伝統文化

 

 






基本的に(参考の投稿を入れ替える等しています)、2019年の12月の後半に行った投稿の再掲です

以下の投稿の続きです。

400年近い歴史を有する温泉旅館他4→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746969?&sfl=membername&stx=nnemon2



私の両親に関して、以下の投稿(すぐ下でリンクを付けた投稿)と合わせて、ご覧下さい。

400年近い歴史を有する温泉旅館他1→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746972?&sfl=membername&stx=nnemon2


以下「」内 。前に行った投稿から抜粋して来た物。

「私も、私の彼女も、比較的、多く、食べ物を食べる方ですが(そう言っても、標準よりも、若干(ほんの、少しだけ)、多く食べる程度です)、幸いな事に?、(比較的、たくさん)食べても、太らない体質です。彼女は(彼女は、身長は、170cmと高いです)、胸が、大きいので(G-cupあります)、食べた栄養が、胸に行ってしまうのかもしれませんw。私の実家も、彼女の実家も、比較的、たくさん、食べ物を食べる家系(家族)なのですが(そう言っても、標準よりも、若干(ほんの、少しだけ)、多く食べる程度です)、特に、私の母(専業主婦)、及び、彼女の母(専業主婦)は、(比較的、たくさん)食べても、太らない体質で、私、及び、私の彼女は、体質は、それぞれの、母親に似たのかもしれません。彼女の母親(身長は、彼女程、高くはありませんが、比較的、高く、胸は、E-cup(彼女の情報w)と、大き目な方です)は、昔から、比較的、たくさん食べるのに、痩せていたそうで、今でも、(年齢の割に)、比較的、たくさん、食べ物を食べますが、痩せていますし、私の母も(身長は、163cm位と、私の母の世代の女性にしては、比較的、高い方です)、昔から、比較的、たくさん食べるのに、痩せており、今でも、(年齢の割に)、比較的、たくさん、食べ物を食べますが、痩せています。また、彼女の父親も(彼女の父親も長身です)、私の父親も(身長は、177cmと、私の父親の世代にしては、背が高い方です)、中年になって以降、それなりに肉が付きましたが、(年齢の割に、比較的、たくさん食べるものの)、別に、太っていると言う程ではなく、同世代の男性の標準的な、体形と言った感じです(私の父も、彼女の父も、若い頃は、痩せていました)。」

私の両親に関しては、以下の投稿(すぐ下でリンクを付けた投稿)を参照して下さい。

小津 安二郎映画「晩春」他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_2/view/id/3580708/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2
以下2つ。すぐ上でリンクを付けた投稿の関連投稿。
嫁と姑の話前編→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3618226/page/20?&sfl=membername&stx=nnemon2
嫁と姑の話後編→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3618225/page/20?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、「以下、400年近い歴史を有する温泉旅館他4からの続きです。。。」と言う文までは、前回の投稿と重複します。


以下、「」内。私の母と、私の彼女(私の今の彼女)を連れて、私、私の母、彼女(私の今の彼女)の、3人で、湯河原の伊藤屋に泊まった時に関する投稿から抜粋して来た物です。


「以下、前に行った投稿から抜粋して来た物で、私が、近所の実家の私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の、伊藤屋(itouya)と言う歴史のある高級温泉旅館に宿泊して来た時の物です。ちなみに、この時の、少し前には、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)と言う高級classの温泉旅館に一泊して来ました(ちなみに、山翠楼(sansuirou)は、彼女と二人でも宿泊した事があります)。ちなみに、何れの形態の旅行(私と、私の母と、彼女の3人の宿泊を伴う旅行、及び、私と、彼女と、彼女の母の3人の宿泊を伴う旅行)も、とても珍しい物で、と言うか、今まで、それぞれ、その時(私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の伊藤屋(itouya)に宿泊した時と、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)に宿泊した時)、1回だけです。

ちなみに、彼女と彼女の母の仲は、決して上手く行っている訳ではないのですが、私と、彼女の母の仲は、特に悪くも何もありません(彼女の母の、私に対する、人当たりは、良いですと言うか、何故か、不思議と、気に入られてる感すらありますw)。


ちなみに、この、私が、近所の実家の私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の、伊藤屋(itouya)と言う歴史のある高級温泉旅館に宿泊して来た時の旅行も、私が、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)に宿泊した時の旅行も、旅館の宿泊費等、旅行の、お金は、全員分、私が、支払っています。」


彼女(私の今の彼女。以下、彼女と書きます)と彼女の母の関係性に関しては、以下の投稿を参照して下さい。

Cinderella(ヨーロッパの昔話)他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3478413/page/30?&sfl=membername&stx=nnemon2
アニメのテーマ曲他3→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3588995/page/24?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、「」内、前に行った投稿から抜粋して来た物です。


「私は、その時の事に関して、kjで、アップ(upload)していますが、私は、一昨年の、2月の終わりに、(我が家の近所の私の実家の)両親を連れて、箱根(hakone)の、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊して来ました。

