生活/文化

 




少なくとも、今日は、「生活/文化」掲示板に、新たな投稿は行いません。



Firefox以外で、この投稿の写真が見られない場合は、Firefoxで、ご覧下さい。


以下、参考の投稿。

鼻が高い男性は?他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3035947?&sfl=membername&stx=nnemon2


以下、最近の投稿。

トランプ大統領、許可なく外出したものにw他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3038541?&sfl=membername&stx=nnemon2
 志村けん スーパーマリオ他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3039211?&sfl=membername&stx=nnemon2
すっぴんの話他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3037766?&sfl=membername&stx=nnemon2


府中(fuchu)の、私の父方の伯母の家に関しては、以下の投稿を、参照して下さい。

兄妹姉弟で分かる恋愛がうまくいく人の特徴→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3024531/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2
モテ杉くんVS道程寺くんVS出木杉くん(上の投稿の関連投稿)→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3030583?&sfl=membername&stx=nnemon2


以下、参考の投稿。

 東京圏の夏祭り・夏祭りの理想と現実?他→
/jp/board/exc_board_1/view/id/3020781?&sfl=membername&stx=nnemon2


以下の投稿文で、「昨日は、前日に我が家に泊まった彼女と、朝寝坊をし(まあ、朝に寝たのですがw)、昼頃、のんびり起きて」とありますが、私のエッチに関しては、以下の投稿を、参照して下さいw

ラベンダーの香り他→
/jp/board/exc_board_26/view/id/3005724?&sfl=membername&stx=nnemon2
 イキマスイッチ→
/jp/board/exc_board_26/view/id/2601155?&sfl=membername&stx=jlemon


以下、「」内。私の前の投稿文より。。。

「ちなみに、私は、両親とも、酒に強くて酒飲みでw、遺伝により、酒は強いです。酒は、基本、どんなに飲んでも酒に飲まれる事はありませんw それは、ウイスキーをストレートでボトル1本を超えて、比較的短時間で飲めば、時間差で後から腰は抜けますが(学生の頃の話w)、どんなに飲んでも、性格は、普段よりも陽気で上機嫌になる位で、大きくは変わりません。

日本酒、ワイン、ウイスキー、ビール、焼酎なんでも行けますが、私は、お酒の飲み方は、本来的には、ウイスキーの様な、濃いお酒を、ロックで、チビリチビリと飲むのが好きです。

ちなみに、彼女(私の今の彼女)は、お酒が、弱いです。」

以下、お酒に関する、参考の投稿。

穏やかな人が、決して怒らない理由とは?他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3023491/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、基本的に、2018年の5月の上旬に行った投稿から抜粋して来た物です。


昨日は、前日に我が家に泊まった彼女と、朝寝坊をし(まあ、朝に寝たのですがw)、昼頃、のんびり起きて、彼女と、のんびりと遅い朝食兼昼食を食べ終わった後、少ししてから、彼女と、府中(fuchu)の、大國魂(ookunitama)神社(shrine)の、くらやみ(kurayami)祭に、電車で、遊びに、行って来ました。


大國魂(ookunitama)神社(shrine)は、府中(fuchu)市にあり、府中(fuchu)市の中心的な、電車駅である、府中(fuchu)駅(周辺は、府中(fuchu)市の中心繁華街となっています)から、歩いて5分程度の場所(府中(fuchu)駅周辺の繁華街の外れ辺り(府中(fuchu)駅周辺の繁華街の周辺))にあります。


府中(fuchu)は、東京の西の郊外に位置する中都市(中位の人口規模の都市)で、東京の都心部から近くも無ければ遠くもない、中位の距離の、東京の西部郊外に有ります(府中(fuchu)市の、中心的な電車駅である府中(fuchu)駅は、新宿(東京最大級の繁華街の一つ、且つ、東京の、主要な、ビジネス(business)地区の一つ)から、特別料金は不要の(特別料金を支払う必要のない)、通勤電車(電車)の、特急(express)で、20分から30分位です)。府中(fuchu)市は、基本的には、東京都心部に通勤する人々が、多く暮らす、東京の西の郊外の、静かで落ち着いた住宅地域となっています。



府中(fuchu)市の、中心市街地の、風景例。



大國魂(ookunitama)神社(shrine)は、111年創建の、1900年以上の歴史を有する、非常に、歴史が古い(ただし、神社(shrine)の建物は、時代に合わせて、建て替えられている)、規模の大きな、神道(Shinto)の、神社(shrine)で、その歴史も含めて、東京の西部郊外を、代表する、神社(shrine)となっています。大國魂(ookunitama)神社(shrine)で、毎年、春に行われる、1000年以上もの歴史を有する、長い伝統を誇る、くらやみ(kurayami)祭と言う、祭りは、東京圏で行われる多くの祭の中でも、かなり規模が大きな有名な祭となっています。個人的に、父方の伯母が府中(fuchu)市に住んでおり、私は、子供の頃、いとこ(cousin)・いとこ(cousin)達、伯母、伯父(父方の伯母の夫)、私の両親等と共に、くらやみ(kurayami)祭に、遊びに行ったりしました。


アメリカや西ヨーロッパの国々では、どの街でも、少なくとも一つの、キリスト教の教会があると思いますが、それと同様に、日本では、どの街にも、一般的には、少なくとも、1つの、神道(Shinto)の神社(shrine)又は、仏教の寺、もしくは両方が存在します。こうした、神道(Shinto)の神社(shrine)と仏教の寺(特に、神道(Shinto)の神社(shrine))は、宗教と言うよりも、生活文化として、街の人々の生活の中に自然と溶け込んでいます。もちろん、東京都心部の、私の街(基本的に、静かで、落ち着いた住宅地となっています)にも、神道(Shinto)の神社(shrine)があります。


