伝統文化

 

 




基本的に(参考の投稿を入れ替える等しています)、2019年の12月の後半に行った投稿の再掲です。



以下の投稿の続きです。

400年近い歴史を有する温泉旅館他1→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746972?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、「以下、400年近い歴史を有する温泉旅館他1からの続きです。。。」と言う文までは、前回の投稿と重複します。



私の両親に関しては、以下の投稿(すぐ下でリンクを付けた投稿)を参照して下さい。

小津 安二郎映画「晩春」他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_2/view/id/3580708/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2
以下2つ。すぐ上でリンクを付けた投稿の関連投稿。
嫁と姑の話前編→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3618226/page/20?&sfl=membername&stx=nnemon2
嫁と姑の話後編→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3618225/page/20?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、「」内。私の母と、私の彼女(私の今の彼女)を連れて、私、私の母、彼女(私の今の彼女)の、3人で、湯河原の伊藤屋に泊まった時に関する投稿から抜粋して来た物です。


「以下、前に行った投稿から抜粋して来た物で、私が、近所の実家の私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の、伊藤屋(itouya)と言う歴史のある高級温泉旅館に宿泊して来た時の物です。ちなみに、この時の、少し前には、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)と言う高級classの温泉旅館に一泊して来ました(ちなみに、山翠楼(sansuirou)は、彼女と二人でも宿泊した事があります)。ちなみに、何れの形態の旅行(私と、私の母と、彼女の3人の宿泊を伴う旅行、及び、私と、彼女と、彼女の母の3人の宿泊を伴う旅行)も、とても珍しい物で、と言うか、今まで、それぞれ、その時(私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の伊藤屋(itouya)に宿泊した時と、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)に宿泊した時)、1回だけです。

ちなみに、彼女と彼女の母の仲は、決して上手く行っている訳ではないのですが、私と、彼女の母の仲は、特に悪くも何もありません(彼女の母の、私に対する、人当たりは、良いですと言うか、何故か、不思議と、気に入られてる感すらありますw)。


ちなみに、この、私が、近所の実家の私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の、伊藤屋(itouya)と言う歴史のある高級温泉旅館に宿泊して来た時の旅行も、私が、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)に宿泊した時の旅行も、旅館の宿泊費等、旅行の、お金は、全員分、私が、支払っています。」


彼女(私の今の彼女。以下、彼女と書きます)と彼女の母の関係性に関しては、以下の投稿を参照して下さい。

Cinderella(ヨーロッパの昔話)他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3478413/page/30?&sfl=membername&stx=nnemon2
アニメのテーマ曲他3→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3588995/page/24?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、「」内、前に行った投稿から抜粋して来た物です。


「私は、その時の事に関して、kjで、アップ(upload)していますが、私は、一昨年の、2月の終わりに、(我が家の近所の私の実家の)両親を連れて、箱根(hakone)の、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊して来ました。

私の2歳年下の弟(東京の西部郊外に暮らしています)は、既に、結婚して、子供がいて、今は、子育てに忙しいので、今の所、こう言う役割は、私と言う事で。。。

その前の年の12月の初めに、両親を連れて、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊して来た時に(その時、両親と旅行したのは、とても久しぶりでした。その時の事も、kjで、アップ(upload)しています)、勢いで、両親に、今度、富士屋(fujiya)ホテルに連れて行くと言ってしまった事が、その時の、両親を連れた、富士屋(fujiya)ホテルの宿泊に、繋がりましたw(ちなみに、それから、私は、両親を旅行に連れて行っていませんし、これから、やや、しばらくの間は、両親を連れて旅行に行くかどうかは、ちょっと分かりませんw)。

富士屋(fujiya)ホテルがある、箱根(hakone)(東京圏(東京圏の南部を占める県である、神奈川(kanagawa)県)の、南西端部に位置します)は、日光(nikko)(栃木(tochigi)県(東京圏の北端に位置する県)に位置する)と並ぶ、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地です。ちなみに、箱根(hakone)は、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地であり、私の両親は、よく、箱根(hakone)に訪れていますし、私も、今まで、たくさん、箱根(hakone)に訪れています。

金谷(kanaya)ホテル(日光(nikko)を代表する、歴史のある高級リゾート(resort)ホテル。1873年開業)は、私は、子供の頃、私の母方の祖父に連れられて、(私の母方の祖父母、両親、弟と共に)、3回、大人になってから1回(女性と2人での、coupleでの宿泊)の、合計4回、宿泊した事があります。私の両親は、金谷(kanaya)ホテルは、私が、子供の頃に、私の母方の祖父(私の母方の祖父母)に連れられて、子供と共に(私と、私の弟と共に)、3回、宿泊した事があります。

前述の通り、私の母方の祖父は、普段の生活は、つましかったですが、何故か、家族を(妻、娘夫婦、孫)を、金谷(kanaya)ホテルに連れて行く事に関しては、気前が良かったです。ちなみに、日光(nikko)は、私の母方の祖父の、お気に入りの場所でした。

私は、富士屋(fujiya)ホテルは、今まで、6回、宿泊しています(一昨年の、2月の終わりに、(我が家の近所の私の実家の)両親を連れて、箱根(hakone)の、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊して来た時の、1回を除き、(残りの5回は)、全て、couple(女性と2人)での宿泊)。