私の2歳年下の弟(東京の西部郊外に暮らしています)は、既に、結婚して、子供がいて、今は、子育てに忙しいので、今の所、こう言う役割は、私と言う事で。。。

その前の年の12月の初めに、両親を連れて、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊して来た時に(その時、両親と旅行したのは、とても久しぶりでした。その時の事も、kjで、アップ(upload)しています)、勢いで、両親に、今度、富士屋(fujiya)ホテルに連れて行くと言ってしまった事が、その時の、両親を連れた、富士屋(fujiya)ホテルの宿泊に、繋がりましたw(ちなみに、それから、私は、両親を旅行に連れて行っていませんし、これから、やや、しばらくの間は、両親を連れて旅行に行くかどうかは、ちょっと分かりませんw)。

富士屋(fujiya)ホテルがある、箱根(hakone)(東京圏(東京圏の南部を占める県である、神奈川(kanagawa)県)の、南西端部に位置します)は、日光(nikko)(栃木(tochigi)県(東京圏の北端に位置する県)に位置する)と並ぶ、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地です。ちなみに、箱根(hakone)は、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地であり、私の両親は、よく、箱根(hakone)に訪れていますし、私も、今まで、たくさん、箱根(hakone)に訪れています。

金谷(kanaya)ホテル(日光(nikko)を代表する、歴史のある高級リゾート(resort)ホテル。1873年開業)は、私は、子供の頃、私の母方の祖父に連れられて、(私の母方の祖父母、両親、弟と共に)、3回、大人になってから1回(女性と2人での、coupleでの宿泊)の、合計4回、宿泊した事があります。私の両親は、金谷(kanaya)ホテルは、私が、子供の頃に、私の母方の祖父(私の母方の祖父母)に連れられて、子供と共に(私と、私の弟と共に)、3回、宿泊した事があります。

前述の通り、私の母方の祖父は、普段の生活は、つましかったですが、何故か、家族を(妻、娘夫婦、孫)を、金谷(kanaya)ホテルに連れて行く事に関しては、気前が良かったです。ちなみに、日光(nikko)は、私の母方の祖父の、お気に入りの場所でした。

私は、富士屋(fujiya)ホテルは、今まで、6回、宿泊しています(一昨年の、2月の終わりに、(我が家の近所の私の実家の)両親を連れて、箱根(hakone)の、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊して来た時の、1回を除き、(残りの5回は)、全て、couple(女性と2人)での宿泊)。

(亡くなった)私の母方の祖父母は、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した事がありましたが(母方の祖父母は夫婦で宿泊した事があり、母方の祖母に関しては、結婚前(子供の頃を含む)、母方の祖母の家族でも宿泊した事あり)、私の母は、その時まで、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した事がありませんでした。また、私の父は、その時まで、富士屋(fujiya)ホテルは、会社の研修で、一度、宿泊した事がありましたが、個人的な旅行で宿泊した訳ではないので、富士屋(fujiya)ホテルの雰囲気を、ゆっくりと味わう事は、全く、出来なかったそうです。その様な事から、その前の年の12月の初めに、両親を連れて、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊して来た時に(その時、両親と旅行したのは、とても久しぶりでした)、弾みで(勢いで)、両親に、今度、富士屋(fujiya)ホテルに連れて行くと言ってしまった事が、その時の、両親を連れた、富士屋(fujiya)ホテルの宿泊に繋がりましたw ちなみに、その時の、両親の、富士屋(fujiya)ホテルの印象が良かったらしく、両親は、その時から今まで、2回、夫婦で、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊している様です。


ちなみに、上記の、私の、両親を連れた、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)に宿泊した旅行、及び、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した旅行の、宿泊費、食事代等は、両親の分を含めて、全て、私が支払っています。」


私の母方の祖父に関しては、以下の2つの投稿を参照して下さい(一部、父方の祖父の話も含みます)。

芸者(geisha)・祖父の話他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3658686/page/11?&sfl=membername&stx=nnemon2
旧朝香宮(asakanomiya)邸他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3658681/page/11?&sfl=membername&stx=nnemon2





以下、400年近い歴史を有する温泉旅館他4からの続きです。。。



以下、2016年に行った投稿から抜粋して来た物です(ほぼ再掲)。



去年の12月の初めに、(東京都心部の我が家の近所の、実家に暮らす)両親を連れて、箱根(hakone)に、一泊、二日の、小旅行に行って来た時の物です。両親と旅行したのは、この時、とても久しぶりでした(まあ、私の2歳年下の弟(東京の西部郊外に暮らしています)は、既に、結婚して、子供がいて、今は、子育てに忙しいので、今の所、こう言う役割は、私と言う事で。。。)。




箱根(hakone)(東京圏(東京圏の南部を占める県である、神奈川 (kanagawa)県)の、南西端部に位置します)は、日光(nikko)(栃木(tochigi)県(東京圏の北端に位置する県)に位置する)と並ぶ、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地です。ちなみに、箱根(hakone)は、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地であり、私の両親は、よく、箱根(hakone)に訪れていますし、私も、今まで、たくさん、箱根(hakone)に訪れています。



