動きますw)、運動神経はないと思っているのですが、瞬発力や、キック力、パンチ力と言った基礎的な運動能力はある様で、私は、子供の頃(小学生の頃)までは、体育の授業や運動会で、大活躍していましたw

私は高校の頃は学校で自分の身の回りにイジメはありませんでしたが、小学校・中学校の頃は、クラスでいじめられている子を、まあ時には暴力に訴えてしまう事もありましたが、いじめっ子から助ける(解放してあげる)事は、得意でしたし、自分の身の回りに、イジメを受けている子がいたら見逃せずにそうして来ました。

また、私は、若い頃、それなりに危ない事はしましたが、幸いな事に路上等で、人に攻撃されそうになった事はなく、私は喧嘩に関する、武勇伝等は全くありませんがw、小学校・中学・高校の頃は、クラスに、クラスの男どもをしめようとする、いけ好かない男がいた場合は、私が、殴ったり、張り手をかましたりしたら、以後、私には干渉しなくなったものですw

運動に関しては、私は、前述の通り、瞬発力や、キック力、パンチ力と言った基礎的な運動能力はある様で、私は、子供の頃(小学生の頃)までは、体育の授業や運動会で、大活躍していましたが、私は、前述の通り、体を動かす事(運動)は、基本的には、それ程、好きではなく、私は、中学・高校と帰宅部であったので、中学・高校の頃は、体育の授業や、運動会・体育祭で、普段バリバリに筋トレをしている体育会系の部活に所属する男子達には、敵わなくなりました。

まあ、私の弟の場合、実際にそうであった(大人しく優しい良い子であった)と言う面もあるのですが、私も、私の弟も、親の前、学校の先生の前を含む、大人の前では、大人しい良い子を演じるのが、とても、ズル賢く上手でした。

私も、私の弟も、基本、小学校・中学校・高校を通じて、老若男女を問わず、全ての、学校の先生から、エコ贔屓されていましたw(私の弟については、推測が入ってしまうのですが、私の弟も、おそらく、私と同じであったと思います)。

前述の通り、私も、私の弟も、親の前、学校の先生の前を含む、大人の前では、大人しい良い子を演じるのが、とても、ズル賢く上手でしたが、私も、私の弟も、小学生から中学生の頃、基本、マセたガキであった事は確かで、特定の大人に対しては、生意気に牙を向く事もありました(私も、私の弟も、高校から大学にかけて、だんだんと穏やかになって行きましたが。。。)。

私の弟は、中学生の時、担任であった、男の先生に、制服の着方が、だらしないと注意されて、弟は、その着方が、格好良いと思い、故意にその様な制服の着方をしていたのですが、それに対して、弟は、キレて、先生に対して、「誰にも、迷惑をかけていないじゃないですか!」と強い口調で反発をし、その制服の着方を、直さなかったそうです。まあ、私も弟も、先生の家庭訪問の時は、いつも、お宅のお子さんは何の問題もありませんよと言った感じの、先生と母の、短い談笑で終わっていた感じなのですが、その時の事も、その様な家庭訪問の際に、その弟の担任の先生と母との談笑の中での、「お宅のお子さんは、はっきりと物を言う時は言いますね」と言った感じの話題の取り上げられ方だけで終わったようですがw

私の父方の祖母は、もう100歳近い年齢ですが(私は性格に大雑把な面があり、父方の祖母の正確な今の年齢を把握していませんw)、元気に長生きしていますが、昔から頭の回転が速く、ユーモアがあり話がとても面白いです。私の父方の伯母も昔から頭の回転が速く私が子供の頃から、とてもユーモアがあり話がとても面白いです(ちなみに私の父はそうでもありません)。私も、実際に話が面白いかどうかは置いておいて、実生活において面白い話をして人を笑わせるのが好きなのですが、私の性格のそのような面は私の父方の祖母の性格を受け継いでいると思います。