(亡くなった)私の母方の祖父母は、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した事がありましたが(母方の祖父母は夫婦で宿泊した事があり、母方の祖母に関しては、結婚前(子供の頃を含む)、母方の祖母の家族でも宿泊した事あり)、私の母は、その時まで、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した事がありませんでした。また、私の父は、その時まで、富士屋(fujiya)ホテルは、会社の研修で、一度、宿泊した事がありましたが、個人的な旅行で宿泊した訳ではないので、富士屋(fujiya)ホテルの雰囲気を、ゆっくりと味わう事は、全く、出来なかったそうです。その様な事から、その前の年の12月の初めに、両親を連れて、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊して来た時に(その時、両親と旅行したのは、とても久しぶりでした)、弾みで(勢いで)、両親に、今度、富士屋(fujiya)ホテルに連れて行くと言ってしまった事が、その時の、両親を連れた、富士屋(fujiya)ホテルの宿泊に繋がりましたw ちなみに、その時の、両親の、富士屋(fujiya)ホテルの印象が良かったらしく、両親は、その時から今まで、2回、夫婦で、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊している様です。


ちなみに、上記の、私の、両親を連れた、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)に宿泊した旅行、及び、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した旅行の、宿泊費、食事代等は、両親の分を含めて、全て、私が支払っています。」


私の母方の祖父に関しては、以下の2つの投稿を参照して下さい(一部、父方の祖父の話も含みます)。

芸者(geisha)・祖父の話他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3658686/page/11?&sfl=membername&stx=nnemon2
旧朝香宮(asakanomiya)邸他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3658681/page/11?&sfl=membername&stx=nnemon2





以下、400年近い歴史を有する温泉旅館他1からの続きです。。。



以下、2016年に行った投稿から抜粋して来た物です(ほぼ再掲)。




去年の12月の初めに、(東京都心部の我が家の近所の、実家に暮らす)両親を連れて、箱根(hakone)に、一泊、二日の、小旅行に行って来た時の物です。両親と旅行したのは、この時、とても久しぶりでした(まあ、私の2歳年下の弟(東京の西部郊外に暮らしています)は、既に、結婚して、子供がいて、今は、子育てに忙しいので、今の所、こう言う役割は、私と言う事で。。。)。


箱根(hakone)(東京圏(東京圏の南部を占める県である、神奈川(kanagawa)県)の、南西端部に位置します)は、日光(nikko)(栃木(tochigi)県(東京圏の北端に位置する県)に位置する)と並ぶ、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地です。


ちなみに、箱根(hakone)は、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地であり、私の両親は、よく、箱根(hakone)に訪れていますし、私も、今まで、たくさん、箱根(hakone)に訪れています。





以下、この時の、初日の、続きです。



この時は、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊しました。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、箱根(hakone)に、よく訪れている、私の両親も、(この時まで)、まだ宿泊した事がなく、私も、(この時まで)、宿泊した事がなく、前から、ちょっと気になっていて、いつかは、宿泊しようと思っていた旅館であったので、この機会に、宿泊する事にしました。



萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、1625年創業の、400年近い歴史を有する、温泉旅館です。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、箱根(hakone)の玄関口であり、それ自体が、規模の大きな、温泉地(温泉保養地)となっている、箱根(hakone)湯本(yumoto)areaにあります。



萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、箱根(hakone)を代表する、歴史のある、高級温泉旅館の一つとなっています(ちなみに、現代においては、箱根(hakone)には、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)よりも、高級な、新しい、温泉旅館・温泉リゾート(resort)ホテルは、少なくありません(かなりあります))。



萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、客室数が、15程の、規模が小さな、高級温泉旅館です。



萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、今まで、数え切れない程の、有名人が、宿泊し、また、貴族、作家(文学者・小説家)等も、多く、宿泊して来た温泉旅館です。



以下、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)を、気に入って、よく宿泊していた、又は、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)に、宿泊した事がある、有名人の例。




写真は、借り物。歌川 広重(utagawa hiroshige)。1797年生まれ。1858年に亡くなる。日本の、代表的な、浮世絵(ukiyoe)(日本の伝統的な、大衆(大衆向けの)版画・絵画)画家の一人。 Goghや、 Monetに影響を与える。

以下(すぐ下でリンクを付けた投稿)、歌川 広重(utagawa hiroshige)に関する参考の投稿。

Japonisme他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3593602/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2
Mambo Italiano他(すぐ上でリンクを付けた投稿の関連投稿)→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_5/view/id/3705330/page/4?&sfl=membername&stx=nnemon2










写真は、借り物。山内 容堂(yamauchi youdou)。1827年生まれ。1872年に亡くなる。現在の、高知(kochi)県(日本の西南部に位置する県の一つ)に該当する地域を、統治していた、地方領主。江戸(edo)時代(17世紀から18世紀半ば)の末期に、活躍した、四賢侯(当時、日本全国の地方領主の中で、最も優秀と評価されていた、4人の地方領主)の一人。私生活では、酒と、女と、詩(poet・ry)を、非常に愛した。










写真は、借り物。木戸 孝允(kido takayoshi)。日本の有名な政治家。1833年生まれ。1877年に亡くなる。











写真は、借り物。福澤 諭吉(fukuzawa yukichi)。1835年生まれ。1901年に亡くなる。日本の有名な、思想家・教育者。慶応(keio)大学(日本を代表する、有名な、私立大学の一つ。比較的、裕福な家の子供が通う大学と言う、イメージがある大学)の、創設者。










写真は、借り物。井上 馨(inoue kaoru)。1836年生まれ。1915年に亡くなる。日本の、有名な、政治家・実業家。貴族(侯爵)。






以下(すぐ下でリンクを付けた投稿)、伊藤 博文(itou hirobumi)、芸者(geisha)、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)、柳原 白蓮(yanagihara byakuren)、松方 正義(matsukata masayoshi)に関する、参考の投稿・関連投稿。

