生活/文化




今日の夜は、私の街(東京都心部西部の、静かで、落ち着いた住宅地)の、秋祭り(秋に行われる祭り)に、彼女と、遊びに行きました。



アメリカや西ヨーロッパの国々では、どの街でも、少なくとも一つの、キリスト教の教会があると思いますが、それと同様に、日本では、どの街にも、一般的には、少なくとも、1つの、神道(Shinto)の神社(shrine)又は、仏教の寺、もしくは両方が存在します。こうした、神道(Shinto)の神社(shrine)と仏教の寺(特に、神道(Shinto)の神社(shrine))は、宗教と言うよりも、生活文化として、街の人々の生活の中に自然と溶け込んでいます。



もちろん、東京都心部の、私の街にも、神道(Shinto)の神社(shrine)があります。



日本人は、非常に、花火が、好きで、日本では、夏に、非常に多くの、花火大会(花火祭り)が開催されます。参考に、netで、軽く調べた所、去年(2017年に)、夏から初秋(秋の始め)にかけて、日本(日本全国)で、開催された、花火大会(花火祭り)は、1,000を超えていた様です。また、日本では、夏に、花火大会(花火祭り)以外の、通常の祭りも、非常に、たくさん開催されます(日本では、夏に開催される祭りの事を、夏祭りと言います)。例えば、私が暮らす、渋谷(shibuya)区(東京中心部(東京23区)を構成する23の区の内の一つ。東京中心部(東京23区)の西部に位置する)だけでも、(夏に、渋谷(shibuya)区内の各地域で、祭りが行われ)、7月の後半から8月にかけて、30近い、夏祭り(夏に開催される、祭り)が行われます。日本では、多くの女性が(特に、子供から、若い女性が)、夏から初秋にかけて、夏祭り(夏に開催される、花火大会(花火祭り)以外の、通常の祭り。ただし、夏祭りと、花火大会(花火祭り)の区分が曖昧な場合もある)と、花火大会(花火祭り)に、遊びに行く際に、浴衣(yukata)(夏用の、簡易な、着物(kimono)(日本の伝統衣装))を着ます。



夏祭り(夏に開催される、祭り)は、現代においては、神道(Shinto)の神社(shrine)以外の場所でも、たくさん開催されていますが、夏祭り(夏に開催される、祭り)は、伝統的には、一般的に、神道(Shinto)の神社(shrine)に関連する物であり、夏祭り(夏に開催される、祭り)は、現代においても、神道(Shinto)の神社(shrine)で、たくさん開催されています。


私の街の神社(shrine)の、最も、規模の大きな、祭りは、毎年、9月に行われる、秋祭り(秋に行われる祭り)です。普段は、とても静かな、私の街の神社(shrine)の境内(敷地内)ですが、毎年9月に、行われる、秋祭り(秋に行われる祭り)の日は、たくさんの屋台が建ち並び、賑やかとなります。


私は、子供の頃は、私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)を、毎年楽しみにしていました(ちなみに、私の実家(元々、私の母方の祖父母の家。既に、母方の祖父母とも亡くなり、現在は、両親が引き継いで暮らしている。ちなみに、私の母は、一人っ子)は、我が家の近所にあり、私は、私の街で、生まれ育ちました)。


ちなみに、私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)は、毎年9月に、2日続けて、行われます。


私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)は、(私も、そうでしたが)、一般的に、幼い頃、小学校低学年頃までは、親に連れて行って貰いますが、小学校中学年頃からは、友人同士で行き始めます。

また、中学生になると、(私も、そうでしたが)、引き続き、友人同士で、私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)に遊びに行くと共に、だいたい、仲が良い、女の子、又は、交際している女の子と、二人で、デート(date)でも、私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)に行く様になります。