実は、私が、人生の内で、人を笑わせる才能が、最もあったのは、私が小学生の頃で、当時、私が、実際、どの様な事を言って、クラスの女子達を笑わせていたのか忘れましたが、子供相手の子供のギャグなのですが、私は小学生の頃、クラスの女子達を、本当によく笑わせていて、当時、クラスの女子達は、皆、休み時間等に、私を取り囲んで、こぞって、私と話したがりましたw

私は、中学生以降になるとクールを気取りたい年頃になって、クラスの女子達を全員相手する(笑わせようとする)ような事はしなくなりましたが、自分の友人達や自分の交際している女の子・自分の親密な女の子を、引き続き、面白い事を言って笑わせていました(面白い事を言って笑わせるのが好きでした)。

私は話し(会話)が、決して上手な方ではないと思いますが、私は、昔から実際に話が面白いかどうかは置いておいて、実生活において、面白い話をして、人を笑わせるのが好きで、(これは、相手が男女関係ない事ですが)、私は、笑いの波長の合う相手だと、相手を笑わすのが楽しいので饒舌になりますw

ちなみに、私は、小学生の頃、本能的に?、クラス等の特定の女の子と親しくすると、人間関係がギクシャクするかもしれないと分かっていた感じで、基本、全ての女の子に、出来るだけ平等に接するようにしていたのですが、そんな中でも、特に親しい子は、いた事はいて、その様な女の子は(特に親しくする女の子は)、本能的に(自然に)、親しくしても、他の女子達との人間関係がギクシャクしないような女の子を選んでいました。

小学生の頃、特に親しかった同級生の少しマセた女の子の友達が、教室で、本田美奈子の歌と踊りの真似をして「マリリン~♪」なんてやっていた頃に(ちなみに、その女の子は(その女の子は、美人さんでした)、地元の同じ公立の中学に進学したのですが、中学では、校内女子トップクラスの不良になりましたw)、私は、ボン・ジョヴィのCDをかけながら、鏡に自分を映して、ジョン・ボン・ジョヴィの歌真似をする、一人ボン・ジョヴィごっこを編み出し、家でやっていました(さすがに、学校では恥ずかしいのでやらなかったw)。ボン・ジョヴィごっこは中2くらいまで続けていました(今となっては、赤面の思い出ですw)。

私は、小学校高学年の頃、クラス等のマセた(こう言うのは厳密にはマセたと言うのかどうか分かりませんがw)女子達が、自ら、自分達のスカートをめくって自分達のパンツを見せて、それを見て赤面した私の顔を見て楽しむと言う、羞恥プレイ的な?w、いじめだか何だかを受けていましたw 私は、当時、まだ性欲にも目覚めていなくて、べつに嫌でもなかったけど、嬉しくもなんともありませんでした。ちなみに、その羞恥プレイ的な?w、いじめだかの首謀者の女の子は、前述した、教室で、本田美奈子の歌と踊りの真似をして「マリリン~♪」なんてやっていた、特に親しかった同級生の少しマセた女の子です。

ちなみに、私は、小学校の頃は、同じ小学校に通う、同じclassの女の子・同学年の女の子のような、同年代の、子供の女の子達には興味は示さず、当時、小学生の頃の私から見たら、十分に、大人に見える、女性、芸能人であった、中山 美穂(nakayama miho)と言う、女性、アイドル(idol)歌手が、好きでしたw

以下、参考の投稿。

万引きの思い出/先生のエコ贔屓 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2625194/page/5?&sfl=membername&stx=jlemon

私の母は、子供(私、及び、私の弟)が、子供の頃から高校生の頃、子供(私、及び、私の弟)の事を、物質的には、好き放題、甘やかせ、又、子供(私、及び、私の弟)の勉強に関しては、全くと言って良い程、関心がなかったのですが、母は、二人の息子を育て上げるにあたって、これだけはと言う教育方針がありました(もっとも、母にとっては、もしかしたら、それも意図的な教育方針と言うものではなく、母は、それについても、何も考えずに、無意識的・本能的に、そうしていたのかもしれません)。

