生活/文化


Firefox以外で、この投稿の写真が見られない場合は、Firefoxで、ご覧下さい。

以下、「」内。私の前の投稿文より。。。

「東京都心部の西部の静かで落ち着いた住宅地にある、我が家の近所の、私の実家は、元々、私の母方の祖父母の家で(ちなみに母は、一人っ子です)、現在は、両親が引き継いで暮らしています。既に、母方の祖父母共に、亡くなっています。

我が家の近所の私の実家の、私の父は、会社員で(父は、既に、半分定年退職状態になってから久しいですが)、私の母は、父と結婚してから、アルバイトを含めて、仕事を、一切した事がない専業主婦です。

私には、兄弟姉妹は、2歳年下の弟が一人います。私の弟は、外資系の会社員で、既に、結婚をし、(まだ、二人共、幼いですが)子供が2人いて(男の子(上)が1人と、女の子(下)が1人)、弟の家族(妻・子供)と共に、東京の西部郊外の、静かで落ち着いた住宅地に買った、一戸建て住宅に、暮らしています。

弟の、奥さん(妻)(ちなみに、弟の、奥さん(妻)は、弟よりもかなり年下です)は、結婚する前は、四年制の大学を卒業した後、服(ファッション)関係の、会社で、会社員として働いていましたが、結婚してからは、主婦となりました。

私は、会社員と比べて、相対的に、安定的ではなく、相対的に、ビジネスにおいて危険性が高いが、相対的に、自分で自分の時間を自由に管理する事が出来、又、自分の才能・仕事の能力・仕事の効率性・努力が、自分の収入に直結する(直接繋がる)、個人事業の道を選びました。

私は、普通の中流層・庶民層なのですが、私は、基本的には、自分が、与えられた環境の中で、自分の能力の範囲内で、出来得る限り生き(ここで言う、出来得る限り生きとは、自分の能力の限界を知り、自分の幸福の為に、自分の努力の落とし所を知ると言う意味も含まれます)、自分が稼いだお金で、出来得る限りの、幸せな生活をしている(幸せな人生を生きている)と言う、自信があります。」


以下、少し、おまけです。


今日は、仕事の用事で、新宿(東京最大級の繁華街の一つであると共に、東京のビジネスの中心地区の一つ。東京都心部の西部に位置する)に、訪れたついでに(新宿は、仕事の用事で、よく訪れる場所の一つです)、取引先の、年下の女性、2人を連れて、つな八(tunahachi)の、京王(keio)デパート本店(新宿にあるデパートの一つ)の店舗で、昼食を食べました。ちなみに、今日の昼食の時もそうですが、この様なケースの場合、通常、食事代は、全て(全員分)、私が、支払います。つな八(tunahachi)は、新宿に拠点(本店)を置く、中級classの、天婦羅食堂です。先日、仕事の用事で、銀座(ginza)areaを訪れた際に、昼食で、天丼(天婦羅丼)を食べた、天國(tenkuni)は、1885年創業と、歴史の古い、天婦羅食堂ですが、つな八(tunahachi)も、1924年創業と、ある程度、歴史の古い、天婦羅食堂です。つな八(tunahachi)は、時々、利用しています。

以下、参考の投稿。
お金の使う所・使わない所→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2839683?&sfl=membername&stx=nnemon


写真以下5枚。つな八(tunahachi)で、食べた、今日の昼食。2,500円弱位の、天婦羅と、ご飯(rice)の、組み合わせメニュー(menu)を食べました(3人共、同じ物を食べました)。全て、一人一皿ずつ(写真は、一人分)です。これに、ご飯(rice)、味噌汁(miso soup)、漬物が付きます。


鮪の、漬け。


お浸し。


写真以下2枚。一皿目の天婦羅。海老、魚(河豚)、野菜。





2皿目の天婦羅。小海老(海老)の、かき揚げ。


以上、おまけでした。



以下、「」内。私の前の投稿文より。。。

「おそらく多くの女性が、子供の頃、自分が、お姫様になって、素敵な王子様が迎えに来て、幸せにして貰うと言った事を夢見た事があると思います。私は、せっかく、この世に、男と女として生まれたならば、少なくとも自分が好きになった女性の前では、(もちろん、いつもそう出来る訳ではありませんがw)、自分は、出来るだけ、素敵な王子様になって、相手には、お姫様になって(お姫様気分で)ハッピーな気分になって貰いたいと思っていますw そのような女性が幸せな気分になる事によって自分も幸せな気分になると言う気質(と言うのかな?上手い言葉が思い浮かばないけどw)は、もしかしたら、私が母系家族の中で育った(私の実家は元々私の母方の祖父母の家)と言う事も関係しているのかもしれませんw」

以下、参考の投稿。

アランドロン等(適当に雑多な内容)→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2824779?&sfl=membername&stx=jlemon
母の教育話等→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2831184/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon
アニメのキャラと女性と私等→
/jp/board/exc_board_3/view/id/2816574?&sfl=membername&stx=jlemon
幼稚園児にラブラブだねと言われる関係他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2837753?&sfl=membername&stx=nnemon
世代間ギャップ等→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2832680?&sfl=membername&stx=nnemon


以下、基本的には、前に行った投稿から、抜粋して来た物です。

東京都心部の西部の静かで落ち着いた住宅地にある、我が家の近所の、私の実家は、元々、私の母方の祖父母の家で(ちなみに母は、一人っ子です)、現在は、両親が引き継いで暮らしています。既に、母方の祖父母共に、亡くなっています。

私の母方の祖母は、若い頃の写真を見ると、中々、綺麗で、(自分の親族に対して言うのもなんなのですが)美人なのですが、私は、太ってしまって、若い頃と、大分、変わってしまってからの、母方の祖母の姿しか知りませんw

私の母は、痩せの大食い(大食いと言っても、標準よりも少し多く食べる程度ですが)の体質(比較的、たくさん食べても痩せている体質)で、私も、私の母からの遺伝で、痩せの大食い(やはり、大食いと言っても、標準よりも少し多く食べる程度ですが)の体質(比較的、たくさん食べても痩せている体質)なのですが、私の母の、痩せの大食いの体質(比較的、たくさん食べても痩せている体質)は、私の母方の祖父、又は、私の母方の祖母の姉(やはり、生涯、痩せている体質であった)に似たのだと思います。ちなみに、私の母は、身長は、163cm位と、私の母の世代の女性にしては、比較的、高い方ですが、それは、母方の祖母(私の、母方の祖母は、身長は、160cm位と、祖母の世代の女性としては、比較的、高い方であった)からの遺伝であると思います(私の母方の祖父は、身長は、165cm位と小柄であった)。ちなみに、私の父の家系は、長身の家系です。

諏訪 根自子(suwa nejiko)(1920年生まれ。2012年に亡くなる)は、1930年代の初め頃から1950年代頃にかけて活躍していた、日本の、女性、violinistです。諏訪 根自子(suwa nejiko)は、1930年代の初めから1930年代の中期にかけて(諏訪 根自子(suwanejiko)が、10代の初めから10代の中頃にかけて)、(年齢の割に、とても高い実力があった事から)天才と呼ばれ、また、美人(美少女)であった事から、日本の、大衆の間で、現在で言う、女性、アイドル(idol)歌手的な、人気を博しました(おそらく。。。)。


 

写真は、借り物。少女の頃の諏訪 根自子(suwa nejiko)。若い頃の、私の母方の祖母は、若い頃の写真を見る限り、目が大きく、鼻筋が通った(鼻が高い)美人で、若い頃の、私の母方の祖母は、そっくり(完全に似ている)と言う程ではありませんが、少女の頃の諏訪 根自子(suwa nejiko)に似ています。しかしながら、私は、太ってしまって、若い頃と、大分、変わってしまってからの、母方の祖母の姿しか知りませんw 


私の母方の祖母(既に亡くなっています)は、(大学から東京に出てきたものの)、生涯、世間知らずの田舎の裕福な家の箱入りのお嬢さん的な要素があった女性です。私の母方の祖母は、大人しくて、上品な性格でした。

母方の祖母は、(幼い頃・子供の頃は、それでも、ある程度、外で遊んでいたようですが)、子供の頃から、病弱で、基本的に、外に出る事を好まず、ほとんど家で過ごしていた女性であり、生涯、窓際で、白馬の王子様が、自分を迎えに来るのを、待ち続ける、夢見る少女の様な面を持った女性でした。

私は、自分の事を、ロマンチスト的な面がある男だと思ってますが、私のロマンチスト的な面は、私の母方の祖母の性格を受け継いでいると思います(ちなみに、私は、大の、おばあちゃん(母方の祖母)子でした)。

亡くなった、私の母方の祖母が、最も、好きであった、イラストレーターが、蕗谷虹児(fukiyakoji)です。

私の母方の祖母は、竹久 夢二(takehisa yumeji)等も好きでしたが、何よりも蕗谷 虹児(fukiya koji)の絵やイラスト(illustration)が好きだった様です。私の母方の祖母は、絵を描くのが好きでしたが、生涯、蕗谷 虹児(fukiya koji)の様な絵を、たくさん描いていました(絵と言っても、スケッチ(sketch)みたいな物ですが。。。)。蕗谷 虹児(fukiya koji)に関しては、以下の投稿を参照して下さい。
蕗谷虹児(祖母が好きであった挿絵画家)後編→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2581912/page/11?&sfl=membername&stx=jlemon


私の母方の祖母は、東京での学生時代・独身時代、私の母方の祖母の父が、東京の麻布(azabu)(東京都心部の高級住宅地の一つ)に保有していた東京の別宅に暮らしていたそうです。私の母方の祖母の父は、当時、東京及びその郊外(現在の東京23区内)に、いくつかの、土地と家を保有し、人に貸したり、また、用事が有って、東京に出てくる際の、滞在先等として使ったりしていましたが、その内の一つが、(私の母方の祖母が、見合いによって、私の母方の祖父と結婚した際に)私の母方の祖父母に、与えられました。これが、私が、生まれ育った我が家の近所の実家です(家の建物は、私が生まれる前に建て替えられています)。麻布(azabu)の家の方は、これよりも、はるかに大きくて、立派だったそうですが、第2次世界大戦後、他人の手に渡ってしまったそうです(私の母方の祖母の実家は、戦後、徐々に、没落して行った様です。現在も、一応、田舎で、少しは、立派な家に暮らしているらしいですが。。。)。

