掲示板 インターネット日韓文化交流 - KJCLUB - KJLAND
  ▶ お知らせ : KJCLUB大規模リニューアルに関わる案内(2017/3/29)
 
日本語サイト
メル友 同好会 翻訳 掲示板 3Dチャット&コミュニティ

日韓国際結婚
テーマ掲示板
旅行 (3/7066)
映画俳優/タレント (0/4657)
日本ドラマ (0/842)
韓国ドラマ (0/1260)
音楽/歌手 (2/1477)
スポーツ (10/100421)
ゲーム/アニメ (0/7773)
生活/文化 (2/23693)
時事/経済 (442/145557)
パソコン/ネット (0/3249)
伝統文化紹介 (0/7997)
語学スタディー (0/4759)
悩み板 (0/1912) New!
模型板 (0/1403) New!
フォト掲示板
ユーモア/猟奇 (0/1550)
伝統文化 (0/5808)
食べ物 (2/9878)
学校生活 (0/445)
うちの町内 (1/3053)
恋人/友達/家族 (0/146)
ペット (0/338)
アニメ/ゲーム (0/2202)
自動車 (8/13099)
スポーツ (0/2018)
モデル/RQ (0/712)
スター/芸能 (0/1813)
鉄道板 (1/4604) New!
ミリタリー板 (0/17796) New!
交流掲示板
広報掲示板 (0/3945)
自由掲示板 (0/31642)
良い友達 (0/8021)
加入あいさつ (0/6782)
地域掲示板

バグ申告掲示板

 
KJCLUBホーム > 知識と交流 > フォト掲示板 > 食べ物
 
食べ物
 
食べ物 関連主題の掲示板です。
掲示板の主題に合う討論と対話文化を作っていきましょう。
なお、この掲示板は日韓コミュニティの友好と交流を目的とする掲示板です。


総 : 9,563 , ページ : 1/638
No 題目 作成者 作成日 閲覧 共感
9555 横浜散歩&食べ物 jlemon 2017/02/25 169 0






先日、彼女と、横浜で、食事をして来た時の物です。




横浜は、東京areaの海の玄関口(gateway)となっている大きな港町です。私は、横浜は、仕事の用事でも、よく訪れますが(横浜は、仕事の用事で、よく訪れる場所の一つです)、横浜の港町の雰囲気が好きで、休日にも、よく遊びに行きます。横浜は、東京都心部の我が家から、日帰りで、十分遊んで帰って来る事が出来ますが、たまに、1泊して、ゆったり遊びに行きます。





この時の初日(以下、この日と書きます)は、横浜で、仕事の用事を終えた後(この日の、仕事を終えた後)、彼女と待ち合わせて、SCANDIAと言う、横浜の都心部の海沿いにある、北欧料理レストランで、(この日の)夕食を、食べました。このレストランは、横浜で、お気に入りのレストランの一つとなっています。



写真以下2枚。このレストランの外観。このレストランは、1963年に開業した、北欧料理レストランですが、このレストランが入っている建物は、1920年代に建てられた建物です。















写真の、1階の右側の、「PENNY'S DINER」と言う店は、このレストランが入っている建物に、入っている、別の飲食店です。









このレストランは、比較的カジュアル(casual)な雰囲気の1階と、比較的フォーマル(formal)な雰囲気の2階に分かれています(2階の方は、比較的、重厚で、豪華な、内装となっています)。2階よりも、1階の方が、安く、簡易(簡素)な、料理を食べる事が出来ます。1階の方は、大衆的なレストランと言った感じで、誰でも(と言うと言い過ぎかもしれませんが、大多数の人々)が、気軽に立ち寄って、普段(日常的に)食事をする(外食する)場所として使えます。これに対し、2階の方は、高級classの店となっていて(もっとも、高級classの店としては、食事は、それ程、高い方ではない(比較的安い方。。))、まあ、裕福な人は、別として、少なくとも、(私の様な)庶民は、どちらかと言えば、何かしら、ちょっとした特別な日の食事に、利用するレストランと言った感じです(夕食(dinner)に関しては。。。昼食(lunch)は、それ程ではないが、何れにしても、1階で食べるよりも、高いです。。)。