私も、私の2歳年下の弟も、少し、大袈裟な言い方をすれば、保守的な考えに基づき、女性を、尊敬・尊重し、女性を大切にすると言う事に関しては、母に徹底的に教育されました。

私の母は、ミーハーで、面食いの(ハンサムな男性が好きな)、女性でした。また、私の母は、親バカでしたw 私の母は、自分の息子(私と、私の弟。特に私w)の事を、ハンサムと評価していました。

私の母が、私が思春期の頃に、私に、よく言っていた言葉(また、私の弟にも、私の弟が、思春期の頃に、時々、言っていた言葉)で、印象に残っている言葉で、たぶん内面や心掛け等に関して言っていたんだと思いますが、「美男子(又は、ハンサム。どちらか忘れた。まあ、両方言っていたと思います)は、女性(又は、女性達。たぶん両方言っていたと思います)の美男子に対する期待に応える義務がある」と言う言葉がありますw

また、私の母は、私と、私の弟が、思春期の頃に、私と私の弟に対して、「美男子(又は、ハンサム)に生まれたのは、たまたま運が良かっただけで、図に乗ってはいけない」だとか、「運が良く美男子(又は、ハンサム)に生まれたからには、相応の社会的な責任を負わなければならない」と言った感じの言葉も言っていましたw 笑ってしまうような言葉ですがw、母は、割と真面目な気持ちで息子達に言い聞かせているような感じでした。

母の教育方針は、一見、甘く見えて、実は厳しい物であったのかもしれませんw 私と弟に、「美男子(又は、ハンサム。どちらか忘れた。まあ、両方言っていたと思います)は、女性(又は、女性達。たぶん両方言っていたと思います)の美男子に対する期待に応える義務がある」と言って置きながら、どの様にしたら、女性(女性達)の期待に応える事が出来るのかは、自分達で考えて実行しなさいと言った感じであったからです。女性の期待に応えると言うのは、もちろん、ある程度、勉強が出来るとか、女性の期待に応えるだけの、ある程度の、お金を、仕事で稼げるようにならなければならないと言う事も含んでいると思います。

私は弟とは、昔から(幼い頃から)、お互いに、過干渉しない、適度な距離感の、個人主義なのですが、私と弟は、お互いの女性関係に関しても、(互いに気を遣って無関心をよそおうと言う事も含めて)互いに無関心・不干渉主義でした。それでも、私は、少なくとも、私の弟の歴代の彼女の顔くらいは知っていますw 一方、弟は、(弟に比べて不真面目であった)私の、女性関係の全貌は、二人とも実家暮らしであった時に限定しても、全く掴めていないと思いますw

前述の通り、私は弟とは、昔から(幼い頃から)、お互いに、過干渉しない、適度な距離感の、個人主義なのですが、中学校・高校時代、学校の部活に縛られない、帰宅部であった事、大学受験の為の、予備校は、通わず、学校の勉強と、(自分で選んだ参考書を使った)自宅の勉強だけで(家で、自分だけで行った勉強だけで)、大学を受験した事、大学時代に1年間、アメリカの大学に留学した事等について、弟は、私の影響を受けており、ちゃんと、私の背中を見ていてくれたのだなと思います。


私は、高校の時、遊び重視派高校生だったのでw、大学受験の為の予備校・塾には行かずに(模試は何回か受けた)、学校の勉強以外は、(自分で選んだ参考書を使った)自宅の勉強だけで(家で自分で行った勉強だけで)、大学を受験しました(弟も、その影響を受けました。私も弟も、高校までずっと公立(私も弟も高校までずっと共学でw、弟の方が勉強が出来た高校だが、何れにしても、私が通った高校も弟が通った高校も、伝統的に、全般的に女子の方が優勢で校風は何となく女性的な高校w)で浪人もしなかったので、私の両親は、大学受験までは、私にも私の弟にも、教育費に関してはあまり掛からなかったと思います)。ちなみに、私は、異性関係チャラチャラ男子高校生、2歳年下の弟はスケボ・サーフィン男子高校生でしたw