日本では、非常に多くの、夏祭り(夏に開催される、祭り)が行われています。


夏祭り(夏に開催される、祭り)は、現代においては、神道(Shinto)の神社(shrine)以外の場所でも、たくさん開催されていますが、夏祭り(夏に開催される、祭り)は、伝統的には、一般的に、神道(Shinto)の神社(shrine)に関連する物であり、夏祭り(夏に開催される、祭り)は、現代においても、神道(Shinto)の神社(shrine)で、たくさん開催されています。


伝統的に、神道(Shinto)の神社(shrine)で多く行われている祭りは、伝統的に、田舎の村や、都市の街の、庶民・大衆にとって、日常生活からの、気分転換となって来た物です。


以下、「」内、今から、約150年前の、1865年に日本を訪れた、ドイツ人の考古学者(archaeologist)、Heinrich Schlieman(1822年生まれ。1890年に亡くなる)の言葉です。


「日本の宗教について、これまで観察して来た事から、私は、民衆の生活の中に真の宗教心は浸透しておらず、又、上流階級は、むしろ懐疑的であるという確信を得た。ここでは宗教儀式と寺と民衆の娯楽とが、奇妙な具合に混じり合っているのである」(ここで言う寺は、神道(Shinto)の神社(shrine)も、含めて考えて良いと思います)。」


以下、「」内。今から400年以上前の、16世紀後期に、日本を訪れた、イタリア人の宣教師、Alejandro Valignano(1539年生まれ。1606年に亡くなる)の言葉です。

Alejandro Valignanoは、(Alejandro Valignanoが思う)日本人の長所の一つとして、以下の様に書いています。

「(日本の)人々は、いずれも色白く、きわめて(非常に)礼儀正しい。(日本では)、一般庶民や労働者でも、その社会では、驚嘆すべき礼節をもって上品に育てられ、あたかも宮廷の使用人のように見受けられる。(日本人は)、この点においては、東洋の他の諸民族のみならず、我等(私達)ヨーロッパ人よりも優れている」。

その一方で、Alejandro Valignanoは、(Alejandro Valignanoが思う)日本人の短所の一つとして、以下の様に書いています。

「日本人の第五の悪は、飲酒と、祝祭、饗宴に、耽溺する事である。その為には、多くの時間を消費し、幾晩も夜を徹する(何日も、徹夜する)。この饗宴には、各種の音楽や演劇が伴うが、これ等は、全て、日本の宗教を日本人に教えた人々が考案した物の様に思われる。この飲酒や類似の饗宴、過食は、常に他の多くの堕落を伴うので、これによって、日本人の優秀な天性(生まれつきの性質)が、はなはだしく損なわれている」(ちなみに、ここで言う、堕落とは、おそらく、男女の(男と女の)エッチ等の事を言うと思いますw)。


ちなみに、現代においても、日本では、祭りの屋台では、通常、お酒(アルコール (alcoholic)飲料)も、販売され、祭りでは、お酒(アルコール (alcoholic)飲料)も、たくさん飲まれています。


ちなみに、16世紀当時の、ヨーロッパが、あまりに女性の地位が、低く、又、宗教(キリスト教)に縛られて、性(エッチ)に関して、あまりに保守的であったからかもしれませんが、16世紀の当時、日本は、ヨーロッパに比べて、相対的に、非常に、女性の地位が高く、又、性(エッチ)に関して、開放的であった様です。


以下、「」内。今から400年以上前の、16世紀に、日本を訪れた、ポルトガル(Portugal)人の宣教師、Luís Fróis(1532年生まれ。1597年に亡くなる)が、当時の、日本の女性について、書いた文です。


「ヨーロッパでは未婚の(結婚していない)女性の最高の栄誉と貴さは、貞操であり、又、その純潔が犯されない、貞潔さである。日本の女性は、処女の純潔を、少しも重んじない(少しも、大切にしない)。日本では、それを欠いても(女性が、処女を失っても)、名誉も失わなければ、結婚もできる」。


「ヨーロッパでは、娘や処女を、(家に)閉じこめておく事は、極めて(非常に)大事な事で、厳格に行われる。日本では、娘たちは、両親に断りもしないで(両親に、良いかどうか聞きもしないで・両親に、何も言わずに)、一日でも数日でも、一人で、好きな所へ出かける」(この、出かけると言う事は、おそらく、一人旅等の、通常の外出に加えて、交際している男性と会い、エッチする事も、含まれると思います)。 


「我々(ヨーロッパ)においては、女性が文字を書く事は、あまり普及していない。日本の貴婦人においては、もしその心得がなければ(女性が、文字を書く事が出来なければ)格が下がる物とされる」。

ちなみに、世界最古の(世界で、最も古い)、小説、世界最古の(世界で、最も古い)、近代式の、小説、世界最古の(世界で、最も古い)、心理小説(psychological novel)とも言われる、源氏(genji)物語(上流階級の、恋愛等を描いた、長編の小説で、概ね、100万文字・22万文節、400字詰め原稿用紙で約2400枚に及ぶ、およそ500名近くの人物が登場し、70年余りの出来事が描かれた(wikiを参考にしました)、長編の小説)は、紫式部(murasaki shikibu)(11世紀初め頃に活躍していた、日本の、富裕層の(下級の貴族出身の)、女性、小説家)によって、11世紀初めの、日本で、書かれました。


「ヨーロッパでは、財産は夫婦の間で共有である。日本では、妻と夫が、それぞれ、自分の分(それぞれ、自分の財産)を所有している。(日本では)、時には、妻が夫に、(お金を)高利で(高い利子を付けて)貸し付ける」。


