生活/文化

 

 


Firefox以外で、この投稿の写真が見られない場合は、Firefoxで、ご覧下さい。


以下、最近の投稿且つ参考の投稿

種を蒔く人・育てる人→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2916685?&sfl=membername&stx=nnemon


以下、「」内。私の前の投稿文より。。。

「東京都心部の西部の静かで落ち着いた住宅地にある、我が家の近所の、私の実家は、元々、私の母方の祖父母の家で(ちなみに母は、一人っ子です)、現在は、両親が引き継いで暮らしています。既に、母方の祖父母共に、亡くなっています。

我が家の近所の私の実家の、私の父は、会社員で(父は、既に、半分定年退職状態になってから久しいですが)、私の母は、父と結婚してから、アルバイトを含めて、仕事を、一切した事がない専業主婦です。

私には、兄弟姉妹は、2歳年下の弟が一人います。私の弟は、外資系の会社員で、既に、結婚をし、(まだ、二人共、幼いですが)子供が2人いて(男の子(上)が1人と、女の子(下)が1人)、弟の家族(妻・子供)と共に、東京の西部郊外の、静かで落ち着いた住宅地に買った、一戸建て住宅に、暮らしています。

弟の、奥さん(妻)(ちなみに、弟の、奥さん(妻)は、弟よりもかなり年下です)は、結婚する前は、四年制の大学を卒業した後、服(ファッション)関係の、会社で、会社員として働いていましたが、結婚してからは、主婦となりました。

私は、会社員と比べて、相対的に、安定的ではなく、相対的に、ビジネスにおいて危険性が高いが、相対的に、自分で自分の時間を自由に管理する事が出来、又、自分の才能・仕事の能力・仕事の効率性・努力が、自分の収入に直結する(直接繋がる)、個人事業の道を選びました。

私は、普通の中流層・庶民層なのですが、私は、基本的には、自分が、与えられた環境の中で、自分の能力の範囲内で、出来得る限り生き(ここで言う、出来得る限り生きとは、自分の能力の限界を知り、自分の幸福の為に、自分の努力の落とし所を知ると言う意味も含まれます)、自分が稼いだお金で、出来得る限りの、幸せな生活をしている(幸せな人生を生きている)と言う、自信があります。」


以下、前に行った以下の投稿から抜粋して来た物です。

芸者(geisha)と遊女(yuujyo)→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2523686/page/25?&sfl=membername&stx=jlemon




写真は、借り物(写真の作者:Japanexperterna)。芸者(geisha)。舞踊等で、客を持て成す、日本の、古くからある、伝統的な職業の、女性。外国では、混同される事もあるが、遊女(yuujyo)(日本の、伝統的な、売春婦)とは、あくまで、区別される。遊女(yuujyo)は、売春婦であるのに対し、芸者(geisha)は、宴会(party)の席等で、客を持て成す、日本の、伝統的な職業の、女性(愛人関係等、客と、男女(男と女)の関係等になる事はあるが、それは、芸者(geisha)としての職業の範囲外での話)。


以上、前に行った投稿から、抜粋して来た物でした。


以下、前に行った以下の投稿から抜粋して来た物です。

お金で幸せを買う方法他→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2848502?&sfl=membername&stx=nnemon


以下、前に行った投稿から抜粋して来た物です(以下の4人の人物の説明は、wiki等を参考にしています)。



写真は、借り物。松方 正義(matsukata masayoshi)。1835年生まれ。1924年に亡くなる。身長は、172cmと、当時の、男性としては、比較的、長身であった。日本の、有名な、政治家・貴族(公爵)(鹿児島(kagoshima)県(九州(kyusyu)(日本の南部)の南部に位置する県)の、侍(samurai)系の貴族)。松方 正義(matsukata masayoshi)も、伊藤 博文(itou hirobumi)に負けず劣らず(と言うか、伊藤 博文(itou hirobumi)に勝る程の)、非常に、女好き(女が好き)として知られ、伊藤 博文(itou hirobumi)とは、女好き(女が好き)と言う、共通の性格から、話が合い、私生活においても、よく交流していた様です。松方 正義(matsukata masayoshi)は、妻以外の、子供も含めて、26人の子供(男の子15人、女の子11人)がいて(最後の子供は、松方 正義(matsukata masayoshi)が、69歳の時に、愛人(妻以外に、交際している女性)との間に出来た子供)、少なくとも、金銭面においては、全ての、子供の面倒を、しっかりと見ていた様です(全ての、子供の世話を、しっかりとしていた様です)。松方 正義(matsukata masayoshi)は、或る日、天皇から、何人、子供がいるのかと尋ねられたが、咄嗟に(すぐに)、思い出せず、「後日調査の上、御報告申し上げます(調査をしてから、後日、報告します)」と答えたと言う逸話(anecdote)が残っています。


写真は、借り物。柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)。1850年生まれ。1894年に亡くなる。日本の貴族(侯爵)。大正(taisho)天皇(日本の、第123代の天皇。1879年生まれ。1926年に亡くなる)の、伯父。伊藤 博文(itou hirobumi)と、愛人(妻以外に交際する女性)として、当時、16歳であった、芸者(geisha)を奪い合い、結局、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)が勝ち、その、芸者(geisha)と交際する事になった。



写真は、借り物。柳原 白蓮(yanagihara byakuren)。1885年生まれ。1967年に亡くなる。東洋英和(toyoeiwa)女学院(1884年創立の、日本の、私立の、女子小学校・女子中学校・女子高校(生徒が、女性だけの、小学校・中学校・高校)・女子大学(生徒が、女性だけの大学))を、卒業。日本の、女性、歌人(日本の、伝統的な詩(poetry)の、詩人)。前述の通り、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)と、伊藤 博文(itou hirobumi)は、愛人(妻以外に交際する女性)として、当時、16歳であった、芸者(geisha)を奪い合い、結局、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)が勝ち、その、芸者(geisha)と交際する事になったのですが、その芸者(geisha)と、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)の間に生まれた娘が、柳原 白蓮(yanagihara byakuren)です。


写真は、借り物。伊藤 博文(itou hirobumi)。1841年生まれ。1909年に亡くなる。日本の、有名な、政治家。貴族(公爵)(山口(yamaguchi)県(日本の西部に位置する県)の、侍(samurai)系の貴族)。以下、伊藤 博文(itou hiribumi)に関する説明は、wiki等を、参考にしました。伊藤 博文(itou hirobumi)は、韓国の方は、ご存じの通り、歴史的な経緯等から、韓国では、悪名が高い人物です(悪い意味で、有名な人物です)。以下、おそらく、韓国では、あまり知られていない、日本国内における、伊藤 博文(itou hirobumi)について、少し、紹介したいと思います。伊藤 博文(itou hirobumi)は、私生活においては、非常に、女好き(女が、好き)として有名で、非常に、たくさんの愛人(妻以外に、交際している女性)がいた様です(愛人(妻以外に、交際している女性)は、数え切れない程いた様です)。40度の熱が出て、うなされていた時(意識が薄らいでいた時)も、両側に、二人の、芸者(geisha)を、付き添わせていた様です。伊藤
博文(itou hirobumi)は、女性の、教育に、とても熱心で、「女子教育奨励会創立委員会」を創設し、日本の、女性の教育の、推進に、熱心に取り組みました。東京女学館(1888年に開校。東京にある、私立の、女子小学校・女子中学校・女子高校(生徒が、女性だけの、小学校・中学校・高校)・女子大学(生徒が、女性だけの大学)。学生数の、減少により、大学は、2016年に閉鎖)を、自ら、創立すると共に、他の、日本の、私立の、女子大学(生徒が、女性だけの大学)を、創立しようとする人々も、熱心に支援しました。伊藤 博文(itou hirobumi)は、最高位の、貴族(公爵)で、とても、お金持ちでしたが(おそらく。。。)、衣食住(着る物(衣服)と、食べる物(食事)と、住まい(住居・家))には、頓着しない性格であった(質素・粗末であっても、全く、構わない性格であった)様です。伊藤 博文(itou hirobumi)と親しく交流していた、貴族・政治家は、伊藤 博文(itou hirobumi)の家に、食事に招かれても、質素・粗末な食事ばかりで、当惑・苦労した様です。また、物にも執着せず、他人から、非常に高価な、希少な(珍しい)品物を、貰っても、惜しげもなく、他人に譲ってしまうような性格であった様です。

伊藤 博文(itou hirobumi)の、女好き(女性が好きな事)は、当時から非常に有名であり、伊藤 博文(itou hirobumi)は、女性と、よく遊ぶことから「箒(ほうき)」(女が掃いて捨てる程いたため)と言う、あだ名がつけられました。伊藤 博文(itou hirobumi)は、地方に行った際には、それぞれの地方の、一流の芸者(geisha)ではなく、二流・三流の、芸者(geisha)を、よく指名していたと言われます。これは、伊藤 博文(itou hirobumi)の、「その土地々々(それぞれの土地・それぞれの地方・地域)の一流の芸者(geisha)は、地元の有力者が後ろ盾にいる。そういう人間と揉め事を起こさないようにするには、一流ではない芸者(geisha)を指名する必要がある」と言う論理による物です。