以下、参考の投稿。

「女子校・共学違い」等 →
/jp/board/exc_board_50/view/id/2689592?&sfl=membername&stx=jlemon


私も私の弟も文系で、(育った家庭環境もあり)昔から英語が得意と言う事は共通しているのですが、弟は私程、社会(歴史や地理)に興味を示さなかった一方で、私よりも読書家で、私よりも、本をよく読み、国語が得意科目でした。また、弟は、文系ですが、昔から、パソコンやITに関する知識は割と豊富で(私は、パソコンやITに関する知識は乏しく、疎いですw)、実家ではパソコンの調子が変になったり使い方が分からなかったりしたら、弟に聞けと言うのが家訓になっていましたw 私も私の弟も、父に似て、知的好奇心が旺盛と言う点に関しては共通していますが、興味の方向性と言う事に関しては、昔から微妙に異なります。

私は性格が猫又は極端に言えば一匹狼で、昔から、人付き合いに関して、集団・群れるというよりも個人対個人・集うと言った付き合いを好みます。その事もあって、中学・高校時代は部活に縛られない帰宅部を選択したのですが、私の弟(私は兄弟姉妹は2歳下の弟が一人います)も、その影響を受けました。

テレビゲームと言う点に関しては、私も子供の頃から中学生の頃、よく遊んでいましたが、弟の方が、相対的に、よく遊んでいました。

そのかわり弟はプラモデルには全く興味を示しませんでした。

私は、子供の頃から中学生の頃、プラモデルを作るのを趣味としていたのですが、私がプラモデルの世界に入る、きっかけになったのは、私が、まだ幼稚園児の頃、父が、私と一緒に作ろうと、私に買って来た、ロボダッチのプラモデルです。私は、幼い頃から子供の頃、父と一緒に(父と共同作業で)、よくロボダッチの、プラモデルを作っていました。まあ、実質的には、ほとんど、父が作っていた面があるのですが、父は、いつも丁寧に、優しく、私と共同作業で作っている振りをしてくれていました(私の2歳年下の弟は、制作に加わると言うよりも、時々、ちょっかいを出すだけと言った感じでしたw 完成品では、一緒に遊びましたが。。。)。ちなみに、私の父は手先が器用ですが、私は、基本的に、手先が不器用ですw(エッチの時は指は器用によく動くのに何でだろうw)。

前述の通り、私は、ロボダッチシリーズから、プラモデルの世界に入って行ったのですが、だんだんと、渋い趣味に走り、小学校高学年から中学生の頃(特に中学生の頃)は、日本の城シリーズのプラモデルや、昔の、おでんの屋台や蕎麦食堂等のプラモデル、昔の農家のプラモデル(草の種を植えると草が生えて来る)等を好んで作りましたw。ちなみに、私は、小学生・中学生・高校生の頃、学校の授業の科目の中で、社会は好きな科目でした。

私は、プラモデルは、高校生になると、ほとんど作らなくなり、大学生からは、全く作らなくなり、現在へ至っています。ちなみに、私は、モデラーと言う程では、全くなく、前述の通り、不器用であるので、プラモデルは説明書通りに組み立てて、説明書通りに色を塗るだけでしたw

私は、中学1年生の時に、地元の同じ中学校に通う、当時、中学3年生の、スケバン(不良の女性)の、番長に、告白された(その番長と、その番長の、子分又は友人の、同じ中学校に通う不良の中学校3年生の女子中学生の、二人で、中学校の通学路で、待ち伏せされ、その番長に告白された)のに始まって、私は、若い頃、所謂、典型的な不良とは、むしろ、女性との絡みが多かったですw