この時は、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊しました。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、箱根(hakone)に、よく訪れている、私の両親も、(この時まで)、まだ宿泊した事がなく、私も、(この時まで)、宿泊した事がなく、前から、ちょっと気になっていて、いつかは、宿泊しようと思っていた旅館であったので、この機会に、宿泊する事にしました。



萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、1625年創業の、400年近い歴史を有する、温泉旅館です。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、箱根(hakone)の玄関口であり、それ自体が、規模の大きな、温泉地(温泉保養地)となっている、箱根(hakone)湯本(yumoto)areaにあります。



萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、箱根(hakone)を代表する、歴史のある、高級温泉旅館の一つとなっています(ちなみに、現在は、箱根(hakone)には、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)よりも、高級な、新しい、温泉旅館・温泉リゾート(resort)ホテルは、少なくありません(かなりあります))。



萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、客室数が、15程の、規模が小さな、高級温泉旅館です。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、今まで、数え切れない程の、有名人が、宿泊し、また、貴族、作家(文学者・小説家)等も、多く、宿泊して来た温泉旅館です。



この時、私達が、宿泊した温泉旅館(萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi))については、以下の3つの投稿を参照して下さい。

400年近い歴史を有する温泉旅館他2→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746971?&sfl=membername&stx=nnemon2
400年近い歴史を有する温泉旅館他3→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746970?&sfl=membername&stx=nnemon2
400年近い歴史を有する温泉旅館他4→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746969?&sfl=membername&stx=nnemon2






以下、この時の、2日目(以下、この日と書きます)の、続きです。





この日は、旅館を、のんびりと、チェックアウト(checkout)した後、小田原(odawara)市の、丘陵地の、別荘地区にある、松永(matsunaga)記念館を訪れました。小田原(odawara)は、神奈川(kanagawa)県(東京圏の南部を占める県。箱根(hakone)も、神奈川(kanagawa)県に属する)南西部にある中都市(中規模程度の人口の都市)で、箱根(hakone)の観光の拠点となっている都市です。小田原(odawara)は、温暖な気候等から、近代以降、別荘地としても注目を集め、多くの政財界人・軍人(将校)等が、小田原(odawara)に、別荘・邸宅を構えました。





参考に、第2次世界大戦後、貴族、資本家、地主等の、日本の上流階級は、貴族制度の廃止、財閥の解体、地主や広い土地を持っている者に、従来よりも不利益となる制度改革等により、かなりの土地と財産を処分せざるを得なくなった事、第二次世界大戦後は、第二次世界大戦前に比べて、大衆・庶民の、税金の負担が、軽減され、高所得者の、税金の負担が、とても、大きくなった事等により、第二次世界大戦後、日本の上流階級・富裕層は、没落し、以前の様な、贅沢な暮らしは出来なくなりました。



松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)については、上もリンクを付けましたが、以下の(すぐ下でリンクを付けた)、前回の投稿を参照して下さい。

400年近い歴史を有する温泉旅館他4→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746969?&sfl=membername&stx=nnemon2





松永(matsunaga)記念館は、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)が、老後を、夫婦、二人で、静かに、質素に暮らす為に、第二次世界大戦直後の、1946年に、小田原(odawara)市の、丘陵地の、別荘地区に整備した、住宅の跡で、現在は、小田原(odawara)市が、所有し、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)に関する資料館として、庭園等を、一般に、公開しています。松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)は、1946年、72歳の時から、1971年に、97歳で亡くなるまで、この住宅に暮らしていた様です。松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)は、古美術品(古い美術品)の、コレクター(collector)としても、有名でしたが、この住宅に暮らすようになってからも(老後も)、古美術品(古い美術品)の収集は、熱心に続けていた様です。



私は、古い建物を観賞したりするのが、好きなので、松永(matsunaga)記念館は、この時を、含めて、何回か訪れていますし、私の両親も、この時の前に、松永(matsunaga)記念館を訪れた事がありましたが、両親は、この時まで、紅葉の時期に、松永(matsunaga)記念館を訪れた事がなかったので、この時、両親を、松永(matsunaga)記念館に連れて行きました。この時、松永(matsunaga)記念館の、紅葉は、丁度、見頃でした。





写真以下69枚。松永(matsunaga)記念館。元々は、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)が、老後を、夫婦、二人で、静かに、質素に暮らす為に、第二次世界大戦直後の、1946年に、小田原(odawara)市の、丘陵地の、別荘地区に整備した、住宅であった物です。松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)は、1946年、72歳の時から、1971年に、97歳で亡くなるまで、この住宅に暮らしていた様です。現在、残されている、かつての、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)の住宅の敷地(現在は、松永(matsunaga)記念館となっている)だけでも、(個人の、住宅の敷地としては)、とても広いですが、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)の住宅であった頃は、現在、残されている部分の(現在は、松永(matsunaga)記念館となっている部分の)、2倍の、敷地面積があった様です。