私の母方の祖母は、見合い(私の母方の祖母の父(私の母方の曽祖父)の知り合いの紹介)により、私の母方の祖父と知り合い、結婚しました。私の母方の祖母は、私の母方の祖父と結婚してから、ずっと主婦をしていました。もっとも、私の母方の祖母は、第二次世界大戦が終わるまでは、東京での、学生時代・独身時代を含めて、ずっと、メイド(maid)がいる(メイド(maid)に身の回りの世話をして貰う)生活であったので、主婦とは言っても、私の母方の祖母が、生まれて初めて、本格的に家事をする様になったのは、第二次世界大戦後からであった様です。

私の母方の祖父母は、結婚して間もなく、私の母方の祖父の仕事の関係で、中国の、上海(Shanghai )に渡った為、私の母方の祖父母が、我が家の近所の私の実家(私の母方の祖母の父が、私の母方の祖母が結婚した際に、私の母方の祖父母に与えた、一戸建て住宅)に、本格的に暮らし始めたのは、第二次世界大戦後の事です。ちなみに、私の母方の祖父母の、上海(Shanghai )の、日本租界(日本人用の外国人居留地)での、生活は、立派な家に暮らし、夫婦二人だけの生活に、二人の、中国人の、メイド(maid)がいる生活であったそうです。

私の母方の祖父は、田舎に生まれ、東京の、大学(まあ、当時は、その前身の高等教育機関でしたが)を卒業した後、第二次世界大戦までは、技師(技術者)、第二次世界大戦後は、会社員をしていました。私の母方の祖父の実家は、裕福であったと言う話は聞かず、また、かと言って、貧しかったとか、苦学したとか(金銭面で、苦労して、東京の、大学を卒業した)と言う話も聞かなかったので、まあ、中流の農家(中流の農民の家)、若しくは、会社員・公務員等の、家庭であったのではないでしょうか。。。

私の母方の祖父は、基本的には、保守的で、堅実、真面目で、生活は、つましく、派手な生活は、好みませんでした。

私の母方の祖父は、その一方で、第二次世界大戦後、間もなく、(私の母方の祖父の)兄弟(私の母方の祖父の兄弟の中に、性格が、真面目で堅実と正反対の者達がいてw、私の母方の祖父は、そうした兄弟達に、釣られてしまったようですw)と共に事業(銀座(ginza)(東京を代表する高級繁華街、且つ、東京を代表する繁華街)の小売商店)を起こしましたが、すぐに失敗し(母方の祖母の話によれば、母方の祖父は、当時、連日、(私の母方の祖父の)兄弟と共に、銀座(ginza)で宴会(party)を行っていたそうで、すぐに失敗したのは、当然だと思いますw)、借金の一部を背負う事となりました。その頃、私の母方の祖父母の間に、待望の子供(私の母)が生まれました。私の母方の祖母は、当時としては、割と高齢出産の方であったと思いますが、結局、女の子供一人(私の母)しか授かりませんでした(ちなみに、近所に暮らしていた、私の母方の祖母の姉も同様です)。

第二次世界大戦後、間もなくの頃は、私の母方の祖母の実家(田舎の裕福な地主であった。第二次世界大戦後、徐々に、没落して行ったようですが)のコネで、食料は、ある程度、困らなかったそうですし、私の母方の祖父は、幸いな事に事業が失敗した後、間もなく、会社員としての仕事を得る事が出来ました(ちなみに、母方の祖父は、その後、就職した会社の株を含む、株でも、かなり金を儲けたようです)。

しかし、田舎からの食糧の供給も、しばらくして途絶え、私の母方の祖父は、失敗した事業の借金の、一部を背負った事もあって、私の母が、小学生であった頃が、最も、生活が貧しかったそうで、今でも、私の母は、その頃の貧しい生活が鮮明に記憶に残っていると言います。その一方で、実家では、私の母が、子供の頃から、犬等のペットを飼っており( ちなみに、私の実家、且つ、私の母が、初めて飼った、犬・猫のペットは、小型犬で、私の母が、子供の頃から飼った犬。名前は、Mickeyで、名前を付けたのは、子供の頃の私の母で、Disneyの Mickey Mouseから取った物)、そうした話を聞くと、ゆとりがあったようにも感じますがw

その一方において、私の母が小学生の頃は、実家の庭の一部を畑に改造して(現在は、その部分は、自動車が3台駐車出来る駐車場に改造されています)、野菜を自給自足したり、私の母方の祖母が、自分の持っている、高価な(高級な)、着物(日本の女性向けの伝統衣装)を売って、家計の足しにしても、なお、慢性的な、食料不足で、私の母は、絶えず空腹であったそうです。私の母が、小学校の半ば頃は、調度、1950年代の半ば頃、日本国民、全般的に言えば、第二次世界大戦直後の貧しさのピークは過ぎ去り、第二次世界大戦後の、大量生産・大量消費社会の夜明けを待つ頃でしたが、私の母は、当時、まともな家に暮らしていたものの(第二次世界大戦後、間もなくから、1950年代にかけては、東京中心部では、第二次世界大戦中の空襲による、焼け野原の上に、バラック小屋(仮の、粗末な家)を建てて、暮らしている人々が、たくさんいました)、その一方において、私の母は、当時、食生活や衣服に関しては、明らかに、小学校の、多くの同級生達の家に比べて、貧しかったそうです。

私の実家が、貧しい生活を完全に脱し、生活が安定し、生活に、ゆとりが出来たのは、私の母が中学校3年生位から、高校に入学した頃の事だそうです。調度、その頃(1960年代の初め頃)、1920年代頃?に建てられた、日本伝統式の住宅の建物であった実家の建物を、現在の建物に建て替えています(現在は、耐震補強もなされていますし、時代に合わせて、内装等を、改装して来ています)。

私の母方の祖父母が、一人っ子である(一人娘である)、私の母を、甘やかし、伸び伸びと、自由に(自由奔放)に育てたのは、私の母方の祖父母が、私の母が子供の頃、物質的に、貧しい思いをさせてしまったと言う負い目もあったのかもしれません。

また、私の母が、ある程度、物質主義的な面があり、又、私と弟が、それぞれ、子供の頃から高校生の頃、私の母が、子供を(私と私の弟を)、物質的な面も含めて、とても甘やかしていた事は、自分が(私の母が)、子供の頃、物質的に、貧しい経験をした事の、反動であったのかもしれません。


私の母方の祖父(既に亡くなっています)は、保守的で、堅実、真面目で、生活は、つましく、派手な生活をする事は、好みませんでしたが、無趣味と言った訳ではなく、墨絵(ink wash painting)、俳句(haiku)(日本の、伝統的な詩)、短歌(tanka)(日本の、伝統的な詩)、漢詩(中国の、伝統的な詩)、魚釣り等を趣味として、風流人的な、一面も持っていました。現在は、昔と違って、我が家の近所の、私の実家(元々、私の母方の祖父母の家。現在は、両親が、引き継いで暮らしている)の、庭の池には、錦鯉(nishikigoi)(下の補足説明参照)しか泳いでいませんが、かつて、私の実家の庭の池には、鯉、金魚の他に、私に母方の祖父が釣って来た、鮒や草魚(grass carp)等がいました。私の母は、子供の頃は、休日に、私の母方の祖父に連れられて、電車に乗って、よく、東京の西部郊外の、多摩(tama)川に釣りに行ったそうです(私の母は、全く、退屈で、つまらなかったそうですw)。
錦鯉(nishikigoi):観賞用に、養殖・品種改良された、日本の鯉の、総称。日本では、色鮮やかな、錦鯉(nishikigoi)は、庭園の池等で、多く見られる。錦鯉(nishikigoi)は、日本、及び、日本の美意識を象徴する魚として、日本の、国魚(国の魚)となっている。


母方の祖父は、晩年、何度か、漢詩(中国の、伝統的な詩)の歴史を探求したり、墨絵(ink wash painting)の題材の写真を撮る為に、一人で(一人旅か一人でツアーに参加したのか、どちらか分かりません)、中国又は台湾(若しくは両方)を、旅行しています。


我が家の近所の私の実家には、未だに、初孫である私を題材にして詠んだ、私の母方の祖父の俳句(haiku)等の、墨で書いた短冊が、幾つか、飾ってあります。

以下、「」内、私の前の投稿文より。。。

「我が家は、我が家の近所の私の実家と異なり、庭もないので、豆まきはしませんが(彼女と豆を食べるだけですが)、節分(setsubun)の豆まき用の豆(食べる事が出来ます)。マートで買った物。ちなみに、我が家の近所の私の実家は、元々、私の母方の祖父母の家で(現在は、母方の祖父母とも亡くなり、両親が引き継いで暮らしている)、母方の祖父母が同居していたのですが、私が幼い頃(私が幼稚園児の頃)に、私が実家で、節分(setsubun)の豆まきをする姿を詠んだ、私の母方の祖父の俳句(haiku)の、墨で書いた短冊が、我が家の近所の実家に、未だに、飾ってあります。」

私の母方の祖父は、前述の通り、技師(技術者)で、完全に理系(理数系)の人でしたが、勉強熱心で(勉強に熱心で)、知識が豊富であり、特に、漢字に、とても詳しく、実家では(私の母方の祖母、私の両親、私、私の弟の間では(特に、私の母、私、私の弟の間では))、読み方や意味等が分からない漢字や四字熟語等があったら、「おじいちゃん(私の母方の祖父)に聞け」と言う事が家訓となっていましたw

母方の祖父は、第二次世界大戦以前は、技師(技術者)、第二次世界大戦後は、会社員として働いていたのですが、書道(Japanese calligraphy )を趣味の一つとしており、会社員として働いていた時に、書道(Japanese calligraphy )の師範(先生)の資格を取り、会社員を定年退職した後、亡くなる近くまで、ずっと、趣味と実益を兼ねて、家(我が家の近所の私の実家)で、近所の、子供や女子(女性の)中学生・高校生達に、書道(Japanese calligraphy )を教える等して(ちゃんと報酬を貰っていた)、書道(Japanese calligraphy )関連の仕事で、報酬を得ていました。