芸者他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3582875/page/25?&sfl=membername&stx=nnemon2







写真は、借り物。伊藤 博文(itou hirobumi)。1841年生まれ。1909年に亡くなる。日本の、有名な、政治家。貴族(公爵)。以下、伊藤 博文(itou hiribumi)に関する説明は、wiki等を、参考にしました。伊藤 博文(itou hirobumi)は、韓国の方は、ご存じの通り、歴史的な経緯等から、韓国では、悪名が高い人物です(悪い意味で、有名な人物です)。以下、おそらく、韓国では、あまり知られていない、日本国内における、伊藤 博文(itou hirobumi)について、少し、紹介したいと思います。伊藤 博文(itou hirobumi)は、私生活においては、非常に、女好き(女が、好き)として有名で、非常に、たくさんの愛人(妻以外に、交際している女性)がいた様です(愛人(妻以外に、交際している女性)は、数え切れない程いた様です)。40度の熱が出て、うなされていた時(意識が薄らいでいた時)も、両側に、二人の、芸者(geisha)を、付き添わせていた様です。伊藤 博文(itou hirobumi)は、女性の、教育に、とても熱心で、「女子教育奨励会創立委員会」を創設し、日本の、女性の教育の、推進に、熱心に取り組みました。東京女学館(1888年に開校。東京にある、私立の、女子小学校・女子中学校・女子高校(生徒が、女性だけの、小学校・中学校・高校)・女子大学(生徒が、女性だけの大学)。学生数の、減少により、大学は、2016年に閉鎖)を、自ら、創立すると共に、他の、日本の、私立の、女子大学(生徒が、女性だけの大学)を、創立しようとする人々も、熱心に支援しました。伊藤 博文(itou hirobumi)は、最高位の、貴族(公爵)で、とても、お金持ちでしたが(おそらく。。。)、衣食住(着る物(衣服)と、食べる物(食事)と、住まい(住居・家))には、頓着しない性格であった(質素・粗末であっても、全く、構わない性格であった)様です。伊藤 博文(itou hirobumi)と親しく交流していた、貴族・政治家は、伊藤 博文(itou hirobumi)の家に、食事に招かれても、質素・粗末な食事ばかりで、当惑・苦労した様です。また、物にも執着せず、他人から、非常に高価な、希少な(珍しい)品物を、貰っても、惜しげもなく、他人に譲ってしまうような性格であった様です。









参考に、写真は、借り物(写真の作者:Japanexperterna)。芸者(geisha)。舞踊等で、客を持て成す、日本の、伝統的な職業の、女性。外国では、混同される事もあるが、遊女(yuujyo)(日本の、伝統的な、売春婦)とは、あくまで、区別される。遊女(yuujyo)は、売春婦であるのに対し、芸者(geisha)は、宴会(party)の席等で、客を持て成す、日本の、伝統的な職業の、女性(愛人関係等、客と、男女(男と女)の関係等になる事はあるが、それは、芸者(geisha)としての職業の範囲外での話)。












参考に。写真は、借り物。柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)。1850年生まれ。1894年に亡くなる。日本の貴族(侯爵)。大正(taisho)天皇(日本の、第123代の天皇。1879年生まれ。1926年に亡くなる)の、伯父。伊藤 博文(itou hirobumi)と、愛人(妻以外に交際する女性)として、当時、16歳であった、芸者(geisha)を奪い合い、結局、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)が勝ち、その、芸者(geisha)と交際する事になった。











写真は、借り物。柳原 白蓮(yanagihara byakuren)。1885年生まれ。1967年に亡くなる。東洋英和(toyoeiwa)女学院(1884年創立の、日本の、私立の、女子小学校・女子中学校・女子高校(生徒が、女性だけの、小学校・中学校・高校)・女子大学(生徒が、女性だけの大学))を、卒業。日本の、女性、歌人(日本の、伝統的な詩(poetr・y)の、詩人)。前述の通り、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)と、伊藤 博文(itou hirobumi)は、愛人(妻以外に交際する女性)として、当時、16歳であった、芸者(geisha)を奪い合い、結局、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)が勝ち、その、芸者(geisha)と交際する事になったのですが、その芸者(geisha)と、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)の間に生まれた娘が、柳原 白蓮(yanagihara byakuren)です。










写真は、借り物。松方 正義(matsukata masayoshi)。1835年生まれ。1924年に亡くなる。身長は、172cmと、当時の、男性としては、比較的、長身であった。日本の、有名な、政治家・貴族(公爵)。松方 正義(matsukata masayoshi)も、伊藤 博文(itou hirobumi)に負けず劣らず(と言うか、伊藤 博文(itou hirobumi)に勝る程の)、非常に、女好き(女が好き)として知られ、伊藤 博文(itou hirobumi)とは、女好き(女が好き)と言う、共通の性格から、話が合い、私生活においても、よく交流していた様です。松方 正義(matsukata masayoshi)は、妻以外の、子供も含めて、26人の子供(男の子15人、女の子11人)がいて(最後の子供は、松方 正義(matsukata masayoshi)が、69歳の時に、愛人(妻以外に、交際している女性)との間に出来た子供)、少なくとも、金銭面においては、全ての、子供の面倒を、しっかりと見ていた様です(全ての、子供の世話を、しっかりとしていた様です)。松方 正義(matsukata masayoshi)は、或る日、天皇から、何人、子供がいるのかと尋ねられたが、咄嗟に(すぐに)、思い出せず、「後日調査の上、御報告申し上げます(調査をしてから、後日、報告します)」と答えたと言う逸話(anecdote)が残っています。











