掲示板 インターネット日韓文化交流 - KJCLUB - KJLAND
  ▶ お知らせ : KJCLUB大規模リニューアルに関わる案内(2017/3/29)
 
日本語サイト
メル友 同好会 翻訳 掲示板 3Dチャット&コミュニティ

日韓国際結婚
テーマ掲示板
旅行 (3/7066)
映画俳優/タレント (0/4657)
日本ドラマ (0/842)
韓国ドラマ (0/1260)
音楽/歌手 (2/1477)
スポーツ (10/100421)
ゲーム/アニメ (0/7773)
生活/文化 (2/23693)
時事/経済 (442/145557)
パソコン/ネット (0/3249)
伝統文化紹介 (0/7997)
語学スタディー (0/4759)
悩み板 (0/1912) New!
模型板 (0/1403) New!
フォト掲示板
ユーモア/猟奇 (0/1550)
伝統文化 (0/5808)
食べ物 (2/9878)
学校生活 (0/445)
うちの町内 (1/3053)
恋人/友達/家族 (0/146)
ペット (0/338)
アニメ/ゲーム (0/2202)
自動車 (8/13099)
スポーツ (0/2018)
モデル/RQ (0/712)
スター/芸能 (0/1813)
鉄道板 (1/4604) New!
ミリタリー板 (0/17796) New!
交流掲示板
広報掲示板 (0/3945)
自由掲示板 (0/31642)
良い友達 (0/8021)
加入あいさつ (0/6782)
地域掲示板

バグ申告掲示板

 
KJCLUBホーム > 知識と交流 > フォト掲示板 > 食べ物
 
食べ物
 
食べ物 関連主題の掲示板です。
掲示板の主題に合う討論と対話文化を作っていきましょう。
なお、この掲示板は日韓コミュニティの友好と交流を目的とする掲示板です。


総 : 9,563 , ページ : 1/638
No 題目 作成者 作成日 閲覧 共感
9548 クリスマスの食事前編 jlemon 2017/02/08 217 0







写真以下62枚。去年の12月22日の、木曜日(以下、この日と書きます)の、夜についてです。



写真以下7枚。この日は、仕事を終えた後、彼女と待ち合わせて、渋谷(shibuya)駅周辺の、クリスマス時期の、イルミネーション(光の飾り)の内、渋谷(shibuya)区役所の周辺の、イルミネーション(光の飾り)を見ました。




並木に、クリスマス時期の、イルミネーション(光の飾り)が施された、渋谷(shibuya)駅周辺の風景例。渋谷(shibuya)区(東京中心部(東京23区)の西部に位置する区)の中部(中心部)に有る、渋谷(shibuya)駅周辺は、渋谷(shibuya)区で最大の繁華街、且つ、渋谷(shibuya)区の中心繁華街となっており、東京で、最大級の繁華街の一つともなっています。渋谷(shibuya)駅周辺は、若者に人気が高い繁華街となっています。








写真以下6枚。渋谷(shibuya)駅周辺の、クリスマス時期の、イルミネーション(光の飾り)の内、渋谷(shibuya)区役所の周辺の、イルミネーション(光の飾り)の風景例。渋谷(shibuya)区役所の周辺は(まあ、現在、渋谷(shibuya)区役所の建物は、建て替え工事中なのですが。。。)、渋谷(shibuya)駅周辺の繁華街の、北の外れ(北端部)に位置しています。ちなみに、渋谷(shibuya)区役所の周辺は、我が家からだと、自動車だと、(大袈裟に言えば、一瞬で着く位w)、本当に、すぐ(近く)の場所にあり、我が家の最寄りの、バス停(bus stop)から、バス(bus)でも、すぐに着く場所にあります。








































































渋谷(shibuya)区役所の周辺の、イルミネーション(光の飾り)を見た後は、原宿(harajyuku)・表参道(omotesando)area(東京の主要な繁華街の一つ。渋谷(shibuya)区の中部の東端部等に位置する)まで歩いて行き(ちなみに、渋谷(shibuya)区役所の周辺は、渋谷(shibuya)駅周辺の繁華街の中でも、比較的、原宿(harajyuku)・表参道(omotesando)areaに近い場所にあります)、表参道(omotesando)の、イルミネーション(光の飾り)を見ながら散歩をし、適当に、夕食を食べたい飲食店が目に付いたら、そこで、夕食を食べようと思いました。ちなみに、原宿(harajyuku)・表参道(omotesando)areaは、東京の大規模繁華街の中で、我が家に、最も近い繁華街の一つで、我が家の最寄り駅から、地下鉄で5分程の場所にあります。