ちなみに、私は子供の頃、基本的には、母方の祖父母に目に入れても痛くない程可愛がられていたのですが、私は兄弟姉妹は2歳年下の弟が一人いるのですが、子供の頃、弟と一緒に、初めて母方の祖父に、書道(Japanese calligraphy )を習った際に、弟と共に、はしゃぎ過ぎてしまってw、孫に対して滅多に怒らない祖父をイライラさせて怒らせてしまって、それきり、母方の祖父に、書道(Japanese calligraphy )は習いませんでした。

私は書道(Japanese calligraphy )どころか、普通に書く時も下手で汚く、自分の書いた字が読めないと人に言われる事もしばしばありますw(そういう時は、達筆過ぎて読めないんじゃないか?等と冗談を言ったりしていますw)。私は、過去に、半分本気で通信教育でペン習字を習おうかなと思っていた時もあるくらいですw

ちなみに私の母も字が下手で、実家暮らしの、子供の頃・若い頃、母の書いた(用件を伝えたり・外出するの際の)メモ書きの字が読めなくてしばしば苦労しましたw(母は一人っ子で、母方の祖母も字は下手と言う訳ではなかったと思うのに、母の字の下手さは誰の隔世遺伝なのかは分かりませんw)。


ちなみに、私の母方の祖母は、結婚してから、アルバイトを含めて、仕事は、一切した事がない専業主婦でしたし、私の母も、結婚してから、アルバイトを含めて、仕事は、一切した事がない専業主婦です。

私の母方の祖父母が生きていた時は、私の実家の財産の系統は、私の母方の祖父母(私の母の両親)の系統と、私の両親の系統に分かれ、それぞれ、管理権限は、別となっていました。

以下、この投稿においては、私の実家の財産の系統の内、祖父母(私の母の両親)の系統財産の管理について話します。

日本の、妻が、主婦の家族の場合、家庭の、お金(財産)の、実質的な管理権限は、女性(妻)にあると言う事は、第二次世界大戦後に始まった事なのかどうか分かりませんが、何れにしても、私の母方の祖父母の財産の管理権限は、生活費も含めて、私の母方の祖父が、全て管理を行い、母方の祖母は、母方の祖父の管理の下で、母方の祖父母の財産の中から生活費を使い、又、それとは別に、母方の祖父は、母方の祖母に対し、母方の祖母が、自分の物を買ったり・自分の楽しみの為に使ったりする金を、お小遣いとして渡す方式でした。

私の母方の祖父は、見合いで、私の母方の祖母と結婚したのですが、私の母方の祖父は、結婚したからには、ずっと(一生)、妻の事を大切にし、守らなければならないと言った、昔ながらの(保守的な)、紳士の美学・ポリシー(方針)と言った物を持った男性でした。ちなみに、私の父も、同様の、紳士の美学・ポリシー(方針)を持った男性ですが、性格が穏やかで、温和な紳士であると言う点においても、私の母方の祖父に共通していて、元々、面食いの私の母が、私の父に、一目惚れして、私の母から、私の父に、バリバリにアプローチして、私の母と私の父は、交際する事になったのですが(バリバリの恋愛結婚w)、私の母が、私の父に、自分の父(私の母方の祖父)の性格と共通する面を見出したのも、私の母が、私の父と結婚するまでに至った、大きな理由の一つなのかもしれません。



一方において、私の母方の祖父は、妻(私の母方の祖母)を、よく旅行に連れて行ったりとか、よく外食に連れて行ったりとかの、夫としての甲斐性までは持ち合わせていませんでした(私の母方の祖父は、保守的で、堅実、真面目で、生活は、つましく、派手な生活をする事は、好みませんでしたが、私の母方の祖父のつましさは、基本的には、あらゆる面において、適用されると言った感じでした)。まあ、母方の祖母は、(幼い頃・子供の頃は、それでも、ある程度、外で遊んでいたようですが)、子供の頃から、病弱で、基本的に、外に出る事を好まず(外食に出る事すら、割と、面倒臭がると言った感じでした)、ほとんど家で過ごしていた女性である事から、それは、それで、大丈夫であったとも言えますが。。。(ちなみに、母方の祖母は、外に出る事は、好まなかったと言っても、私が子供の頃、孫(私と私の2歳年下の弟)を含めた、お出掛けに関しては、お出掛け自体と言うよりも、孫と出掛ける事を楽しんでいる感じでした)。

私の母方の祖母は、私の母と共に、私の母方の祖父の、真面目な点・誠実な点・正直な点・誰に対しても、めったに怒らない性格が穏やかな紳士である点等を賞賛していましたが、以下の事柄が、見合いで結婚した、当時の、保守的な中流層から富裕層の女性の、一般的な傾向であったのか、それとも、私の母方の祖母と、私の母方の祖父の間だけの事であったのか、よく分かりませんが、私の母方の祖母は、私の母方の祖父に対して、私の母方の祖父の生涯、どこか遠慮していると言うか、(私の母方の祖父に)心の底から甘える事を憚ると言うか、私の母方の祖父に対して、どこか、よそよそしい雰囲気があり、私の母方の祖母は、私の母方の祖父と、じっくり話をする(私の母方の祖父に、じっくり話を聞いて貰う)と言う事は、あまりありませんでした。ちなみに、私の母方の祖母の、一番の話相手は、大のおばあちゃん(母方の祖母)子であった私でした。


前述の通り、私の母方の祖父は、保守的で、堅実、真面目で、生活は、つましく、派手な生活をする事は、好みませんでしたが、私の母方の祖父のつましさは、基本的には、あらゆる面において、適用されると言った感じでしたが、それは、私の母方の祖父の、元々の性格と言うのもあると思いますが、前述した事情から、私の母方の祖父は、家計を守らなければ(これは、結局、私の母方の祖母を守る事にも繋がるのですが。。。)と言う意識が染み付いてしまい、私の実家が、貧しい生活を完全に脱し、生活が安定し、生活に、ゆとりが出来た以降も、その様な、つましい思考及び、お金の使い方が定着してしまっていたと言う事も、大きいと思います。

その一方で、前述の通り、私の母方の祖父は、結婚したからには、ずっと(一生)、妻の事を大切にし、守らなければならないと言った、昔ながらの(保守的な)、紳士の美学・ポリシー(方針)と言った物を持った男性でした。前述の通り、私の母方の祖父母の財産の管理権限は、生活費も含めて、私の母方の祖父が、全て管理を行い、母方の祖母は、母方の祖父の管理の下で、母方の祖父母の財産の中から生活費を使い、又、それとは別に、母方の祖父は、母方の祖母に対し、母方の祖母が、自分の物を買ったり・自分の楽しみの為に使ったりする金を、お小遣いとして渡す方式でしたが、私の母方の祖父は、私の実家が、貧しい生活を完全に脱し、生活が安定し、生活に、ゆとりが出来た以降は、(自分自身に関する、出費に関しては、引き続き、とても、つましかった一方で)、母方の祖母が、自分の物を買ったり・自分の楽しみの為に使ったりする金である、お小遣いに関しては、私の母方の祖母が、そのお小遣いを使う使わないに関わらず、かなりの金額を渡していた様です。

私の母方の祖母は、前述の通り、田舎の裕福な地主の家の娘であった事から、おそらく、子供の頃、女学校時代、東京での大学時代、東京での独身の社会人時代(まあ、私の母方の祖母は、社会人になって間もなく結婚し、以後、ずっと主婦であったのですが。。。)、実家(親)に服等を、たくさん買って貰い、お洒落等を、とても楽しんでいたと思いますし、また、結婚してからも、第二次世界大戦が終わるまでは(私の母方の祖父母は、結婚して間もなく、私の母方の祖父の仕事の関係で、中国の、上海(Shanghai )に渡り、母方の祖父母の、上海(Shanghai )の、日本租界(日本人用の外国人居留地)での、生活は、立派な家に暮らし、夫婦二人だけの生活に、二人の、中国人の、メイド(maid)がいる生活であったそうです。また、第二次世界大戦末期になると、日本本土では、人々は、食糧難(食料不足)に苦しみましたが、上海(Shanghai )の、日本租界(日本人用の外国人居留地)では、その様な事もなかったそうです)、私の母方の祖父から、十分な、お小遣いを貰い、服(お洒落・ファッション)等を、十分、楽しむ等していたと思いますが、前述した、第二次世界大戦後の、事情により、やはり、母方の祖父と共に、つましい、お金の使い方が、染み付いてしまった様でした。

前述の通り、私の母方の祖父は、私の実家が、第二次世界大戦後の、貧しい生活を完全に脱し、生活が安定し、生活に、ゆとりが出来た以降は、(自分自身に関する、出費に関しては、引き続き、とても、つましかった一方で)、母方の祖母が、自分の物を買ったり・自分の楽しみの為に使ったりする金である、お小遣いに関しては、私の母方の祖母が、そのお小遣いを使う使わないに関わらず、かなりの金額を渡していた様ですが、私の母は、常々、半分、からかいを含めて、私の母方の祖母に対して、「おばあちゃん、おじいちゃんに、お小遣い、たくさん貰っているんだから、自分の欲しい物買ったり、自分の楽しみの為に、じゃんじゃん(どんどん)、お金を使えば、いいじゃん(使えばいいでしょう)」と言ったような事を言っていたのですが、母方の祖母は、もちろんキメる時の服(フォーマルな服)等は、ちゃんと持っていましたが、あまり、お金を使わずに(普段の服等も質素で、普段の服等にも、あまり、お金を使わずに)、つましく、日々の、生活を送っていました。もっとも、母方の祖母は、甘い物(お菓子等)が好きだったので、甘い物(お菓子等)は、自分の為に、よく(たくさん)買っていましたがw



私の母方の祖父は、東洋的な(日本的な)、風流人である一方で、西洋文化が好きな一面もあり、私の母方の祖父の好みに合わせて、私の実家の朝食は、西洋式でしたし、私の、母方の祖父は、食事は、どちらかと言えば、和食(日本料理)よりも、洋食(yoshoku)(日本で、近代以降、日本人の口に合う様に、(日本人の視点からすれば)改良された、西洋料理)・西洋料理の方が、好きな位でした。また、私の母方の祖父は、ウイスキー(whisky)が、好きで、毎晩、寝る前に、必ず、ウイスキー(whisky)を飲んでいました(前述の通り、私の母方の祖父は、つましかったので、いつも飲んでいたのは、Suntory(nikkaと共に、日本の、2大、ウイスキー(whisky)会社)の、「SUNTORY OLD」と言う、大衆的な、ウイスキー(whisky)でしたが。。。)。

