自動車

英国TOP3をTOYOTA HVが独占。モルガン・スタンレーのアナリスト、アダム・ジョナス氏「トヨタに謝らなければ」



先日、英国で人気の電動車が発表された。

運転免許庁(DVLA)と運輸省の2023年1月から9月までの新車登録データを分析した保険ブローカー「ハウデン」によるものだ。売り上げトップ5を見てみると、“電気自動車(EV)先進国”としては少々意外な結果となった。

1位:トヨタ ヤリス(ハイブリッド車〈HV〉) 51万8500台
2位:トヨタ プリウス(HV) 34万3507台
3位:トヨタ C-HR(HV) 29万6209台
4位:キア ニロ(HV) 28万8130台
5位:テスラ モデル3(EV) 27万3622台
(2024年3月22日付、英『エクスプレス』)

1位から4位がHVだったのだ。英国では、2035年からガソリン車とディーゼル車に加え、HV、プラグインハイブリッド車(PHV)の新車販売が禁止される。

国策により“EV先進国”として進んできた英国だが、近頃はその勢いに陰りが見られていることがここにも表れた。

・公共充電インフラが十分でない
・EVの価格が高止まりである
ことが理由だ。

トヨタ、HVで好調維持
英国で電動車売り上げトップ3を占めたトヨタは、以前からHVに投資してきた。投資家や環境保護団体に何といわれようが、EVは価格が高いので消費者が購入をためらうと考え、消費者にとって「現実的なソリューション」であるHVに注力してきた。トヨタの豊田章男会長は、「EVのシェアは30%でピークを迎え、残りは水素エンジン車と内燃機関車が占めるだろう」と2024年1月にも発言している。

HVの販売台数は2022年には260万台だったが、2023年は340~350万台となった。1年のうちに世界中でハイブリッドの需要が100万台近く増加したことになる。第3四半期のHVの販売数は「前年同期比47%増」の95万1000台となった。2025年頃までに「500万台に達する可能性が高い」と宮崎洋一副社長最高財務責任者(CFO)は話す。

同社は3月期の営業利益見通しを4兆5000億円から過去最高の4兆9000億円に上方修正した。そこには、(フル)HVの収益性の高さも影響している。

2024年1~2月の英国の新車登録では、・EV:15.8%
・PHV:7.9%
・HV:13.0%
のシェアだった(SMMT英自動車工業会)。

PHVはバッテリーが大きく価格が高いが、コンセントで充電ができ、電気だけでも数十km走行が可能である。HVは家庭で充電ができないが、車体の価格が安く、燃費がいい。

英国の経済専門日刊紙であるフィナンシャル・タイムズは、「トヨタがHVに賭けたのは最初から正しかったのか」と題した記事を掲載した(2024年2月26日)。

そこには、モルガン・スタンレーのアナリストであるアダム・ジョナス氏(同社マネージング・ディレクターとしてグローバル・オート&シェアード・モビリティ・リサーチをけん引)は、政府のアグレッシブな規制と消費者の好みを根拠に、HV市場がすぐに廃れるとしていたが、2024年2月になって「トヨタに謝らなければならない」と自身の予測の誤りを認めたとある。たしかに、EVが買えるかどうかは別として、CO2を減らすHVよりも「ゼロに近いEVこそ新しい、かっこいい」という空気があったように思う。米自動車購入者向け情報サイトエドマンズ(Edmunds)のインサイト部門の責任者、ジェシカ・コールドウェル氏も、消費者はHVが「セクシーともクールとも感じなかった」とする。

トヨタがHVを「CO2削減」「内燃エンジンの終焉(しゅうえん)を引き延ばす」という「いいとこ取り」と捉えていたのに対し、消費者はHVを「中途半端」と感じていたのかもしれない。

方向転換する他社
実際、多くのメーカーもEVを重視していた。

ゼネラル・モーターズは2024年1月、ほとんど製造していなかったPHVに取り組んでいくことを発表した。消費者がフル電力のEVを迎えるのに予想以上の時間がかかっている事実を認めたからである。

フォードの場合は、HVを「暫定的な技術」という認識で生産していたが、2024年の販売台数は、40%増で、2023年の2倍のペースになると発表した。フォードのジム・ファーレイ最高経営責任者(CEO)は2024年2月、投資家に向けて以下のように語った。

「フォードのデータから、多くのカスタマーにとってEVがはっきりとした到達地であることはわかっています。ですが、私たちが18か月前に予想していたよりも時間がかかりそうです」

それが「いつ」なのかについて、フィナンシャル・タイムズは、「より通勤距離が長く、ガソリンエンジンに強い愛着を抱く米国が、HVの寿命を決める主戦場になりそうだ」としている。

政権によって影響を受ける部分があるが、HV人気の高まりはある。

ロサンゼルス郊外に位置するロンゴ・トヨタ・ディーラーのダグ・エロー社長は、2023年の売り上げのうち、HVは42%を占めたという。2019年から2倍以上増加している。