日本では、中学生の場合(まあ、遊んでいる(clubで、夜遊び等している)高校生(高校時代の私も含むw)以外は、高校生の場合もそうですが)、(デート(date)する位)仲が良くなる女の子、又は、交際する女の子は、だいたい、同級生の(同じ学校で、同じclassの)女の子、又は、同じ学校に通う女の子であるので、中学生の頃(ちなみに、私は、私の母も卒業した、地元の、公立の中学校(渋谷(shibuya)区が運営する、公立の中学校の一つ)を卒業しています)、デート(date)で、私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)に行き、同級生(同じ学校で、同じclassの人達)、又は、同じ学校に通う、友人・知り合い等に出会うと(そもそも、地元の神社(shrine)であるので、小学生・中学生の頃、秋祭り(秋に行われる祭り)に、遊びに行けば、同級生(同じ学校で、同じclassの人達)、又は、同じ学校に通う、友人・知り合い等に会いまくりですw(頻繁に会います))、お互いに、からかったり、からかわれたり、それは、大変な物でしたw(それは、それで、思春期における、良い(楽しい)思い出となっていますw)。



中学生の時、初めて、浴衣(yukata)を着た女の子と、私の街の(前述の通り、実家は我が家の近所で、私は、私の街で生まれ育ちました)、神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り。毎年9月に行われます)に、デートで(二人きりで)行った時、何だか、男として、一段階、大人になれたような(成長出来たような)気分になりましたw


浴衣(yukata)(夏の、日本の、伝統衣装)は、日本の男性にとって、思い出に残る、青春時代の(中学生・高校生・大学生(又は、20代初め位の時まで)の時の)、女性の、衣装となっています。中学生・高校生・大学生(又は、20代初め位の時まで)の時(特に、中学生・高校生の時)、付き合った女性、又は、仲良くなった女性と、初めて、デート(date)で、夏祭り(夏の、お祭り)・花火大会(花火祭り)に行って、彼女の(又は、仲良くなった女性の)、浴衣(yukata)(夏の、日本の、伝統衣装)の姿を見るのは、ドキドキ(興奮)する物ですw

もちろん、大人になっ てから(22歳位、以降)も、付き合った女性、又は、仲良くなった女性と、初めて、デート(date)で、夏祭り(夏の、お祭り)・花火大会(花火祭り)に行って、彼女の(又は、仲良くなった女性の)、浴衣 (yukata)の姿を見て、美しいとは思いますが、ある意味、そうした事に、慣れてしまうと言うか、青春時代の時の(中学生・高校生・大学生(又は、20代 初め位の時まで)の時の)様な(特に、中学生・高校生の時の様な)、高揚感と言った物はなくなりますw。


ちなみに、浴衣(yukata)の女性とデートする時は、普段のデートに比べて、より一層、女性に対して、マメに気を遣う(女性に、細かい気配りを行う事も含む)事が必要です。例えば、デートの際には、女性の歩く速度に合わせて歩く必要がありますが、女性は、浴衣(yukata)を着ると、普段よりも、歩く速度が遅くなる事に特に留意する事等です。浴衣(yukata)は、現代(洋服)の軽い夏服に比べると、やはり、色々と大変な面がある服装です。男性は、女性が、浴衣(yukata)を着る事によって、洋服に比べて、物理的・心理的に大変な点を、さり気なく、スマートに、出来るだけカバーしてあげる事が必要です。せっかく、女性が、お洒落をして、浴衣(yukata)で来てくれているのだから、男性は、それ位の事をして当たり前です。


ちなみに、デートにおいて、女性に対して、マメに気を遣う(女性に、細かい気配りを行う事も含む)事は、出来て当たり前と言った事で(そんなに難しく考える必要はないと思います。私は、性格に、天然で、細かい事は気にしない、大雑把な面がありますがw(ちなみに、私の今の彼女も性格に同様な面があります)、そんな私でさえ、昔から(若い頃から)、自然に(自然体でスマートに)、出来ているのですから)、本当に大事なのは、その男性自身の魅力だと思います。それに関しては(自分自身の魅力と言う点に関しては)、私の、自己評価として、まだ修行中(まだ発展の余地は大いにあり)と言った感じです。


ちなみに、私は14歳の時(中学2年生の後半の時)、女性と交際し始めましたが、自分で言うのも何なんですが、男の子が早い時期から、しっかりと女の子と交際すると言うのは、男の子の精神的な自立や自己中心的でなく他人を思いやる心養う、早く精神的に大人になると言った教育面においても良い事だと思います。







写真以下8枚。今日の夜、私の街の、神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)に、彼女と遊びに行った際に撮影した、私の街の、神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)の風景例(主に、帰り際に、帰り道がてらに撮影)。