ちなみに、私の家族の肌の色は、父(白)、母(白)、私の弟(白)、私だけ、(おそらく私の母方の祖父の隔世遺伝で)どちらかと言えば黒ですw(ちなみに、どうでも良い事ですが、家族全員、酒飲みで、酒には強いですw)。 例えがイケメン俳優さんで申し訳ありませんがw、私の肌の色は、調度、竹野内豊と同じ位の感じです(ちなみに、どうでも良い事ですがw、私よりも竹野内豊の方がまあまあ年上です)。



私の母方の祖父母、私の父方の祖父母共、酒は強いのですが、私の母方の祖母は、昔の女性だからか、酒を飲もうと思えば、酒は強いと思うのですが、酒を飲む事を好みませんでした。ちなみに、父方の祖母は、昔から、酒を飲む事は、割と好きです(今は、さすがに、とても高齢であるので、元気ではありますが、酒は、あまり飲まないようですが。。。)。





写真は、借り物。「SUNTORY OLD」。1950年販売開始。Suntory(1899年創業。nikkaと共に、日本の、2大、ウイスキー(whisky)会社)の、大衆的なウイスキー(whisky)。前述の通り、私の母方の祖父は、ウイスキー(whisky)が、好きで、毎晩、寝る前に、必ず、ウイスキー(whisky)を飲んでいましたが、母方の祖父は、つましかったので、いつも飲んでいたのは、この、「SUNTORY OLD」でした。


私の母方の祖父は、ほぼ生涯、喫煙者でした(ほぼ、生涯、タバコを吸っていました)。

我が家の近所の私の実家は、元々、私の母方の祖父母の家で、マックス(最大限で)、私の母方の祖父母、私の両親、私、私の2歳年下の弟の6人が暮らしていたのですが(今は、母方の祖父母とも亡くなり、私も私の弟も、実家を離れ、私の両親の二人暮らしです)、タバコに関して、母方の祖父は、前述の通り、ほぼ生涯喫煙者(ただし、他の家族に気を遣って、タバコは主に自分の部屋で吸っていました)、母方の祖母は、昔の女性なのでタバコは吸わない、私の父は喫煙者であったが(私の父は、私の父方の祖父の、遊び人気質は受け継ぎませんでしたが、私の父方の祖父の影響で、通常のタバコの他、葉巻・パイプも吸っていました)、世間で禁煙意識が高まって来た初期の頃にやめた(父は意志は強い人です)、母は、今に若い時代・比較的若い時代を生きていたのならばギャルになっていたような女性で、性格的には若い頃からタバコを吸っていても全く違和感がないと言った感じなのですがw、本人が若い頃からタバコ自体が嫌いなようで若い頃からタバコは吸わない(ただし、母は他人の吸うタバコに関してはあまり気にしない方で、面食いの母は、若い頃からデート相手のイケメンの男性が自分の目の前でタバコを吸う分には気にならないようですw)、私は前にその事に関する投稿を行いましたが、よく冗談で20歳で禁煙したと言っていますが、実際には20代の初めまで(高校時代・大学時代に)タバコを吸っていたのですが、タバコ中毒ではなかった為、すぐ止める事が出来た(禁煙の理由は健康を考えてという訳ではなくタバコ代がもったいないから。。。)、弟は、学生時代、少し吸っていましたが、やはり社会人になると共にやめたと言った感じです。




写真は、借り物。しんせい(shinsei)。日本の、チープな(安い)タバコです(1949年販売開始)。前述の通り、私の母方の祖父は、ほぼ生涯、喫煙者でしたが、母方の祖父は、つましかったので、母方の祖父が、最も、よく吸っていたのが、この、しんせい(shinsei)です。

私が、かつて吸っていた、タバコに関しては、以下の投稿を、参照して下さい。

幼稚園児にラブラブだねと言われる関係他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2837753?&sfl=membername&stx=nnemon



私の母方の祖父は、新宿(東京都心部の西部に位置する。東京最大級の繁華街の一つ。ちなみに、新宿は、東京の大規模繁華街の中で、我が家、及び、我が家の近所の実家から、最も近い繁華街の一つで、我が家、及び、我が家の近所の実家の最寄り駅から新宿までは、通勤電車で5分程です)にある、鰻料理店の、登亭(noboritei)の鰻がお気に入りで、よく家族(私の母方の祖母、私の両親、私、弟)に買って来ました。鰻は、大衆料理の中では、高い物ですが、おそらく、私の母方の祖父が、登亭(noboritei)の鰻が、お気に入りであったのは、登亭(noboritei)の鰻が、鰻料理店の、鰻としては、安かった為であり、そこにも、私の母方の祖父の、つましい性格が表れていると思います。


我が家の近所の私の実家は、元々、母方の祖父母の家で(ちなみに母は一人っ子です)、母方の祖父母が同居していたのですが(既に母方の祖父母とも亡くなり、現在は、実家は両親が引き継いで暮らしています)、母方の祖父は、健康過ぎて、医者いらずで医者嫌いで、かえって、その事があだとなり、癌の自覚症状が出るまで病院に行かず、病院に行って検査を受けた時には既に治療し治るには手遅れとなっており、70代の終わりで癌により亡くなりました。母方の祖父は、癌にさえならなければ(癌の原因はタバコでした)、又は、癌が早期に発見され治療が出来ていれば、90歳以上は生きたような気がします。

母方の祖父は、病院で癌が発見されてから、一回の、大きな手術を経て、1年も持たずに、私が高校生の時に70代の終わりで亡くなりました。母方の祖父の闘病生活は、とても、痛く・苦しい物であったようですが、母方の祖父は、一切、痛いとか、苦しいと言った事や愚痴や不満を、家族に言わずに、母方の祖父が出来得る限り、家族の前では、穏やかで、優しい、夫・父・祖父であり続けようとしました。母方の祖父は、病院の、医者や看護婦達にも、病状を伝える為の、痛いとか苦しいとかは言っていた様ですが、泣き言の痛いとか苦しいとか、愚痴や不満は、一切言わずに、その代わり、ひたすら、家族(妻(私の母方の祖母)、娘(私の母))に対して同様、感謝の言葉・お礼の言葉を述べていたそうです。

それは、おそらく、母方の祖父の、昔ながらの男の意地と言った物であったと思いますが、母方の祖母と、母は、それを、昔の男の家族に心配をかけない為の、優しさ・強さだと捉えて、賞賛していましたし、今でも、私の母は、そう捉えて、私の母方の祖父の事を賞賛しています。

実際になれるかどうか分かりませんが、私は、母方の祖父のような、強い男性になりたいと思っています。ちなみに、私の父方の祖父も、やはり、病気に関して、泣き言の痛いとか苦しいとか、愚痴や不満は、一切言わないタイプの男性で、昔の男ならでは強さ・父性と言った物を持った男性でした。



前にkjで、アップ(upload)した写真の、再利用。朝香宮(asakanomiya)鳩彦(yasuhiko)王。かつて、後述する、自然教育園の隣接地に暮らしていた宮家(天皇の親族)の男性です。私の、母方の、祖父は、身長は、165cm位と小柄で、体形は、痩せていて(痩せ型の体質で)、肌の色は、どちらかと言えば色黒で(黒く)、外貌の雰囲気は、調度、この写真の、朝香宮(asakanomiya)鳩彦(yasuhiko)王のような感じでした(顔も、この写真の、朝香宮(asakanomiya)鳩彦(yasuhiko)王の顔と似ていると言う訳ではありませんが、似た雰囲気の顔ではありました)。


自然教育園は、白金(shirokane)エリア(area)(東京都心部の南西部(東京都心部でも中心的な地域の南西端部)に位置する)にある、とても広い、公園と言うか、森です。

自然教育園は、私の、母方の祖父の、お気に入りの場所で、私の母方の祖父は、生前、自然教育園を、よく散歩していました(母方の祖父は、整備された公園を散歩するよりも、この様な場所(自然教育園の様な場所)を散歩する方が、好きだったのかもしれません)。また、私が、幼い頃から、子供の頃、私の母方の祖父は、自然教育園を散歩する際に、私を、よく連れて行きました。私の母方の祖父としては、私を連れて行ってあげたと言う感覚であったと思いますが、(幼い頃から、子供の頃であったので、記憶が曖昧ですが)、当時の(自然の景色を楽しむと言う感覚に乏しかった、幼い頃から子供の頃の)私としては、おそらく、私の方が、祖父の散歩に付き合ってあげたと言う感覚であったと思いますw(まあ、幼い頃から、子供の頃、優しい祖父と、出掛けるのは、楽しかったですが。。。)。

ちなみに、私の母方の祖父、私の父、私を比較すると、私が、一番、趣味がない(無趣味)なような気がします。子供の頃から、受身の状態で、多様な、大量の情報に囲まれている、現代の、中年層・若者の方が、それよりも前の世代の人々と比べて、むしろ、趣味は、少ないのかもしれません。


女系家族育ち後編へ続く。。。

女系家族育ち後編は、以下です。
女系家族育ち後編→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2841167?&sfl=membername&stx=nnemon
以下、参考の投稿。
箱根(hakone)富士屋(fujiya)ホテル他→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2833620?&sfl=membername&stx=nnemon
私の父方の祖父に関しては、以下の投稿を、参照して下さい。
夫の容姿に惚れた嫁が強ければ家族円満説→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2838172?&sfl=membername&stx=nnemon

   

 


女系家族育ち前編


Firefox以外で、この投稿の写真が見られない場合は、Firefoxで、ご覧下さい。

以下、「」内。私の前の投稿文より。。。

「東京都心部の西部の静かで落ち着いた住宅地にある、我が家の近所の、私の実家は、元々、私の母方の祖父母の家で(ちなみに母は、一人っ子です)、現在は、両親が引き継いで暮らしています。既に、母方の祖父母共に、亡くなっています。

我が家の近所の私の実家の、私の父は、会社員で(父は、既に、半分定年退職状態になってから久しいですが)、私の母は、父と結婚してから、アルバイトを含めて、仕事を、一切した事がない専業主婦です。

私には、兄弟姉妹は、2歳年下の弟が一人います。私の弟は、外資系の会社員で、既に、結婚をし、(まだ、二人共、幼いですが)子供が2人いて(男の子(上)が1人と、女の子(下)が1人)、弟の家族(妻・子供)と共に、東京の西部郊外の、静かで落ち着いた住宅地に買った、一戸建て住宅に、暮らしています。