以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。



ちなみに、今まで、投稿で何回も書いていますが、私の、父方の祖父は、地方の有力者と、その地方の有力者と、愛人関係であった(その地方の有力者の、妻以外に交際している女性であった)、地方の芸者(geisha)(一応、地元では、美人で、評判であった(有名であった)芸者(geisha)の様ですw)との間に生まれた、私生児(結婚関係の無い者の間に生まれた子供)です(私の父方の祖父は、養子(adopted child)に出されました)。

したがって、芸者を水商売の女性とすれば、私の父は、4分の1、私と私の弟は、8分の1、水商売の女性の血が流れているというw



以下、前に行った以下の投稿から抜粋して来た物です。

妻が夫の容姿に惚れ夫が優しければ夫婦円満説→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2843289/page/6?&sfl=membername&stx=nnemon


以下、前に行った様々な投稿から抜粋して来た物です。


私は、学生の頃(高校生・大学生の頃)、おそらくチャラチャラしていた事もあってw、芸能人・モデル事務所の人からスカウトの声がかけられていたのですが、母も女子大生の時、一応、芸能人・モデル事務所の人からスカウトの声がかかっていたそうですw(母方の祖父は穏やかで温和な性格であったのですが、当時、母にそれだけはやめてくれと言っていたそうでw、母は、母方の祖父に従って、断っていたそうです)。

私の母は、昔から(私が子供の頃から)、「母親である前に女」であるような女性ですw

私は、顔は、母よりも、父に似ており、私の弟は、父と母、両方に似ているとも言えるし、父と母、どちらにも似ていないとも言える顔です。

私と、私の母との関係は、私の母にとって、私は、昔から、自分の好みのタイプのルックス(外貌)の(私は、顔は、母よりも父に似ているのですが、私の父と母は、父の顔を見て、一目惚れした私の母が、父に対して、猛烈にアプローチ(誘惑)しての、バリバリの恋愛結婚ですw)、何でも、気楽に話せる、気の合う男友達と言った感じで、私の母は、昔から、自分の恋愛話でも何でも、自分の事は、何でも、バンバン私に話して来ていますw これに対して、私の母は、私の弟に対しては、昔から、態度を使い分けて来ていると言った感じで、弟に対しては、自分の話を、何でもすると言う訳ではなく(弟に対しては、自分の、女性である面を見せようとせず)、昔から、相対的に、母親の顔をしようとして来ている感じです。

私は個人的に少なからぬ女性経験はありますがw(済みません。私は昔は(若い頃は)、ワルでした)、前述の通り、母自身、何も考えていないと言うか、母自体がチャラチャラしている面があり、男の子は、ある程度、遊んだ方が良い・やんちゃした方が良い位に、思っていた節があり、又、変な話かもしれませんが、私の母は、私に関して、自分が惚れた男性との間に産んだ自分の息子(私)の女性関係・女性遍歴に関して、昔から、まんざらでもないと思って来た・誇りに思って来たような面もある感じもしますw


私の父は、私が子供の頃・若い頃は、典型的な、仕事人間・会社人間と言った感じで、土・日・祝日や休暇時期に、子供(私及び弟)を積極的に遊びに連れていったり・子供(私及び弟)と積極的に遊んだりして、子供(私及び弟)の思い出作りには、出来るだけ協力するが、子供(私及び弟)の教育に関しては、妻である私の母に全て任せて、自分は(私の父は)、子供(私及び弟)の教育に関して、一切、関与する事はなく、(父は、私及び私の弟が子供の頃は、子供(私及び弟)の事は好きで、一緒に遊ぶのは楽しいが)、子供の教育に関しては面倒くさいので何も考えないと言った感じの、ある意味、子育てに関して自己中心的な面があった男性でした。

父は、私が幼い頃・子供の頃、私と、よく遊んでくれましたが、父は、私の弟に関しては、長男である私と遊ぶので、子供と遊ぶのは飽きてしまったと言った感じもありましたw(前述の通り、私の父は、ある意味、子育てに関して自己中心的な面があった男性です)。これに対して、弟は、幼い頃・子供の頃は、甘えん坊で(今でも、私の弟は、性格に甘えん坊な面がある様な気がします)、私の母に、べったりと言った感じで、(弟が、幼い頃・子供の頃は)、私の母に、よく甘えており、母も、弟が、幼い頃・子供の頃、弟に対して、よく甘えさせて、相対的に、しっかりと母親をしていた感じですw



私の父(会社員)は、既に、半分定年退職状態になって久しいですが、バリバリ働いていた時に、会社の接待で、銀座(ginza)のクラブ(ここで言うクラブとは、いつも、私が投稿・レスで使用しているクラブとは違う意味で、キャバクラ(kyabakura)と同様と考えて下さい。私は、そうした世界は詳しくないので、おそらく)を利用していて、今でも、銀座のクラブのママ等と、メールの、やり取りくらいは、続いているようです。

父は、半分定年退職状態になってから、一度、銀座のクラブのママとゴルフに行った事があるようです。その際に、母は、どの様に父をゴルフに送り出したのか分からないですが、私が推測するに、父は、とことん母の事を大切にして来たと言う実績があるが故に、母は、おそらく、(内心、心地よく送り出したかどうか分かりませんが)、表面的には、明るい笑顔で、行ってらっしゃいと言って送り出したと思います。

ちなみに、私の父(会社員)は、(既に、半分定年退職状態になって久しいですが)、バリバリ働いていた時には、父専用の、会社の運転手付きの自動車が用意されていたのですが、私の母、実家暮らしの学生の頃の私と弟は、空港から家まで等、父専用の、会社の、運転手付きの自動車を私用で使わせて貰っていて、母も、私も、弟も、運転手さんと親しくなっていましたが、今の日本の社会では、そう言う事は減って来ているのかもしれませんね。




動画は、借り物。銀座(ginza)のクラブ(ここで言うクラブとは、いつも、私が投稿・レスで使用しているクラブとは違う意味で、キャバクラ(kyabakura)と同様と考えて下さい。私は、そうした世界は詳しくないので、おそらく)の、ホステス(hostess)に聞いた、デキる男の特徴。

ちなみに、私は、昔から(若い頃から)、キャバクラ(kyabakura)には、全く、興味がなく、キャバクラ(kyabakura)は、仕事の取引先の方と、東京都心の繁華街の、キャバクラ(kyabakura)に、何度か、訪れた事があるだけです(私生活において、キャバクラ(kyabakura)を訪れる気には、全くなりません)。

私は、学生の頃、外見を派手に飾り立てていて、また、年齢も若かった事もあって、街を歩けばホストのスカウトの声がかかったりしてました(ちなみにホストなんて絶対やる気がしませんでしたw)。また、芸能人・モデル(model)事務所の人から、スカウトの声をかけられる事もありましたが、その様な世界は、興味がなかった為、全て、断っていました(私は、普段、歩く時等背筋を伸ばして姿勢に気を付けている為等もあってか、身長が実際よりも高く見られ、長身に(身長は180cm位あるように)見られる事も少なくありませんが、身長は176cmから177cmで、モデル(model)としては、身長が物足りないと思いますし、俳優をするにしても、(そもそも、演技なんてした事ないですが)、演技なんて出来ないと思います。何れにしても、その様な世界に入っても、成功しないまま、無駄な時間を費やして、ストレスだけ抱えて、芸能人・モデル(model)事務所をやめて終わったと思いますw また、そもそも、芸能人・モデル(model)事務所を名乗っていても、詐欺だったのかもしれませんし。。。)。

ちなみに、最近の私の健康診断における、身長は177.5cm程です。これは、おそらく、午前中に健康診断を受けている為であると思います。人間と言う物は、おそらく、朝と夜とでは、身長が異なる事から、たぶん、夜、寝る前に身長を測ったら、私の身長は、健康診断の時に測られた身長よりも、1cm位、低くなるのではないでしょうか。私は、投稿の際に、自分の身長について、176cmから177cm位と、曖昧な書き方をしているのは、その為です。

以下、参考の投稿。
大きくなったらあなたの身長はどのくらいになる? →
/jp/board/exc_board_11/view/id/2734688/page/2?&sfl=membername&stx=jlemon


当時、とても、よく一緒に遊んでいたイケメンの私の疑似的な弟と言った感じの親友と、夜の繁華街を、二人で歩いていると、キャバクラの、客引きの男性達が、(私達が通ると)、「こいつ等は、キャバクラで、ホステスから金を巻き上げられるよりも、ホストとして、ホストクラブに客として来た、ホステスから金を巻き上げる方だろう」と言った感じで、一歩、後ずさったりしていました。

その親友に関しては、以下の投稿を参照して下さい。
友人エピソード集3→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2696382?&sfl=membername&stx=jlemon


以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。



以下2つ。今、you tubeで、適当に、「一夫多妻」で検索して出て来た動画で、見てみた動画です。





動画は、借り物。この動画作成者の動画は、初めて見ました。









動画は、借り物。この動画作成者の動画は、この動画を含めて、今までに、kjで紹介した物しか見ていません。








以下の動画は、前に投稿で紹介した動画の関係で、you tubeでお勧めの動画として出て来た動画で、今、ちょっと見てみた動画です。ちなみに私は、DaiGo(メンタリスト)の話の動画は、この投稿で紹介している動画を含めて、ほぼほぼ、今までに、kjで紹介した物しか見ていません。


男の夢【一夫多妻】の真実(6月11日にアップされた動画の様です)→
https://youtu.be/Zo-NwtoVx-w



以下、基本的には(リンクを付けた参考の投稿を新しい投稿に変えていたりしています)、前に行った投稿から、抜粋して来た物です。ちなみに、私は、中野信子さんの話の動画は、下の動画を含めて、今までに、kjでアップした19個以外見ていません。