彼女は、今日は、浴衣(yukata)を着て、祭りに遊びに行きました。今日の東京の気候(気温)は、女性が、浴衣(yukata)を着て、祭りに遊びに行くのに、調度良い気候(気温)であったと思います。今晩は、まあ、雨は降らないと思ったのですが(実際に、降りませんでした)、元々、天気予報が晴れではなかった事と、最近の天候は、突然の集中豪雨等、分からない事から、私は、たとえ、突然の集中豪雨が来たとしても、(帰りの交通手段も含めて)、彼女が、出来る限り、濡れないように、我が家に帰って来れる為の対策を立てて行きました。


ちなみに、私の街の神社(shrine)に関してなのですが、年々、浴衣(yukata)で、祭りに遊びに来る女性は、減って来ているような感じです。残念な事ではありますが、まあ、浴衣(yukata)よりも、現代の洋服の方が楽ですからね。男性の皆さんは、女性が、安心して、浴衣(yukata)で、お洒落して、花火大会(花火祭り)・祭りデート(date)を楽しめるように、さり気なく、しっかりと相手の浴衣(yukata)の女性をエスコートしてあげましょう。



写真以下8枚。今日の夜、私の街の、神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)に、彼女と遊びに行った際に撮影した、私の街の、神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)の風景例(主に、帰り際に、帰り道がてらに撮影)。私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)は、毎年9月に、2日続けて、行われます。今年の、私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)は、今日と明日で行われます。秋祭り(秋に行われる祭り)の時には、普段は、静かな、私の街の、神社(shrine)の境内(敷地内)には、たくさんの、多くの種類の、食べ物等の屋台が立ち並び、賑やかな雰囲気となります。今日の夕食は、祭りの屋台で買った食べ物で済ませました。













写真は、狛犬(komainu)と言う、神道(Shinto)の神社(shrine)にある、像です。



































祭りから、我が家に買って帰って来た物。林檎飴。林檎飴(林檎を使っています)は、日本では、古くから、お祭りの屋台で、よく売られている、お菓子の一つとなっています。林檎飴は、子供と若い女性に人気が高い、お菓子となっています。左側は、Mickey Mouseの形の(絶対に、Disneyの許可はとっていない気がしますw)、小さな林檎の、林檎飴。右側は、苺milk、林檎飴です。二つ共、彼女用です。まあ、少しくらい、味見で、舐めさせて貰うつもりですがw







以下、おまけ。




二つ共、彼女用の、飲み物。左、ココナッツウォーター(coconut water)、右、オレンジ(orange)ベリー(berry)紅茶。







えびせん(ebisen)。日本で、古くから、人気のある、海老を使った、スナック(snack)菓子です。これは、シーフード(seafood )ピザ(pizaa)味の、えびせん(ebisen)です。








ヨーグルト(yoghurt)。ちなみに、我が家の、普段の朝食は、パン、シリアル(cereal)、野菜サラダ(salad)、3種類程の果物、牛乳、ジュース(juice)、ヨーグルト(yoghurt)と言った内容になっていますが、いつもがいつも、こんな、可愛いパッケージ(包装)の、ヨーグルト(yoghurt)を食べている訳ではありませんw












祭りの林檎飴




今日の夜は、私の街(東京都心部西部の、静かで、落ち着いた住宅地)の、秋祭り(秋に行われる祭り)に、彼女と、遊びに行きました。



アメリカや西ヨーロッパの国々では、どの街でも、少なくとも一つの、キリスト教の教会があると思いますが、それと同様に、日本では、どの街にも、一般的には、少なくとも、1つの、神道(Shinto)の神社(shrine)又は、仏教の寺、もしくは両方が存在します。こうした、神道(Shinto)の神社(shrine)と仏教の寺(特に、神道(Shinto)の神社(shrine))は、宗教と言うよりも、生活文化として、街の人々の生活の中に自然と溶け込んでいます。