「ヨーロッパでは、妻は夫の許可がなくては、家から外へ出る事が出来ない。日本の女性は夫に知らせず(夫に、何も言わないで)、好きな所に行く自由を持っている」(これは、おそらく、通常の外出に加えて、不倫(furin)(結婚しているのに夫以外の男性と交際する事)相手の、男性と会い、エッチする事も、含まれると思いますw)。


「ヨーロッパでは、女性が葡萄酒(wine)を飲む事は非礼(礼儀がない事)とされる。日本では、女性の飲酒(お酒(アルコール (alcoholic)飲料)を飲む事)が、非常に頻繁であり、(女性は)、祭礼(祭り)においては、たびたび(頻繁に)、酩酊(泥酔)するまで(非常に酒に酔うまで)、お酒(アルコール (alcoholic)飲料)を飲む」。


「ヨーロッパでは、妻を離別する(離婚する)事は、最大の不名誉である。日本では、意のままに(自由に)、いつでも離別(離婚)する。(日本では)、妻は、その事(離婚)によって、名誉も失わないし、又、結婚もできる(再び、結婚も出来る)」。


「ヨーロッパでは、夫が妻を離別する(夫の意志・希望で離婚する)のが普通である。日本では、しばしば(頻繁に)妻が夫を離別する(妻の意志・希望で離婚する)」。


ちなみに、参考に、以下「」内、今から、約140年前から150年前位の1870年から1874年に日本に滞在した、William Elliot Griffis(1843年生まれ。1928年に亡くなる。アメリカ人の、牧師・東洋学者)が、19世紀後期当時の、日本の女性について書いた文です。


「欧米諸国の女性と比べ、標準的に見て、日本の女性は美しい物への、あの優雅な趣味では、全く同等の資格があり、服装や個人の装身具においても、よく似合って見える。また、礼儀作法が女性らしく上品である事でも引けを取らない。美(美しさ)、秩序、整頓、家の飾りや管理、服装や礼儀の楽しみを、生まれながらにして愛する事では、一般に、(世界で?)、日本女性に、勝る女性はない」。
 

「日本の男性は、他のアジア諸国ほど、女性に横柄でなく、女性に対して、むしろ、鄭重である(扱い等が、心がこもっていて、礼儀正しく、手厚い)」。


「アジア的生活の研究者は、日本に来ると、他の国と比べて、日本の女性の地位に、大いに満足する。ここでは(日本では)、女性が、東洋の(アジアの)他の国で観察される地位よりも、ずっと尊敬と思いやりで待遇されているのがわかる。日本の女性は、より大きな自由を許されていて、そのため、より多くの尊厳と自信を持っている」。



くらやみ(kurayami)祭は、4月30日から5月6日にかけて、行われます。ちなみに、1000年以上もの歴史を有する、長い伝統を誇る、くらやみ(kurayami)祭ですが、江戸(edo)時代(17世紀から19世紀半ば)までは、男女の、出会いの場・free エッチの場でもある、祭りでもあったようです(女性が男性を拒否した場合は、出会いはなかった事になる・エッチは出来ないと言った、ちゃんとした、様々な決まりがあったようです)。くらやみ(kurayami)祭は、近代に入っても(19世紀後期以降も)、その様な(男女の、出会いの場・free エッチの場でもあると言った)名残があったようですが、第二次世界大戦後には、その様な行為は禁止されました。



日本では夏から秋にかけて、非常に多くの祭りが行われ、その際には、日本では、多くの女性が(特に、子供から、若い女性が)、祭りに遊びに行く際に、浴衣(yukata)(夏用の、簡易な、着物(kimono)(日本の伝統衣装))を着ますが、くらやみ(kurayami)祭は、春の祭りであるので、彼女も、昨日は、浴衣(yukata)を着ないで、普通の服で行きました。本当は、現代の東京の夏の暑さでは、浴衣(yukata)は、少し暑過ぎるので、浴衣(yukata)は、このくらいの時期に着るのも、調度、良いと思いますが。



昨日の夕方6時からは、くらやみ(kurayami)祭の、メインの行事である、大國魂(ookunitama)神社(shrine)出発した、6個の、大きな太鼓と、8個の、神輿(mikoshi)が、府中(fuchu)市の、中心市街地(中心繁華街)を回る、行列(parade)が行われました。



行列(parade)の、8個の、神輿(mikoshi)の一つ。途中で飽きてしまったのでw、行列(parade)の全てを見た訳ではありませんが、迫力があり、見応えがありました。



写真以下。昨日の夕食は、府中(fuchu)市の、中心市街地の、裏通りで、適当に目に付いた、庶民的な、ネパール(Nepal)・インド料理レストランで食べました。



この夕食時は、私は、飲み物は、ビールを飲んだのですが、この夕食時に私が飲んだ、ビールの一つ。MAHARAJAビール(インドのビール。インドのビールとは言え、主要な市場は、インド本国ではなく、アメリカと日本であるようです)。




写真以下。このネパール(Nepal)・インド料理レストランで食べた、昨日の夕食。このネパール(Nepal)・インド料理レストランは、初めて利用したのですが、食べ物は、何れも、まあまあ、美味しかったです。まあ、お気に入りのレストランにしたいと思う程の味ではありませんでしたが。。。


写真以下5枚は、二人で分けて食べました。


ひよこ豆(雛豆)の、サラダ(salad)。



ネパール(Nepal)風、小龍包(xiaolongbao)。



タンドール(tandoor)料理の盛り合わせ。



海老の(海老の系統の)、カレー(curry)。



野菜の(野菜の系統の)、カレー(curry)。



ナン(naan)。一人、一枚ずつ(写真は、一人分)。ナン(naan)は、この時、二人共、お代わりは、しませんでしたが、もしかしたら、お代わり自由(食べ放題)だったかもしれません。