動画は、実質的に35分30秒までです。以降は、同じ内容の繰り返し。

上の動画で、中野 信子(nakano nobuko)の話相手の男性が、吉永小百合(女優)さんの事を、物凄く頭が良いと言っていますが、私は、吉永 小百合について詳しくないので、間違っていたら申し訳ありませんが、吉永 小百合さんは、とても優秀な方だと思いますが、天才型の人ではないんじゃないかと思います。


上の動画で、中野 信子(nakano nobuko)の話相手の男性が、少女的なアイドルに夢中になっているという話をしていますが、私は、いい年した中年の男性が、少女的なアイドルに夢中になる(ファンになる)と言う事が、個人的には、理解が出来ません。

私は小学生の時は、高学年になっても、まだ性欲には目覚めていなかったのですが、小学校中学年頃から、異性に目覚めている部分はあり、小学校中学年の頃から高校の頃まで(特に小学校高学年から中学生の頃まで)、中山 美穂(nakayama miho)が好きでした。中山 美穂(nakayama miho)は、私が、生まれて、初めて好きになった、女性、芸能人の一人です。

私は、小学校の頃は、同じ小学校に通う、同じclassの女の子・同学年の女の子のような、同年代の、子供の女の子達には興味は示さず、中山 美穂(nakayama miho)のような、当時、小学生の頃の私から見たら、十分に、大人に見える、女性、芸能人の事が好きでしたw(中山 美穂(nakayama miho)は、当時、私が、一番、好きな、女性、芸能人でした。。。と言うか、前述の通り、私は、当時、同じ小学校に通う、同じclassの女の子・同学年の女の子のような、同年代の、子供の女の子達には興味は示さなかったので、中山 美穂(nakayama miho)は、当時、実質的に、私が、異性として、一番、好きな女性でしたw)。

ちなみに、私が、初めて女性と交際したのは、中学2年生の後半(14歳)の時です。

私は、高校生になると、身近な(自分の周囲の)女性達に夢中になり、女性、芸能人自体に、それ程、興味を持たなくなり、好みの女性のタイプも変化したので、だんだんと、中山 美穂(nakayama miho)のファン(fan)でなくなって行きました。

私は、同年代の頃(中学生・高校生の頃)の私ならば、中学生・高校生の少女に、もちろん女性としての魅力を感じましたが、個人的に、もう大人の男性(と言うか、おじさん)の、私は、中学性・高校生のような少女(年齢は関係なく、中学性・高校生のような外貌の女性(申し訳ありません。私の個人的な好みの問題です)を含む)は、子供としてしか見る事が出来なくて、女性として見る事が、全く、出来ません(女性としての魅力を感じる事が、全く、出来ません)。

以下、「」内。前の、TOKIOの山口達也さんの事件に関する他の方の投稿の私のレスから抜粋して来た物です。

「私は、少なくとも女子高生らしい女子高生は子供としてしか見られなく女性として見る事が出来ませんが、年齢は関係なく、中学性・高校生のような外貌の女性(申し訳ありません。私の個人的な好みの問題です)は、女性として見る事が、全く出来ません(女性としての魅力を感じる事が全く、出来ません)。

性の対象として女子高生を異常に求めると言った性癖は、一種、病気のような物で、かわいそうでもあるのかな。。。私は、山口達也さんに詳しくないけど、少年の頃から、大人の世界の芸能界で忙しく働いて、自分が男として未完成の中学生・高校生時代に、同世代の(中学生・高校生の)女の子達と十分に遊ぶ事が出来なくて潜在的に満たされていなかった(その点だけ何だか人生穴が開いた感じになっていた)事等が、そっち方面に走ってしまったきっかけなのかな。」

上の動画の、中野 信子(nakano nobuko)の話相手の男性については、私は、全く詳しくないのですが、上の動画の、中野 信子(nakano nobuko)の話相手の男性は、東大(東京大学)卒業のようですが(上の、中野 信子(nakano nobuko)の話の動画から推測するに)、中学・高校時代に、勉強ばかりしていて、中学生・高校生時代に、同世代の(中学生・高校生の)女の子達と十分に遊ぶ事が出来なくて潜在的に満たされていなかった(その点が何だか人生穴が開いた感じになっていた)事等から、いい年した中年の男性になってから(又は、いい年した中年の男性になっても)、少女的なアイドルに夢中になっていると言う事が、もしかしたら、あるのかもしれませんねw


上の動画で、中野 信子(nakano nobuko)は、人間の男性は、2種類の男性がいると言っています。(遺伝子を)バラまく系の男性と、(子供を)育てる系の男性です。中野 信子(nakano nobuko)の話によれば、(子供を)育てる系の男性は、どうやって繁殖しているのかと言うと、女性の子育てを手伝って、一人目の子供は、(遺伝子を)バラまく系の男の子供かもしれないけれど、2人目、3人目は、(女性に対して)僕の遺伝子をよろしくと言う戦略のようですw

私は、兄弟姉妹は、2歳年下の弟がいるのですが、私が若い頃(私が遊んでいた時の頃)を思い起こせば、私は、(遺伝子を)バラまく系の男であり、私の弟は、(子供を)育てる系の男であると思いますw また、私の母は、もちろん無意識的にそうしていたのだと思いますがw、何だか、長男である私を、(遺伝子を)バラまく系の男に育て、弟を、(子供を)育てる系の男に育てた感じもありますw ちなみに、私は、少なからぬ、女性経験がありますが(済みません。私は、若い頃は、ワルでした)、今まで、女性を妊娠させた事は、一度もありません(私は、元来の性分により、そうした事は、昔から、しっかりとしています)。


以下、参考の投稿。

私と弟 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2836127/page/6?&sfl=membername&stx=nnemon


以下、前に行った以下の投稿から抜粋して来た物です。

上位1%未満の女性と交際する方法!?→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2873579/page/3?&sfl=membername&stx=nnemon




以下、前に投稿で紹介した動画で、上の動画(「モテる人がする事しない事」)の続きと言える動画です→
https://youtu.be/wSh-wdSzhmM



以下、「」内。私の投稿の他の方のコメントに対する私のレス(すぐ上で紹介した動画に関する物)から抜粋して来た物。

「動画は、元々、面倒で見ていなかったのですが、昨日の夜(昨日の夜とは言っても厳密には深夜で今日になっていましたが)、途中、歯を磨いたりしながら、見てみたのですが、とても、単純に言えば、ハンサムでない男性が、美人・可愛い女性と交際する戦略として、ハンサムな男性と交際している、美人・可愛い女性と、恋愛の相談を受けるくらいの親しい友人になっておいて、美人・可愛い女性が、ハンサムな男性と別れるのを待って、別れる寸前又は別れた直後に、美人・可愛い女性の恋愛の相談を受けている内に、自然と、その女性と交際するようになると言った流れの戦略について解説していましたw(もちろん、複数の、(ハンサムな男性と交際中の)美人・可愛い女性と、親しい友人となっておくと言うのも戦略として有効であると思いますw)。」


以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。すぐ上の「」内の戦略をとる男性は、(子供を)育てる系の男性だと思います。



上の動画で、中野 信子(nakano nobuko)は、couple・夫婦で、ときめいている間は、せいぜい3年位で、夫婦が、せいぜい、結婚制度で、結婚をやっているのは、10年そこそこと言った内容の事を言っていますが(まあ、厳密に言えば、そう言う意見に完全に同意していると言った感じですが)、私は、その事に関しては、中野 信子(nakano nobuko)の意見・考えは、賛成出来ません。


私の両親は、昔から、とても仲が良く、子供(私と私の2歳年下の弟)が親離れしてからは(それぞれの楽しみを見つけて週末や休日を基本的に別々に楽しむようになってからは)、週末や休日にしょっちゅう夫婦二人で遊びに出掛けるようになり、それが父・母とも既に高齢者である現在まで続いています。我が家の近所の私の実家の両親は、二人共、高齢者になった、今でも、夫婦、とても仲が良く、頻繁に、二人で遊びに出掛けています。私の父は、会社員ですが、現在、半分、定年退職状態で、私の両親は、年齢的には高齢者の中で若い年齢ではありますが、夫婦で、よく二人共通の趣味のゴルフに行きますし(両親は、未だに、夫婦で、スキーにも行きます)、夫婦で、海外を含めた、長期旅行も、よくしており、私の父は、仕事と遊びを、とても、元気に楽しみ続けています。私は、両親の(まあ、私の母は、私の父と結婚してから、ずっと主婦ですが。。。)、元気と、パワーが(力が)、羨ましい位ですw

以下、参考の投稿。

子供を作ると起きる悲劇【どうやって乗り越えるか】 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2904050/page/1?&sfl=membername&stx=nnemon



ちなみに、私の両親は、昔から、とても仲が良いという事に関して、私の両親は、イケメン・美女なのかどうか分かりませんがw、私の両親が、イケメン・美女だとしたら、以下の参考のsiteから引用して来た、以下、「」内のDaiGo(メンタリスト)の文も関係しているのかもしれません。
以下、参考のsite。
「性格がいいとモテる」はウソ; 「イケメンは3日であきる」 はウソ; 天は二物をひいき目に与える→
https://logmi.jp/154179