もちろん、東京都心部の、私の街にも、神道(Shinto)の神社(shrine)があります。



日本人は、非常に、花火が、好きで、日本では、夏に、非常に多くの、花火大会(花火祭り)が開催されます。参考に、netで、軽く調べた所、去年(2017年に)、夏から初秋(秋の始め)にかけて、日本(日本全国)で、開催された、花火大会(花火祭り)は、1,000を超えていた様です。また、日本では、夏に、花火大会(花火祭り)以外の、通常の祭りも、非常に、たくさん開催されます(日本では、夏に開催される祭りの事を、夏祭りと言います)。例えば、私が暮らす、渋谷(shibuya)区(東京中心部(東京23区)を構成する23の区の内の一つ。東京中心部(東京23区)の西部に位置する)だけでも、(夏に、渋谷(shibuya)区内の各地域で、祭りが行われ)、7月の後半から8月にかけて、30近い、夏祭り(夏に開催される、祭り)が行われます。日本では、多くの女性が(特に、子供から、若い女性が)、夏から初秋にかけて、夏祭り(夏に開催される、花火大会(花火祭り)以外の、通常の祭り。ただし、夏祭りと、花火大会(花火祭り)の区分が曖昧な場合もある)と、花火大会(花火祭り)に、遊びに行く際に、浴衣(yukata)(夏用の、簡易な、着物(kimono)(日本の伝統衣装))を着ます。



夏祭り(夏に開催される、祭り)は、現代においては、神道(Shinto)の神社(shrine)以外の場所でも、たくさん開催されていますが、夏祭り(夏に開催される、祭り)は、伝統的には、一般的に、神道(Shinto)の神社(shrine)に関連する物であり、夏祭り(夏に開催される、祭り)は、現代においても、神道(Shinto)の神社(shrine)で、たくさん開催されています。


私の街の神社(shrine)の、最も、規模の大きな、祭りは、毎年、9月に行われる、秋祭り(秋に行われる祭り)です。普段は、とても静かな、私の街の神社(shrine)の境内(敷地内)ですが、毎年9月に、行われる、秋祭り(秋に行われる祭り)の日は、たくさんの屋台が建ち並び、賑やかとなります。


私は、子供の頃は、私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)を、毎年楽しみにしていました(ちなみに、私の実家(元々、私の母方の祖父母の家。既に、母方の祖父母とも亡くなり、現在は、両親が引き継いで暮らしている。ちなみに、私の母は、一人っ子)は、我が家の近所にあり、私は、私の街で、生まれ育ちました)。


ちなみに、私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)は、毎年9月に、2日続けて、行われます。


私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)は、(私も、そうでしたが)、一般的に、幼い頃、小学校低学年頃までは、親に連れて行って貰いますが、小学校中学年頃からは、友人同士で行き始めます。

また、中学生になると、(私も、そうでしたが)、引き続き、友人同士で、私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)に遊びに行くと共に、だいたい、仲が良い、女の子、又は、交際している女の子と、二人で、デート(date)でも、私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)に行く様になります。

日本では、中学生の場合(まあ、遊んでいる(clubで、夜遊び等している)高校生(高校時代の私も含むw)以外は、高校生の場合もそうですが)、(デート(date)する位)仲が良くなる女の子、又は、交際する女の子は、だいたい、同級生の(同じ学校で、同じclassの)女の子、又は、同じ学校に通う女の子であるので、中学生の頃(ちなみに、私は、私の母も卒業した、地元の、公立の中学校(渋谷(shibuya)区が運営する、公立の中学校の一つ)を卒業しています)、デート(date)で、私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)に行き、同級生(同じ学校で、同じclassの人達)、又は、同じ学校に通う、友人・知り合い等に出会うと(そもそも、地元の神社(shrine)であるので、小学生・中学生の頃、秋祭り(秋に行われる祭り)に、遊びに行けば、同級生(同じ学校で、同じclassの人達)、又は、同じ学校に通う、友人・知り合い等に会いまくりですw(頻繁に会います))、お互いに、からかったり、からかわれたり、それは、大変な物でしたw(それは、それで、思春期における、良い(楽しい)思い出となっていますw)。



中学生の時、初めて、浴衣(yukata)を着た女の子と、私の街の(前述の通り、実家は我が家の近所で、私は、私の街で生まれ育ちました)、神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り。毎年9月に行われます)に、デートで(二人きりで)行った時、何だか、男として、一段階、大人になれたような(成長出来たような)気分になりましたw