以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。





動画は、借り物。縄文(Jomon)時代の○○事情。何だか知らないけど、you tubeで、お勧めの動画として出て来た動画で、昨日の夜(昨日の夜と言っても、厳密には、日付が変わって、今日になっていましたが)、寝る前に、歯を磨きながら、ちょっと見てみた動画ですw 3月29日に、アップされた動画の様です。この動画作成者の動画は、初めて見ました。



以下、「」内。私の前の投稿文より。。。

「私は、学生の頃(高校生・大学生の頃)、おそらくチャラチャラしていた事もあってw、芸能人・モデル事務所の人からスカウトの声がかけられていたのですが、母も女子大生の時、一応、芸能人・モデル事務所の人からスカウトの声がかかっていたそうですw(母方の祖父は穏やかで温和な性格であったのですが、当時、母にそれだけはやめてくれと言っていたそうでw、母は、母方の祖父に従って、断っていたそうです)。」

以下、参考の投稿。

沖縄旅行のエピソード・沖縄美人他→
/jp/board/exc_board_1/view/id/2984639/page/3?&sfl=membername&stx=nnemon2


以下、前に行った以下の投稿から抜粋して来た物です。

女子校・共学違い(番外編1)→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3007633/page/4?&sfl=membername&stx=nnemon2

ちなみに、後述する、私がかつて交際していた、女性の一人で、(私が交際していた当時)、菅原 沙樹(sugawara saki)に顔が、よく似ていた女性は、肌の色は、色黒で、私と同じ、色黒系の肌の、縄文(Jomon)顔(ソース顔)です。ちなみに、私の両親も弟も弟の奥さんも私の今の彼女も色白ですが、私は母方の祖父の隔世遺伝で色黒系の肌です。

以下、参考の投稿。

阿寒湖アイヌの村/アイヌ美人の思い出他→
/jp/board/exc_board_1/view/id/3001969?&sfl=membername&stx=nnemon2


以下、前に行った以下の投稿から抜粋して来た物です。

芸者他→
/jp/board/exc_board_11/view/id/3005911?&sfl=membername&stx=nnemon2


私は、生まれつき、テストステロンが多い男だと思います。


以下、「」内。前の他の方の投稿の私のレスより。。

「最近、you tube動画を見てkjの投稿でアップするのがマイブームになっているのですが、今まで生きて来た中における、自分の女性関係における、何気ない(本能的な)行動・経験が、心理学や女性への恋愛等に関するインタビュー等によって裏付けされる事を、楽しんじゃってる感じですw」


以下、前に投稿で紹介した動画です。ちなみに、私は、DaiGo(メンタリスト)の話の動画は、この動画を含めて、ほぼほぼ、今までに、kjで紹介している物しか見ていません。


浮気男の取り扱い説明書(去年の3月10日にアップされた動画の様です。)→
https://youtu.be/3ldR6ugAZuI


ちなみに、私は、若い頃は、遊んでいた事(チャラチャラしていた事)は、否定出来ませんが、私の今の彼女(以下、彼女と書きます)とは、私が今までに交際して来た女性の中で、交際期間最長記録を更新中ですが、私が彼女に振られない限り、私は、彼女の事を、これからも、ずっと大切にして行きたいと思っています。

以下、参考の投稿。

優しい・ユーモア・思いやり→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3005832?&sfl=membername&stx=nnemon2


私は、生まれつき、テストステロンが多い男だと思いますと言う事に関しては、以下の投稿を、参照して下さい。

腰振りダンスのコツ(ダイエットにも良い様ですw)他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2997788?&sfl=membername&stx=nnemon2
ラベンダーの香り他→
/jp/board/exc_board_26/view/id/3005724?&sfl=membername&stx=nnemon2


以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。ちなみに、テストステロンと、禿げる禿げないは関係ないようです(良かったw)。それに関しては、上でリンクを付けた投稿、「腰振りダンスのコツ(ダイエットにも良い様ですw)他」を参照して下さい。


ちなみに、私は、おじさんになった今でも、髪の毛は、フサフサです(私の弟も、おじさんになった今でも、髪の毛は、フサフサです)


以下「」内。前に行った投稿から抜粋して来た物です。

「ちなみに、私は、少なからぬ、女性経験がありますが(済みません。私は、若い頃は、ワルでした)、今まで、女性を妊娠させた事は、一度もありません(私は、元来の性分により、そうした事は、昔から、しっかりとしています)。」



以下2つ。前に投稿で紹介した動画です。ちなみに、「高年収の男性の婚活もまた決してバラ色ではない件」についての動画の話でいう、ギラギラしたタイプの女性、及び、「新川優愛さんロケバス婚に学ぶ【美女の落としかたの心理学】」で言う、ブランド女子は、若い頃の遊んでいた私ならば、ワンナイトの関係、エッチだけの関係の女性ならば良いですが、交際する女性としては、タイプではありません。


ちなみに、私の今の彼女は、以下で紹介する動画で言う、ギラギラしたタイプの女性でも、ブランド女子でもありません。それに関しては、以下の2つの投稿と、上でリンクを付けた投稿、「優しい・ユーモア・思いやり」を参照して下さい。

以下、参考の投稿。

ファッションで判る?恋愛心理テスト(彼女の、ファッションに関する話の投稿です)→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2993384/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2
鈴木ちなみさんが結婚他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3002503/page/1?&sfl=membername&stx=nnemon2