松永(matsunaga)記念館の、敷地図。前述の通り、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)の、住宅であった時は、この、2倍の、敷地面積であった様です。





























































































写真以下2枚は、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)に関する資料、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)が、この地に(小田原(odawara)に)暮らすようになってから、収集した美術品の一部、その他、小田原(odawara)市に関連する美術品等を、展示する建物となっています。元々は、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)が、この地に(小田原(odawara)に)暮らすようになってから、収集した美術品の一部を、一般に、公開する為に、1959年、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)が、85歳の時に、自宅(自分の家)の敷地内に建てた建物です。



































































































































































































































































































































写真以下23枚。松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)が、老後を、夫婦、二人で、静かに、質素に暮らす為に、第二次世界大戦直後の、1946年に、小田原(odawara)市の、丘陵地の、別荘地区に整備した、住宅(現在は、その、かつての、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)の住宅の敷地の、半分が、小田原(odawara)市の所有となり、松永(matsunaga)記念館として、一般に、公開されている)の、メイン(main)の(主な)、建物であった物です。1946年に建てられた(おそらく。。。)、日本、伝統式の住宅の建物です(第二次世界大戦後に建てられた住宅の建物ですが、1920年代から1930年代頃の、日本の、日本伝統式の住宅の建物の雰囲気を、良く持つ、住宅の建物となっています)。広大な、住宅の敷地面積から考えれば、とても、小さな住宅の建物であり、また、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)程の実業家の住宅の、メイン(main)の(主な)建物としては、とても、小さな、住宅の建物ですが、普通の基準(庶民・中間層の基準)で考えれば、老夫婦(年を取った夫妻)が、二人で暮らすには、充分な広さの建物であると思います。また、一見すると(少し、見ただけでは)、地味な建物に見えますが、全ての部屋の、天井の高さが、異なる等、少し見ただけでは、分からない所に、強い拘りを持った、実際的には、とても、凝った造りの、住宅の建物です。松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)は、私生活においては、派手さよりも、風流を求める人だったようです(日本の近代の金持ちは、その様な人も、多かったようです)。ちなみに、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)は、実業家としては、「電力の鬼」と言われる程の、強引な経営を押し進める面があった一方で、私生活においては、茶道(tea ceremony)に関する造詣が、とても深い、風流人として知られていました。




この建物の、間取り図。















































































































































左上の写真は、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)の写真です。















































































































小田原(odawara)駅周辺にある、両親が、餃子(dumpling)が、お気に入りの、中国料理食堂で、この日の、昼食を、遅目の時間に、食べてから、東京都心部に帰りました。この中国料理食堂は、私は、この時、初めて利用しました(この時、両親の、勧めで、この中国料理食堂で、昼食を食べる事になりました)。



写真以下5枚。これで、全てではありませんが、この中国料理食堂で食べた、この日の昼食。餃子(dumpling)を、メイン(main)に(メイン(main)料理にして)(餃子(dumpling)は、3人で分けて食べました)、その他は、それぞれが(各自が)、食べたい物を注文して、食べました。



写真以下3枚は、この時、私が食べた、海老チリと、ご飯(rice)の組み合わせの、昼食メニュー(menu)。



































これは、参考に、この時、父が食べた、10種類の、薬膳(yakuzen)(健康・滋養等に良い)調味料を使った、薬膳(yakuzen)(様々な、健康・滋養等に良い食材を用いた、療養・健康・滋養等に、効果があるとされる中国料理)麺料理。この麺料理は、この中国料理食堂で、餃子(dumpling)と並んで、父の、お気に入りの料理である様です。











餃子(dumpling)。餃子(dumpling)は、後で、もう一皿、追加で頼んで食べました(一度に、纏めて注文し、纏めて来ると、食べている途中に、冷めてしまうので)。餃子(dumpling)は、3人で、分けて食べました。


 



400年近い歴史を有する温泉旅館他、終わり。

 


400年近い歴史を有する温泉旅館他5






基本的に(参考の投稿を入れ替える等しています)、2019年の12月の後半に行った投稿の再掲です

以下の投稿の続きです。

400年近い歴史を有する温泉旅館他4→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746969?&sfl=membername&stx=nnemon2



私の両親に関して、以下の投稿(すぐ下でリンクを付けた投稿)と合わせて、ご覧下さい。

400年近い歴史を有する温泉旅館他1→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746972?&sfl=membername&stx=nnemon2