以下、「」内。上の参考のsiteから引用した、DaiGo(メンタリスト)の文です。
「美人は飽きるとか、イケメンは飽きるって言う人がいるんですね。「本当に飽きるのか?」という。それは結局、2つの問題がある。1つは本当に飽きたから別れたのか、それとも実は関係がギクシャクしたりとか、振られたりとか、本当はイケメンと付き合いたかったんだけど問題があって自己評価が下がってるときにうっかり付き合っちゃった人。 ある人と付き合ったらすごく楽で、いろんなことしてくれるから、「この人は楽だからいいかな」って自分を一生懸命納得させるのかどうなのかという話があると思うんですけど、そこの説明をしたいと思います。 マテスという心理学者が実験したんですけど、外見的な魅力は、会う回数を経れば減っていくのか、性格的な魅力はたくさん会えば会うほど増えていくのかということを調べた実験があるんですけど、実際にやってみると……結果、イケメンは何回会ってもイケメンです。 美人は何回会っても美人です。外見的な魅力の低下は見られませんでした。だから美人やイケメンに飽きるということはございませんので、安心してイケメンや美人と付き合っていただければなと思います。イケメンは何回会ってもイケメンってことですね。マテスさんが証明してくれました。 」

私の母は、大学は英米文学科を出ているのですが、それはあまり関係がなく、洋画がとても好きだったと言うのがあるのか、英語がとても好きで、女版、小林 克也?と言った感じで(もちろん外貌は、小林 克也と、全く、違います。 私の母は、特に今よりも若い頃は、年齢よりもかなり若く見えた事もあって、今よりも若い頃、外貌が老けてからのYOU(タレント。元FAIRCHILD)に似ていると言われていましたw)、留学経験はなくても、独学で、英語は、昔から発音も良く流暢に話せましたし(今でも大丈夫でしょう(それ程英語は忘れていないでしょう))、父も、留学経験はないですが、仕事で使う関係で、昔から英語は話せます(発音は、あまり上手くありませんがw)。

私の父と母が知り合ったきっかけは、二人共、まだ社会人になってから間もない頃、英検の準備学校で(母は英検1級持ってます。父は英検1級は挫折しましたw)、母が教室に通う初日に、教室に入った時に、既に着席していた(その時初対面の)父の顔を見て、ビビビッときた(一目惚れした)私の母が、咄嗟の判断で、(さり気なくか強引か分かりませんがw)父の隣りの席に座り、教科書を忘れたふりをして、父に見せて貰った事ですw ちなみに、私は、顔は、母よりも、父に似ており、私の弟は、父と母、両方に似ているとも言えるし、父と母、どちらにも似ていないとも言える顔です。母は、大学卒業後、会社員の父と結婚する前は、OLとして働いていましたが、父と結婚してからは、主婦となりました。

以下、参考の投稿。

生放送中に、あるメモが。。。→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2871155/page/3?&sfl=membername&stx=nnemon
男を動かす3つの言葉w(すごーい!嬉しー!ありがとう!)→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2894301/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon


もちろん、couple・夫婦の、性格の相性等も、couple・夫婦が、ずっと仲良く、長続きする秘訣としてあると思います。

以下の、参考の投稿。私の周囲の人々の中から、一途な恋に生きて来た人の例として、私の大学時代の親友の一人のエピソードを含む投稿です。
以下、参考の投稿。
AAA -「LOVER」 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2837318/page/6?&sfl=membername&stx=nnemon

ちなみに、前に投稿で書きましたが、私の親しい、年下の友人夫妻の一つの、女性(妻)の方(以下その女性と書きます)の、両親なのですが、中学生の頃から交際し(もちろん、お互いに、初めて交際した相手)、そのままずっと社会人になるまで交際を続けて、結婚し、その女性が生まれたそうです。

ちなみに、私が、今まで、交際して来た女性は、それぞれ、皆、とても素晴らしい女性達ですが(よくも、私のような駄目男と、とても優しく付き合ってくれたと思います)、私の今の彼女は、私が今まで交際して来た女性の中で、最高の女性であるので、私が、彼女に振られない限り、私は、今の彼女の事を、これからも、ずっと大切にして行きたいと思っています。


以下、参考の投稿。
運を味方にする人の7つの特徴(科学的根拠あり)→
/jp/board/exc_board_50/view/id/2910261?&sfl=membername&stx=nnemon


以下の参考の投稿の中の話の一部は、上の動画の、中野 信子(nakano nobuko)の、「瞳孔が開く話」に関連付けられると思います。


以下、参考の投稿。
ディズニーホーンテッドマンション →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2883772/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon


上の動画で、子供を東大(東京大学)に入れる方法についての話題が出ていますが。。。おそらく、東大(東京大学)を卒業した人と話した事がない人だと思いますが、そうした人で、(まるで女性を知らない童貞の男性の中には、女性を、変に神聖視したり特別視したりする人がいるように)、東大(東京大学)を卒業した人を、変に、神聖視したり特別視したりする人がいるようですが、東大(東京大学)を卒業した人と、一度、話してみれば分かると思いますが、(東大(東京大学)を卒業した人も)、東大(東京大学)を卒業しからと言って、何て事ない、同じ人間であり、どうと言う事ありませんw(全く、大した事ありませんw)。


以下、「」内。私の前の投稿から抜粋して来た文です。

「個人的には、女性は、男と結婚して(男に貰われて)幸せにならなければならないと言う固定観念に縛られるべきではないと思います。幸福の形は、人それぞれ。。。男女関係なく、それぞれが、それぞれ、自分が思う幸せを見つければいいと思います。

結婚して専業主婦となって子供を産んで子育てをしてそこに幸せを見出す女性がいてもいいし、結婚して子供を産んで共働きで夫と家事を分担しながら仕事の生きがいと子育て両方に幸せを見出す女性がいてもいいし、結婚して専業主婦となって子供を産まなくて夫のキャリアを支えながら生涯夫婦二人で仲良く暮らしていく事に幸せを見出す女性がいてもいいし、結婚して共働きで子供を産まなく夫と家事を分担しながら休日は夫と共に世界中を旅行したりして仕事の生きがいと夫婦二人で仲良く暮らしていく事両方に幸せを見出す女性がいてもいいし、結婚しなくてずっと仕事一筋で仕事のやりがい・生きがいに幸せを見出す女性がいてもいいし、結婚しなくて仕事やりがいと生涯自分の趣味や旅行等に幸せを見出す女性がいてもいいし、結婚しなくて仕事と生涯男性との自由恋愛を楽しみ、仕事のやりがい・生きがいと自由な恋愛両方に幸せを見出す女性がいてもいい。。。その為の(女性がそれぞれ自由に自分の幸せをみつける為の)、人々の意識や制度と言った事に関しては、日本は、まだまだだと思います。

そもそも、女性は、専業主婦で、子供を産んだとしても、夫との関係においては、「お母さん」という役割に縛られる必要もない。。。

私の母は、結婚してからアルバイトも含めて仕事はいっさいした事がない専業主婦ですが、私の母は、私の父の事を、少なくとも私が物心ついた時から(私が記憶が遡れる限り(私が幼い頃・子供の頃)から)、ずっと、「お父さん」とは呼ばすに、父の下の名前に、さんを付けて呼んでいます。また、母は、夫から(私の父)から、「お母さん」と呼ばれる事が嫌いで、父は、母に教育されてw、少なくとも私が物心ついた時から(私が記憶が遡れる限り(私が幼い頃・子供の頃)から)、基本的に、ずっと、母の事を、「お母さん」とは呼ばすに、君(きみ)と呼んでいます。父は、たまに、うっかりと、母の事を「お母さん」と呼んでしまう事があったのですが、母は、その都度「私は、あなたのお母さんではない」と言い父の事を叱って来ましたw」


以上、基本的には、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。


以下、参考の投稿。

最強の口説き文句!これで女性をメロメロに後編→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2909037?&sfl=membername&stx=nnemon
恋愛と結婚に向く性格になれる【4つの質問】→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2914061/page/1?&sfl=membername&stx=nnemon
暮すことが何ですか? 死ぬことは何ですか? →
/jp/board/exc_board_50/view/id/2910115?&sfl=membername&stx=nnemon

 


男の夢【一夫多妻】の真実?