弟の、奥さん(妻)(ちなみに、弟の、奥さん(妻)は、弟よりもかなり年下です)は、結婚する前は、四年制の大学を卒業した後、服(ファッション)関係の、会社で、会社員として働いていましたが、結婚してからは、主婦となりました。

私は、会社員と比べて、相対的に、安定的ではなく、相対的に、ビジネスにおいて危険性が高いが、相対的に、自分で自分の時間を自由に管理する事が出来、又、自分の才能・仕事の能力・仕事の効率性・努力が、自分の収入に直結する(直接繋がる)、個人事業の道を選びました。

私は、普通の中流層・庶民層なのですが、私は、基本的には、自分が、与えられた環境の中で、自分の能力の範囲内で、出来得る限り生き(ここで言う、出来得る限り生きとは、自分の能力の限界を知り、自分の幸福の為に、自分の努力の落とし所を知ると言う意味も含まれます)、自分が稼いだお金で、出来得る限りの、幸せな生活をしている(幸せな人生を生きている)と言う、自信があります。」


以下、少し、おまけです。


今日は、仕事の用事で、新宿(東京最大級の繁華街の一つであると共に、東京のビジネスの中心地区の一つ。東京都心部の西部に位置する)に、訪れたついでに(新宿は、仕事の用事で、よく訪れる場所の一つです)、取引先の、年下の女性、2人を連れて、つな八(tunahachi)の、京王(keio)デパート本店(新宿にあるデパートの一つ)の店舗で、昼食を食べました。ちなみに、今日の昼食の時もそうですが、この様なケースの場合、通常、食事代は、全て(全員分)、私が、支払います。つな八(tunahachi)は、新宿に拠点(本店)を置く、中級classの、天婦羅食堂です。先日、仕事の用事で、銀座(ginza)areaを訪れた際に、昼食で、天丼(天婦羅丼)を食べた、天國(tenkuni)は、1885年創業と、歴史の古い、天婦羅食堂ですが、つな八(tunahachi)も、1924年創業と、ある程度、歴史の古い、天婦羅食堂です。つな八(tunahachi)は、時々、利用しています。

以下、参考の投稿。
お金の使う所・使わない所→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2839683?&sfl=membername&stx=nnemon


写真以下5枚。つな八(tunahachi)で、食べた、今日の昼食。2,500円弱位の、天婦羅と、ご飯(rice)の、組み合わせメニュー(menu)を食べました(3人共、同じ物を食べました)。全て、一人一皿ずつ(写真は、一人分)です。これに、ご飯(rice)、味噌汁(miso soup)、漬物が付きます。


鮪の、漬け。


お浸し。


写真以下2枚。一皿目の天婦羅。海老、魚(河豚)、野菜。





2皿目の天婦羅。小海老(海老)の、かき揚げ。


以上、おまけでした。



以下、「」内。私の前の投稿文より。。。

「おそらく多くの女性が、子供の頃、自分が、お姫様になって、素敵な王子様が迎えに来て、幸せにして貰うと言った事を夢見た事があると思います。私は、せっかく、この世に、男と女として生まれたならば、少なくとも自分が好きになった女性の前では、(もちろん、いつもそう出来る訳ではありませんがw)、自分は、出来るだけ、素敵な王子様になって、相手には、お姫様になって(お姫様気分で)ハッピーな気分になって貰いたいと思っていますw そのような女性が幸せな気分になる事によって自分も幸せな気分になると言う気質(と言うのかな?上手い言葉が思い浮かばないけどw)は、もしかしたら、私が母系家族の中で育った(私の実家は元々私の母方の祖父母の家)と言う事も関係しているのかもしれませんw」

以下、参考の投稿。

アランドロン等(適当に雑多な内容)→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2824779?&sfl=membername&stx=jlemon
母の教育話等→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2831184/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon
アニメのキャラと女性と私等→
/jp/board/exc_board_3/view/id/2816574?&sfl=membername&stx=jlemon
幼稚園児にラブラブだねと言われる関係他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2837753?&sfl=membername&stx=nnemon
世代間ギャップ等→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2832680?&sfl=membername&stx=nnemon


以下、基本的には、前に行った投稿から、抜粋して来た物です。

東京都心部の西部の静かで落ち着いた住宅地にある、我が家の近所の、私の実家は、元々、私の母方の祖父母の家で(ちなみに母は、一人っ子です)、現在は、両親が引き継いで暮らしています。既に、母方の祖父母共に、亡くなっています。

私の母方の祖母は、若い頃の写真を見ると、中々、綺麗で、(自分の親族に対して言うのもなんなのですが)美人なのですが、私は、太ってしまって、若い頃と、大分、変わってしまってからの、母方の祖母の姿しか知りませんw

私の母は、痩せの大食い(大食いと言っても、標準よりも少し多く食べる程度ですが)の体質(比較的、たくさん食べても痩せている体質)で、私も、私の母からの遺伝で、痩せの大食い(やはり、大食いと言っても、標準よりも少し多く食べる程度ですが)の体質(比較的、たくさん食べても痩せている体質)なのですが、私の母の、痩せの大食いの体質(比較的、たくさん食べても痩せている体質)は、私の母方の祖父、又は、私の母方の祖母の姉(やはり、生涯、痩せている体質であった)に似たのだと思います。ちなみに、私の母は、身長は、163cm位と、私の母の世代の女性にしては、比較的、高い方ですが、それは、母方の祖母(私の、母方の祖母は、身長は、160cm位と、祖母の世代の女性としては、比較的、高い方であった)からの遺伝であると思います(私の母方の祖父は、身長は、165cm位と小柄であった)。ちなみに、私の父の家系は、長身の家系です。

諏訪 根自子(suwa nejiko)(1920年生まれ。2012年に亡くなる)は、1930年代の初め頃から1950年代頃にかけて活躍していた、日本の、女性、violinistです。諏訪 根自子(suwa nejiko)は、1930年代の初めから1930年代の中期にかけて(諏訪 根自子(suwanejiko)が、10代の初めから10代の中頃にかけて)、(年齢の割に、とても高い実力があった事から)天才と呼ばれ、また、美人(美少女)であった事から、日本の、大衆の間で、現在で言う、女性、アイドル(idol)歌手的な、人気を博しました(おそらく。。。)。


写真は、借り物。少女の頃の諏訪 根自子(suwa nejiko)。若い頃の、私の母方の祖母は、若い頃の写真を見る限り、目が大きく、鼻筋が通った(鼻が高い)美人で、若い頃の、私の母方の祖母は、そっくり(完全に似ている)と言う程ではありませんが、少女の頃の諏訪 根自子(suwa nejiko)に似ています。しかしながら、私は、太ってしまって、若い頃と、大分、変わってしまってからの、母方の祖母の姿しか知りませんw 


私の母方の祖母(既に亡くなっています)は、(大学から東京に出てきたものの)、生涯、世間知らずの田舎の裕福な家の箱入りのお嬢さん的な要素があった女性です。私の母方の祖母は、大人しくて、上品な性格でした。

母方の祖母は、(幼い頃・子供の頃は、それでも、ある程度、外で遊んでいたようですが)、子供の頃から、病弱で、基本的に、外に出る事を好まず、ほとんど家で過ごしていた女性であり、生涯、窓際で、白馬の王子様が、自分を迎えに来るのを、待ち続ける、夢見る少女の様な面を持った女性でした。

私は、自分の事を、ロマンチスト的な面がある男だと思ってますが、私のロマンチスト的な面は、私の母方の祖母の性格を受け継いでいると思います(ちなみに、私は、大の、おばあちゃん(母方の祖母)子でした)。

亡くなった、私の母方の祖母が、最も、好きであった、イラストレーターが、蕗谷虹児(fukiyakoji)です。

私の母方の祖母は、竹久 夢二(takehisa yumeji)等も好きでしたが、何よりも蕗谷 虹児(fukiya koji)の絵やイラスト(illustration)が好きだった様です。私の母方の祖母は、絵を描くのが好きでしたが、生涯、蕗谷 虹児(fukiya koji)の様な絵を、たくさん描いていました(絵と言っても、スケッチ(sketch)みたいな物ですが。。。)。蕗谷 虹児(fukiya koji)に関しては、以下の投稿を参照して下さい。
蕗谷虹児(祖母が好きであった挿絵画家)後編→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2581912/page/11?&sfl=membername&stx=jlemon


私の母方の祖母は、東京での学生時代・独身時代、私の母方の祖母の父が、東京の麻布(azabu)(東京都心部の高級住宅地の一つ)に保有していた東京の別宅に暮らしていたそうです。私の母方の祖母の父は、当時、東京及びその郊外(現在の東京23区内)に、いくつかの、土地と家を保有し、人に貸したり、また、用事が有って、東京に出てくる際の、滞在先等として使ったりしていましたが、その内の一つが、(私の母方の祖母が、見合いによって、私の母方の祖父と結婚した際に)私の母方の祖父母に、与えられました。これが、私が、生まれ育った我が家の近所の実家です(家の建物は、私が生まれる前に建て替えられています)。麻布(azabu)の家の方は、これよりも、はるかに大きくて、立派だったそうですが、第2次世界大戦後、他人の手に渡ってしまったそうです(私の母方の祖母の実家は、戦後、徐々に、没落して行った様です。現在も、一応、田舎で、少しは、立派な家に暮らしているらしいですが。。。)。

私の母方の祖母は、見合い(私の母方の祖母の父(私の母方の曽祖父)の知り合いの紹介)により、私の母方の祖父と知り合い、結婚しました。私の母方の祖母は、私の母方の祖父と結婚してから、ずっと主婦をしていました。もっとも、私の母方の祖母は、第二次世界大戦が終わるまでは、東京での、学生時代・独身時代を含めて、ずっと、メイド(maid)がいる(メイド(maid)に身の回りの世話をして貰う)生活であったので、主婦とは言っても、私の母方の祖母が、生まれて初めて、本格的に家事をする様になったのは、第二次世界大戦後からであった様です。