写真は、借り物。5代目、尾上 菊五郎(onoe kikugorou)(1844年生まれ。1903年に亡くなる)。日本の有名な、歌舞伎(kabuki)(日本の、伝統的な、大衆(大衆向けの)演劇)の、俳優。











写真は、借り物。田村 俊子(tamura toshiko)(1884年生まれ。1945年に亡くなる)。日本の、有名な、女性、小説家。









前述の通り、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、今まで、数え切れない程の、有名人が、宿泊し、また、貴族、作家(文学者・小説家)等も、多く、宿泊して来た温泉旅館ですが、韓国では、悪名が高い、伊藤 博文(itou hirobumi)や、江戸(edo)時代(17世紀から19世紀半ば)の、日本の支配層・知識人の間で、支配的であった、人には上下の別があるとする儒教思想を完全に否定する思想や、脱亜論(アジアの、儒教思想に固執していれば、発展が遅れ、西洋の大国に支配されてしまうと言った内容の論文。中国と韓国に関しては、(未だに、儒教思想に固執している)中国と韓国に関しては、隣国という理由で特別な関係を持つのではなく、西洋諸国と同じような付き合い方にして、日本は独自に近代化を進めて行くことが望ましいと言った内容。おそらく、韓国においては、日本の侵略主義を肯定する論文として解釈するのが、主流となっている)で、韓国の知識人の間では知られる(おそらく。。。)、福澤 諭吉(fukuzawa yukichi)も、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)を、お気に入りの、温泉旅館としていた様です。ちなみに、福澤 諭吉(fukuzawa yukichi)の脱亜論は、(西洋の大国の、進んだ、科学技術、発展した、産業・経済、強大な、国力(軍事力)に接し)、それまで、東アジアで支配的であった、儒教思想から完全な脱却を図らなければ(江戸(edo)時代(17世紀から19世紀半ば)まで、日本の知識人達が、思想(儒教思想)の面において、先生と仰いでいた、中国と韓国との、それまでの関係を、完全に、見直さなければ)、近代化が遅れ、西洋の大国に支配されてしまうであろうと言う考えを背景とした論文であり、日本の文化・個性を捨てて、日本を、西洋のような国にして、日本は、西洋の一員にならなければならないと言った内容の論文では、全くありません。作家では、森 おう外(mori ougai)(名前を漢字で書くと、翻訳が切れてしまうので、一部、平仮名で書きました)(1862年生まれ。1922年に亡くなる。日本の有名な小説家)等が、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)を、お気に入りの、温泉旅館としていた様です。




写真以下2枚。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の、パンフレット(leaflet)。

























現在の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物は、1876年から1879年に建てられた、古い建物と、比較的、新しい建物の、二つの建物から成ります。





現在の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、古い方の建物(1876年から1879年に建てられた建物)の、図。








写真以下2枚。現在の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、古い方の建物(1876年から1879年に建てられた建物)が建てられた時に(完成した当時に)、描かれた絵。




















写真以下7枚。現在の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、古い方の建物(1876年から1879年に建てられた建物)。






















写真以下7枚は、客室に置いてある、ガイド(旅館案内)より。。。













細かい、意匠(design)が、凝っています。





































写真以下2枚。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)に、お気に入りで、よく宿泊していた、日本の、有名な政治家や、文化人達の、書が、たくさん残されています。





















写真以下3枚。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の、パンフレット(leaflet)より。。。客室の、テレビが、ブラウン管の(箱型の)、テレビとなっている事から、パンフレット(leaflet)の写真は、ある程度、前に、撮影された物であると思われます。




写真右上は、客室の温泉風呂。


















写真左下は、客室の温泉風呂。







私達は、この時、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、古い方の建物(1876年から1879年に建てられた建物)に宿泊しました。




萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、新しい方の建物の内部(現在の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)のロビー(lobby)は、新しい方の建物にあります。新しい方とは言っても、かなり古いと思います)。







写真以下3枚。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、古い方の建物(1876年から1879年に建てられた建物)。



































写真以下2枚。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、新しい方の建物(新しい方とは言っても、かなり古いと思います)。古い方の建物と、新しい方の建物は、繋がっています。





















写真以下6枚。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、古い方の建物(1876年から1879年に建てられた建物)。


































































写真以下2枚。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、新しい方の建物。

















以下の投稿(すぐ下でリンクを付けた投稿)に続く。。。


400年近い歴史を有する温泉旅館他3→

 

 

 


400年近い歴史を有する温泉旅館他2




基本的に(参考の投稿を入れ替える等しています)、2019年の12月の後半に行った投稿の再掲です。



以下の投稿の続きです。

400年近い歴史を有する温泉旅館他1→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746972?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、「以下、400年近い歴史を有する温泉旅館他1からの続きです。。。」と言う文までは、前回の投稿と重複します。



私の両親に関しては、以下の投稿(すぐ下でリンクを付けた投稿)を参照して下さい。

小津 安二郎映画「晩春」他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_2/view/id/3580708/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2
以下2つ。すぐ上でリンクを付けた投稿の関連投稿。
嫁と姑の話前編→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3618226/page/20?&sfl=membername&stx=nnemon2
嫁と姑の話後編→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3618225/page/20?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、「」内。私の母と、私の彼女(私の今の彼女)を連れて、私、私の母、彼女(私の今の彼女)の、3人で、湯河原の伊藤屋に泊まった時に関する投稿から抜粋して来た物です。