浴衣(yukata)(夏の、日本の、伝統衣装)は、日本の男性にとって、思い出に残る、青春時代の(中学生・高校生・大学生(又は、20代初め位の時まで)の時の)、女性の、衣装となっています。中学生・高校生・大学生(又は、20代初め位の時まで)の時(特に、中学生・高校生の時)、付き合った女性、又は、仲良くなった女性と、初めて、デート(date)で、夏祭り(夏の、お祭り)・花火大会(花火祭り)に行って、彼女の(又は、仲良くなった女性の)、浴衣(yukata)(夏の、日本の、伝統衣装)の姿を見るのは、ドキドキ(興奮)する物ですw

もちろん、大人になっ てから(22歳位、以降)も、付き合った女性、又は、仲良くなった女性と、初めて、デート(date)で、夏祭り(夏の、お祭り)・花火大会(花火祭り)に行って、彼女の(又は、仲良くなった女性の)、浴衣 (yukata)の姿を見て、美しいとは思いますが、ある意味、そうした事に、慣れてしまうと言うか、青春時代の時の(中学生・高校生・大学生(又は、20代 初め位の時まで)の時の)様な(特に、中学生・高校生の時の様な)、高揚感と言った物はなくなりますw。


ちなみに、浴衣(yukata)の女性とデートする時は、普段のデートに比べて、より一層、女性に対して、マメに気を遣う(女性に、細かい気配りを行う事も含む)事が必要です。例えば、デートの際には、女性の歩く速度に合わせて歩く必要がありますが、女性は、浴衣(yukata)を着ると、普段よりも、歩く速度が遅くなる事に特に留意する事等です。浴衣(yukata)は、現代(洋服)の軽い夏服に比べると、やはり、色々と大変な面がある服装です。男性は、女性が、浴衣(yukata)を着る事によって、洋服に比べて、物理的・心理的に大変な点を、さり気なく、スマートに、出来るだけカバーしてあげる事が必要です。せっかく、女性が、お洒落をして、浴衣(yukata)で来てくれているのだから、男性は、それ位の事をして当たり前です。


ちなみに、デートにおいて、女性に対して、マメに気を遣う(女性に、細かい気配りを行う事も含む)事は、出来て当たり前と言った事で(そんなに難しく考える必要はないと思います。私は、性格に、天然で、細かい事は気にしない、大雑把な面がありますがw(ちなみに、私の今の彼女も性格に同様な面があります)、そんな私でさえ、昔から(若い頃から)、自然に(自然体でスマートに)、出来ているのですから)、本当に大事なのは、その男性自身の魅力だと思います。それに関しては(自分自身の魅力と言う点に関しては)、私の、自己評価として、まだ修行中(まだ発展の余地は大いにあり)と言った感じです。


ちなみに、私は14歳の時(中学2年生の後半の時)、女性と交際し始めましたが、自分で言うのも何なんですが、男の子が早い時期から、しっかりと女の子と交際すると言うのは、男の子の精神的な自立や自己中心的でなく他人を思いやる心養う、早く精神的に大人になると言った教育面においても良い事だと思います。







写真以下8枚。今日の夜、私の街の、神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)に、彼女と遊びに行った際に撮影した、私の街の、神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)の風景例(主に、帰り際に、帰り道がてらに撮影)。



彼女は、今日は、浴衣(yukata)を着て、祭りに遊びに行きました。今日の東京の気候(気温)は、女性が、浴衣(yukata)を着て、祭りに遊びに行くのに、調度良い気候(気温)であったと思います。今晩は、まあ、雨は降らないと思ったのですが(実際に、降りませんでした)、元々、天気予報が晴れではなかった事と、最近の天候は、突然の集中豪雨等、分からない事から、私は、たとえ、突然の集中豪雨が来たとしても、(帰りの交通手段も含めて)、彼女が、出来る限り、濡れないように、我が家に帰って来れる為の対策を立てて行きました。