すぐ下の動画作成者の動画は、この動画を含めて、今までに、kjで、紹介している13個の動画しか見ていません。


高年収の男性の婚活もまた決してバラ色ではない件について(去年の3月7日にアップされた動画の様です)→
https://youtu.be/tVh4NY-RKy4


新川優愛さんロケバス婚に学ぶ【美女の落としかたの心理学】(去年の8月12日にアップされた動画の様です)→
https://youtu.be/sOS7TwGPxc4

ちなみに、私は、新川優愛さんが、どんな人だか、全く分かりません。


以下、基本的に、前に行った投稿から抜粋して来た物です。


私は、若い頃、率直に言って、遊んでいましたw 二股以上かけて女性と交際していた時期もありましたし、交際している女性がいるのにも拘わらず、所謂ワンナイトラブ的なエッチも、たくさんしていましたし、又、肉体関係だけの(エッチだけの関係の)女性もいました。

私の今までの、恋愛(女性との交際)の結末のほとんどが、私の気の多さから、交際相手の女性にとっては、GO BANG‘Sの曲の、「BYE-BYE-BYE」(1991年)の歌詞のような結末で終わらせてしまったのですが、私は、(私が)、異性関係で、チャラチャラしていると言う事に関して(前述の通り、私は、若い頃、率直に言って、異性関係で、チャラチャラしていました)、自分が隠したい、特定の人に対して、上手に隠すと言う事に関しては、とても得意で、ずる賢く、才能があったので、私が、異性関係でチャラチャラしている事が、交際している女性に、バレて、交際している女性に、愛想を尽かされて別れると言うケースはありましたけど、そのようなケースは、広い意味では、GO BANG‘Sの曲の、「BYE-BYE-BYE」(1991年)の歌詞のような結末に含まれるとも言えますが、厳密には、私の今までの、恋愛(女性との交際)の結末の中で、例外的な、結末に分類されます。


以下、私の、その他の例外的な、恋愛(女性との交際)の結末の例です。


私は、若い頃、率直に言って、遊んでいました。私が若く、クラブでの夜遊びや合コン全盛期で、交際している相手以外とも機会があればエッチしまくりな悪い男であった頃(本当に、ごめんなさい)、クラブでナンパして交際するようになった、濃い顔だちの美人さんが、当時の自分と全く同じタイプで、驚いた事がありますw  私が、その女性と知り合った切っ掛けはクラブで、可愛い女の子がいるなと思い、私がその女性をナンパした事(その女性に声を掛けた事)ですw。その女性と、私は1年間程交際し、最初の3カ月位は、お互いにとても仲が良かったのですが、その女性は浮気(交際している異性がいるのにもかかわらず、交際していない異性ともエッチをする事)が激しく、私は、私で、当時は、まだ若く、馬鹿で、浮気(交際している異性がいるのにも関わらず、交際していない異性ともエッチをする事)が激しかったので、結局、(その女性は、優しい、良い面もあったのですが)、その事が原因で別れてしまいました。ちなみに、私が、今まで、付き合って来た女性の中で、浮気(交際している異性がいるのにも関わらず、交際していない異性ともエッチをする事)が激しかった女性は、その女性だけで、今まで、私が、交際して来た女性の中では、例外的なタイプの女性でした。私が、今まで、交際して来た女性は、その女性以外は、皆、基本的には、浮気(交際している異性がいるのにもかかわらず、交際していない異性ともエッチをする事)はしない方針の女性です。



動画は、借り物。その女性は、このMV(RIP SLYME(2000年代初め頃から活躍している日本のhip-hop group)の、「GALAXY」(2004年)のMV)に出演している、菅原 沙樹(sugawara saki)と言う、日本の無名の(有名ではない)、女性モデルに顔がよく似ていました。菅原  沙樹(sugawara saki)は、若干(少し)、西洋系(白人系)等の血が、混じっている様にも見えますが、西洋系(白人系)等の血は、混じっていない様です。


以上、私の、その他の例外的な、恋愛(女性との交際)の結末の例でした。

私は、若い頃(済みません。若い頃は、遊んでいました)、夜遊びで、クラブやバーで、女の子・女性をナンパする際に、美人さん・可愛い女の子を見たら、必ず声を掛けると言う事は、自分のルールとしていた訳ではありませんが、自然と、必ず、そうしていましたw 

ちなみに、若い頃、夜遊びで、クラブやバーで、ナンパする女の子は(中には、夜遊びで、クラブやバーでナンパした事が知り合ったきっかけで、交際した、女の子達もいましたが)、基本的には、体目的でした(済みません、若い頃は、ワルでしたw)。

個人的に、若い頃(特に高校生から20代の前半にかけて)、club(nightclub)で、よく、夜遊びしたり、よく、合コン(友人や知り合い等の紹介による、男女が、知り合う為の、居酒屋等での、飲み会や食事会。日本では、大学生等の学生位の年齢(18歳位)から20代位の年齢の若者の間で、盛んに行われている)に参加する等していた経験からすれば(ちなみに、今は、落ち着いて、真面目なw、大人となっています)、(自分の容姿に、ある程度、自信のある)、一般的に見て、綺麗な女性・可愛い女性程、男性に対する警戒心が少なく、失礼な言い方かもしれませんがw、男性から見て、口説いて、簡単にエッチし易い傾向にあると思います(もちろん、個人の性格の違いと言った物も、大きく、この傾向が、全ての女性に当てはまる傾向と言う訳では、全く、ありませんが。。。)。

個人的に、club(nightclub)でナンパ等して、簡単にワンナイトラブ的なエッチを出来る女性・簡単に肉体関係だけに(エッチだけの関係に)なれる女性の、特徴と言うのはあります。

以下、5つ。個人的に、club(nightclub)でナンパ等して、簡単にワンナイトラブ的なエッチを出来る女性・簡単に肉体関係だけに(エッチだけの関係に)なれる女性の、特徴です(あくまでも、私の、個人的な、経験によるものです)。