「以下、前に行った投稿から抜粋して来た物で、私が、近所の実家の私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の、伊藤屋(itouya)と言う歴史のある高級温泉旅館に宿泊して来た時の物です。ちなみに、この時の、少し前には、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)と言う高級classの温泉旅館に一泊して来ました(ちなみに、山翠楼(sansuirou)は、彼女と二人でも宿泊した事があります)。ちなみに、何れの形態の旅行(私と、私の母と、彼女の3人の宿泊を伴う旅行、及び、私と、彼女と、彼女の母の3人の宿泊を伴う旅行)も、とても珍しい物で、と言うか、今まで、それぞれ、その時(私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の伊藤屋(itouya)に宿泊した時と、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)に宿泊した時)、1回だけです。

ちなみに、彼女と彼女の母の仲は、決して上手く行っている訳ではないのですが、私と、彼女の母の仲は、特に悪くも何もありません(彼女の母の、私に対する、人当たりは、良いですと言うか、何故か、不思議と、気に入られてる感すらありますw)。


ちなみに、この、私が、近所の実家の私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の、伊藤屋(itouya)と言う歴史のある高級温泉旅館に宿泊して来た時の旅行も、私が、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)に宿泊した時の旅行も、旅館の宿泊費等、旅行の、お金は、全員分、私が、支払っています。」


彼女(私の今の彼女。以下、彼女と書きます)と彼女の母の関係性に関しては、以下の投稿を参照して下さい。

Cinderella(ヨーロッパの昔話)他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3478413/page/30?&sfl=membername&stx=nnemon2
アニメのテーマ曲他3→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3588995/page/24?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、「」内、前に行った投稿から抜粋して来た物です。


「私は、その時の事に関して、kjで、アップ(upload)していますが、私は、一昨年の、2月の終わりに、(我が家の近所の私の実家の)両親を連れて、箱根(hakone)の、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊して来ました。

私の2歳年下の弟(東京の西部郊外に暮らしています)は、既に、結婚して、子供がいて、今は、子育てに忙しいので、今の所、こう言う役割は、私と言う事で。。。

その前の年の12月の初めに、両親を連れて、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊して来た時に(その時、両親と旅行したのは、とても久しぶりでした。その時の事も、kjで、アップ(upload)しています)、勢いで、両親に、今度、富士屋(fujiya)ホテルに連れて行くと言ってしまった事が、その時の、両親を連れた、富士屋(fujiya)ホテルの宿泊に、繋がりましたw(ちなみに、それから、私は、両親を旅行に連れて行っていませんし、これから、やや、しばらくの間は、両親を連れて旅行に行くかどうかは、ちょっと分かりませんw)。

富士屋(fujiya)ホテルがある、箱根(hakone)(東京圏(東京圏の南部を占める県である、神奈川(kanagawa)県)の、南西端部に位置します)は、日光(nikko)(栃木(tochigi)県(東京圏の北端に位置する県)に位置する)と並ぶ、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地です。ちなみに、箱根(hakone)は、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地であり、私の両親は、よく、箱根(hakone)に訪れていますし、私も、今まで、たくさん、箱根(hakone)に訪れています。

金谷(kanaya)ホテル(日光(nikko)を代表する、歴史のある高級リゾート(resort)ホテル。1873年開業)は、私は、子供の頃、私の母方の祖父に連れられて、(私の母方の祖父母、両親、弟と共に)、3回、大人になってから1回(女性と2人での、coupleでの宿泊)の、合計4回、宿泊した事があります。私の両親は、金谷(kanaya)ホテルは、私が、子供の頃に、私の母方の祖父(私の母方の祖父母)に連れられて、子供と共に(私と、私の弟と共に)、3回、宿泊した事があります。

前述の通り、私の母方の祖父は、普段の生活は、つましかったですが、何故か、家族を(妻、娘夫婦、孫)を、金谷(kanaya)ホテルに連れて行く事に関しては、気前が良かったです。ちなみに、日光(nikko)は、私の母方の祖父の、お気に入りの場所でした。

私は、富士屋(fujiya)ホテルは、今まで、6回、宿泊しています(一昨年の、2月の終わりに、(我が家の近所の私の実家の)両親を連れて、箱根(hakone)の、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊して来た時の、1回を除き、(残りの5回は)、全て、couple(女性と2人)での宿泊)。

(亡くなった)私の母方の祖父母は、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した事がありましたが(母方の祖父母は夫婦で宿泊した事があり、母方の祖母に関しては、結婚前(子供の頃を含む)、母方の祖母の家族でも宿泊した事あり)、私の母は、その時まで、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した事がありませんでした。また、私の父は、その時まで、富士屋(fujiya)ホテルは、会社の研修で、一度、宿泊した事がありましたが、個人的な旅行で宿泊した訳ではないので、富士屋(fujiya)ホテルの雰囲気を、ゆっくりと味わう事は、全く、出来なかったそうです。その様な事から、その前の年の12月の初めに、両親を連れて、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊して来た時に(その時、両親と旅行したのは、とても久しぶりでした)、弾みで(勢いで)、両親に、今度、富士屋(fujiya)ホテルに連れて行くと言ってしまった事が、その時の、両親を連れた、富士屋(fujiya)ホテルの宿泊に繋がりましたw ちなみに、その時の、両親の、富士屋(fujiya)ホテルの印象が良かったらしく、両親は、その時から今まで、2回、夫婦で、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊している様です。


ちなみに、上記の、私の、両親を連れた、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)に宿泊した旅行、及び、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した旅行の、宿泊費、食事代等は、両親の分を含めて、全て、私が支払っています。」