私の母方の祖父母は、結婚して間もなく、私の母方の祖父の仕事の関係で、中国の、上海(Shanghai )に渡った為、私の母方の祖父母が、我が家の近所の私の実家(私の母方の祖母の父が、私の母方の祖母が結婚した際に、私の母方の祖父母に与えた、一戸建て住宅)に、本格的に暮らし始めたのは、第二次世界大戦後の事です。ちなみに、私の母方の祖父母の、上海(Shanghai )の、日本租界(日本人用の外国人居留地)での、生活は、立派な家に暮らし、夫婦二人だけの生活に、二人の、中国人の、メイド(maid)がいる生活であったそうです。

私の母方の祖父は、田舎に生まれ、東京の、大学(まあ、当時は、その前身の高等教育機関でしたが)を卒業した後、第二次世界大戦までは、技師(技術者)、第二次世界大戦後は、会社員をしていました。私の母方の祖父の実家は、裕福であったと言う話は聞かず、また、かと言って、貧しかったとか、苦学したとか(金銭面で、苦労して、東京の、大学を卒業した)と言う話も聞かなかったので、まあ、中流の農家(中流の農民の家)、若しくは、会社員・公務員等の、家庭であったのではないでしょうか。。。

私の母方の祖父は、基本的には、保守的で、堅実、真面目で、生活は、つましく、派手な生活は、好みませんでした。

私の母方の祖父は、その一方で、第二次世界大戦後、間もなく、(私の母方の祖父の)兄弟(私の母方の祖父の兄弟の中に、性格が、真面目で堅実と正反対の者達がいてw、私の母方の祖父は、そうした兄弟達に、釣られてしまったようですw)と共に事業(銀座(ginza)(東京を代表する高級繁華街、且つ、東京を代表する繁華街)の小売商店)を起こしましたが、すぐに失敗し(母方の祖母の話によれば、母方の祖父は、当時、連日、(私の母方の祖父の)兄弟と共に、銀座(ginza)で宴会(party)を行っていたそうで、すぐに失敗したのは、当然だと思いますw)、借金の一部を背負う事となりました。その頃、私の母方の祖父母の間に、待望の子供(私の母)が生まれました。私の母方の祖母は、当時としては、割と高齢出産の方であったと思いますが、結局、女の子供一人(私の母)しか授かりませんでした(ちなみに、近所に暮らしていた、私の母方の祖母の姉も同様です)。

第二次世界大戦後、間もなくの頃は、私の母方の祖母の実家(田舎の裕福な地主であった。第二次世界大戦後、徐々に、没落して行ったようですが)のコネで、食料は、ある程度、困らなかったそうですし、私の母方の祖父は、幸いな事に事業が失敗した後、間もなく、会社員としての仕事を得る事が出来ました(ちなみに、母方の祖父は、その後、就職した会社の株を含む、株でも、かなり金を儲けたようです)。

しかし、田舎からの食糧の供給も、しばらくして途絶え、私の母方の祖父は、失敗した事業の借金の、一部を背負った事もあって、私の母が、小学生であった頃が、最も、生活が貧しかったそうで、今でも、私の母は、その頃の貧しい生活が鮮明に記憶に残っていると言います。その一方で、実家では、私の母が、子供の頃から、犬等のペットを飼っており( ちなみに、私の実家、且つ、私の母が、初めて飼った、犬・猫のペットは、小型犬で、私の母が、子供の頃から飼った犬。名前は、Mickeyで、名前を付けたのは、子供の頃の私の母で、Disneyの Mickey Mouseから取った物)、そうした話を聞くと、ゆとりがあったようにも感じますがw

その一方において、私の母が小学生の頃は、実家の庭の一部を畑に改造して(現在は、その部分は、自動車が3台駐車出来る駐車場に改造されています)、野菜を自給自足したり、私の母方の祖母が、自分の持っている、高価な(高級な)、着物(日本の女性向けの伝統衣装)を売って、家計の足しにしても、なお、慢性的な、食料不足で、私の母は、絶えず空腹であったそうです。私の母が、小学校の半ば頃は、調度、1950年代の半ば頃、日本国民、全般的に言えば、第二次世界大戦直後の貧しさのピークは過ぎ去り、第二次世界大戦後の、大量生産・大量消費社会の夜明けを待つ頃でしたが、私の母は、当時、まともな家に暮らしていたものの(第二次世界大戦後、間もなくから、1950年代にかけては、東京中心部では、第二次世界大戦中の空襲による、焼け野原の上に、バラック小屋(仮の、粗末な家)を建てて、暮らしている人々が、たくさんいました)、その一方において、私の母は、当時、食生活や衣服に関しては、明らかに、小学校の、多くの同級生達の家に比べて、貧しかったそうです。

私の実家が、貧しい生活を完全に脱し、生活が安定し、生活に、ゆとりが出来たのは、私の母が中学校3年生位から、高校に入学した頃の事だそうです。調度、その頃(1960年代の初め頃)、1920年代頃?に建てられた、日本伝統式の住宅の建物であった実家の建物を、現在の建物に建て替えています(現在は、耐震補強もなされていますし、時代に合わせて、内装等を、改装して来ています)。

私の母方の祖父母が、一人っ子である(一人娘である)、私の母を、甘やかし、伸び伸びと、自由に(自由奔放)に育てたのは、私の母方の祖父母が、私の母が子供の頃、物質的に、貧しい思いをさせてしまったと言う負い目もあったのかもしれません。

また、私の母が、ある程度、物質主義的な面があり、又、私と弟が、それぞれ、子供の頃から高校生の頃、私の母が、子供を(私と私の弟を)、物質的な面も含めて、とても甘やかしていた事は、自分が(私の母が)、子供の頃、物質的に、貧しい経験をした事の、反動であったのかもしれません。


私の母方の祖父(既に亡くなっています)は、保守的で、堅実、真面目で、生活は、つましく、派手な生活をする事は、好みませんでしたが、無趣味と言った訳ではなく、墨絵(ink wash painting)、俳句(haiku)(日本の、伝統的な詩)、短歌(tanka)(日本の、伝統的な詩)、漢詩(中国の、伝統的な詩)、魚釣り等を趣味として、風流人的な、一面も持っていました。現在は、昔と違って、我が家の近所の、私の実家(元々、私の母方の祖父母の家。現在は、両親が、引き継いで暮らしている)の、庭の池には、錦鯉(nishikigoi)(下の補足説明参照)しか泳いでいませんが、かつて、私の実家の庭の池には、鯉、金魚の他に、私に母方の祖父が釣って来た、鮒や草魚(grass carp)等がいました。私の母は、子供の頃は、休日に、私の母方の祖父に連れられて、電車に乗って、よく、東京の西部郊外の、多摩(tama)川に釣りに行ったそうです(私の母は、全く、退屈で、つまらなかったそうですw)。
錦鯉(nishikigoi):観賞用に、養殖・品種改良された、日本の鯉の、総称。日本では、色鮮やかな、錦鯉(nishikigoi)は、庭園の池等で、多く見られる。錦鯉(nishikigoi)は、日本、及び、日本の美意識を象徴する魚として、日本の、国魚(国の魚)となっている。


母方の祖父は、晩年、何度か、漢詩(中国の、伝統的な詩)の歴史を探求したり、墨絵(ink wash painting)の題材の写真を撮る為に、一人で(一人旅か一人でツアーに参加したのか、どちらか分かりません)、中国又は台湾(若しくは両方)を、旅行しています。


我が家の近所の私の実家には、未だに、初孫である私を題材にして詠んだ、私の母方の祖父の俳句(haiku)等の、墨で書いた短冊が、幾つか、飾ってあります。

以下、「」内、私の前の投稿文より。。。

「我が家は、我が家の近所の私の実家と異なり、庭もないので、豆まきはしませんが(彼女と豆を食べるだけですが)、節分(setsubun)の豆まき用の豆(食べる事が出来ます)。マートで買った物。ちなみに、我が家の近所の私の実家は、元々、私の母方の祖父母の家で(現在は、母方の祖父母とも亡くなり、両親が引き継いで暮らしている)、母方の祖父母が同居していたのですが、私が幼い頃(私が幼稚園児の頃)に、私が実家で、節分(setsubun)の豆まきをする姿を詠んだ、私の母方の祖父の俳句(haiku)の、墨で書いた短冊が、我が家の近所の実家に、未だに、飾ってあります。」

私の母方の祖父は、前述の通り、技師(技術者)で、完全に理系(理数系)の人でしたが、勉強熱心で(勉強に熱心で)、知識が豊富であり、特に、漢字に、とても詳しく、実家では(私の母方の祖母、私の両親、私、私の弟の間では(特に、私の母、私、私の弟の間では))、読み方や意味等が分からない漢字や四字熟語等があったら、「おじいちゃん(私の母方の祖父)に聞け」と言う事が家訓となっていましたw

母方の祖父は、第二次世界大戦以前は、技師(技術者)、第二次世界大戦後は、会社員として働いていたのですが、書道(Japanese calligraphy )を趣味の一つとしており、会社員として働いていた時に、書道(Japanese calligraphy )の師範(先生)の資格を取り、会社員を定年退職した後、亡くなる近くまで、ずっと、趣味と実益を兼ねて、家(我が家の近所の私の実家)で、近所の、子供や女子(女性の)中学生・高校生達に、書道(Japanese calligraphy )を教える等して(ちゃんと報酬を貰っていた)、書道(Japanese calligraphy )関連の仕事で、報酬を得ていました。

ちなみに、私は子供の頃、基本的には、母方の祖父母に目に入れても痛くない程可愛がられていたのですが、私は兄弟姉妹は2歳年下の弟が一人いるのですが、子供の頃、弟と一緒に、初めて母方の祖父に、書道(Japanese calligraphy )を習った際に、弟と共に、はしゃぎ過ぎてしまってw、孫に対して滅多に怒らない祖父をイライラさせて怒らせてしまって、それきり、母方の祖父に、書道(Japanese calligraphy )は習いませんでした。

私は書道(Japanese calligraphy )どころか、普通に書く時も下手で汚く、自分の書いた字が読めないと人に言われる事もしばしばありますw(そういう時は、達筆過ぎて読めないんじゃないか?等と冗談を言ったりしていますw)。私は、過去に、半分本気で通信教育でペン習字を習おうかなと思っていた時もあるくらいですw

ちなみに私の母も字が下手で、実家暮らしの、子供の頃・若い頃、母の書いた(用件を伝えたり・外出するの際の)メモ書きの字が読めなくてしばしば苦労しましたw(母は一人っ子で、母方の祖母も字は下手と言う訳ではなかったと思うのに、母の字の下手さは誰の隔世遺伝なのかは分かりませんw)。