Firefox以外で、この投稿の写真が見られない場合は、Firefoxで、ご覧下さい。


以下、最近の投稿且つ参考の投稿

種を蒔く人・育てる人→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2916685?&sfl=membername&stx=nnemon


以下、「」内。私の前の投稿文より。。。

「東京都心部の西部の静かで落ち着いた住宅地にある、我が家の近所の、私の実家は、元々、私の母方の祖父母の家で(ちなみに母は、一人っ子です)、現在は、両親が引き継いで暮らしています。既に、母方の祖父母共に、亡くなっています。

我が家の近所の私の実家の、私の父は、会社員で(父は、既に、半分定年退職状態になってから久しいですが)、私の母は、父と結婚してから、アルバイトを含めて、仕事を、一切した事がない専業主婦です。

私には、兄弟姉妹は、2歳年下の弟が一人います。私の弟は、外資系の会社員で、既に、結婚をし、(まだ、二人共、幼いですが)子供が2人いて(男の子(上)が1人と、女の子(下)が1人)、弟の家族(妻・子供)と共に、東京の西部郊外の、静かで落ち着いた住宅地に買った、一戸建て住宅に、暮らしています。

弟の、奥さん(妻)(ちなみに、弟の、奥さん(妻)は、弟よりもかなり年下です)は、結婚する前は、四年制の大学を卒業した後、服(ファッション)関係の、会社で、会社員として働いていましたが、結婚してからは、主婦となりました。

私は、会社員と比べて、相対的に、安定的ではなく、相対的に、ビジネスにおいて危険性が高いが、相対的に、自分で自分の時間を自由に管理する事が出来、又、自分の才能・仕事の能力・仕事の効率性・努力が、自分の収入に直結する(直接繋がる)、個人事業の道を選びました。

私は、普通の中流層・庶民層なのですが、私は、基本的には、自分が、与えられた環境の中で、自分の能力の範囲内で、出来得る限り生き(ここで言う、出来得る限り生きとは、自分の能力の限界を知り、自分の幸福の為に、自分の努力の落とし所を知ると言う意味も含まれます)、自分が稼いだお金で、出来得る限りの、幸せな生活をしている(幸せな人生を生きている)と言う、自信があります。」


以下、前に行った以下の投稿から抜粋して来た物です。

芸者(geisha)と遊女(yuujyo)→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2523686/page/25?&sfl=membername&stx=jlemon




写真は、借り物(写真の作者:Japanexperterna)。芸者(geisha)。舞踊等で、客を持て成す、日本の、古くからある、伝統的な職業の、女性。外国では、混同される事もあるが、遊女(yuujyo)(日本の、伝統的な、売春婦)とは、あくまで、区別される。遊女(yuujyo)は、売春婦であるのに対し、芸者(geisha)は、宴会(party)の席等で、客を持て成す、日本の、伝統的な職業の、女性(愛人関係等、客と、男女(男と女)の関係等になる事はあるが、それは、芸者(geisha)としての職業の範囲外での話)。


以上、前に行った投稿から、抜粋して来た物でした。


以下、前に行った以下の投稿から抜粋して来た物です。

お金で幸せを買う方法他→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2848502?&sfl=membername&stx=nnemon


以下、前に行った投稿から抜粋して来た物です(以下の4人の人物の説明は、wiki等を参考にしています)。



写真は、借り物。松方 正義(matsukata masayoshi)。1835年生まれ。1924年に亡くなる。身長は、172cmと、当時の、男性としては、比較的、長身であった。日本の、有名な、政治家・貴族(公爵)(鹿児島(kagoshima)県(九州(kyusyu)(日本の南部)の南部に位置する県)の、侍(samurai)系の貴族)。松方 正義(matsukata masayoshi)も、伊藤 博文(itou hirobumi)に負けず劣らず(と言うか、伊藤 博文(itou hirobumi)に勝る程の)、非常に、女好き(女が好き)として知られ、伊藤 博文(itou hirobumi)とは、女好き(女が好き)と言う、共通の性格から、話が合い、私生活においても、よく交流していた様です。松方 正義(matsukata masayoshi)は、妻以外の、子供も含めて、26人の子供(男の子15人、女の子11人)がいて(最後の子供は、松方 正義(matsukata masayoshi)が、69歳の時に、愛人(妻以外に、交際している女性)との間に出来た子供)、少なくとも、金銭面においては、全ての、子供の面倒を、しっかりと見ていた様です(全ての、子供の世話を、しっかりとしていた様です)。松方 正義(matsukata masayoshi)は、或る日、天皇から、何人、子供がいるのかと尋ねられたが、咄嗟に(すぐに)、思い出せず、「後日調査の上、御報告申し上げます(調査をしてから、後日、報告します)」と答えたと言う逸話(anecdote)が残っています。


写真は、借り物。柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)。1850年生まれ。1894年に亡くなる。日本の貴族(侯爵)。大正(taisho)天皇(日本の、第123代の天皇。1879年生まれ。1926年に亡くなる)の、伯父。伊藤 博文(itou hirobumi)と、愛人(妻以外に交際する女性)として、当時、16歳であった、芸者(geisha)を奪い合い、結局、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)が勝ち、その、芸者(geisha)と交際する事になった。



写真は、借り物。柳原 白蓮(yanagihara byakuren)。1885年生まれ。1967年に亡くなる。東洋英和(toyoeiwa)女学院(1884年創立の、日本の、私立の、女子小学校・女子中学校・女子高校(生徒が、女性だけの、小学校・中学校・高校)・女子大学(生徒が、女性だけの大学))を、卒業。日本の、女性、歌人(日本の、伝統的な詩(poetry)の、詩人)。前述の通り、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)と、伊藤 博文(itou hirobumi)は、愛人(妻以外に交際する女性)として、当時、16歳であった、芸者(geisha)を奪い合い、結局、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)が勝ち、その、芸者(geisha)と交際する事になったのですが、その芸者(geisha)と、柳原 前光(yanagiwara sakimitsu)の間に生まれた娘が、柳原 白蓮(yanagihara byakuren)です。


写真は、借り物。伊藤 博文(itou hirobumi)。1841年生まれ。1909年に亡くなる。日本の、有名な、政治家。貴族(公爵)(山口(yamaguchi)県(日本の西部に位置する県)の、侍(samurai)系の貴族)。以下、伊藤 博文(itou hiribumi)に関する説明は、wiki等を、参考にしました。伊藤 博文(itou hirobumi)は、韓国の方は、ご存じの通り、歴史的な経緯等から、韓国では、悪名が高い人物です(悪い意味で、有名な人物です)。以下、おそらく、韓国では、あまり知られていない、日本国内における、伊藤 博文(itou hirobumi)について、少し、紹介したいと思います。伊藤 博文(itou hirobumi)は、私生活においては、非常に、女好き(女が、好き)として有名で、非常に、たくさんの愛人(妻以外に、交際している女性)がいた様です(愛人(妻以外に、交際している女性)は、数え切れない程いた様です)。40度の熱が出て、うなされていた時(意識が薄らいでいた時)も、両側に、二人の、芸者(geisha)を、付き添わせていた様です。伊藤
博文(itou hirobumi)は、女性の、教育に、とても熱心で、「女子教育奨励会創立委員会」を創設し、日本の、女性の教育の、推進に、熱心に取り組みました。東京女学館(1888年に開校。東京にある、私立の、女子小学校・女子中学校・女子高校(生徒が、女性だけの、小学校・中学校・高校)・女子大学(生徒が、女性だけの大学)。学生数の、減少により、大学は、2016年に閉鎖)を、自ら、創立すると共に、他の、日本の、私立の、女子大学(生徒が、女性だけの大学)を、創立しようとする人々も、熱心に支援しました。伊藤 博文(itou hirobumi)は、最高位の、貴族(公爵)で、とても、お金持ちでしたが(おそらく。。。)、衣食住(着る物(衣服)と、食べる物(食事)と、住まい(住居・家))には、頓着しない性格であった(質素・粗末であっても、全く、構わない性格であった)様です。伊藤 博文(itou hirobumi)と親しく交流していた、貴族・政治家は、伊藤 博文(itou hirobumi)の家に、食事に招かれても、質素・粗末な食事ばかりで、当惑・苦労した様です。また、物にも執着せず、他人から、非常に高価な、希少な(珍しい)品物を、貰っても、惜しげもなく、他人に譲ってしまうような性格であった様です。

伊藤 博文(itou hirobumi)の、女好き(女性が好きな事)は、当時から非常に有名であり、伊藤 博文(itou hirobumi)は、女性と、よく遊ぶことから「箒(ほうき)」(女が掃いて捨てる程いたため)と言う、あだ名がつけられました。伊藤 博文(itou hirobumi)は、地方に行った際には、それぞれの地方の、一流の芸者(geisha)ではなく、二流・三流の、芸者(geisha)を、よく指名していたと言われます。これは、伊藤 博文(itou hirobumi)の、「その土地々々(それぞれの土地・それぞれの地方・地域)の一流の芸者(geisha)は、地元の有力者が後ろ盾にいる。そういう人間と揉め事を起こさないようにするには、一流ではない芸者(geisha)を指名する必要がある」と言う論理による物です。


以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。



ちなみに、今まで、投稿で何回も書いていますが、私の、父方の祖父は、地方の有力者と、その地方の有力者と、愛人関係であった(その地方の有力者の、妻以外に交際している女性であった)、地方の芸者(geisha)(一応、地元では、美人で、評判であった(有名であった)芸者(geisha)の様ですw)との間に生まれた、私生児(結婚関係の無い者の間に生まれた子供)です(私の父方の祖父は、養子(adopted child)に出されました)。

したがって、芸者を水商売の女性とすれば、私の父は、4分の1、私と私の弟は、8分の1、水商売の女性の血が流れているというw



以下、前に行った以下の投稿から抜粋して来た物です。

妻が夫の容姿に惚れ夫が優しければ夫婦円満説→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2843289/page/6?&sfl=membername&stx=nnemon


以下、前に行った様々な投稿から抜粋して来た物です。


私は、学生の頃(高校生・大学生の頃)、おそらくチャラチャラしていた事もあってw、芸能人・モデル事務所の人からスカウトの声がかけられていたのですが、母も女子大生の時、一応、芸能人・モデル事務所の人からスカウトの声がかかっていたそうですw(母方の祖父は穏やかで温和な性格であったのですが、当時、母にそれだけはやめてくれと言っていたそうでw、母は、母方の祖父に従って、断っていたそうです)。