私の母方の祖父に関しては、以下の2つの投稿を参照して下さい(一部、父方の祖父の話も含みます)。

芸者(geisha)・祖父の話他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3658686/page/11?&sfl=membername&stx=nnemon2
旧朝香宮(asakanomiya)邸他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3658681/page/11?&sfl=membername&stx=nnemon2





以下、400年近い歴史を有する温泉旅館他1からの続きです。。。



以下、2016年に行った投稿から抜粋して来た物です(ほぼ再掲)。




去年の12月の初めに、(東京都心部の我が家の近所の、実家に暮らす)両親を連れて、箱根(hakone)に、一泊、二日の、小旅行に行って来た時の物です。両親と旅行したのは、この時、とても久しぶりでした(まあ、私の2歳年下の弟(東京の西部郊外に暮らしています)は、既に、結婚して、子供がいて、今は、子育てに忙しいので、今の所、こう言う役割は、私と言う事で。。。)。


箱根(hakone)(東京圏(東京圏の南部を占める県である、神奈川(kanagawa)県)の、南西端部に位置します)は、日光(nikko)(栃木(tochigi)県(東京圏の北端に位置する県)に位置する)と並ぶ、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地です。


ちなみに、箱根(hakone)は、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地であり、私の両親は、よく、箱根(hakone)に訪れていますし、私も、今まで、たくさん、箱根(hakone)に訪れています。





以下、この時の、初日の、続きです。



この時は、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊しました。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、箱根(hakone)に、よく訪れている、私の両親も、(この時まで)、まだ宿泊した事がなく、私も、(この時まで)、宿泊した事がなく、前から、ちょっと気になっていて、いつかは、宿泊しようと思っていた旅館であったので、この機会に、宿泊する事にしました。



萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、1625年創業の、400年近い歴史を有する、温泉旅館です。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、箱根(hakone)の玄関口であり、それ自体が、規模の大きな、温泉地(温泉保養地)となっている、箱根(hakone)湯本(yumoto)areaにあります。



萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、箱根(hakone)を代表する、歴史のある、高級温泉旅館の一つとなっています(ちなみに、現代においては、箱根(hakone)には、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)よりも、高級な、新しい、温泉旅館・温泉リゾート(resort)ホテルは、少なくありません(かなりあります))。



萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、客室数が、15程の、規模が小さな、高級温泉旅館です。



萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、今まで、数え切れない程の、有名人が、宿泊し、また、貴族、作家(文学者・小説家)等も、多く、宿泊して来た温泉旅館です。



以下、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)を、気に入って、よく宿泊していた、又は、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)に、宿泊した事がある、有名人の例。




写真は、借り物。歌川 広重(utagawa hiroshige)。1797年生まれ。1858年に亡くなる。日本の、代表的な、浮世絵(ukiyoe)(日本の伝統的な、大衆(大衆向けの)版画・絵画)画家の一人。 Goghや、 Monetに影響を与える。

以下(すぐ下でリンクを付けた投稿)、歌川 広重(utagawa hiroshige)に関する参考の投稿。

Japonisme他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3593602/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2
Mambo Italiano他(すぐ上でリンクを付けた投稿の関連投稿)→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_5/view/id/3705330/page/4?&sfl=membername&stx=nnemon2










写真は、借り物。山内 容堂(yamauchi youdou)。1827年生まれ。1872年に亡くなる。現在の、高知(kochi)県(日本の西南部に位置する県の一つ)に該当する地域を、統治していた、地方領主。江戸(edo)時代(17世紀から18世紀半ば)の末期に、活躍した、四賢侯(当時、日本全国の地方領主の中で、最も優秀と評価されていた、4人の地方領主)の一人。私生活では、酒と、女と、詩(poet・ry)を、非常に愛した。










写真は、借り物。木戸 孝允(kido takayoshi)。日本の有名な政治家。1833年生まれ。1877年に亡くなる。











写真は、借り物。福澤 諭吉(fukuzawa yukichi)。1835年生まれ。1901年に亡くなる。日本の有名な、思想家・教育者。慶応(keio)大学(日本を代表する、有名な、私立大学の一つ。比較的、裕福な家の子供が通う大学と言う、イメージがある大学)の、創設者。










写真は、借り物。井上 馨(inoue kaoru)。1836年生まれ。1915年に亡くなる。日本の、有名な、政治家・実業家。貴族(侯爵)。






以下(すぐ下でリンクを付けた投稿)、伊藤 博文(itou hirobumi)、芸者(geisha)、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)、柳原 白蓮(yanagihara byakuren)、松方 正義(matsukata masayoshi)に関する、参考の投稿・関連投稿。

芸者他→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_26/view/id/3582875/page/25?&sfl=membername&stx=nnemon2