写真以下7枚。クリスマス時期の、表参道(omotesando)の風景例。表参道(omotesando)は、原宿(harajyuku)area(東京都心部の主要な繁華街の一つ。渋谷(shibuya)区の中部の東端に位置する)と原宿(harajyuku)areaに隣接する青山(aoyama)area(東京の代表的な、高級商業地の一つ)を結ぶ、1.5km程の通りで(東京都心部の西部に位置する)、銀座(ginza)(東京都心部でも、中心的な地域に位置する)と供に、東京を代表する、shopping街(street)となっています(もっとも、銀座(ginza)には、歴史を格も、足元にも及びませんが。。。)。


































































結局、この時、原宿(harajyuku)・表参道(omotesando)areaでは、夕食を食べたいと思う飲食店が、目に付かなかった為、(元々、この日は、森(mori)美術館で、展覧会(exhibition)を見る予定であった為)、地下鉄で、六本木(roppongi)に移動し、六本木ヒルズ(roppongi hills)内で、とりあえず、軽く、夕食を食べる事にしました。



六本木(roppongi)area(東京都心部の中でも中心的な地域の西南部に位置する)は、長年、東京の、ナイトライフ(nightlife)の中心地としての地位を確立して来ましたが、2000年代初め頃からは、洗練された、ビジネス(business)・商業地区としても、注目を浴びる様になりました。




写真以下8枚。六本木ヒルズ(roppongi hills)にて。。。



六本木ヒルズ(roppongi hills)は、六本木(roppongi)areaにある住商複合地区で、東京都心部の主要な住商複合地区の一つとなっています。



写真以下4枚。適当に目に付いた、六本木ヒルズ(roppongi hills)にある、現代的な、健康志向の、ファーストフード(fast food)レストラン的な、レストランで、取り敢えず、軽く、この日の夕食を食べました。











写真以下3枚。このレストランで食べた、取り敢えずの、軽い夕食。


写真以下2枚。彼女が食べた、ペスカトーレ(魚介類(seafood)のトマトソース(tomato sauce)パスタ(pasta))。




パスタ(pasta)の付け合わせ(side dish)の、スープ(soup)とサラダ(salad)。










彼女が食べた、ペスカトーレ(魚介類(seafood)のトマトソース(tomato sauce)パスタ(pasta))。










私が食べた、惣菜(付け合わせ(side dish)的な、簡単な、おかず)と、玄米、ご飯(rice)の、組み合わせ、メニュー(menu)。これに、玄米、ご飯(rice)が付きます。


このレストランは、この時、初めて利用しましたが、今一つでした。もう、利用しなくても、良いかなと言った感じです。









森(mori)tower。六本木ヒルズ(roppongi hills)の中心となっている超高層ビルです(2003年に完成)。巨大なビルで、高さは、約240mですが、その床面積は、Empire State BuildingやOne World Trade Center(2014年に完成した、アメリカで、一番、世界で、3番目に、背の高いビル)を、遥かに上回り、Taipei 101(世界で4番目に背の高いビル。2004年完成)や、Shanghai World Financial Center(中国(香港を含む)で、最も背の高いビル。世界で5番目に背の高いビル。2008年完成。Shanghai Towerは、まだ、完全には、openしていない様です)、上海タワー(Shanghai Tower)(完成したら、Shanghai World Financial Centerを抜かし、中国(香港を含む)で、最も背の高いビルになると共に、One World Trade Center等を抜かし、Burj Khalifaに次いで、世界で2番目に高いビル、Burj Khalifa、東京sky treeに次いで、世界で3番目に高い建造物となる予定)と、ほぼ同規模です。









写真中央より、やや右に見える塔は、東京tower。










写真中央に見える塔は、東京tower。東京towerは、来るべきTVの大衆化時代(日本では、TV放送は、1953年に始まり、当初は、TVは、庶民にとっては、中々、手が届かない贅沢品で有ったが、1950年代末には、テレビ(TV)が、庶民の家庭にも普及する様になった)に備えて、東京areaにTV電波を大量に送信する為に建てられたTV電波塔です。高さは約333mで、1958年に完成した当時は、パリのEiffel tower(約324m)を抜かし、世界一高い、(観光用の展望台の付いた)塔でした。東京towerは、東京ski tree(2012年完成。東京towerに代わる、東京areaにTV電波を送信する為の、(東京圏の)主力TV電波塔となった、TV電波塔で、東京tower同様、展望台を有し、観光施設の側面も有している。高さは、634mあり、日本で最も高い、また、世界でも、Burj Khalifaに次いで、二番目に高い建造物であり、世界一高い塔でもある)が建てられた現在においても、東京を象徴する建物の一つとしての存在感は、大きいです。




