私の母は、昔から(私が子供の頃から)、「母親である前に女」であるような女性ですw

私は、顔は、母よりも、父に似ており、私の弟は、父と母、両方に似ているとも言えるし、父と母、どちらにも似ていないとも言える顔です。

私と、私の母との関係は、私の母にとって、私は、昔から、自分の好みのタイプのルックス(外貌)の(私は、顔は、母よりも父に似ているのですが、私の父と母は、父の顔を見て、一目惚れした私の母が、父に対して、猛烈にアプローチ(誘惑)しての、バリバリの恋愛結婚ですw)、何でも、気楽に話せる、気の合う男友達と言った感じで、私の母は、昔から、自分の恋愛話でも何でも、自分の事は、何でも、バンバン私に話して来ていますw これに対して、私の母は、私の弟に対しては、昔から、態度を使い分けて来ていると言った感じで、弟に対しては、自分の話を、何でもすると言う訳ではなく(弟に対しては、自分の、女性である面を見せようとせず)、昔から、相対的に、母親の顔をしようとして来ている感じです。

私は個人的に少なからぬ女性経験はありますがw(済みません。私は昔は(若い頃は)、ワルでした)、前述の通り、母自身、何も考えていないと言うか、母自体がチャラチャラしている面があり、男の子は、ある程度、遊んだ方が良い・やんちゃした方が良い位に、思っていた節があり、又、変な話かもしれませんが、私の母は、私に関して、自分が惚れた男性との間に産んだ自分の息子(私)の女性関係・女性遍歴に関して、昔から、まんざらでもないと思って来た・誇りに思って来たような面もある感じもしますw


私の父は、私が子供の頃・若い頃は、典型的な、仕事人間・会社人間と言った感じで、土・日・祝日や休暇時期に、子供(私及び弟)を積極的に遊びに連れていったり・子供(私及び弟)と積極的に遊んだりして、子供(私及び弟)の思い出作りには、出来るだけ協力するが、子供(私及び弟)の教育に関しては、妻である私の母に全て任せて、自分は(私の父は)、子供(私及び弟)の教育に関して、一切、関与する事はなく、(父は、私及び私の弟が子供の頃は、子供(私及び弟)の事は好きで、一緒に遊ぶのは楽しいが)、子供の教育に関しては面倒くさいので何も考えないと言った感じの、ある意味、子育てに関して自己中心的な面があった男性でした。

父は、私が幼い頃・子供の頃、私と、よく遊んでくれましたが、父は、私の弟に関しては、長男である私と遊ぶので、子供と遊ぶのは飽きてしまったと言った感じもありましたw(前述の通り、私の父は、ある意味、子育てに関して自己中心的な面があった男性です)。これに対して、弟は、幼い頃・子供の頃は、甘えん坊で(今でも、私の弟は、性格に甘えん坊な面がある様な気がします)、私の母に、べったりと言った感じで、(弟が、幼い頃・子供の頃は)、私の母に、よく甘えており、母も、弟が、幼い頃・子供の頃、弟に対して、よく甘えさせて、相対的に、しっかりと母親をしていた感じですw



私の父(会社員)は、既に、半分定年退職状態になって久しいですが、バリバリ働いていた時に、会社の接待で、銀座(ginza)のクラブ(ここで言うクラブとは、いつも、私が投稿・レスで使用しているクラブとは違う意味で、キャバクラ(kyabakura)と同様と考えて下さい。私は、そうした世界は詳しくないので、おそらく)を利用していて、今でも、銀座のクラブのママ等と、メールの、やり取りくらいは、続いているようです。

父は、半分定年退職状態になってから、一度、銀座のクラブのママとゴルフに行った事があるようです。その際に、母は、どの様に父をゴルフに送り出したのか分からないですが、私が推測するに、父は、とことん母の事を大切にして来たと言う実績があるが故に、母は、おそらく、(内心、心地よく送り出したかどうか分かりませんが)、表面的には、明るい笑顔で、行ってらっしゃいと言って送り出したと思います。

ちなみに、私の父(会社員)は、(既に、半分定年退職状態になって久しいですが)、バリバリ働いていた時には、父専用の、会社の運転手付きの自動車が用意されていたのですが、私の母、実家暮らしの学生の頃の私と弟は、空港から家まで等、父専用の、会社の、運転手付きの自動車を私用で使わせて貰っていて、母も、私も、弟も、運転手さんと親しくなっていましたが、今の日本の社会では、そう言う事は減って来ているのかもしれませんね。



<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube-nocookie.com/embed/c2kqLzJ1T5M" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
動画は、借り物。銀座(ginza)のクラブ(ここで言うクラブとは、いつも、私が投稿・レスで使用しているクラブとは違う意味で、キャバクラ(kyabakura)と同様と考えて下さい。私は、そうした世界は詳しくないので、おそらく)の、ホステス(hostess)に聞いた、デキる男の特徴。

ちなみに、私は、昔から(若い頃から)、キャバクラ(kyabakura)には、全く、興味がなく、キャバクラ(kyabakura)は、仕事の取引先の方と、東京都心の繁華街の、キャバクラ(kyabakura)に、何度か、訪れた事があるだけです(私生活において、キャバクラ(kyabakura)を訪れる気には、全くなりません)。

私は、学生の頃、外見を派手に飾り立てていて、また、年齢も若かった事もあって、街を歩けばホストのスカウトの声がかかったりしてました(ちなみにホストなんて絶対やる気がしませんでしたw)。また、芸能人・モデル(model)事務所の人から、スカウトの声をかけられる事もありましたが、その様な世界は、興味がなかった為、全て、断っていました(私は、普段、歩く時等背筋を伸ばして姿勢に気を付けている為等もあってか、身長が実際よりも高く見られ、長身に(身長は180cm位あるように)見られる事も少なくありませんが、身長は176cmから177cmで、モデル(model)としては、身長が物足りないと思いますし、俳優をするにしても、(そもそも、演技なんてした事ないですが)、演技なんて出来ないと思います。何れにしても、その様な世界に入っても、成功しないまま、無駄な時間を費やして、ストレスだけ抱えて、芸能人・モデル(model)事務所をやめて終わったと思いますw また、そもそも、芸能人・モデル(model)事務所を名乗っていても、詐欺だったのかもしれませんし。。。)。

ちなみに、最近の私の健康診断における、身長は177.5cm程です。これは、おそらく、午前中に健康診断を受けている為であると思います。人間と言う物は、おそらく、朝と夜とでは、身長が異なる事から、たぶん、夜、寝る前に身長を測ったら、私の身長は、健康診断の時に測られた身長よりも、1cm位、低くなるのではないでしょうか。私は、投稿の際に、自分の身長について、176cmから177cm位と、曖昧な書き方をしているのは、その為です。

以下、参考の投稿。
大きくなったらあなたの身長はどのくらいになる? →
/jp/board/exc_board_11/view/id/2734688/page/2?&sfl=membername&stx=jlemon


当時、とても、よく一緒に遊んでいたイケメンの私の疑似的な弟と言った感じの親友と、夜の繁華街を、二人で歩いていると、キャバクラの、客引きの男性達が、(私達が通ると)、「こいつ等は、キャバクラで、ホステスから金を巻き上げられるよりも、ホストとして、ホストクラブに客として来た、ホステスから金を巻き上げる方だろう」と言った感じで、一歩、後ずさったりしていました。

その親友に関しては、以下の投稿を参照して下さい。
友人エピソード集3→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2696382?&sfl=membername&stx=jlemon


以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。



以下2つ。今、you tubeで、適当に、「一夫多妻」で検索して出て来た動画で、見てみた動画です。




<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube-nocookie.com/embed/BMvyPTYEX4o" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
動画は、借り物。この動画作成者の動画は、初めて見ました。








<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube-nocookie.com/embed/m6DWP2WlFv4" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
動画は、借り物。この動画作成者の動画は、この動画を含めて、今までに、kjで紹介した物しか見ていません。








以下の動画は、前に投稿で紹介した動画の関係で、you tubeでお勧めの動画として出て来た動画で、今、ちょっと見てみた動画です。ちなみに私は、DaiGo(メンタリスト)の話の動画は、この投稿で紹介している動画を含めて、ほぼほぼ、今までに、kjで紹介した物しか見ていません。


男の夢【一夫多妻】の真実(6月11日にアップされた動画の様です)→
https://youtu.be/Zo-NwtoVx-w



以下、基本的には(リンクを付けた参考の投稿を新しい投稿に変えていたりしています)、前に行った投稿から、抜粋して来た物です。ちなみに、私は、中野信子さんの話の動画は、下の動画を含めて、今までに、kjでアップした19個以外見ていません。




<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube-nocookie.com/embed/aleB0VYe0IE" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
動画は、実質的に35分30秒までです。以降は、同じ内容の繰り返し。

上の動画で、中野 信子(nakano nobuko)の話相手の男性が、吉永小百合(女優)さんの事を、物凄く頭が良いと言っていますが、私は、吉永 小百合について詳しくないので、間違っていたら申し訳ありませんが、吉永 小百合さんは、とても優秀な方だと思いますが、天才型の人ではないんじゃないかと思います。


上の動画で、中野 信子(nakano nobuko)の話相手の男性が、少女的なアイドルに夢中になっているという話をしていますが、私は、いい年した中年の男性が、少女的なアイドルに夢中になる(ファンになる)と言う事が、個人的には、理解が出来ません。