自分の容姿に、ある程度、自信のある、一般的に見て、綺麗な女性・可愛い女性。

自分のスタイルに、ある程度、自信を持っており、自分の体で特に自信のある部分等を強調した露出度の高い服等を着る。例えば、ヘソ出しファッション、足に自信のある女の子・女性であるのならば、ミニスカートとか生足を強調するショートパンツ、胸が大きい女の子・女性ならば、胸の大きさが強調される(際立つ)ような服など。

面食い。

ミーハー。

自分自身のファッションセンスやファッションの拘りを持っておらず、ブランド信仰が強い、女の子・女性。例が、古いですが、例えば、決して、裕福ではないのに(と言うか、むしろ、お金はあまり持っていない方なのに)、(少なくとも日本では)一般に普及したブランドだからと言う理由で、ルイ・ヴィトンのバッグを持っているような女の子。


総合すると、私の個人的な経験からすれば、何て事ない、自分の容姿に、ある程度、自信のある、一般的に見て、綺麗な女性・可愛い女性で、且つ、自分のスタイルに、ある程度、自信を持っており、自分の体で特に自信のある部分を強調した露出度の高い服等を着る女性、ぶっちゃけて言ってしまえば、単純に、一般的に、男性から見て、服装等も含めて、この女性と、ヤリたいな(エッチしたいな)と思われる女性が(ちなみに、この様な女性は、面食いで(イケメン・ハンサムな男性が好きで)、極端に言えば(とても単純化して言えば)、基本的に男性の上辺(外見)だけしか見ない(どちらかと言えば薄っぺらい性格な。ごめんなさい)女性が多いです)、個人的に、一番、簡単に、ワンナイトラブ的なエッチがし易く、簡単に肉体関係だけの(エッチだけの関係の)女性に出来ました。そして、実際に、私は、この様な女性達と、たくさんワンナイトラブ的なエッチをして来ましたし、又、肉体だけの(エッチだけの)関係にもなって来ましたw ちなみに、私にとって、一番、簡単に、ワンナイトラブ的なエッチがし易く、簡単に肉体関係だけの(エッチだけの関係の)女性に出来るタイプの女性は、基本的に、交際する女性としては、私が、好みのタイプの女性ではなく、そもそも、基本的に、最初から、交際しようと思う女性の対象には入らず、又、交際しても、基本的に、性格の不一致から、私は、すぐ、他の女の子・女性の事を好きになってしまい、交際は、長続きしませんでした。

ちなみに、この様な、私にとって、一番、簡単に、ワンナイトラブ的なエッチがし易く、簡単に肉体関係だけの(エッチだけの関係の)女性に出来るタイプの女性は、薄っぺらな意識が高く、交際する男性・結婚する男性は(金づるとしての男性は)、自分を高級ブランド品等で、贅沢させてくれる金持ちの男性が良いと思っている女性も少なくないと思いますが、自分が連れて歩いたり・エッチを含めて親密な関係となったりする男性に関しては、容姿が良い(顔が良く(イケメンで)スタイルが良い)男性が良いと思っている女性が多いです。


以下、「」内。過去の私のレスの中から抜粋した物です。

「私は、若い頃、夜遊びでクラブ等で女性・女の子をナンパする際には、スキンシップを活用していました。夜遊びでクラブ等でナンパして話しかけた女の子と、ノリが良く、楽しく話している際に、女の子の天然な部分・天然な発言等に、笑いながら、女の子(相手が女の子ではなく大人の女性の場合には、それをするのは相対的にはより慎重にしなければなりませんが)の頭を軽く叩いてツッコミを入れたりするのは、女の子との距離を縮めるのに、結構、効きます。夜遊びでクラブ等でナンパして話しかけた女性・女の子と、楽しく会話をし、お互いに乗って来たら、話しかけてから30分後位には、(ナンパして話しかけた女性・女の子と)イチャイチャしながら(女性・女の子を後ろから抱きしめたりしながら)話をするなんて、ザラにありました。夜遊びの世界は、その様なドロドロとしたものですw」

女性は本能的にスキンシップが好きな生き物です。ただし、女性に対して、女性が望まないスキンシップをしてはいけないのは、当然の事です。

前述の通り、女性は本能的にスキンシップが好きな生き物です。ちなみに、あえてだからと言う訳ではないのですが、私はエッチをした後に彼女に腕枕をしながら、彼女とまったりとお話しをする際に、よく彼女の頭を撫でたり、彼女の頭を優しくポンポンしてあげたりしています。と言うか、私の場合、彼女が愛おしくて自然と(無意識的に)そうなってしまうのですがw
 
ちなみに、(通常は、相手が自分が好きな男性・自分が好意を持っている男性に限られるのですが)女性は、男性よりも、キスが好きであると言うのも、女性が本能的にスキンシップが好きな事ともしかしたら関係しているのかもしれません。だからエッチにおいてもキスは重要なのです!