森(mori)美術館は、六本木ヒルズ(roppongi hills)の森(mori)tower(54階建て、高さ、約240m)の上層階(53階)にある、主として現代美術の展覧会(exhibition)を行う、私営の美術館です。森(mori)美術館は、おそらく、(本格的な美術館としては)、建物としては、日本で、最も高い位置にある美術館です(ちなみに、日本で最も高い場所にある美術館は、標高約2,000mの場所にある、長野(nagano)県の、野外彫刻美術館、美ヶ原(utsukushigahara)高原美術館(1981年開館)。たぶん。。。)。



写真以下34枚。この日は、この時、森(mori)美術館で、行われていた、「宇宙と芸術」展と言う、展覧会(exhibition)を見ました。


この、展覧会(exhibition)は、古い物から、現代の物まで、文字通り、「宇宙と芸術」を、テーマとした、展覧会(exhibition)です。



写真以下4枚。この展覧会(exhibition)の、チラシ(leaflet)より。。。


写真以下3枚。この展覧会(exhibition)の、展示作品例。














写真左端は、1898年に、鉄の隕石(meteorite)から作られた、日本刀(nihontou)(日本の、伝統的な、刀(sword)))です。日本刀(nihontou)(日本の、伝統的な、刀(sword))は、世界の、伝統的な、剣・刀(sword)の中で、最も、切れ味の鋭い(よく、切れる・性能が良い)、剣・刀(sword)とも言われています。

写真左上は、17世紀に描かれた、日本の、竹取(taketori)物語の絵より。。。(月(moon)からの迎えの絵)。以下、竹取(taketori)物語に関しては、wiki等を参考にしました。


竹取(taketori)物語は、9世紀後半から、10世紀前半頃に成立した、日本の、SF(science fiction)的な、要素を持つ、物語(story)です。おそらく、神話(myth)を除けば、日本最古の(日本で、最も古い)、SF(science fiction)的な、要素を持つ、物語(story)であり、また、神話(myth)を除けば、世界有数の、古い、SF(science fiction)的な、要素を持つ、物語(story)です。


以下、竹取(taketori)物語の、非常にw、大まかな内容です。


竹(bamboo)を取って暮らしていた、老夫婦(老人の、夫婦)が、ある日、竹の中から、とても小さな(9㎝程の)、女の子を見付けた。老夫婦は、その、女の子を、育てる事にした(後に、かぐや(kaguya)姫と言う名前を付けた)。その時から、老夫婦は、竹の中から、金(gold)を見付ける日々が続き、豊かに(裕福に)なって行った。かぐや(kaguya)姫は、とても早い速度で(三か月程で)、とても美人の女性に育った。かぐや(kaguya)姫は、上流階級の、男性達から、求婚されたが(結婚したいと、申し出を受けたが)、元々、月(moon)の人であり(月(moon)の住人であり)、月(moon)から迎えが来て、月(moon)に帰って行った。


かぐや(kaguya)姫は、宇宙人であったのではないかと言う説もある様です。


竹取(taketori)物語に関しては、この投稿も、参照して下さい→
http://www.kjclub.com/kr/exchange/theme/read.php?uid=35077&fid=35077&thread=1000000&idx=1&page=1&tname=exc_board_8&number=14&f=name&word=jlemon










写真右上は、空山 基(sorayama hajime)と言う、1947年生まれ、1970年代から活躍している、日本の、イラストレーター(illustrator)・デザイナー(designer)・現代美術artistの、作品です。空山 基(sorayama hajime)は、この種の、sexy robotの作品を特徴としています。