この日は、このレストランの2階で食べました。このレストランの2階は、前述の、通り、高級、北欧料理レストランとなっています(もっとも、高級classの店としては、食事は、それ程、高い方ではない(比較的安い方。。)。前述の通り、このレストランの2階は、裕福な人は、別として、少なくとも、(私の様な)庶民は、どちらかと言えば、何かしら、ちょっとした特別な日の食事に、利用するレストランと言った感じです(夕食(dinner)に関しては。。。昼食(lunch)は、それ程ではないが、何れにしても、1階で食べるよりも、高いです。。)。





この日は、バレンタインデー(Valentine's Day)の日からは、遅れていたのですが、一応、バレンタインデー(Valentine's Day)の食事として、このレストランの2階で、彼女と夕食を食べました(この日の、このレストランでの食事は、私の希望でした)。



写真以下4枚。このレストランの2階への入り口(このレストランの階段)。内装は、おそらく、1963年の開業時から、ほとんど変わっていません。











































写真以下6枚。このレストランの2階の内装例。このレストランの1階の内装も、そうであると思いますが、内装は、おそらく、1963年の開業時から、ほとんど変わっていません。変わらない空間である事が、このレストランの誇りである様です(こうした誇りを持つ事が、可能であるのは、変わらない空間であり続ける事が出来る様に、1963年の開業時において、内装に、とても、お金を掛けたからであると思います)。




この時は、少し、早目に(少し、早く)、夕食を食べ始めた為、この写真を撮影した時は(他の、このレストランの内装の写真を、撮影した時も同様)、まだ、客は、少なかったですが、写真には写っていない、写真左側よりも、向こうの席では(このレストランの2階は、広い空間となっています)、既に、何組かの客が、夕食を食べ始めていました。この時、私達は、少し、早目に(早く)、夕食を食べ始め、2時間半(2時間30分)位かけて、ゆっくりと、(お酒(アルコール(alcohol)飲料)等を)飲みながら、夕食を食べました。


























































写真以下10枚。このレストランで食べた、この日の夕食等。




写真以下3枚。この時、このレストランで、私が飲んだ、お酒(アルコール(alcoholic)飲料)。私は、この夕食時は、お酒(アルコール(alcoholic)飲料)は、この他、最初の、1杯として、生ビールを1杯飲みました(喉が渇いていたので、生ビールは、一気に、飲んでしまいました)。




アクアビット(akvavit)。アルコール(alcohol)度数は、40%強位かな。。。アクアビット(akvavit)は、常時、我が家に買っておいて、飲むと言う程ではありませんが、好きな、お酒(アルコール(alcoholic)飲料)の一つです。アクアビット(akvavit)は、この時、もう一杯、飲みました。








シルクストッキングス(Silk Stockings)。本来的には、女性向けの、カクテル(cocktail)で、食後に飲むカクテル(cocktail)であると思いますが、私は、男性で、又、食事の途中でも、構わず飲みますw(私は、そう言う物(お酒(アルコール(alcoholic)飲料)に関する、慣習・固定観念と言った物)は、あまり気にしませんw)。私は、お酒(アルコール(alcoholic)飲料)も、甘い物も好きなので、女性向けの、甘くて、飲み易いカクテル(cocktail)も、好きですw。シルクストッキングス(Silk Stockings)は、アレクサンダー(Brandy Alexander)等と同様、甘くて、飲み易い割には、比較的、アルコール(alcohol)度数が高い、カクテル(cocktail)に属し、飲み易いからと言って、女性が、飲み過ぎると、危険な、カクテル(cocktail)の一つですw