ちなみに、私の母方の祖母は、結婚してから、アルバイトを含めて、仕事は、一切した事がない専業主婦でしたし、私の母も、結婚してから、アルバイトを含めて、仕事は、一切した事がない専業主婦です。

私の母方の祖父母が生きていた時は、私の実家の財産の系統は、私の母方の祖父母(私の母の両親)の系統と、私の両親の系統に分かれ、それぞれ、管理権限は、別となっていました。

以下、この投稿においては、私の実家の財産の系統の内、祖父母(私の母の両親)の系統財産の管理について話します。

日本の、妻が、主婦の家族の場合、家庭の、お金(財産)の、実質的な管理権限は、女性(妻)にあると言う事は、第二次世界大戦後に始まった事なのかどうか分かりませんが、何れにしても、私の母方の祖父母の財産の管理権限は、生活費も含めて、私の母方の祖父が、全て管理を行い、母方の祖母は、母方の祖父の管理の下で、母方の祖父母の財産の中から生活費を使い、又、それとは別に、母方の祖父は、母方の祖母に対し、母方の祖母が、自分の物を買ったり・自分の楽しみの為に使ったりする金を、お小遣いとして渡す方式でした。

私の母方の祖父は、見合いで、私の母方の祖母と結婚したのですが、私の母方の祖父は、結婚したからには、ずっと(一生)、妻の事を大切にし、守らなければならないと言った、昔ながらの(保守的な)、紳士の美学・ポリシー(方針)と言った物を持った男性でした。ちなみに、私の父も、同様の、紳士の美学・ポリシー(方針)を持った男性ですが、性格が穏やかで、温和な紳士であると言う点においても、私の母方の祖父に共通していて、元々、面食いの私の母が、私の父に、一目惚れして、私の母から、私の父に、バリバリにアプローチして、私の母と私の父は、交際する事になったのですが(バリバリの恋愛結婚w)、私の母が、私の父に、自分の父(私の母方の祖父)の性格と共通する面を見出したのも、私の母が、私の父と結婚するまでに至った、大きな理由の一つなのかもしれません。



一方において、私の母方の祖父は、妻(私の母方の祖母)を、よく旅行に連れて行ったりとか、よく外食に連れて行ったりとかの、夫としての甲斐性までは持ち合わせていませんでした(私の母方の祖父は、保守的で、堅実、真面目で、生活は、つましく、派手な生活をする事は、好みませんでしたが、私の母方の祖父のつましさは、基本的には、あらゆる面において、適用されると言った感じでした)。まあ、母方の祖母は、(幼い頃・子供の頃は、それでも、ある程度、外で遊んでいたようですが)、子供の頃から、病弱で、基本的に、外に出る事を好まず(外食に出る事すら、割と、面倒臭がると言った感じでした)、ほとんど家で過ごしていた女性である事から、それは、それで、大丈夫であったとも言えますが。。。(ちなみに、母方の祖母は、外に出る事は、好まなかったと言っても、私が子供の頃、孫(私と私の2歳年下の弟)を含めた、お出掛けに関しては、お出掛け自体と言うよりも、孫と出掛ける事を楽しんでいる感じでした)。

私の母方の祖母は、私の母と共に、私の母方の祖父の、真面目な点・誠実な点・正直な点・誰に対しても、めったに怒らない性格が穏やかな紳士である点等を賞賛していましたが、以下の事柄が、見合いで結婚した、当時の、保守的な中流層から富裕層の女性の、一般的な傾向であったのか、それとも、私の母方の祖母と、私の母方の祖父の間だけの事であったのか、よく分かりませんが、私の母方の祖母は、私の母方の祖父に対して、私の母方の祖父の生涯、どこか遠慮していると言うか、(私の母方の祖父に)心の底から甘える事を憚ると言うか、私の母方の祖父に対して、どこか、よそよそしい雰囲気があり、私の母方の祖母は、私の母方の祖父と、じっくり話をする(私の母方の祖父に、じっくり話を聞いて貰う)と言う事は、あまりありませんでした。ちなみに、私の母方の祖母の、一番の話相手は、大のおばあちゃん(母方の祖母)子であった私でした。


前述の通り、私の母方の祖父は、保守的で、堅実、真面目で、生活は、つましく、派手な生活をする事は、好みませんでしたが、私の母方の祖父のつましさは、基本的には、あらゆる面において、適用されると言った感じでしたが、それは、私の母方の祖父の、元々の性格と言うのもあると思いますが、前述した事情から、私の母方の祖父は、家計を守らなければ(これは、結局、私の母方の祖母を守る事にも繋がるのですが。。。)と言う意識が染み付いてしまい、私の実家が、貧しい生活を完全に脱し、生活が安定し、生活に、ゆとりが出来た以降も、その様な、つましい思考及び、お金の使い方が定着してしまっていたと言う事も、大きいと思います。

その一方で、前述の通り、私の母方の祖父は、結婚したからには、ずっと(一生)、妻の事を大切にし、守らなければならないと言った、昔ながらの(保守的な)、紳士の美学・ポリシー(方針)と言った物を持った男性でした。前述の通り、私の母方の祖父母の財産の管理権限は、生活費も含めて、私の母方の祖父が、全て管理を行い、母方の祖母は、母方の祖父の管理の下で、母方の祖父母の財産の中から生活費を使い、又、それとは別に、母方の祖父は、母方の祖母に対し、母方の祖母が、自分の物を買ったり・自分の楽しみの為に使ったりする金を、お小遣いとして渡す方式でしたが、私の母方の祖父は、私の実家が、貧しい生活を完全に脱し、生活が安定し、生活に、ゆとりが出来た以降は、(自分自身に関する、出費に関しては、引き続き、とても、つましかった一方で)、母方の祖母が、自分の物を買ったり・自分の楽しみの為に使ったりする金である、お小遣いに関しては、私の母方の祖母が、そのお小遣いを使う使わないに関わらず、かなりの金額を渡していた様です。

私の母方の祖母は、前述の通り、田舎の裕福な地主の家の娘であった事から、おそらく、子供の頃、女学校時代、東京での大学時代、東京での独身の社会人時代(まあ、私の母方の祖母は、社会人になって間もなく結婚し、以後、ずっと主婦であったのですが。。。)、実家(親)に服等を、たくさん買って貰い、お洒落等を、とても楽しんでいたと思いますし、また、結婚してからも、第二次世界大戦が終わるまでは(私の母方の祖父母は、結婚して間もなく、私の母方の祖父の仕事の関係で、中国の、上海(Shanghai )に渡り、母方の祖父母の、上海(Shanghai )の、日本租界(日本人用の外国人居留地)での、生活は、立派な家に暮らし、夫婦二人だけの生活に、二人の、中国人の、メイド(maid)がいる生活であったそうです。また、第二次世界大戦末期になると、日本本土では、人々は、食糧難(食料不足)に苦しみましたが、上海(Shanghai )の、日本租界(日本人用の外国人居留地)では、その様な事もなかったそうです)、私の母方の祖父から、十分な、お小遣いを貰い、服(お洒落・ファッション)等を、十分、楽しむ等していたと思いますが、前述した、第二次世界大戦後の、事情により、やはり、母方の祖父と共に、つましい、お金の使い方が、染み付いてしまった様でした。

前述の通り、私の母方の祖父は、私の実家が、第二次世界大戦後の、貧しい生活を完全に脱し、生活が安定し、生活に、ゆとりが出来た以降は、(自分自身に関する、出費に関しては、引き続き、とても、つましかった一方で)、母方の祖母が、自分の物を買ったり・自分の楽しみの為に使ったりする金である、お小遣いに関しては、私の母方の祖母が、そのお小遣いを使う使わないに関わらず、かなりの金額を渡していた様ですが、私の母は、常々、半分、からかいを含めて、私の母方の祖母に対して、「おばあちゃん、おじいちゃんに、お小遣い、たくさん貰っているんだから、自分の欲しい物買ったり、自分の楽しみの為に、じゃんじゃん(どんどん)、お金を使えば、いいじゃん(使えばいいでしょう)」と言ったような事を言っていたのですが、母方の祖母は、もちろんキメる時の服(フォーマルな服)等は、ちゃんと持っていましたが、あまり、お金を使わずに(普段の服等も質素で、普段の服等にも、あまり、お金を使わずに)、つましく、日々の、生活を送っていました。もっとも、母方の祖母は、甘い物(お菓子等)が好きだったので、甘い物(お菓子等)は、自分の為に、よく(たくさん)買っていましたがw



私の母方の祖父は、東洋的な(日本的な)、風流人である一方で、西洋文化が好きな一面もあり、私の母方の祖父の好みに合わせて、私の実家の朝食は、西洋式でしたし、私の、母方の祖父は、食事は、どちらかと言えば、和食(日本料理)よりも、洋食(yoshoku)(日本で、近代以降、日本人の口に合う様に、(日本人の視点からすれば)改良された、西洋料理)・西洋料理の方が、好きな位でした。また、私の母方の祖父は、ウイスキー(whisky)が、好きで、毎晩、寝る前に、必ず、ウイスキー(whisky)を飲んでいました(前述の通り、私の母方の祖父は、つましかったので、いつも飲んでいたのは、Suntory(nikkaと共に、日本の、2大、ウイスキー(whisky)会社)の、「SUNTORY OLD」と言う、大衆的な、ウイスキー(whisky)でしたが。。。)。

ちなみに、私の家族の肌の色は、父(白)、母(白)、私の弟(白)、私だけ、(おそらく私の母方の祖父の隔世遺伝で)どちらかと言えば黒ですw(ちなみに、どうでも良い事ですが、家族全員、酒飲みで、酒には強いですw)。 例えがイケメン俳優さんで申し訳ありませんがw、私の肌の色は、調度、竹野内豊と同じ位の感じです(ちなみに、どうでも良い事ですがw、私よりも竹野内豊の方がまあまあ年上です)。



私の母方の祖父母、私の父方の祖父母共、酒は強いのですが、私の母方の祖母は、昔の女性だからか、酒を飲もうと思えば、酒は強いと思うのですが、酒を飲む事を好みませんでした。ちなみに、父方の祖母は、昔から、酒を飲む事は、割と好きです(今は、さすがに、とても高齢であるので、元気ではありますが、酒は、あまり飲まないようですが。。。)。