写真左下は、Google Lunar X Prize(下の補足説明参照)に参加する、日本の、民間の、無人の、月面探索車(lunar rover)です(この展覧会(exhibition)においては、その模型が、展示されていました)。
Google Lunar X Prize:Google が、スポンサー(sponsor)になって行われる、世界初の、民間の、無人の、月面探索車(lunar rover)による、月面探査(月の地上の調査)の、コンテスト(競技)。参加する、月面探索車(lunar rover)は、何れも、世界初の、民間による、無人の、月面探索車(lunar rover)です(おそらく。。。)。参加する国は、アメリカ、日本、ドイツ、イタリア、カナダ、スペイン、インド、ブラジル、イスラエル、ハンガリー(Hungary)、チリ(Chile)、マレーシア、デンマーク(国際共同teamによる参加)、スイス(国際共同teamによる参加)です。









写真下側は、この展覧会(exhibition)の、期間中、森(mori)美術館のカフェ(cafe)で提供されていた、この展覧会(exhibition)に因んだメニュー(menu)です。何れも、宇宙をイメージした、メニュー(menu)で、左から、掻き揚げ(kakiage)(天麩羅の一つで、魚介類(seafood)や野菜等を数種類組み合わせ、衣とともに油で揚げた天麩羅)丼、パフェ(parfait)、デザート(dessert)。


この展覧会(exhibition)の、音声ガイド(audio guide)の声は、篠原 ともえ(shinohara tomoe)(上の写真の、右上の写真の女性)が、行っていました。


篠原 ともえ(shinohara tomoe)(篠原 ともえ(shinohara tomoe)は、芸名(stage name)。1979年生まれ)は、元々、親しみ易い外貌と、個性的なファション(服装)(現在は、篠原 ともえ(shinohara tomoe)の、ファション(服装)は、落ち着いている様です)、個性的な性格により、1990年代中期から2000年代初め頃にかけて活躍していた、日本の、個性派の、女性、アイドル(idol)歌手です(ちなみに、篠原 ともえ(shinohara tomoe)は、東京近郊の、寿司食堂を営む家に生まれました)。篠原 ともえ(shinohara tomoe)は、1990年代中期から2000年代初め当時、個性派の、女性、アイドル(idol)歌手であると共に、個性派の(コメディアン(comedian)的な)、タレント(テレビに出演する事等を職業とする人)としても、活躍していました。篠原 ともえ(shinohara tomoe)は、多才な(様々な才能を有する)、又、多くの趣味を持つ、女性であり、現在は、ファッションデザイナー(fashion designer)、音楽プロデューサー(record producer)、作詞家・作曲家(songwriter)、タレント(テレビに出演する事等を職業とする人)等として活躍しています。ちなみに、篠原 ともえ(shinohara tomoe)は、高校生の頃から、天体観賞(星を見て楽しむ事)のマニア(otaku)であり、天文(宇宙)に関する知識が、非常に豊富である様です。










写真以下30枚。この展覧会(exhibition)の、展示風景例。





これは、日本の、女性、現代美術artistの作品です。

















































































































































































































虚舟(utsurobune)は、1803年に、茨城(ibaraki)県(東京圏の、北東端に位置する県)の沖の海(太平洋)で、目撃されたと言う、不思議な船です。船の中には、不思議な文字が書かれており、女性が、一人、乗っていたと言われています。この事は、後に、日本の、当時の、新聞に該当する、出版物等に書かれました。この、不思議な船の形が、現代で言う、UFOの形に似ている事から、虚舟(utsurobune)は、当時の(今から200年以上前の)、日本において、目撃された、UFOではないかと言う人もいる様です。


ちなみに、日本では、昔から、虚舟(utsurobune)は、男の子供向けの、想像を掻き立てる本に、よく出ています(私も、子供の頃、この種の(この種類の)話は、大好き(とても、好き)でした。と言うか、今でも、この種の(この種類の)話は、好きですw)。



写真以下2枚は、(何れも原本を複製した物ですが)虚舟(utsurobune)に関する絵です。




左上、1825年に描かれた、虚舟(utsurobune)の絵。右上、1844年に描かれた、虚舟(utsurobune)の絵(当時の、新聞に該当する、出版物より。。。)。下、19世紀初期から19世紀中期に描かれた、虚舟(utsurobune)の絵。









19世紀初期から19世紀中期に描かれた、虚舟(utsurobune)の絵。



































写真以下5枚は、Team Lab(下の、補足説明参照)の作品です。
Team Lab:東京大学(東京にある国立大学で、日本で、最高峰の大学の一つ)発祥の会社であり、科学技術、デザイン(design)、artを融合させた、物・サービス(service)・エンターテイメント (entertainment)を提供する会社。プログラマー(computer programmer)、ロボット(robot)技術者、数学者、建築家、様々なデザイナー(designer)、CGアニメーター (animator)、編集者など、情報化社会の様々な、物造りの専門家から構成されている(wikiを参考にしました)。現在、この種の会社としては、 日本で、最も、有名な会社の一つ。




































