以下「」内 。前に行った投稿から抜粋して来た物。

「私も、私の彼女も、比較的、多く、食べ物を食べる方ですが(そう言っても、標準よりも、若干(ほんの、少しだけ)、多く食べる程度です)、幸いな事に?、(比較的、たくさん)食べても、太らない体質です。彼女は(彼女は、身長は、170cmと高いです)、胸が、大きいので(G-cupあります)、食べた栄養が、胸に行ってしまうのかもしれませんw。私の実家も、彼女の実家も、比較的、たくさん、食べ物を食べる家系(家族)なのですが(そう言っても、標準よりも、若干(ほんの、少しだけ)、多く食べる程度です)、特に、私の母(専業主婦)、及び、彼女の母(専業主婦)は、(比較的、たくさん)食べても、太らない体質で、私、及び、私の彼女は、体質は、それぞれの、母親に似たのかもしれません。彼女の母親(身長は、彼女程、高くはありませんが、比較的、高く、胸は、E-cup(彼女の情報w)と、大き目な方です)は、昔から、比較的、たくさん食べるのに、痩せていたそうで、今でも、(年齢の割に)、比較的、たくさん、食べ物を食べますが、痩せていますし、私の母も(身長は、163cm位と、私の母の世代の女性にしては、比較的、高い方です)、昔から、比較的、たくさん食べるのに、痩せており、今でも、(年齢の割に)、比較的、たくさん、食べ物を食べますが、痩せています。また、彼女の父親も(彼女の父親も長身です)、私の父親も(身長は、177cmと、私の父親の世代にしては、背が高い方です)、中年になって以降、それなりに肉が付きましたが、(年齢の割に、比較的、たくさん食べるものの)、別に、太っていると言う程ではなく、同世代の男性の標準的な、体形と言った感じです(私の父も、彼女の父も、若い頃は、痩せていました)。」

私の両親に関しては、以下の投稿(すぐ下でリンクを付けた投稿)を参照して下さい。

小津 安二郎映画「晩春」他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_2/view/id/3580708/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2
以下2つ。すぐ上でリンクを付けた投稿の関連投稿。
嫁と姑の話前編→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3618226/page/20?&sfl=membername&stx=nnemon2
嫁と姑の話後編→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3618225/page/20?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、「以下、400年近い歴史を有する温泉旅館他4からの続きです。。。」と言う文までは、前回の投稿と重複します。


以下、「」内。私の母と、私の彼女(私の今の彼女)を連れて、私、私の母、彼女(私の今の彼女)の、3人で、湯河原の伊藤屋に泊まった時に関する投稿から抜粋して来た物です。


「以下、前に行った投稿から抜粋して来た物で、私が、近所の実家の私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の、伊藤屋(itouya)と言う歴史のある高級温泉旅館に宿泊して来た時の物です。ちなみに、この時の、少し前には、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)と言う高級classの温泉旅館に一泊して来ました(ちなみに、山翠楼(sansuirou)は、彼女と二人でも宿泊した事があります)。ちなみに、何れの形態の旅行(私と、私の母と、彼女の3人の宿泊を伴う旅行、及び、私と、彼女と、彼女の母の3人の宿泊を伴う旅行)も、とても珍しい物で、と言うか、今まで、それぞれ、その時(私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の伊藤屋(itouya)に宿泊した時と、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)に宿泊した時)、1回だけです。

ちなみに、彼女と彼女の母の仲は、決して上手く行っている訳ではないのですが、私と、彼女の母の仲は、特に悪くも何もありません(彼女の母の、私に対する、人当たりは、良いですと言うか、何故か、不思議と、気に入られてる感すらありますw)。


ちなみに、この、私が、近所の実家の私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の、伊藤屋(itouya)と言う歴史のある高級温泉旅館に宿泊して来た時の旅行も、私が、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)に宿泊した時の旅行も、旅館の宿泊費等、旅行の、お金は、全員分、私が、支払っています。」


彼女(私の今の彼女。以下、彼女と書きます)と彼女の母の関係性に関しては、以下の投稿を参照して下さい。

Cinderella(ヨーロッパの昔話)他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3478413/page/30?&sfl=membername&stx=nnemon2
アニメのテーマ曲他3→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3588995/page/24?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、「」内、前に行った投稿から抜粋して来た物です。


「私は、その時の事に関して、kjで、アップ(upload)していますが、私は、一昨年の、2月の終わりに、(我が家の近所の私の実家の)両親を連れて、箱根(hakone)の、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊して来ました。

私の2歳年下の弟(東京の西部郊外に暮らしています)は、既に、結婚して、子供がいて、今は、子育てに忙しいので、今の所、こう言う役割は、私と言う事で。。。

その前の年の12月の初めに、両親を連れて、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊して来た時に(その時、両親と旅行したのは、とても久しぶりでした。その時の事も、kjで、アップ(upload)しています)、勢いで、両親に、今度、富士屋(fujiya)ホテルに連れて行くと言ってしまった事が、その時の、両親を連れた、富士屋(fujiya)ホテルの宿泊に、繋がりましたw(ちなみに、それから、私は、両親を旅行に連れて行っていませんし、これから、やや、しばらくの間は、両親を連れて旅行に行くかどうかは、ちょっと分かりませんw)。