スピリタス ( Spirytus rektyfikowany)。ポーランド(Poland)産の、お酒(アルコール(alcoholic)飲料)(ウォッカ(vodka)の、一種)で、アルコール(alcohol)度数は、95%位です(おそらく、世界で、最も、アルコール(alcohol)度数が高い、お酒(アルコール(alcoholic)飲料)の一つです)。この日、家に帰って、すぐ寝るだけであったら、スピリタス ( Spirytus rektyfikowany)を、もう一杯、飲むところですが(スピリタス ( Spirytus rektyfikowany)を、もう一杯、飲むと思いますが)、この日は、そうではなかったので、(スピリタス ( Spirytus rektyfikowany)を)、もう、一杯、飲むのはやめましたw。








写真以下7枚。このレストランで食べた、この日の夕食。スモーガスボード(Smorgasbord)風の、夕食を食べました。




小さな前菜。チーズ(cheese)。









パン。パンは、もちろん、食べ放題です(お代わり自由です)。









写真以下2枚。前菜。二人分。




























写真以下2枚。メイン(main)料理。肉料理と、シーフード(seafood)料理。二人分。





























デザート(dessert)。アイスクリーム(ice cream)。一人、一皿ずつ(写真は、一人分)。












この時、このレストランで、彼女に貰った、今年の、バレンタインデー(Valentine's Day)の、チョコレート(chocolate)。









この日は、当初は、横浜で、夕食を食べてから、東京都心部の、我が家に帰って来る予定であったのですが、この前日に、彼女と、この日、横浜で、1泊して来る事に決めました。




この時は、横浜の、都心部の、ラブホテル(love hotel)に宿泊しました。




以下、しばらく、参考に、日本の、ラブホテル(love hotel)について、説明します。



ラブホテル(love hotel)は、基本的に、男女(男と女)が、sexをすると言う事に特化したホテルであり、日本の、現代の文化の一つとなっています。日本には、非常に、多くの、ラブホテル(love hotel)があり、10代の後半から30代位の、若い層・比較的、若い層の、coupleを中心に、よく利用されています。ラブホテル(love hotel)は、都市においては、通常、大規模な繁華街、又は、大規模な繁華街の周囲の、一隅の(一部の)、裏通り的な場所に、ラブホテル(love hotel)が建ち並ぶ、ラブホテル(love hotel)街が形成されています。また、郊外や田舎においては、通常、ラブホテル(love hotel)は目立たない場所に点在していると共に、高速道路(motorway)の出入り口に、何軒か、纏まって建っている場合が、多いです。



郊外や田舎の、ラブホテル(love hotel)は、立地は、通常、自動車で来る事を前提に建てられています(私の、あまりに、いい加減で、大雑把な予想なので、間違っていたら申し訳ありませんが、日本は、韓国程、巨大都市(日本の場合、東京と大阪)や、大都市の中心部に人口が集中しておらず、たぶん、日本の、全ての世帯の、70%程が、公共交通が不便で、通勤に自動車を使わなけらばならなく、また、マートも、徒歩で行くには、遠い場所(即ち、アメリカの、一般的な郊外や田舎と似た状況)に暮らしています。この様な、日本の、地方、田舎、郊外では、18歳以上の、男女(男と女)、ほぼ、一人につき、1台、自動車が普及しています)。




ラブホテル(love hotel)は、基本的に、男女(男と女)が、sexをすると言う事に特化したホテルですが、都市の、ラブホテル(love hotel)は、大都市等に、遊びに来る(旅行に来る)、若い、coupleの、手頃な値段の宿泊場所として、又、郊外や田舎の、ラブホテル(love hotel)は、若い層・比較的、若い層の、couple・夫婦が、自動車で旅行をする際の、倹約の、宿泊場所として利用される事も、少なくありません。




前述の通り、ラブホテル(love hotel)は、基本的に、男女(男と女)が、sexをすると言う事に特化したホテルである事から、家で、sexするのとは、また、違った感じで(違った雰囲気の中で)、sexを楽しむ事が出来ます。私は、ラブホテル(love hotel)は、昔から(若い頃から)、たまに、から、よく利用しています(若い頃は、よく利用していました。現在は、時々、利用しています)。