「2024年は50%を軽く超えるだろう」という。最初はEVを検討しても、「結局はHVを選ぶ」客が多い。価格が安く、どこで充電するかという問題を気にしなくて済むからだ。

記事は、「いずれEVを所有するのは簡単になるだろうが、まだ時期ではない」というエロー社長の言葉で締めくくられる。ハイブリッド好調により、トヨタの株価は過去12か月で80%以上も上昇した。

「トヨタがHVに賭けたのは最初から正しかったのか」は、少なくともしばらくは正しいといえるだろう。

https://merkmal-biz.jp/post/62582
merkmal 2024年3月31日



영국 TOP3를 TOYOTA HV가 독점

영국 TOP3를 TOYOTA HV가 독점.몰간·스탠리의 어널리스트, 아담·죠나스씨 「토요타에 사과하지 않으면」



요전날, 영국에서 인기의 전동차가 발표되었다.

운전 면허청(DVLA)과 운수성의 2023년 1월부터 9월까지의 신차등록 데이터를 분석한 보험 브로커 「하우덴」에 의하는 것이다.매상 톱 5를 보면, “전기 자동차(EV) 선진국”으로서는 조금 뜻밖의 결과가 되었다.

1위:트요타야리스(하이브리드 차〈HV〉) 51만 8500대
2위:토요타 프리우스(HV) 34만 3507대
3위:토요타 C-HR(HV) 29만 6209대
4위:키아니로(HV) 28만 8130대
5위:테스라모델 3(EV) 27만 3622대
(2024년 3월 22 일자, 영 「익스프레스」)

1위에서 4위가 HV였던 것이다.영국에서는, 2035년부터 가솔린차와 디젤차에 가세해 HV, 플러그 인 하이브리드 차(PHV)의 신차판매가 금지된다.

국책에 의해“EV선진국”으로서 진행되어 온 영국이지만, 최근은 그 기세에 그늘을 볼 수 있고 있는 것이 여기에도 나타났다.

·공공 충전 인프라가 충분하지 않다
·EV의 가격이 상승이다
일이 이유다.

토요타, HV로 호조 유지
영국에서 전동차매상 톱 3을 차지한 토요타는, 이전부터 HV에 투자해 왔다.투자가나 환경보호 단체에 뭐라고 말해지든지, EV는 가격이 비싸기 때문에 소비자가 구입을 싶은 라고 생각해 소비자에게 있어서 「현실적인 솔루션」인 HV에 주력 해 왔다.토요타의 토요타 아키라남 회장은, 「EV의 쉐어는30%로 피크를 맞이해 나머지는 수소 엔진차와 내연기관차가 차지할 것이다」라고 2024년 1월에도 발언하고 있다.

HV의 판매 대수는 2022년에는 260만대였지만, 2023년은 340350만대가 되었다.1년 중에 온 세상에서 하이브리드의 수요가 100만대 가깝게 증가한 것이 된다.제3 4분기의 HV의 판매수는 「전년 동기비47%증가」의 95만 1000대가 되었다.2025년경까지 「500만대에 이를 가능성이 높다」라고 미야자키 요이치 부사장 최고 재무 책임자(CFO)는 이야기한다.

동사는 3월기의 영업이익 전망을 4조 5000억엔으로부터 과거 최고의 4조 9000억엔에 상향수정 했다.거기에는, (풀) HV의 수익성의 높이도 영향을 주고 있다.

2024년 12월의 영국의 신차등록에서는, ·EV:15.8%
·PHV:7.9%
·HV:13.0%
의 쉐어였다(SMMT영자동차공업회).

PHV는 배터리가 크게 가격이 비싸지만, 콘센트로 충전을 할 수 있어 전기만으로도 수십 km주행이 가능하다.HV는 가정에서 충전을 할 수 없지만, 차체의 가격이 싸고, 연비가 좋다.

영국의 경제 전문 일간지인 파이낸셜 타임즈는, 「토요타가 HV에 건 것은 최초부터 올발랐던 것일까」라고 제목을 붙인 기사를 게재했다(2024년 2월 26일).

거기에는, 몰간·스탠리의 어널리스트인 아담·죠나스씨(동사 마네이징·디렉터로서 글로벌·오토&쉐어드·모빌러티·리서치를 견인)는, 정부의 공격적인 규제와 소비자의 취향을 근거로, HV시장이 곧바로 쓸모없게 된다고 하고 있었지만, 2024년 2월이 되어 「토요타에 사과하지 않으면 안 된다」라고 자신의 예측의 잘못을 인정했다고 있다.분명히, EV를 살 수 있을지 어떨지는 별도로, CO2를 줄이는 HV보다 「제로에 가까운 EV야말로 새로운, 근사하다」라고 하는 공기가 있던 것처럼 생각한다.미 자동차 구입자를 위한 정보 사이트에드만즈(Edmunds)의 인 사이트 부문의 책임자, 제시카·콜드웰씨도, 소비자는 HV가 「섹시와도 쿨이라고도 느끼지 않았다」라고 한다.