富士屋(fujiya)ホテルがある、箱根(hakone)(東京圏(東京圏の南部を占める県である、神奈川(kanagawa)県)の、南西端部に位置します)は、日光(nikko)(栃木(tochigi)県(東京圏の北端に位置する県)に位置する)と並ぶ、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地です。ちなみに、箱根(hakone)は、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地であり、私の両親は、よく、箱根(hakone)に訪れていますし、私も、今まで、たくさん、箱根(hakone)に訪れています。

金谷(kanaya)ホテル(日光(nikko)を代表する、歴史のある高級リゾート(resort)ホテル。1873年開業)は、私は、子供の頃、私の母方の祖父に連れられて、(私の母方の祖父母、両親、弟と共に)、3回、大人になってから1回(女性と2人での、coupleでの宿泊)の、合計4回、宿泊した事があります。私の両親は、金谷(kanaya)ホテルは、私が、子供の頃に、私の母方の祖父(私の母方の祖父母)に連れられて、子供と共に(私と、私の弟と共に)、3回、宿泊した事があります。

前述の通り、私の母方の祖父は、普段の生活は、つましかったですが、何故か、家族を(妻、娘夫婦、孫)を、金谷(kanaya)ホテルに連れて行く事に関しては、気前が良かったです。ちなみに、日光(nikko)は、私の母方の祖父の、お気に入りの場所でした。

私は、富士屋(fujiya)ホテルは、今まで、6回、宿泊しています(一昨年の、2月の終わりに、(我が家の近所の私の実家の)両親を連れて、箱根(hakone)の、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊して来た時の、1回を除き、(残りの5回は)、全て、couple(女性と2人)での宿泊)。

(亡くなった)私の母方の祖父母は、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した事がありましたが(母方の祖父母は夫婦で宿泊した事があり、母方の祖母に関しては、結婚前(子供の頃を含む)、母方の祖母の家族でも宿泊した事あり)、私の母は、その時まで、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した事がありませんでした。また、私の父は、その時まで、富士屋(fujiya)ホテルは、会社の研修で、一度、宿泊した事がありましたが、個人的な旅行で宿泊した訳ではないので、富士屋(fujiya)ホテルの雰囲気を、ゆっくりと味わう事は、全く、出来なかったそうです。その様な事から、その前の年の12月の初めに、両親を連れて、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊して来た時に(その時、両親と旅行したのは、とても久しぶりでした)、弾みで(勢いで)、両親に、今度、富士屋(fujiya)ホテルに連れて行くと言ってしまった事が、その時の、両親を連れた、富士屋(fujiya)ホテルの宿泊に繋がりましたw ちなみに、その時の、両親の、富士屋(fujiya)ホテルの印象が良かったらしく、両親は、その時から今まで、2回、夫婦で、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊している様です。


ちなみに、上記の、私の、両親を連れた、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)に宿泊した旅行、及び、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した旅行の、宿泊費、食事代等は、両親の分を含めて、全て、私が支払っています。」


私の母方の祖父に関しては、以下の2つの投稿を参照して下さい(一部、父方の祖父の話も含みます)。

芸者(geisha)・祖父の話他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3658686/page/11?&sfl=membername&stx=nnemon2
旧朝香宮(asakanomiya)邸他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3658681/page/11?&sfl=membername&stx=nnemon2





以下、400年近い歴史を有する温泉旅館他4からの続きです。。。



以下、2016年に行った投稿から抜粋して来た物です(ほぼ再掲)。



去年の12月の初めに、(東京都心部の我が家の近所の、実家に暮らす)両親を連れて、箱根(hakone)に、一泊、二日の、小旅行に行って来た時の物です。両親と旅行したのは、この時、とても久しぶりでした(まあ、私の2歳年下の弟(東京の西部郊外に暮らしています)は、既に、結婚して、子供がいて、今は、子育てに忙しいので、今の所、こう言う役割は、私と言う事で。。。)。




箱根(hakone)(東京圏(東京圏の南部を占める県である、神奈川 (kanagawa)県)の、南西端部に位置します)は、日光(nikko)(栃木(tochigi)県(東京圏の北端に位置する県)に位置する)と並ぶ、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地です。ちなみに、箱根(hakone)は、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地であり、私の両親は、よく、箱根(hakone)に訪れていますし、私も、今まで、たくさん、箱根(hakone)に訪れています。



この時は、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊しました。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、箱根(hakone)に、よく訪れている、私の両親も、(この時まで)、まだ宿泊した事がなく、私も、(この時まで)、宿泊した事がなく、前から、ちょっと気になっていて、いつかは、宿泊しようと思っていた旅館であったので、この機会に、宿泊する事にしました。



萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、1625年創業の、400年近い歴史を有する、温泉旅館です。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、箱根(hakone)の玄関口であり、それ自体が、規模の大きな、温泉地(温泉保養地)となっている、箱根(hakone)湯本(yumoto)areaにあります。



萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、箱根(hakone)を代表する、歴史のある、高級温泉旅館の一つとなっています(ちなみに、現在は、箱根(hakone)には、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)よりも、高級な、新しい、温泉旅館・温泉リゾート(resort)ホテルは、少なくありません(かなりあります))。



萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、客室数が、15程の、規模が小さな、高級温泉旅館です。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、今まで、数え切れない程の、有名人が、宿泊し、また、貴族、作家(文学者・小説家)等も、多く、宿泊して来た温泉旅館です。



この時、私達が、宿泊した温泉旅館(萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi))については、以下の3つの投稿を参照して下さい。

400年近い歴史を有する温泉旅館他2→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746971?&sfl=membername&stx=nnemon2
400年近い歴史を有する温泉旅館他3→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746970?&sfl=membername&stx=nnemon2
400年近い歴史を有する温泉旅館他4→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746969?&sfl=membername&stx=nnemon2






以下、この時の、2日目(以下、この日と書きます)の、続きです。





この日は、旅館を、のんびりと、チェックアウト(checkout)した後、小田原(odawara)市の、丘陵地の、別荘地区にある、松永(matsunaga)記念館を訪れました。小田原(odawara)は、神奈川(kanagawa)県(東京圏の南部を占める県。箱根(hakone)も、神奈川(kanagawa)県に属する)南西部にある中都市(中規模程度の人口の都市)で、箱根(hakone)の観光の拠点となっている都市です。小田原(odawara)は、温暖な気候等から、近代以降、別荘地としても注目を集め、多くの政財界人・軍人(将校)等が、小田原(odawara)に、別荘・邸宅を構えました。





参考に、第2次世界大戦後、貴族、資本家、地主等の、日本の上流階級は、貴族制度の廃止、財閥の解体、地主や広い土地を持っている者に、従来よりも不利益となる制度改革等により、かなりの土地と財産を処分せざるを得なくなった事、第二次世界大戦後は、第二次世界大戦前に比べて、大衆・庶民の、税金の負担が、軽減され、高所得者の、税金の負担が、とても、大きくなった事等により、第二次世界大戦後、日本の上流階級・富裕層は、没落し、以前の様な、贅沢な暮らしは出来なくなりました。



松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)については、上もリンクを付けましたが、以下の(すぐ下でリンクを付けた)、前回の投稿を参照して下さい。

400年近い歴史を有する温泉旅館他4→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746969?&sfl=membername&stx=nnemon2





松永(matsunaga)記念館は、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)が、老後を、夫婦、二人で、静かに、質素に暮らす為に、第二次世界大戦直後の、1946年に、小田原(odawara)市の、丘陵地の、別荘地区に整備した、住宅の跡で、現在は、小田原(odawara)市が、所有し、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)に関する資料館として、庭園等を、一般に、公開しています。松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)は、1946年、72歳の時から、1971年に、97歳で亡くなるまで、この住宅に暮らしていた様です。松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)は、古美術品(古い美術品)の、コレクター(collector)としても、有名でしたが、この住宅に暮らすようになってからも(老後も)、古美術品(古い美術品)の収集は、熱心に続けていた様です。



私は、古い建物を観賞したりするのが、好きなので、松永(matsunaga)記念館は、この時を、含めて、何回か訪れていますし、私の両親も、この時の前に、松永(matsunaga)記念館を訪れた事がありましたが、両親は、この時まで、紅葉の時期に、松永(matsunaga)記念館を訪れた事がなかったので、この時、両親を、松永(matsunaga)記念館に連れて行きました。この時、松永(matsunaga)記念館の、紅葉は、丁度、見頃でした。





写真以下69枚。松永(matsunaga)記念館。元々は、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)が、老後を、夫婦、二人で、静かに、質素に暮らす為に、第二次世界大戦直後の、1946年に、小田原(odawara)市の、丘陵地の、別荘地区に整備した、住宅であった物です。松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)は、1946年、72歳の時から、1971年に、97歳で亡くなるまで、この住宅に暮らしていた様です。現在、残されている、かつての、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)の住宅の敷地(現在は、松永(matsunaga)記念館となっている)だけでも、(個人の、住宅の敷地としては)、とても広いですが、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)の住宅であった頃は、現在、残されている部分の(現在は、松永(matsunaga)記念館となっている部分の)、2倍の、敷地面積があった様です。






松永(matsunaga)記念館の、敷地図。前述の通り、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)の、住宅であった時は、この、2倍の、敷地面積であった様です。





























































































写真以下2枚は、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)に関する資料、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)が、この地に(小田原(odawara)に)暮らすようになってから、収集した美術品の一部、その他、小田原(odawara)市に関連する美術品等を、展示する建物となっています。元々は、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)が、この地に(小田原(odawara)に)暮らすようになってから、収集した美術品の一部を、一般に、公開する為に、1959年、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)が、85歳の時に、自宅(自分の家)の敷地内に建てた建物です。



































































































































































































































































































