写真は、借り物。伊藤 博文(itou hirobumi)。1841年生まれ。1909年に亡くなる。日本の、有名な、政治家。貴族(公爵)。以下、伊藤 博文(itou hiribumi)に関する説明は、wiki等を、参考にしました。伊藤 博文(itou hirobumi)は、韓国の方は、ご存じの通り、歴史的な経緯等から、韓国では、悪名が高い人物です(悪い意味で、有名な人物です)。以下、おそらく、韓国では、あまり知られていない、日本国内における、伊藤 博文(itou hirobumi)について、少し、紹介したいと思います。伊藤 博文(itou hirobumi)は、私生活においては、非常に、女好き(女が、好き)として有名で、非常に、たくさんの愛人(妻以外に、交際している女性)がいた様です(愛人(妻以外に、交際している女性)は、数え切れない程いた様です)。40度の熱が出て、うなされていた時(意識が薄らいでいた時)も、両側に、二人の、芸者(geisha)を、付き添わせていた様です。伊藤 博文(itou hirobumi)は、女性の、教育に、とても熱心で、「女子教育奨励会創立委員会」を創設し、日本の、女性の教育の、推進に、熱心に取り組みました。東京女学館(1888年に開校。東京にある、私立の、女子小学校・女子中学校・女子高校(生徒が、女性だけの、小学校・中学校・高校)・女子大学(生徒が、女性だけの大学)。学生数の、減少により、大学は、2016年に閉鎖)を、自ら、創立すると共に、他の、日本の、私立の、女子大学(生徒が、女性だけの大学)を、創立しようとする人々も、熱心に支援しました。伊藤 博文(itou hirobumi)は、最高位の、貴族(公爵)で、とても、お金持ちでしたが(おそらく。。。)、衣食住(着る物(衣服)と、食べる物(食事)と、住まい(住居・家))には、頓着しない性格であった(質素・粗末であっても、全く、構わない性格であった)様です。伊藤 博文(itou hirobumi)と親しく交流していた、貴族・政治家は、伊藤 博文(itou hirobumi)の家に、食事に招かれても、質素・粗末な食事ばかりで、当惑・苦労した様です。また、物にも執着せず、他人から、非常に高価な、希少な(珍しい)品物を、貰っても、惜しげもなく、他人に譲ってしまうような性格であった様です。









参考に、写真は、借り物(写真の作者:Japanexperterna)。芸者(geisha)。舞踊等で、客を持て成す、日本の、伝統的な職業の、女性。外国では、混同される事もあるが、遊女(yuujyo)(日本の、伝統的な、売春婦)とは、あくまで、区別される。遊女(yuujyo)は、売春婦であるのに対し、芸者(geisha)は、宴会(party)の席等で、客を持て成す、日本の、伝統的な職業の、女性(愛人関係等、客と、男女(男と女)の関係等になる事はあるが、それは、芸者(geisha)としての職業の範囲外での話)。












参考に。写真は、借り物。柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)。1850年生まれ。1894年に亡くなる。日本の貴族(侯爵)。大正(taisho)天皇(日本の、第123代の天皇。1879年生まれ。1926年に亡くなる)の、伯父。伊藤 博文(itou hirobumi)と、愛人(妻以外に交際する女性)として、当時、16歳であった、芸者(geisha)を奪い合い、結局、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)が勝ち、その、芸者(geisha)と交際する事になった。











写真は、借り物。柳原 白蓮(yanagihara byakuren)。1885年生まれ。1967年に亡くなる。東洋英和(toyoeiwa)女学院(1884年創立の、日本の、私立の、女子小学校・女子中学校・女子高校(生徒が、女性だけの、小学校・中学校・高校)・女子大学(生徒が、女性だけの大学))を、卒業。日本の、女性、歌人(日本の、伝統的な詩(poetr・y)の、詩人)。前述の通り、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)と、伊藤 博文(itou hirobumi)は、愛人(妻以外に交際する女性)として、当時、16歳であった、芸者(geisha)を奪い合い、結局、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)が勝ち、その、芸者(geisha)と交際する事になったのですが、その芸者(geisha)と、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)の間に生まれた娘が、柳原 白蓮(yanagihara byakuren)です。










写真は、借り物。松方 正義(matsukata masayoshi)。1835年生まれ。1924年に亡くなる。身長は、172cmと、当時の、男性としては、比較的、長身であった。日本の、有名な、政治家・貴族(公爵)。松方 正義(matsukata masayoshi)も、伊藤 博文(itou hirobumi)に負けず劣らず(と言うか、伊藤 博文(itou hirobumi)に勝る程の)、非常に、女好き(女が好き)として知られ、伊藤 博文(itou hirobumi)とは、女好き(女が好き)と言う、共通の性格から、話が合い、私生活においても、よく交流していた様です。松方 正義(matsukata masayoshi)は、妻以外の、子供も含めて、26人の子供(男の子15人、女の子11人)がいて(最後の子供は、松方 正義(matsukata masayoshi)が、69歳の時に、愛人(妻以外に、交際している女性)との間に出来た子供)、少なくとも、金銭面においては、全ての、子供の面倒を、しっかりと見ていた様です(全ての、子供の世話を、しっかりとしていた様です)。松方 正義(matsukata masayoshi)は、或る日、天皇から、何人、子供がいるのかと尋ねられたが、咄嗟に(すぐに)、思い出せず、「後日調査の上、御報告申し上げます(調査をしてから、後日、報告します)」と答えたと言う逸話(anecdote)が残っています。











写真は、借り物。5代目、尾上 菊五郎(onoe kikugorou)(1844年生まれ。1903年に亡くなる)。日本の有名な、歌舞伎(kabuki)(日本の、伝統的な、大衆(大衆向けの)演劇)の、俳優。