私は小学生の時は、高学年になっても、まだ性欲には目覚めていなかったのですが、小学校中学年頃から、異性に目覚めている部分はあり、小学校中学年の頃から高校の頃まで(特に小学校高学年から中学生の頃まで)、中山 美穂(nakayama miho)が好きでした。中山 美穂(nakayama miho)は、私が、生まれて、初めて好きになった、女性、芸能人の一人です。

私は、小学校の頃は、同じ小学校に通う、同じclassの女の子・同学年の女の子のような、同年代の、子供の女の子達には興味は示さず、中山 美穂(nakayama miho)のような、当時、小学生の頃の私から見たら、十分に、大人に見える、女性、芸能人の事が好きでしたw(中山 美穂(nakayama miho)は、当時、私が、一番、好きな、女性、芸能人でした。。。と言うか、前述の通り、私は、当時、同じ小学校に通う、同じclassの女の子・同学年の女の子のような、同年代の、子供の女の子達には興味は示さなかったので、中山 美穂(nakayama miho)は、当時、実質的に、私が、異性として、一番、好きな女性でしたw)。

ちなみに、私が、初めて女性と交際したのは、中学2年生の後半(14歳)の時です。

私は、高校生になると、身近な(自分の周囲の)女性達に夢中になり、女性、芸能人自体に、それ程、興味を持たなくなり、好みの女性のタイプも変化したので、だんだんと、中山 美穂(nakayama miho)のファン(fan)でなくなって行きました。

私は、同年代の頃(中学生・高校生の頃)の私ならば、中学生・高校生の少女に、もちろん女性としての魅力を感じましたが、個人的に、もう大人の男性(と言うか、おじさん)の、私は、中学性・高校生のような少女(年齢は関係なく、中学性・高校生のような外貌の女性(申し訳ありません。私の個人的な好みの問題です)を含む)は、子供としてしか見る事が出来なくて、女性として見る事が、全く、出来ません(女性としての魅力を感じる事が、全く、出来ません)。

以下、「」内。前の、TOKIOの山口達也さんの事件に関する他の方の投稿の私のレスから抜粋して来た物です。

「私は、少なくとも女子高生らしい女子高生は子供としてしか見られなく女性として見る事が出来ませんが、年齢は関係なく、中学性・高校生のような外貌の女性(申し訳ありません。私の個人的な好みの問題です)は、女性として見る事が、全く出来ません(女性としての魅力を感じる事が全く、出来ません)。

性の対象として女子高生を異常に求めると言った性癖は、一種、病気のような物で、かわいそうでもあるのかな。。。私は、山口達也さんに詳しくないけど、少年の頃から、大人の世界の芸能界で忙しく働いて、自分が男として未完成の中学生・高校生時代に、同世代の(中学生・高校生の)女の子達と十分に遊ぶ事が出来なくて潜在的に満たされていなかった(その点だけ何だか人生穴が開いた感じになっていた)事等が、そっち方面に走ってしまったきっかけなのかな。」

上の動画の、中野 信子(nakano nobuko)の話相手の男性については、私は、全く詳しくないのですが、上の動画の、中野 信子(nakano nobuko)の話相手の男性は、東大(東京大学)卒業のようですが(上の、中野 信子(nakano nobuko)の話の動画から推測するに)、中学・高校時代に、勉強ばかりしていて、中学生・高校生時代に、同世代の(中学生・高校生の)女の子達と十分に遊ぶ事が出来なくて潜在的に満たされていなかった(その点が何だか人生穴が開いた感じになっていた)事等から、いい年した中年の男性になってから(又は、いい年した中年の男性になっても)、少女的なアイドルに夢中になっていると言う事が、もしかしたら、あるのかもしれませんねw


上の動画で、中野 信子(nakano nobuko)は、人間の男性は、2種類の男性がいると言っています。(遺伝子を)バラまく系の男性と、(子供を)育てる系の男性です。中野 信子(nakano nobuko)の話によれば、(子供を)育てる系の男性は、どうやって繁殖しているのかと言うと、女性の子育てを手伝って、一人目の子供は、(遺伝子を)バラまく系の男の子供かもしれないけれど、2人目、3人目は、(女性に対して)僕の遺伝子をよろしくと言う戦略のようですw

私は、兄弟姉妹は、2歳年下の弟がいるのですが、私が若い頃(私が遊んでいた時の頃)を思い起こせば、私は、(遺伝子を)バラまく系の男であり、私の弟は、(子供を)育てる系の男であると思いますw また、私の母は、もちろん無意識的にそうしていたのだと思いますがw、何だか、長男である私を、(遺伝子を)バラまく系の男に育て、弟を、(子供を)育てる系の男に育てた感じもありますw ちなみに、私は、少なからぬ、女性経験がありますが(済みません。私は、若い頃は、ワルでした)、今まで、女性を妊娠させた事は、一度もありません(私は、元来の性分により、そうした事は、昔から、しっかりとしています)。


以下、参考の投稿。

私と弟 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2836127/page/6?&sfl=membername&stx=nnemon


以下、前に行った以下の投稿から抜粋して来た物です。

上位1%未満の女性と交際する方法!?→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2873579/page/3?&sfl=membername&stx=nnemon




以下、前に投稿で紹介した動画で、上の動画(「モテる人がする事しない事」)の続きと言える動画です→
https://youtu.be/wSh-wdSzhmM



以下、「」内。私の投稿の他の方のコメントに対する私のレス(すぐ上で紹介した動画に関する物)から抜粋して来た物。

「動画は、元々、面倒で見ていなかったのですが、昨日の夜(昨日の夜とは言っても厳密には深夜で今日になっていましたが)、途中、歯を磨いたりしながら、見てみたのですが、とても、単純に言えば、ハンサムでない男性が、美人・可愛い女性と交際する戦略として、ハンサムな男性と交際している、美人・可愛い女性と、恋愛の相談を受けるくらいの親しい友人になっておいて、美人・可愛い女性が、ハンサムな男性と別れるのを待って、別れる寸前又は別れた直後に、美人・可愛い女性の恋愛の相談を受けている内に、自然と、その女性と交際するようになると言った流れの戦略について解説していましたw(もちろん、複数の、(ハンサムな男性と交際中の)美人・可愛い女性と、親しい友人となっておくと言うのも戦略として有効であると思いますw)。」


以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。すぐ上の「」内の戦略をとる男性は、(子供を)育てる系の男性だと思います。



上の動画で、中野 信子(nakano nobuko)は、couple・夫婦で、ときめいている間は、せいぜい3年位で、夫婦が、せいぜい、結婚制度で、結婚をやっているのは、10年そこそこと言った内容の事を言っていますが(まあ、厳密に言えば、そう言う意見に完全に同意していると言った感じですが)、私は、その事に関しては、中野 信子(nakano nobuko)の意見・考えは、賛成出来ません。


私の両親は、昔から、とても仲が良く、子供(私と私の2歳年下の弟)が親離れしてからは(それぞれの楽しみを見つけて週末や休日を基本的に別々に楽しむようになってからは)、週末や休日にしょっちゅう夫婦二人で遊びに出掛けるようになり、それが父・母とも既に高齢者である現在まで続いています。我が家の近所の私の実家の両親は、二人共、高齢者になった、今でも、夫婦、とても仲が良く、頻繁に、二人で遊びに出掛けています。私の父は、会社員ですが、現在、半分、定年退職状態で、私の両親は、年齢的には高齢者の中で若い年齢ではありますが、夫婦で、よく二人共通の趣味のゴルフに行きますし(両親は、未だに、夫婦で、スキーにも行きます)、夫婦で、海外を含めた、長期旅行も、よくしており、私の父は、仕事と遊びを、とても、元気に楽しみ続けています。私は、両親の(まあ、私の母は、私の父と結婚してから、ずっと主婦ですが。。。)、元気と、パワーが(力が)、羨ましい位ですw

以下、参考の投稿。

子供を作ると起きる悲劇【どうやって乗り越えるか】 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2904050/page/1?&sfl=membername&stx=nnemon



ちなみに、私の両親は、昔から、とても仲が良いという事に関して、私の両親は、イケメン・美女なのかどうか分かりませんがw、私の両親が、イケメン・美女だとしたら、以下の参考のsiteから引用して来た、以下、「」内のDaiGo(メンタリスト)の文も関係しているのかもしれません。
以下、参考のsite。
「性格がいいとモテる」はウソ; 「イケメンは3日であきる」 はウソ; 天は二物をひいき目に与える→
https://logmi.jp/154179


以下、「」内。上の参考のsiteから引用した、DaiGo(メンタリスト)の文です。
「美人は飽きるとか、イケメンは飽きるって言う人がいるんですね。「本当に飽きるのか?」という。それは結局、2つの問題がある。1つは本当に飽きたから別れたのか、それとも実は関係がギクシャクしたりとか、振られたりとか、本当はイケメンと付き合いたかったんだけど問題があって自己評価が下がってるときにうっかり付き合っちゃった人。 ある人と付き合ったらすごく楽で、いろんなことしてくれるから、「この人は楽だからいいかな」って自分を一生懸命納得させるのかどうなのかという話があると思うんですけど、そこの説明をしたいと思います。 マテスという心理学者が実験したんですけど、外見的な魅力は、会う回数を経れば減っていくのか、性格的な魅力はたくさん会えば会うほど増えていくのかということを調べた実験があるんですけど、実際にやってみると……結果、イケメンは何回会ってもイケメンです。 美人は何回会っても美人です。外見的な魅力の低下は見られませんでした。だから美人やイケメンに飽きるということはございませんので、安心してイケメンや美人と付き合っていただければなと思います。イケメンは何回会ってもイケメンってことですね。マテスさんが証明してくれました。 」