写真以下23枚。松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)が、老後を、夫婦、二人で、静かに、質素に暮らす為に、第二次世界大戦直後の、1946年に、小田原(odawara)市の、丘陵地の、別荘地区に整備した、住宅(現在は、その、かつての、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)の住宅の敷地の、半分が、小田原(odawara)市の所有となり、松永(matsunaga)記念館として、一般に、公開されている)の、メイン(main)の(主な)、建物であった物です。1946年に建てられた(おそらく。。。)、日本、伝統式の住宅の建物です(第二次世界大戦後に建てられた住宅の建物ですが、1920年代から1930年代頃の、日本の、日本伝統式の住宅の建物の雰囲気を、良く持つ、住宅の建物となっています)。広大な、住宅の敷地面積から考えれば、とても、小さな住宅の建物であり、また、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)程の実業家の住宅の、メイン(main)の(主な)建物としては、とても、小さな、住宅の建物ですが、普通の基準(庶民・中間層の基準)で考えれば、老夫婦(年を取った夫妻)が、二人で暮らすには、充分な広さの建物であると思います。また、一見すると(少し、見ただけでは)、地味な建物に見えますが、全ての部屋の、天井の高さが、異なる等、少し見ただけでは、分からない所に、強い拘りを持った、実際的には、とても、凝った造りの、住宅の建物です。松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)は、私生活においては、派手さよりも、風流を求める人だったようです(日本の近代の金持ちは、その様な人も、多かったようです)。ちなみに、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)は、実業家としては、「電力の鬼」と言われる程の、強引な経営を押し進める面があった一方で、私生活においては、茶道(tea ceremony)に関する造詣が、とても深い、風流人として知られていました。




この建物の、間取り図。















































































































































左上の写真は、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)の写真です。















































































































小田原(odawara)駅周辺にある、両親が、餃子(dumpling)が、お気に入りの、中国料理食堂で、この日の、昼食を、遅目の時間に、食べてから、東京都心部に帰りました。この中国料理食堂は、私は、この時、初めて利用しました(この時、両親の、勧めで、この中国料理食堂で、昼食を食べる事になりました)。



写真以下5枚。これで、全てではありませんが、この中国料理食堂で食べた、この日の昼食。餃子(dumpling)を、メイン(main)に(メイン(main)料理にして)(餃子(dumpling)は、3人で分けて食べました)、その他は、それぞれが(各自が)、食べたい物を注文して、食べました。



写真以下3枚は、この時、私が食べた、海老チリと、ご飯(rice)の組み合わせの、昼食メニュー(menu)。



































これは、参考に、この時、父が食べた、10種類の、薬膳(yakuzen)(健康・滋養等に良い)調味料を使った、薬膳(yakuzen)(様々な、健康・滋養等に良い食材を用いた、療養・健康・滋養等に、効果があるとされる中国料理)麺料理。この麺料理は、この中国料理食堂で、餃子(dumpling)と並んで、父の、お気に入りの料理である様です。











餃子(dumpling)。餃子(dumpling)は、後で、もう一皿、追加で頼んで食べました(一度に、纏めて注文し、纏めて来ると、食べている途中に、冷めてしまうので)。餃子(dumpling)は、3人で、分けて食べました。




400年近い歴史を有する温泉旅館他、終わり。



TOTAL: 721

番号 タイトル ライター 参照 推薦
661
No Image
アニメのテーマ曲・150年近い歴史を....... nnemon2 04-11 968 0
660
No Image
江島神社(初詣2024)他 nnemon2 04-10 885 0
659
No Image
17世紀からの歴史を有する東京の商業....... nnemon2 04-09 890 0
658
No Image
70年の歴史を有する商業ビルのchain他 ....... nnemon2 04-09 877 0
657
No Image
80年近い歴史を有するfashion brand他 nnemon2 04-09 868 0
656
No Image
パエリア(スペインの伝統料理)・....... nnemon2 04-09 872 0
655
No Image
握り寿司(東京の伝統料理)・東京....... nnemon2 04-09 869 0
654
No Image
日本の花見(hanami)文化(砧公園)....... nnemon2 04-08 868 0
653
No Image
日本の花見(hanami)文化(砧公園)....... nnemon2 04-08 853 0
652
No Image
150年近い歴史を有する大学他 nnemon2 04-03 1110 0
651
No Image
116年の歴史を有する横浜の食品会社....... nnemon2 04-01 1113 0
650
No Image
ナシゴレン(東南アジアの伝統料理....... nnemon2 03-31 1185 0
649
No Image
大正ロマン他(内容追加版) nnemon2 03-29 1435 0
648
No Image
正月の伝統料理(お節料理)2024年他 nnemon2 03-28 1529 0
647
No Image
日本の正月の伝統料理(お節料理)20....... nnemon2 03-28 1494 0
646
No Image
デンマークの伝統的なパン他 nnemon2 03-28 1476 0
645
No Image
白和え(日本の伝統料理)他 nnemon2 03-25 1899 0
644
No Image
140年近い歴史を有する炭酸飲料他 nnemon2 03-25 1877 0
643
No Image
milky(70年以上の歴史を有するキャン....... nnemon2 03-25 1677 0
642
No Image
年賀ハガキ(日本の伝統的なgreeting ca....... nnemon2 03-25 1633 0