私にとって、一番、簡単に、ワンナイトラブ的なエッチがし易く、簡単に肉体関係だけの(エッチだけの関係の)女性に出来るタイプの女性は、交際する女性としては、基本的に、私が、好みのタイプの女性ではないのですが、私は、別に、この様なタイプの女性の否定派ではありません。私自身、薄っぺらく、チャラチャラした部分がありますし(特に、若い頃の私w)、この様なタイプの女性と過ごしていて楽しい部分もある事も事実です。

私は、どの様なタイプの女性であっても、私が、好意を持った女性には(ちなみに、私は、昔から、自分が好意を持たない女性とはエッチしません)、エッチを含めて、出来得る限りのサービス精神で(ちなみに、このサービス精神とは女性に媚びるのとは全く違います)もてなして、楽しい気分・幸せな気分になって貰いたいと思っています。

私は、昔から(中学生の頃から)、自然と、自分が好きな女性・自分が好意を持っている女性が、喜んでくてたら・幸せな気持ちになってくれたら、嬉しいし、幸せです。ちなみに、それには、率直に言って、自分の男性としての存在感・価値が認められる事に対しての自己満足と言う事が含まれます。あと、上手い例えが、思いつきませんが、例えると、一流のシェフが(まあ素人の料理自慢でも良いですが)、レストランで(または家に招いた)ゲストが、自分の作った料理を、とても美味しそうに食べて満足して幸せな気分になる事で、満足や充実感を感じる事に通じる物があると思います(エッチにしてもそうですw)。

例えば、客との何気ない会話の中から、客の好みを察知して、それをサービスに反映させると言うのは、一流の高級ホテルのサービスの手法でもあるようですが、こうした一流の高級ホテルの客を満足させるサービスと言うのは、男性が女性をもてなす手法と、それ程、大きく異なる物ではありません。

例えば、リッツ・カールトンのお客さんをおもてなしするノウハウは、男性がプライベートで女性をエンターテインする(喜ばせる)際のノウハウとしても使えます。

特に、「リッツ・カールトンでお客様が経験されるもの、それは感覚を満たすここちよさ、満ち足りた幸福感そしてお客様が言葉にされない願望やニーズをも先読みしておこたえするサービスの心です。」と言うあたりです。
 
以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。

私のエッチに関しては、上でリンクを付けた投稿、「ラベンダーの香り他」を参照して下さい。

 


大國魂神社と縄文文化他




少なくとも、今日は、「生活/文化」掲示板に、新たな投稿は行いません。



Firefox以外で、この投稿の写真が見られない場合は、Firefoxで、ご覧下さい。


以下、参考の投稿。

鼻が高い男性は?他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3035947?&sfl=membername&stx=nnemon2


以下、最近の投稿。

トランプ大統領、許可なく外出したものにw他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3038541?&sfl=membername&stx=nnemon2
 志村けん スーパーマリオ他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3039211?&sfl=membername&stx=nnemon2
すっぴんの話他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3037766?&sfl=membername&stx=nnemon2


府中(fuchu)の、私の父方の伯母の家に関しては、以下の投稿を、参照して下さい。

兄妹姉弟で分かる恋愛がうまくいく人の特徴→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3024531/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2
モテ杉くんVS道程寺くんVS出木杉くん(上の投稿の関連投稿)→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3030583?&sfl=membername&stx=nnemon2


以下、参考の投稿。

 東京圏の夏祭り・夏祭りの理想と現実?他→
/jp/board/exc_board_1/view/id/3020781?&sfl=membername&stx=nnemon2


以下の投稿文で、「昨日は、前日に我が家に泊まった彼女と、朝寝坊をし(まあ、朝に寝たのですがw)、昼頃、のんびり起きて」とありますが、私のエッチに関しては、以下の投稿を、参照して下さいw

ラベンダーの香り他→
/jp/board/exc_board_26/view/id/3005724?&sfl=membername&stx=nnemon2
 イキマスイッチ→
/jp/board/exc_board_26/view/id/2601155?&sfl=membername&stx=jlemon


以下、「」内。私の前の投稿文より。。。

「ちなみに、私は、両親とも、酒に強くて酒飲みでw、遺伝により、酒は強いです。酒は、基本、どんなに飲んでも酒に飲まれる事はありませんw それは、ウイスキーをストレートでボトル1本を超えて、比較的短時間で飲めば、時間差で後から腰は抜けますが(学生の頃の話w)、どんなに飲んでも、性格は、普段よりも陽気で上機嫌になる位で、大きくは変わりません。

日本酒、ワイン、ウイスキー、ビール、焼酎なんでも行けますが、私は、お酒の飲み方は、本来的には、ウイスキーの様な、濃いお酒を、ロックで、チビリチビリと飲むのが好きです。

ちなみに、彼女(私の今の彼女)は、お酒が、弱いです。」

以下、お酒に関する、参考の投稿。

穏やかな人が、決して怒らない理由とは?他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3023491/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、基本的に、2018年の5月の上旬に行った投稿から抜粋して来た物です。


昨日は、前日に我が家に泊まった彼女と、朝寝坊をし(まあ、朝に寝たのですがw)、昼頃、のんびり起きて、彼女と、のんびりと遅い朝食兼昼食を食べ終わった後、少ししてから、彼女と、府中(fuchu)の、大國魂(ookunitama)神社(shrine)の、くらやみ(kurayami)祭に、電車で、遊びに、行って来ました。


大國魂(ookunitama)神社(shrine)は、府中(fuchu)市にあり、府中(fuchu)市の中心的な、電車駅である、府中(fuchu)駅(周辺は、府中(fuchu)市の中心繁華街となっています)から、歩いて5分程度の場所(府中(fuchu)駅周辺の繁華街の外れ辺り(府中(fuchu)駅周辺の繁華街の周辺))にあります。


府中(fuchu)は、東京の西の郊外に位置する中都市(中位の人口規模の都市)で、東京の都心部から近くも無ければ遠くもない、中位の距離の、東京の西部郊外に有ります(府中(fuchu)市の、中心的な電車駅である府中(fuchu)駅は、新宿(東京最大級の繁華街の一つ、且つ、東京の、主要な、ビジネス(business)地区の一つ)から、特別料金は不要の(特別料金を支払う必要のない)、通勤電車(電車)の、特急(express)で、20分から30分位です)。府中(fuchu)市は、基本的には、東京都心部に通勤する人々が、多く暮らす、東京の西の郊外の、静かで落ち着いた住宅地域となっています。