これは、この、展覧会(exhibition)とは、関係がありませんが、おそらく、天野 喜孝(amano yoshitaka)(下の補足説明参照)の作品(記憶が曖昧で、間違っていたら、申し訳ありません)。森(mori)美術館にて。。。
天野 喜孝(amano yoshitaka):1952年生まれ。1980年代から活躍している、日本の、有名な、イラストレーター(illustrator)・画家。FINAL FANTASYシリーズ(series)(日本の、最も有名な、RPG(role-playing video game)の一つ。1987年に第一作目(最初の作品)が発売された)で、有名。










六本木ヒルズ(roppongi hills)にて。。。








展覧会(exhibition)を見終えた後は、六本木(roppongi)のバー(bar)で、おつまみを食べながら、(お酒(アルコール(alcoholic)飲料)等を)飲んだ後、タクシー(taxi)で、私の街に帰って来ました(六本木(roppongi)areaから、私の街までは、割と近いので、タクシー(taxi)でも、それ程、お金がかかりません)。






写真以下3枚。我が家に帰って来てから食べた、夜食等



写真以下2枚。我が家に帰って来てから食べた、夜食(二人分)。




コンビニで買った、おでん。(日本の)コンビニの、おでんは、美味しく、味付けがなされていて、結構、好きですw











Disneyの、パッケージ(包装)の、チープな(安い)、菓子パン。











この時に飲んだ、飲み物の一部。右、私が飲んだ、エビス(yebisu)ビール(サッポロ(sapporo)ビール(日本の大規模ビール会社(日本の4大ビール会社)の一つ。1876年創業)のビールbrandの一つ(1890年発売開始))。エビス(yebisu)ビールは、我が家の、定番ビール(ほとんどの場合、我が家に置いてあって、我が家で、一番、よく飲むビール)となっています。左、なっちゃん(natchan)。なっちゃん(natchan)は、子供、中学生、高校生等に人気が高い、日本の、果物風味の、ソフトドリンク(soft drink)です。これは、少し、炭酸の入った、マスカット(Muscat of Alexandria)風味の、なっちゃん(natchan)です。








クリスマスの食事後編へ続く。。。




以下、適当におまけ。投稿の本文とは、関係がありません。





Newtonと言う、ベルギー(Belgium)産の、青林檎(green apple)風味のビール。











一つ食べてしまってから撮影しましたが、台湾(Taiwan)のパイナップルケーキ(pineapple cake)の会社・店の(台湾(Taiwan)以外では、東京、香港(Hong Kong)、シンガポール(Singapore)、上海(Shanghai)に進出している様です)の、パイナップルケーキ(pineapple cake)。頂き物。美味しいです。















韓国語で表示
書き込み 返事 リスト


 
コメント
 


総 : 9,563 , ページ : 1/638
No 題目 作成者 作成日 閲覧 共感
9563
横須賀(yokosuka)散歩&食べ物 jlemon 03/28 3 0
9562
豚バラ丼 チョンカス 03/28 24 0
9561
オデンとケバブとラーメンを食べました。 ぐっさんぷ 03/26 66 0
9560
福岡の餃子専門店[1] JAPAV8 03/21 145 0
9559
伊豆(izu)・箱根(hakone)小旅行&食... jlemon 03/18 89 0
9558
胡麻パン jlemon 03/09 131 0
9557
蜜柑、色々 jlemon 03/05 138 0
9556
北欧料理 jlemon 02/25 208 0
9555
横浜散歩&食べ物 jlemon 02/25 168 0
9554
北極ジャンボ[3] チョンカス 02/24 289 1
9553
近場を散歩&食べ物[9] jlemon 02/22 223 0
9552
東京disney sea&食べ物 jlemon 02/18 158 0
9551
西洋式の居酒屋 jlemon 02/15 202 0
9550
武蔵野(musashino)うどん jlemon 02/14 211 0
9549
クリスマスの食事後編 jlemon 02/08 256 0
書き込み
12345678910prev
題目 作成者 内容
 
 
 
利用規約 | 個人情報保護対策 | Q & A | Contact
(C) 2009-2012 Grateful Days Inc. All Rights Reserved.