私は、中学1年生の時、その、当時、中学3年生のスケバン(女性の不良)の番長(美人で、背が高い、女優・モデル系の外貌の女性でした)に告白された際に、私は、その様な年上の女性に、告白される、心の準備が出来ておらず、又、まだ、あまり物事を、よく考えられない年頃であったと言うのもあり、咄嗟に、どうして良いか、全く、分からず、「今は、ちょっと付き合う事が出来ません」と断りました。その、スケバン(女性の不良)の番長とは、それ以来、何もありませんでした。

ちなみに、私が、初めて女性と交際したのは、中学2年生の後半(14歳の時)で、相手は地元の同じ中学校に通っていた同学年(同い年)の女の子で、それまで、「目と目で通じあう」(工藤静香の歌とは全く関係ないですw まあ、私が初めて女性と交際し始めた時期と似たような年のヒット曲ではありますがw)と言った感じで、お互いに両想いであるのは分かっていて、私が誘った初めてのデートの際に、私が、「付き合っちゃおうか!」と言い、相手が、それに対して快諾した事で、交際がスタートしました。

前述のように、私は、若い頃、所謂、典型的な不良とは、むしろ、女性との絡みが多かったのですが、別な意味での、悪い友人(悪い友人達)との付き合いは、中学生の頃からあり、既に、中学生の頃から、渋谷での、ディスコ・クラブでの夜遊びの、デビューを果たしていました(本格的に、club(nightclub)等で、よく、夜遊びするのは高校生になってからでしたが。。。)。

私は、高校生の時は、放課後は女の子・女の子達や私と同じチャラチャラした男友達達と遊ぶのに忙しく(渋谷でよく遊んでいました)、クラブ等での夜遊びや合コンもたくさんしていました。

ちなみに、私も、当時、私と一緒に遊んでいた、悪友達(友達達)も、学校の先生の前では、優等生で(素直で、礼儀正しく、一般的には、学校内においては、学校の規則を、しっかりと守る生徒で)、親の前でも、一般的には、反抗期なんて言う物は存在しない位、良い子(良い、子供)でしたw  また、私の弟は、(若い頃、サーフィン(surfing)や、スケートボード(skateboarding)、スノーボード(snowboarding)を、よく、やっていて、そう言う面(運動と言った面)に関しては、私よりも活発でしたが)、私に比べれば、かなり真面目でした。

私の弟は、高校の頃、サーフィンや、スケートボード、スノーボードを、よく、やっていて、アウトドア派でしたが、私は、基本、インドア派でした。私の場合、インドア派と言っても、人と過ごすインドアで、交際している女の子・親密な女の子との放課後のカラオケボックスでのカラオケ(渋谷のカラオケボックスをよく利用していました)、交際している女の子・親密な女の子との放課後のラブホテルのご休憩(エッチ)(渋谷周辺のラブホテルをよく利用していました)、放課後に交際している女の子と家(実家)の自分の部屋でテレビゲームをして遊ぶ事、放課後に交際している女の子の家(実家)に遊びに行き交際している女の子の部屋で過ごす事、合コン、クラブでの夜遊び等と言った物です。

私は、もちろん学校の友人関係もありましたが、特に高校時代は学校外の人付き合い(私の場合主に夜遊びを通じた人付き合いなので褒められた物では全くないけどw)を大切にしていました。私の弟もその影響を受けて、中学・高校時代は帰宅部を選択して、弟も、もちろん学校の友人関係もありましたが、特に高校時代は趣味のサーフィンを通じた人間関係を大切にしていました。

私の弟は、若い頃、私よりも、かなり真面目でしたが、サーフィンやスケートボードスノーボードをよくやっていて、そう言う面(運動と言った面)に関しては私よりも活発でした。実は、子供の頃(小学生の頃)までは、弟よりも、私の方が、運動と言った面に関して、活発で、やんちゃでしたがw
             