この日、私達が、宿泊した、ラブホテル(love hotel)(以下、このラブホテル(love hotel)と書きます)は、横浜の、都心部の中で、比較的、落ち着いた場所にある、ラブホテル(love hotel)で、若者(高校生・大学生等のcouple)向けの、ラブホテル(love hotel)ではなく、大人の(22歳位以上の)、couple向けの、ラブホテル(love hotel)と言った感じの、落ち着いた雰囲気の、ラブホテル(love hotel)です。このラブホテル(love hotel)は、お気に入りの、ラブホテル(love hotel)と言う程、宿泊している、ラブホテル(love hotel)ではないのですが、落ち着いていて、快適な、ラブホテル(love hotel)であると思います。





写真以下38枚。この時、私達が、このラブホテル(love hotel)で宿泊した客室。
















































































ベッド(bed )は、ベッド(bed )で寛ぎながら、快適に、テレビ(TV)が、見られるようにする為等に、電動で、ベッド(bed )の、頭の部分や、足の部分が、起き上がる様になっています(coupleで、ベッド(bed )に寝ながら、とても、快適に、テレビ(TV)で、映画等を見る事が出来ます)。




























写真以下2枚。客室には、テレビ(TV)の画面を利用した、カラオケ(karaoke)が備わっています(写真は、カラオケ(karaoke)のマイク(microphone)を、2本、挿した状態の時に(写真、真ん中の、下)、撮影した物)。全ての、日本の、ラブホテル(love hotel)が、客室に、カラオケ(karaoke)が備わっている訳ではありませんが、客室に、カラオケ(karaoke)が備わっている、日本の、ラブホテル(love hotel)は、少なくありません。

















客室の、テレビ(TV)は、通常のテレビ(テレビ放送)の他、様々な(多くの種類の)映画、様々な(多くの種類の)、AV(porn作品)を、無料で、楽しむ事が出来ます(無料で見る事が出来ます)。また、DVD playerも、備わっています。










客室には、電子レンジ(microwave)等も、備わっています。また、近隣の、飲食店から、客室に、出前(delivery)を注文する事も可能です。





この時、彼女が、客室で、飲んだ飲み物の一つ。不二家(fujiya)ネクター(nectar)。不二家(fujiya)ネクター(nectar)は、日本で、古くから販売されている、大衆的な、濃厚な、桃のソフトドリンク(soft drink)です。これは、桜の風味が加わった、不二家(fujiya)ネクター(nectar)です。実は、私も、不二家(fujiya)ネクター(nectar)は、割と、好きな飲み物なのですが、この時は、彼女に、一口貰った位で、これは(不二家(fujiya)ネクター(nectar)は)、飲みませんでした。








写真以下24枚。客室の、バスルーム(bathroom)。




写真以下2枚。扉の向こうが、バスルーム(bathroom)。










































扉の向こうは、トイレ(便器)の部屋。日本人は、基本的に、浴槽とトイレ(便器)は、同じ部屋にあるよりも、別々の部屋にある形式を好みます(ちなみに、日本の家(住宅)は、一般的に、アパートを除き、風呂(浴槽)とトイレ(便器)は、別々の部屋にある形式となっています))。この客室も、風呂(浴槽)とトイレ(toilet)は、別々になっています(それぞれ、別の部屋にあるます)。







写真以下19枚。風呂。風呂にも、テレビ(TV)があり、テレビ(TV)を見ながら、風呂に入る事も、出来ます。





風呂は、jacuzzi風呂となっています。全ての、日本の、ラブホテル(love hotel)が、客室の風呂が、jacuzzi風呂となっている訳ではありませんが、客室の風呂が、jacuzzi風呂となっている、日本の、ラブホテル(love hotel)は、多いです。
























































写真以下2枚。座りながら、滝の様な、シャワー(shower)を浴びる事も出来ます。




















写真以下5枚。サウナ(sauna)。


















































写真以下6枚。一度、彼女と、バブルバス(bubble bath)にして、入浴等した後に、撮影した写真ですが。。。



写真以下2枚。バブルバス(bubble bath)にした状態。

























写真以下4枚。浴槽の中の、色が変わる、幻想的な、照明装置。全ての、日本の、ラブホテル(love hotel)が、客室の風呂が、浴槽の中の、色が変わる、幻想的な、照明装置がある風呂となっている訳ではありませんが、(率直に言えば、coupleが、風呂の中で、幻想的な雰囲気の中で、仲良く出来る様に)、客室の風呂が、浴槽の中の、色が変わる、幻想的な、照明装置がある風呂となっている、日本の、ラブホテル(love hotel)は、多いです。















