私の母は、大学は英米文学科を出ているのですが、それはあまり関係がなく、洋画がとても好きだったと言うのがあるのか、英語がとても好きで、女版、小林 克也?と言った感じで(もちろん外貌は、小林 克也と、全く、違います。 私の母は、特に今よりも若い頃は、年齢よりもかなり若く見えた事もあって、今よりも若い頃、外貌が老けてからのYOU(タレント。元FAIRCHILD)に似ていると言われていましたw)、留学経験はなくても、独学で、英語は、昔から発音も良く流暢に話せましたし(今でも大丈夫でしょう(それ程英語は忘れていないでしょう))、父も、留学経験はないですが、仕事で使う関係で、昔から英語は話せます(発音は、あまり上手くありませんがw)。

私の父と母が知り合ったきっかけは、二人共、まだ社会人になってから間もない頃、英検の準備学校で(母は英検1級持ってます。父は英検1級は挫折しましたw)、母が教室に通う初日に、教室に入った時に、既に着席していた(その時初対面の)父の顔を見て、ビビビッときた(一目惚れした)私の母が、咄嗟の判断で、(さり気なくか強引か分かりませんがw)父の隣りの席に座り、教科書を忘れたふりをして、父に見せて貰った事ですw ちなみに、私は、顔は、母よりも、父に似ており、私の弟は、父と母、両方に似ているとも言えるし、父と母、どちらにも似ていないとも言える顔です。母は、大学卒業後、会社員の父と結婚する前は、OLとして働いていましたが、父と結婚してからは、主婦となりました。

以下、参考の投稿。

生放送中に、あるメモが。。。→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2871155/page/3?&sfl=membername&stx=nnemon
男を動かす3つの言葉w(すごーい!嬉しー!ありがとう!)→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2894301/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon


もちろん、couple・夫婦の、性格の相性等も、couple・夫婦が、ずっと仲良く、長続きする秘訣としてあると思います。

以下の、参考の投稿。私の周囲の人々の中から、一途な恋に生きて来た人の例として、私の大学時代の親友の一人のエピソードを含む投稿です。
以下、参考の投稿。
AAA -「LOVER」 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2837318/page/6?&sfl=membername&stx=nnemon

ちなみに、前に投稿で書きましたが、私の親しい、年下の友人夫妻の一つの、女性(妻)の方(以下その女性と書きます)の、両親なのですが、中学生の頃から交際し(もちろん、お互いに、初めて交際した相手)、そのままずっと社会人になるまで交際を続けて、結婚し、その女性が生まれたそうです。

ちなみに、私が、今まで、交際して来た女性は、それぞれ、皆、とても素晴らしい女性達ですが(よくも、私のような駄目男と、とても優しく付き合ってくれたと思います)、私の今の彼女は、私が今まで交際して来た女性の中で、最高の女性であるので、私が、彼女に振られない限り、私は、今の彼女の事を、これからも、ずっと大切にして行きたいと思っています。


以下、参考の投稿。
運を味方にする人の7つの特徴(科学的根拠あり)→
/jp/board/exc_board_50/view/id/2910261?&sfl=membername&stx=nnemon


以下の参考の投稿の中の話の一部は、上の動画の、中野 信子(nakano nobuko)の、「瞳孔が開く話」に関連付けられると思います。


以下、参考の投稿。
ディズニーホーンテッドマンション →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2883772/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon


上の動画で、子供を東大(東京大学)に入れる方法についての話題が出ていますが。。。おそらく、東大(東京大学)を卒業した人と話した事がない人だと思いますが、そうした人で、(まるで女性を知らない童貞の男性の中には、女性を、変に神聖視したり特別視したりする人がいるように)、東大(東京大学)を卒業した人を、変に、神聖視したり特別視したりする人がいるようですが、東大(東京大学)を卒業した人と、一度、話してみれば分かると思いますが、(東大(東京大学)を卒業した人も)、東大(東京大学)を卒業しからと言って、何て事ない、同じ人間であり、どうと言う事ありませんw(全く、大した事ありませんw)。


以下、「」内。私の前の投稿から抜粋して来た文です。

「個人的には、女性は、男と結婚して(男に貰われて)幸せにならなければならないと言う固定観念に縛られるべきではないと思います。幸福の形は、人それぞれ。。。男女関係なく、それぞれが、それぞれ、自分が思う幸せを見つければいいと思います。

結婚して専業主婦となって子供を産んで子育てをしてそこに幸せを見出す女性がいてもいいし、結婚して子供を産んで共働きで夫と家事を分担しながら仕事の生きがいと子育て両方に幸せを見出す女性がいてもいいし、結婚して専業主婦となって子供を産まなくて夫のキャリアを支えながら生涯夫婦二人で仲良く暮らしていく事に幸せを見出す女性がいてもいいし、結婚して共働きで子供を産まなく夫と家事を分担しながら休日は夫と共に世界中を旅行したりして仕事の生きがいと夫婦二人で仲良く暮らしていく事両方に幸せを見出す女性がいてもいいし、結婚しなくてずっと仕事一筋で仕事のやりがい・生きがいに幸せを見出す女性がいてもいいし、結婚しなくて仕事やりがいと生涯自分の趣味や旅行等に幸せを見出す女性がいてもいいし、結婚しなくて仕事と生涯男性との自由恋愛を楽しみ、仕事のやりがい・生きがいと自由な恋愛両方に幸せを見出す女性がいてもいい。。。その為の(女性がそれぞれ自由に自分の幸せをみつける為の)、人々の意識や制度と言った事に関しては、日本は、まだまだだと思います。

そもそも、女性は、専業主婦で、子供を産んだとしても、夫との関係においては、「お母さん」という役割に縛られる必要もない。。。

私の母は、結婚してからアルバイトも含めて仕事はいっさいした事がない専業主婦ですが、私の母は、私の父の事を、少なくとも私が物心ついた時から(私が記憶が遡れる限り(私が幼い頃・子供の頃)から)、ずっと、「お父さん」とは呼ばすに、父の下の名前に、さんを付けて呼んでいます。また、母は、夫から(私の父)から、「お母さん」と呼ばれる事が嫌いで、父は、母に教育されてw、少なくとも私が物心ついた時から(私が記憶が遡れる限り(私が幼い頃・子供の頃)から)、基本的に、ずっと、母の事を、「お母さん」とは呼ばすに、君(きみ)と呼んでいます。父は、たまに、うっかりと、母の事を「お母さん」と呼んでしまう事があったのですが、母は、その都度「私は、あなたのお母さんではない」と言い父の事を叱って来ましたw」


以上、基本的には、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。


以下、参考の投稿。

最強の口説き文句!これで女性をメロメロに後編→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2909037?&sfl=membername&stx=nnemon
恋愛と結婚に向く性格になれる【4つの質問】→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2914061/page/1?&sfl=membername&stx=nnemon
暮すことが何ですか? 死ぬことは何ですか? →
/jp/board/exc_board_50/view/id/2910115?&sfl=membername&stx=nnemon



TOTAL: 169

番号 タイトル ライター 参照 推薦
169 外国人で日本に住むのは辛いけど東京の街並みは綺麗他 nnemon 2019-10-02 613 0
168 梨等 nnemon 2019-10-01 707 0
167 名倉潤はアンコールワットに無料で入れるか?等 (1) nnemon 2019-09-29 744 0
166 トップ5%の頭いい人たちが好む音楽とは (2) nnemon 2019-09-29 3460 0
165 16歳少女の後ろにいる黒幕の正体! nnemon 2019-09-28 1304 0
164 中身のないやつの悲しい特徴「あなたは大丈夫??」 (3) nnemon 2019-09-28 835 1
163 宿題が無意味であることが科学的に証明されている件 (2) nnemon 2019-09-27 660 0
162 東京六大学チアリーダー。東京六大学応援歌メドレー (1) nnemon 2019-09-26 969 0
161 宇垣美里 (2) nnemon 2019-09-26 899 0
160 今田耕司VS多部未華子他 (4) nnemon 2019-09-24 769 1
159 マスコミが小泉進次郎さんをはめようとしてる件他 (1) nnemon 2019-09-24 866 0
158 女性が男性にされて意識しちゃう事とは? nnemon 2019-09-24 3229 0
157 我が家のドレッシング(dressing)他 (3) nnemon 2019-09-21 3005 0
156 N国党党首DaiGo(メンタリスト)に謝罪する (1) nnemon 2019-09-21 2763 0
155 ○○でゴムをつけないとどうなるのか他 nnemon 2019-09-20 854 0
154 男は顔か中身か? (1) nnemon 2019-09-20 795 0
153 竹内まりやさん64歳他 (10) nnemon 2019-09-18 2634 0
152 ユニクロ(UNIQLO)のTシャツ (3) nnemon 2019-09-18 1191 0
151 結局モテるのは強い男性です! (2) nnemon 2019-09-17 1057 0
150 男として自信をつける方法他 (8) nnemon 2019-09-17 996 0