前述の通り、私の弟は、若い頃、サーフィンやスケートボード、スノーボードを、よく、やっていました。弟は、若い頃、本当に、よく、湘南や千葉の海に、サーフィンをしに行っていました。弟は、高校時代から、サーフィンを通じた、幅が広い年齢層の人脈を築き、高校時代、学校内(通っていた高校内)で彼女も作っていましたが、サーフィンを通じた人脈で、彼女を作る等もしていました。

また、私の弟は、小学生の頃から大学生の頃にかけて、私の街の、空手教室に通っていて、特に、中学生から高校生の頃、熱心に通っていました。私の弟は、初段だか、二段だか、三段だか、弟に確認してみないと分かりませんが、何れにしても、私の弟は、空手は、黒帯です。

私は、昔から、コーヒー・紅茶には、拘りがありませんが、弟は、昔から、コーヒーが好きで、自分で、家庭用のエスプレッソマシンを購入する等していました。私も私の弟も、酒飲みで酒に強い(ちなみに弟の奥さんも酒飲みで酒に強いw)と言う点は共通していますが、私は、ワインや日本酒を飲むのは好きなのですが、ワインや日本酒の知識は乏しく、また味の違いの見分け方とか自信はないのですが、私の弟は、ワインや日本酒の知識が豊富です。一方、食べる事に関しては、私の方がグルメで、食べ物や飲食店の知識は、私の方が、豊富であると思います。

私も私の弟も、本格的な登山やキャンプ等のアウトドアは好まないのですが、私の方が、自然の中を散歩したりハイキングしたりする事は、弟よりも、相対的に好きであると思います。

性格に関しては、昔から、弟は、保守的で慎重(悪く言えば臆病)・堅実で、私は冒険家気質で性格に大胆な面がありますw

この様に、私と弟は、同じ家庭環境で育ったのにも関わらず、昔から、性格や趣味に異なる点も少なくありませんが、テレビゲームも、子供の頃から中学生位の頃、夢中になって遊んでいた物が被る物が多いですし、まあ、2歳違いで、あまり年齢が離れていないのと、やはり、そうは言っても同じ家庭環境で育った事から、私と弟で共通する面も、少なくはないと思います。

私と弟2へ続く→

/jp/board/exc_board_8/view/id/2694200?&sfl=membername&stx=jlemon



TOTAL: 610

番号 タイトル ライター 参照 推薦
410 ガトーフェスタラスク・彼女は美輪明宏を選んだw jlemon 2018-08-24 554 0
409 イケメン、ウィリアム君 jlemon 2018-08-24 586 0
408 親切最強説? jlemon 2018-08-22 767 0
407 勝負下着&探索者の記録 jlemon 2018-08-22 731 0
406 パンチングドール(子供用の起き上がるpunching bag) (8) jlemon 2018-08-21 499 0
405 自分へのご褒美 (7) jlemon 2018-08-21 648 0
404 男がいい女とエッチするのは目標ではなく結果1 jlemon 2018-08-19 724 0
403 男がいい女とエッチするのは目標ではなく結果2 (1) jlemon 2018-08-19 722 0
402 私と弟1 jlemon 2018-08-18 976 0
401 私と弟2/カラオケ(まとめ)等 (2) jlemon 2018-08-18 1337 0
400 被る傘 (7) jlemon 2018-08-18 897 0
399 何気ない行動・経験が心理学で裏付けされた件 (4) jlemon 2018-08-17 916 0
398 女性の望み/男性の望み jlemon 2018-08-16 533 0
397 美女ホイホイ jlemon 2018-08-15 1009 0
396 昨日の夕食 jlemon 2018-08-15 516 0
395 色気のある男の特徴 (2) jlemon 2018-08-14 906 0
394 今日の、遅い朝食兼昼食 (2) jlemon 2018-08-14 607 0
393 男女の違い (3) jlemon 2018-08-13 545 0
392 川崎(kawasaki)散歩 jlemon 2018-08-13 847 0
391 運の良さについて(私は運が良い) (3) jlemon 2018-08-12 1050 0