타 `g요타가 HV를 「CO2 삭감」 「내연 엔진의 임종(임종)을 지연시킨다」라고 하는 「좋은 곳잡기」라고 파악하고 있던 것에 대해, 소비자는 HV를 「어중간」이라고 느끼고 있었을지도 모른다.

방향 전환하는 것 외 회사
실제, 많은 메이커도 EV를 중시하고 있었다.

제너럴 모터스는 2024년 1월, 거의 제조하지 않았던 PHV에 임해 가는 것을 발표했다.소비자가 풀 전력의 EV를 맞이하는데 예상 이상의 시간이 걸려 있는 사실을 인정했기 때문에이다.

포드의 경우는, HV를 「잠정적인 기술」이라고 하는 인식으로 생산하고 있었지만, 2024년의 판매 대수는,40%증가로, 2023년의 2배의 페이스가 된다고 발표했다.포드의 짐·퍼 레이 최고 경영 책임자(CEO)는 2024년 2월, 투자가에게 향해서 이하와 같이 말했다.

「포드의 데이터로부터, 많은 고객에게 있어서 EV가 분명히 한 도달지인 것은 알고 있습니다.그렇지만, 우리가 18개월 전에 예상하고 있었던 것보다도 시간이 걸릴 것 같습니다」

그것이 「언제」인가에 대해서, 파이낸셜 타임즈는, 「보다 통근 거리가 길고, 가솔린엔진에 강한 애착을 안는 미국이, HV의 수명을 결정하는 주전장이 될 것 같다」라고 하고 있어 .

정권에 의해서 영향을 받는 부분이 있다가, HV인기의 고조는 있다.

로스앤젤레스 교외에 위치하는 롱고·토요타·딜러의 다그·에로-사장은, 2023년의 매상 가운데, HV는42%를 차지했다고 한다.2019년부터 2배 이상 증가하고 있다.

「2024년은50%를 가볍게 넘을 것이다」라고 한다.처음은 EV를 검토해도, 「결국은 HV를 선택한다」손님이 많다.가격이 싸고, 어디서 충전하는가 하는 문제를 신경쓰지 않아도 되기 때문이다.

기사는, 「머지않아 EV를 소유하는 것은 간단하게 되겠지만, 아직 시기는 아니다」라고 하는 에로-사장의 말로 매듭지어진다.하이브리드 호조에 의해, 토요타의 주가는 과거 12개월에80%이상이나 상승했다.

「토요타가 HV에 건 것은 최초부터 올발랐던 것일까」는, 적어도 당분간은 올바르다고 말할 수 있을 것이다.

https://merkmal-biz.jp/post/62582
merkmal 2024년 3월 31일




TOTAL: 18021

番号 タイトル ライター 参照 推薦
18021
No Image
韓国車番号版で日本旅行 (1) avenger 00:44 42 0
18020
No Image
^ ^ (1) avenger 05-22 45 0
18019
No Image
米国 車種別販売台数 3ヶ月累計 (1) mackerel05 05-22 92 2
18018
No Image
2024 Hyundai Santa Fe Ca21 05-20 76 1
18017
No Image
F1 第7戦 Redbull HONDAが優勝 (2) JAPAV57 05-20 120 3
18016
No Image
アイオニック 5N 性能比較 ca21Kimochi 05-19 95 0
18015
No Image
スズキ『ジムニー 5ドア』に500台限定....... umiboze。 05-17 175 1
18014
No Image
丈夫な現代自動車 (31) Ca21 05-17 259 0
18013
No Image
【ランドクルーザー250 vs ラングラー....... umiboze。 05-17 163 0
18012
No Image
Benz S580 4matic急発推,14ゲエオバック不....... avenger 05-16 78 0
18011
No Image
アイオニック 6N 流出された ca21Kimochi 05-15 165 0
18010
No Image
豊田アルファードとレックソス LM は....... koko13 05-15 132 0
18009
No Image
現代アイオニック 5N 最高の電気車 ca21Kimochi 05-14 111 0
18008
No Image
現代自動車(単体)、1Q業績 (13) mackerel05 05-14 250 2
18007
No Image
現代営業利益率世界 1位になってしま....... (2) ca21Kimochi 05-13 135 0
18006
No Image
まぁまぁ太い釣り針 にゃんこ軽販....... (1) poyon 05-13 156 0
18005
No Image
1半期現代営業利益世界 2位登極 (4) ca21Kimochi 05-12 180 0
18004
No Image
2024年4月のノルウェー自動車販売 (3) JAPAV57 05-12 169 0
18003
No Image
2024年4月の中国自動車販売 (3) JAPAV57 05-12 189 0
18002
No Image
2024 アメリカ消費者評価は KIA > 豊田 (11) RichCa21 05-09 330 0