ちなみに、私の街の神社(shrine)に関してなのですが、年々、浴衣(yukata)で、祭りに遊びに来る女性は、減って来ているような感じです。残念な事ではありますが、まあ、浴衣(yukata)よりも、現代の洋服の方が楽ですからね。男性の皆さんは、女性が、安心して、浴衣(yukata)で、お洒落して、花火大会(花火祭り)・祭りデート(date)を楽しめるように、さり気なく、しっかりと相手の浴衣(yukata)の女性をエスコートしてあげましょう。



写真以下8枚。今日の夜、私の街の、神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)に、彼女と遊びに行った際に撮影した、私の街の、神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)の風景例(主に、帰り際に、帰り道がてらに撮影)。私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)は、毎年9月に、2日続けて、行われます。今年の、私の街の神社(shrine)の秋祭り(秋に行われる祭り)は、今日と明日で行われます。秋祭り(秋に行われる祭り)の時には、普段は、静かな、私の街の、神社(shrine)の境内(敷地内)には、たくさんの、多くの種類の、食べ物等の屋台が立ち並び、賑やかな雰囲気となります。今日の夕食は、祭りの屋台で買った食べ物で済ませました。













写真は、狛犬(komainu)と言う、神道(Shinto)の神社(shrine)にある、像です。



































祭りから、我が家に買って帰って来た物。林檎飴。林檎飴(林檎を使っています)は、日本では、古くから、お祭りの屋台で、よく売られている、お菓子の一つとなっています。林檎飴は、子供と若い女性に人気が高い、お菓子となっています。左側は、Mickey Mouseの形の(絶対に、Disneyの許可はとっていない気がしますw)、小さな林檎の、林檎飴。右側は、苺milk、林檎飴です。二つ共、彼女用です。まあ、少しくらい、味見で、舐めさせて貰うつもりですがw







以下、おまけ。




二つ共、彼女用の、飲み物。左、ココナッツウォーター(coconut water)、右、オレンジ(orange)ベリー(berry)紅茶。







えびせん(ebisen)。日本で、古くから、人気のある、海老を使った、スナック(snack)菓子です。これは、シーフード(seafood )ピザ(pizaa)味の、えびせん(ebisen)です。








ヨーグルト(yoghurt)。ちなみに、我が家の、普段の朝食は、パン、シリアル(cereal)、野菜サラダ(salad)、3種類程の果物、牛乳、ジュース(juice)、ヨーグルト(yoghurt)と言った内容になっていますが、いつもがいつも、こんな、可愛いパッケージ(包装)の、ヨーグルト(yoghurt)を食べている訳ではありませんw













TOTAL: 610

番号 タイトル ライター 参照 推薦
450 自信をつけたいと頑張るから jlemon 2018-10-01 2372 0
449 一昨日の夕食等 jlemon 2018-10-01 1866 0
448 北欧料理 (2) jlemon 2018-09-29 3045 1
447 幸せに楽に生きるには (5) jlemon 2018-09-28 3391 0
446 スウェーデン刺繍 jlemon 2018-09-27 2794 1
445 ミラーニューロン jlemon 2018-09-27 4900 1
444 日光ハイキング jlemon 2018-09-24 1913 1
443 グラスホッパーの作り方 (1) jlemon 2018-09-23 3012 1
442 祭りの林檎飴 (5) jlemon 2018-09-22 1879 1
441 The Beatles - Something(追加動画あり) (1) jlemon 2018-09-22 2858 0
440 Perfume新曲 (1) jlemon 2018-09-22 2694 0
439 好きになってもらうように仕掛ける事はできる? (2) jlemon 2018-09-21 4159 0
438 東京ディズニーランドの食べ物例 (5) jlemon 2018-09-21 3021 0
437 秋の味覚(松茸)(投稿文閲覧注意)w (13) jlemon 2018-09-20 2525 0
436 J-pop:安室奈美恵-「Baby Don't Cry 」 jlemon 2018-09-19 1564 0
435 最後の恋にしようと思えた女性の特徴 (5) jlemon 2018-09-16 5197 0
434 沖縄(okinawa)海想(kaiso) jlemon 2018-09-15 1966 0
433 イケメンとばかり付き合う女子の本音w jlemon 2018-09-14 2617 0
432 東京 jlemon 2018-09-13 1985 0
431 J-pop:frederic(フレデリック) jlemon 2018-09-13 1959 0