この翌日(以下、この日と書きます)は、(少し、寝不足気味でw)、朝寝坊をし、昼近く(チェックアウト(checkout)時間、調度位に(11時位に))、ホテルを、チェックアウト(checkout)した後、この日の、遅い朝食、兼、昼食は、横浜の都心部にある、Pom Pom Purin(Sanrioのキャラクター(character)の一つ)を、テーマとした、カフェ(cafe)で食べました。





Sanrio(Hello Kittyで有名な、日本の、キャラクター(character)会社)の、キャラクター(character)は、日本の、女性の子供、及び、若い女性に、とても、人気があります。


Pom Pom Purin(Sanrioのキャラクター(character)の一つ)も、他の、Sanrioの、キャラクター(character)同様、日本の、女性の子供、及び、若い女性に、とても、人気があります。


Pom Pom Purinを、テーマとした、カフェ(cafe)は、現在、東京の都心部、横浜、大阪(東京に次ぐ、日本第二の都市圏人口を有する都市)、名古屋(nagoya)(東京、大阪に次ぐ、日本第三の都市圏人口を有する都市)に、店舗がある様です。


彼女は、Pom Pom Purinを、テーマとした、カフェ(cafe)は、利用した事があった様ですが、私は、Pom Pom Purinを、テーマとした、カフェ(cafe)は、この時、初めて利用しました。Pom Pom Purinを、テーマとした、カフェ(cafe)は、日本の、女性の子供、及び、若い女性に、とても、人気がある様です。




写真以下12枚。この日の、遅い朝食、兼、昼食は、Pom Pom Purin(Sanrioのキャラクター(character)の一つ)を、テーマとした、カフェ(cafe)の、横浜都心部の店舗で、食べました。Pom Pom Purinを、テーマとした、カフェ(cafe)は、東京都心部の店舗は、原宿(harajyuku)(東京の主要な繁華街の一つ。東京都心部の西部に位置する。若者に、とても人気が高い繁華街となっている)にあるのですが、Pom Pom Purinを、テーマとした、カフェ(cafe)の、横浜都心部の店舗は、Pom Pom Purinを、テーマとした、カフェ(cafe)の、東京都心部(原宿(harajyuku))の店舗よりも、比較的、空いていて、落ち着いて、食事をしたり、おやつを食べたりする事が出来るのではないでしょうか。。。









































写真以下3枚。この時、彼女が、Pom Pom Purinを、テーマとした、カフェ(cafe)で食べた物。





オムライス(omerice)。









オムライス(omerice)にかけて食べる、チーズ(cheese)ソース(sauce)。










デザート(dessert)。温泉をイメージした、フルーツ(果物)タルト(tart)。












写真以下4枚。この時、私が、Pom Pom Purinを、テーマとした、カフェ(cafe)で食べた物。



写真以下2枚。ローストビーフ(roast beef)丼。






















写真以下2枚。デザート(dessert)(実は、順番が、逆で、これを先に食べて、後から、ローストビーフ(roast beef)丼を食べたのですが。。。)。ハンバーガー(hamburger)を、模した、デザート(dessert)(甘い、お菓子)です。ハンバーガー(hamburger)の、パンの部分は、ブリオッシュ(brioche)、肉の部分は、チョコレートアイスクリーム(chocolate ice cream)になっています。フライドポテト(French fries)は、サツマイモ(sweet potato)になっています。





















オムライス(omerice)と、ハンバーガー(hamburger)を、模した、デザート(dessert)には、それぞれ、おまけで、写真の、Pom Pom Purinの容器が、一個ずつ、付いて来ました。