写真は、借り物。田村 俊子(tamura toshiko)(1884年生まれ。1945年に亡くなる)。日本の、有名な、女性、小説家。









前述の通り、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、今まで、数え切れない程の、有名人が、宿泊し、また、貴族、作家(文学者・小説家)等も、多く、宿泊して来た温泉旅館ですが、韓国では、悪名が高い、伊藤 博文(itou hirobumi)や、江戸(edo)時代(17世紀から19世紀半ば)の、日本の支配層・知識人の間で、支配的であった、人には上下の別があるとする儒教思想を完全に否定する思想や、脱亜論(アジアの、儒教思想に固執していれば、発展が遅れ、西洋の大国に支配されてしまうと言った内容の論文。中国と韓国に関しては、(未だに、儒教思想に固執している)中国と韓国に関しては、隣国という理由で特別な関係を持つのではなく、西洋諸国と同じような付き合い方にして、日本は独自に近代化を進めて行くことが望ましいと言った内容。おそらく、韓国においては、日本の侵略主義を肯定する論文として解釈するのが、主流となっている)で、韓国の知識人の間では知られる(おそらく。。。)、福澤 諭吉(fukuzawa yukichi)も、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)を、お気に入りの、温泉旅館としていた様です。ちなみに、福澤 諭吉(fukuzawa yukichi)の脱亜論は、(西洋の大国の、進んだ、科学技術、発展した、産業・経済、強大な、国力(軍事力)に接し)、それまで、東アジアで支配的であった、儒教思想から完全な脱却を図らなければ(江戸(edo)時代(17世紀から19世紀半ば)まで、日本の知識人達が、思想(儒教思想)の面において、先生と仰いでいた、中国と韓国との、それまでの関係を、完全に、見直さなければ)、近代化が遅れ、西洋の大国に支配されてしまうであろうと言う考えを背景とした論文であり、日本の文化・個性を捨てて、日本を、西洋のような国にして、日本は、西洋の一員にならなければならないと言った内容の論文では、全くありません。作家では、森 おう外(mori ougai)(名前を漢字で書くと、翻訳が切れてしまうので、一部、平仮名で書きました)(1862年生まれ。1922年に亡くなる。日本の有名な小説家)等が、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)を、お気に入りの、温泉旅館としていた様です。




写真以下2枚。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の、パンフレット(leaflet)。

























現在の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物は、1876年から1879年に建てられた、古い建物と、比較的、新しい建物の、二つの建物から成ります。





現在の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、古い方の建物(1876年から1879年に建てられた建物)の、図。








写真以下2枚。現在の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、古い方の建物(1876年から1879年に建てられた建物)が建てられた時に(完成した当時に)、描かれた絵。




















写真以下7枚。現在の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、古い方の建物(1876年から1879年に建てられた建物)。






















写真以下7枚は、客室に置いてある、ガイド(旅館案内)より。。。













細かい、意匠(design)が、凝っています。





































写真以下2枚。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)は、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)に、お気に入りで、よく宿泊していた、日本の、有名な政治家や、文化人達の、書が、たくさん残されています。





















写真以下3枚。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の、パンフレット(leaflet)より。。。客室の、テレビが、ブラウン管の(箱型の)、テレビとなっている事から、パンフレット(leaflet)の写真は、ある程度、前に、撮影された物であると思われます。




写真右上は、客室の温泉風呂。


















写真左下は、客室の温泉風呂。







私達は、この時、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、古い方の建物(1876年から1879年に建てられた建物)に宿泊しました。




萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、新しい方の建物の内部(現在の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)のロビー(lobby)は、新しい方の建物にあります。新しい方とは言っても、かなり古いと思います)。







写真以下3枚。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、古い方の建物(1876年から1879年に建てられた建物)。



































写真以下2枚。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、新しい方の建物(新しい方とは言っても、かなり古いと思います)。古い方の建物と、新しい方の建物は、繋がっています。





















写真以下6枚。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、古い方の建物(1876年から1879年に建てられた建物)。


































































写真以下2枚。萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)の建物の内、新しい方の建物。

















以下の投稿(すぐ下でリンクを付けた投稿)に続く。。。


400年近い歴史を有する温泉旅館他3→
https://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_14/view/id/3746970?&sfl=membername&stx=nnemon2



TOTAL: 786

番号 タイトル ライター 参照 推薦
786
No Image
大正ロマン・日本人と四季他 nnemon2 07-12 40 0
785
No Image
可愛くてごめん・日本の古い子犬の....... nnemon2 07-10 67 0
784
No Image
動物百景(古い動物絵画等)展他 (2) nnemon2 07-10 65 0
783
No Image
Japonisme・Mambo Italiano他 nnemon2 07-09 77 0
782
No Image
約350年の歴史のデパート・私の母方....... nnemon2 07-09 79 0
781
No Image
古い欧州の服を元にしたコスプレ衣....... nnemon2 07-09 82 0
780
No Image
山種美術館 犬派?猫派?展他 (1) nnemon2 07-04 715 0
779
No Image
須藤しげる・吉屋信子・涼宮ハルヒ....... (1) nnemon2 07-03 780 0
778
No Image
林 芙美子(hayashi fumiko)他 nnemon2 07-03 763 0
777
No Image
蕗谷虹児(fukiyakoji)1 nnemon2 07-01 849 0
776
No Image
蕗谷虹児(fukiyakoji)2 nnemon2 07-01 856 0
775
No Image
蕗谷虹児(fukiyakoji)3 nnemon2 07-01 860 0
774
No Image
蕗谷虹児(fukiyakoji)4 nnemon2 07-01 867 0
773
No Image
蕗谷虹児(fukiyakoji)5 nnemon2 07-01 849 0
772
No Image
竹久 夢二(takehisa yumeji) nnemon2 07-01 837 0
771
No Image
90歳の挿絵画家他前編 (1) nnemon2 06-26 1083 0
770
No Image
90歳の挿絵画家他後編 (1) nnemon2 06-26 1092 0
769
No Image
90歳の挿絵画家とミュージシャン他 nnemon2 06-26 1076 0
768
No Image
弥生美術館 マツオヒロミ展他1 nnemon2 06-26 1114 0
767
No Image
弥生美術館 マツオヒロミ展他2 nnemon2 06-26 1093 0