写真は、借り物。「SUNTORY OLD」。1950年販売開始。Suntory(1899年創業。nikkaと共に、日本の、2大、ウイスキー(whisky)会社)の、大衆的なウイスキー(whisky)。前述の通り、私の母方の祖父は、ウイスキー(whisky)が、好きで、毎晩、寝る前に、必ず、ウイスキー(whisky)を飲んでいましたが、母方の祖父は、つましかったので、いつも飲んでいたのは、この、「SUNTORY OLD」でした。


私の母方の祖父は、ほぼ生涯、喫煙者でした(ほぼ、生涯、タバコを吸っていました)。

我が家の近所の私の実家は、元々、私の母方の祖父母の家で、マックス(最大限で)、私の母方の祖父母、私の両親、私、私の2歳年下の弟の6人が暮らしていたのですが(今は、母方の祖父母とも亡くなり、私も私の弟も、実家を離れ、私の両親の二人暮らしです)、タバコに関して、母方の祖父は、前述の通り、ほぼ生涯喫煙者(ただし、他の家族に気を遣って、タバコは主に自分の部屋で吸っていました)、母方の祖母は、昔の女性なのでタバコは吸わない、私の父は喫煙者であったが(私の父は、私の父方の祖父の、遊び人気質は受け継ぎませんでしたが、私の父方の祖父の影響で、通常のタバコの他、葉巻・パイプも吸っていました)、世間で禁煙意識が高まって来た初期の頃にやめた(父は意志は強い人です)、母は、今に若い時代・比較的若い時代を生きていたのならばギャルになっていたような女性で、性格的には若い頃からタバコを吸っていても全く違和感がないと言った感じなのですがw、本人が若い頃からタバコ自体が嫌いなようで若い頃からタバコは吸わない(ただし、母は他人の吸うタバコに関してはあまり気にしない方で、面食いの母は、若い頃からデート相手のイケメンの男性が自分の目の前でタバコを吸う分には気にならないようですw)、私は前にその事に関する投稿を行いましたが、よく冗談で20歳で禁煙したと言っていますが、実際には20代の初めまで(高校時代・大学時代に)タバコを吸っていたのですが、タバコ中毒ではなかった為、すぐ止める事が出来た(禁煙の理由は健康を考えてという訳ではなくタバコ代がもったいないから。。。)、弟は、学生時代、少し吸っていましたが、やはり社会人になると共にやめたと言った感じです。




写真は、借り物。しんせい(shinsei)。日本の、チープな(安い)タバコです(1949年販売開始)。前述の通り、私の母方の祖父は、ほぼ生涯、喫煙者でしたが、母方の祖父は、つましかったので、母方の祖父が、最も、よく吸っていたのが、この、しんせい(shinsei)です。

私が、かつて吸っていた、タバコに関しては、以下の投稿を、参照して下さい。

幼稚園児にラブラブだねと言われる関係他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2837753?&sfl=membername&stx=nnemon



私の母方の祖父は、新宿(東京都心部の西部に位置する。東京最大級の繁華街の一つ。ちなみに、新宿は、東京の大規模繁華街の中で、我が家、及び、我が家の近所の実家から、最も近い繁華街の一つで、我が家、及び、我が家の近所の実家の最寄り駅から新宿までは、通勤電車で5分程です)にある、鰻料理店の、登亭(noboritei)の鰻がお気に入りで、よく家族(私の母方の祖母、私の両親、私、弟)に買って来ました。鰻は、大衆料理の中では、高い物ですが、おそらく、私の母方の祖父が、登亭(noboritei)の鰻が、お気に入りであったのは、登亭(noboritei)の鰻が、鰻料理店の、鰻としては、安かった為であり、そこにも、私の母方の祖父の、つましい性格が表れていると思います。


我が家の近所の私の実家は、元々、母方の祖父母の家で(ちなみに母は一人っ子です)、母方の祖父母が同居していたのですが(既に母方の祖父母とも亡くなり、現在は、実家は両親が引き継いで暮らしています)、母方の祖父は、健康過ぎて、医者いらずで医者嫌いで、かえって、その事があだとなり、癌の自覚症状が出るまで病院に行かず、病院に行って検査を受けた時には既に治療し治るには手遅れとなっており、70代の終わりで癌により亡くなりました。母方の祖父は、癌にさえならなければ(癌の原因はタバコでした)、又は、癌が早期に発見され治療が出来ていれば、90歳以上は生きたような気がします。

母方の祖父は、病院で癌が発見されてから、一回の、大きな手術を経て、1年も持たずに、私が高校生の時に70代の終わりで亡くなりました。母方の祖父の闘病生活は、とても、痛く・苦しい物であったようですが、母方の祖父は、一切、痛いとか、苦しいと言った事や愚痴や不満を、家族に言わずに、母方の祖父が出来得る限り、家族の前では、穏やかで、優しい、夫・父・祖父であり続けようとしました。母方の祖父は、病院の、医者や看護婦達にも、病状を伝える為の、痛いとか苦しいとかは言っていた様ですが、泣き言の痛いとか苦しいとか、愚痴や不満は、一切言わずに、その代わり、ひたすら、家族(妻(私の母方の祖母)、娘(私の母))に対して同様、感謝の言葉・お礼の言葉を述べていたそうです。

それは、おそらく、母方の祖父の、昔ながらの男の意地と言った物であったと思いますが、母方の祖母と、母は、それを、昔の男の家族に心配をかけない為の、優しさ・強さだと捉えて、賞賛していましたし、今でも、私の母は、そう捉えて、私の母方の祖父の事を賞賛しています。

実際になれるかどうか分かりませんが、私は、母方の祖父のような、強い男性になりたいと思っています。ちなみに、私の父方の祖父も、やはり、病気に関して、泣き言の痛いとか苦しいとか、愚痴や不満は、一切言わないタイプの男性で、昔の男ならでは強さ・父性と言った物を持った男性でした。



前にkjで、アップ(upload)した写真の、再利用。朝香宮(asakanomiya)鳩彦(yasuhiko)王。かつて、後述する、自然教育園の隣接地に暮らしていた宮家(天皇の親族)の男性です。私の、母方の、祖父は、身長は、165cm位と小柄で、体形は、痩せていて(痩せ型の体質で)、肌の色は、どちらかと言えば色黒で(黒く)、外貌の雰囲気は、調度、この写真の、朝香宮(asakanomiya)鳩彦(yasuhiko)王のような感じでした(顔も、この写真の、朝香宮(asakanomiya)鳩彦(yasuhiko)王の顔と似ていると言う訳ではありませんが、似た雰囲気の顔ではありました)。


自然教育園は、白金(shirokane)エリア(area)(東京都心部の南西部(東京都心部でも中心的な地域の南西端部)に位置する)にある、とても広い、公園と言うか、森です。

自然教育園は、私の、母方の祖父の、お気に入りの場所で、私の母方の祖父は、生前、自然教育園を、よく散歩していました(母方の祖父は、整備された公園を散歩するよりも、この様な場所(自然教育園の様な場所)を散歩する方が、好きだったのかもしれません)。また、私が、幼い頃から、子供の頃、私の母方の祖父は、自然教育園を散歩する際に、私を、よく連れて行きました。私の母方の祖父としては、私を連れて行ってあげたと言う感覚であったと思いますが、(幼い頃から、子供の頃であったので、記憶が曖昧ですが)、当時の(自然の景色を楽しむと言う感覚に乏しかった、幼い頃から子供の頃の)私としては、おそらく、私の方が、祖父の散歩に付き合ってあげたと言う感覚であったと思いますw(まあ、幼い頃から、子供の頃、優しい祖父と、出掛けるのは、楽しかったですが。。。)。

ちなみに、私の母方の祖父、私の父、私を比較すると、私が、一番、趣味がない(無趣味)なような気がします。子供の頃から、受身の状態で、多様な、大量の情報に囲まれている、現代の、中年層・若者の方が、それよりも前の世代の人々と比べて、むしろ、趣味は、少ないのかもしれません。


女系家族育ち後編へ続く。。。

女系家族育ち後編は、以下です。
女系家族育ち後編→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2841167?&sfl=membername&stx=nnemon
以下、参考の投稿。
箱根(hakone)富士屋(fujiya)ホテル他→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2833620?&sfl=membername&stx=nnemon
私の父方の祖父に関しては、以下の投稿を、参照して下さい。
夫の容姿に惚れた嫁が強ければ家族円満説→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2838172?&sfl=membername&stx=nnemon



TOTAL: 169

番号 タイトル ライター 参照 推薦
109 人の車に乗る時のマナー5選等 (2) nnemon 2019-08-11 2006 0
108 美人と婚活 nnemon 2019-08-10 1186 0
107 Michael Kors×本田 翼(&おまけ) (6) nnemon 2019-08-09 721 0
106 忘れられない男性の特徴 nnemon 2019-08-09 1870 0
105 フットネイル (2) nnemon 2019-08-07 976 0
104 天気の子の天野凪君 nnemon 2019-08-06 783 0
103 今日、彼女に買ってあげたバッグ (2) nnemon 2019-08-06 1252 0
102 ナイトプールは発想としては良い (2) nnemon 2019-08-05 837 0
101 男を動かす3つの言葉w(すごーい!嬉しー!ありがと… (4) nnemon 2019-08-05 1207 0
100 初めて交際した女性の話等前編 nnemon 2019-08-03 1239 0
99 初めて交際した女性の話等後編(思春期の思い出話) nnemon 2019-08-03 1099 0
98 野球界のご意見番とやらが知性の低さをプレゼン nnemon 2019-08-02 690 0
97 夫婦関係が良好な男性が皆やっている事 nnemon 2019-07-27 1002 0
96 女性の仕草と脈ありサイン nnemon 2019-07-27 3025 0
95 ディズニーホーンテッドマンション nnemon 2019-07-27 3050 0
94 訳が分からないメーカーのマリンシューズ (6) nnemon 2019-07-26 1017 0
93 女性が付き合いたい男の年収は? nnemon 2019-07-23 968 0
92 収入が勝手に増える性格と金で幸せを買う方法 nnemon 2019-07-23 622 0
91 付き合うならイケメン俳優・お笑い芸人どっち? nnemon 2019-07-23 657 0
90 選挙関連等の話追加/ひろゆきの生い立ち個性的w (1) nnemon 2019-07-20 844 0