この日は、午後の、遅い時間から、仕事でした(一旦、東京都心部の、我が家に帰ってから、仕事に出ました)。




横浜散歩&食べ物、終わり。。。











以下、おまけ。。。彼女に貰った、今年の、バレンタインデー(Valentine's Day)の、チョコレート(chocolate)。



写真以下3枚。Aline Gehantと言う、フランスの、Avignonの、女性、チョコレート(chocolate)職人の、店・会社の、チョコレート(chocolate)。薔薇(rose)とスミレ(violet)の、花の、砂糖漬けを載せた、チョコレート(chocolate)です。まだ、全部、食べていないのですが、とても、美味しいです。














写真以下2枚。ハート(heart)の形の、マシュマロ(marshmallow)と、雪だるま(snowman)の形の、砂糖菓子は、彼女が、自分で、飾り付けた物です。ちなみに、後から、分かった事ですが、彼女は、マシュマロ(marshmallow)と、雪だるま(snowman)の形の、砂糖菓子を飾り付ける際に、少し、このチョコレート(chocolate)を、摘み食いしたそうですw






















写真以下。モロゾフ(Morozoff)(下の補足説明参照)の、北欧をイメージした、デザイン(design)の、チョコレート(chocolate)。
モロゾフ(Morozoff):1926年創業の、日本の神戸(kobe)(日本の西部に位置する大都市)の西洋菓子会社。モロゾフ(Morozoff)は、日本全国的な、西洋菓子の会社で有り、当然、東京にも進出しています。モロゾフ(Morozoff)は、元々、ロシア革命(Russian Revolution)後、日本に移住してきた、(ロシア(Russia)人の)モロゾフ(Morozoff)家が、日本人経営者と共同で設立した会社です。ロシア革命(Russian Revolution)後、かなりの数のロシア(Russia)人が日本に亡命して来ました。こうした、ロシア革命(Russian Revolution)後、日本に亡命したロシア(Russia)人(革命から、しばらくしてから、日本に来た人も、少なからず含まれる)は、かつてロシア帝国(Russian Empire)で貴族であったような裕福な人々や、モロゾフ(Morozoff)家やマカール・ゴンチャロフ(Makar Goncharoff)(モロゾフ(Morozoff)家と、マカール・ゴンチャロフ(Makar Goncharoff)は、それぞれ、神戸(kobe)に本社を置く、日本の西洋菓子会社、「モロゾフ(Morozoff)」(1926年創業)と、「ゴンチャロフ(Goncharoff)」(1923年創業)を創業)の様に、商売等で成功した人々もいましたが、貧しい人々も、かなりいた様です。















































韓国語で表示
書き込み 返事 リスト


 
コメント
 


総 : 9,563 , ページ : 1/638
No 題目 作成者 作成日 閲覧 共感
9563
横須賀(yokosuka)散歩&食べ物 jlemon 03/28 3 0
9562
豚バラ丼 チョンカス 03/28 24 0
9561
オデンとケバブとラーメンを食べました。 ぐっさんぷ 03/26 66 0
9560
福岡の餃子専門店[1] JAPAV8 03/21 145 0
9559
伊豆(izu)・箱根(hakone)小旅行&食... jlemon 03/18 90 0
9558
胡麻パン jlemon 03/09 132 0
9557
蜜柑、色々 jlemon 03/05 139 0
9556
北欧料理 jlemon 02/25 209 0
横浜散歩&食べ物 jlemon 02/25 169 0
9554
北極ジャンボ[3] チョンカス 02/24 290 1
9553
近場を散歩&食べ物[9] jlemon 02/22 224 0
9552
東京disney sea&食べ物 jlemon 02/18 159 0
9551
西洋式の居酒屋 jlemon 02/15 203 0
9550
武蔵野(musashino)うどん jlemon 02/14 213 0
9549
クリスマスの食事後編 jlemon 02/08 257 0
書き込み
12345678910prev
題目 作成者 内容
 
 
 
利用規約 | 個人情報保護対策 | Q & A | Contact
(C) 2009-2012 Grateful Days Inc. All Rights Reserved.