府中(fuchu)市の、中心市街地の、風景例。



大國魂(ookunitama)神社(shrine)は、111年創建の、1900年以上の歴史を有する、非常に、歴史が古い(ただし、神社(shrine)の建物は、時代に合わせて、建て替えられている)、規模の大きな、神道(Shinto)の、神社(shrine)で、その歴史も含めて、東京の西部郊外を、代表する、神社(shrine)となっています。大國魂(ookunitama)神社(shrine)で、毎年、春に行われる、1000年以上もの歴史を有する、長い伝統を誇る、くらやみ(kurayami)祭と言う、祭りは、東京圏で行われる多くの祭の中でも、かなり規模が大きな有名な祭となっています。個人的に、父方の伯母が府中(fuchu)市に住んでおり、私は、子供の頃、いとこ(cousin)・いとこ(cousin)達、伯母、伯父(父方の伯母の夫)、私の両親等と共に、くらやみ(kurayami)祭に、遊びに行ったりしました。


アメリカや西ヨーロッパの国々では、どの街でも、少なくとも一つの、キリスト教の教会があると思いますが、それと同様に、日本では、どの街にも、一般的には、少なくとも、1つの、神道(Shinto)の神社(shrine)又は、仏教の寺、もしくは両方が存在します。こうした、神道(Shinto)の神社(shrine)と仏教の寺(特に、神道(Shinto)の神社(shrine))は、宗教と言うよりも、生活文化として、街の人々の生活の中に自然と溶け込んでいます。もちろん、東京都心部の、私の街(基本的に、静かで、落ち着いた住宅地となっています)にも、神道(Shinto)の神社(shrine)があります。


日本では、非常に多くの、夏祭り(夏に開催される、祭り)が行われています。


夏祭り(夏に開催される、祭り)は、現代においては、神道(Shinto)の神社(shrine)以外の場所でも、たくさん開催されていますが、夏祭り(夏に開催される、祭り)は、伝統的には、一般的に、神道(Shinto)の神社(shrine)に関連する物であり、夏祭り(夏に開催される、祭り)は、現代においても、神道(Shinto)の神社(shrine)で、たくさん開催されています。


伝統的に、神道(Shinto)の神社(shrine)で多く行われている祭りは、伝統的に、田舎の村や、都市の街の、庶民・大衆にとって、日常生活からの、気分転換となって来た物です。


以下、「」内、今から、約150年前の、1865年に日本を訪れた、ドイツ人の考古学者(archaeologist)、Heinrich Schlieman(1822年生まれ。1890年に亡くなる)の言葉です。


「日本の宗教について、これまで観察して来た事から、私は、民衆の生活の中に真の宗教心は浸透しておらず、又、上流階級は、むしろ懐疑的であるという確信を得た。ここでは宗教儀式と寺と民衆の娯楽とが、奇妙な具合に混じり合っているのである」(ここで言う寺は、神道(Shinto)の神社(shrine)も、含めて考えて良いと思います)。」


以下、「」内。今から400年以上前の、16世紀後期に、日本を訪れた、イタリア人の宣教師、Alejandro Valignano(1539年生まれ。1606年に亡くなる)の言葉です。

Alejandro Valignanoは、(Alejandro Valignanoが思う)日本人の長所の一つとして、以下の様に書いています。

「(日本の)人々は、いずれも色白く、きわめて(非常に)礼儀正しい。(日本では)、一般庶民や労働者でも、その社会では、驚嘆すべき礼節をもって上品に育てられ、あたかも宮廷の使用人のように見受けられる。(日本人は)、この点においては、東洋の他の諸民族のみならず、我等(私達)ヨーロッパ人よりも優れている」。

その一方で、Alejandro Valignanoは、(Alejandro Valignanoが思う)日本人の短所の一つとして、以下の様に書いています。

「日本人の第五の悪は、飲酒と、祝祭、饗宴に、耽溺する事である。その為には、多くの時間を消費し、幾晩も夜を徹する(何日も、徹夜する)。この饗宴には、各種の音楽や演劇が伴うが、これ等は、全て、日本の宗教を日本人に教えた人々が考案した物の様に思われる。この飲酒や類似の饗宴、過食は、常に他の多くの堕落を伴うので、これによって、日本人の優秀な天性(生まれつきの性質)が、はなはだしく損なわれている」(ちなみに、ここで言う、堕落とは、おそらく、男女の(男と女の)エッチ等の事を言うと思いますw)。


ちなみに、現代においても、日本では、祭りの屋台では、通常、お酒(アルコール (alcoholic)飲料)も、販売され、祭りでは、お酒(アルコール (alcoholic)飲料)も、たくさん飲まれています。


ちなみに、16世紀当時の、ヨーロッパが、あまりに女性の地位が、低く、又、宗教(キリスト教)に縛られて、性(エッチ)に関して、あまりに保守的であったからかもしれませんが、16世紀の当時、日本は、ヨーロッパに比べて、相対的に、非常に、女性の地位が高く、又、性(エッチ)に関して、開放的であった様です。


以下、「」内。今から400年以上前の、16世紀に、日本を訪れた、ポルトガル(Portugal)人の宣教師、Luís Fróis(1532年生まれ。1597年に亡くなる)が、当時の、日本の女性について、書いた文です。


「ヨーロッパでは未婚の(結婚していない)女性の最高の栄誉と貴さは、貞操であり、又、その純潔が犯されない、貞潔さである。日本の女性は、処女の純潔を、少しも重んじない(少しも、大切にしない)。日本では、それを欠いても(女性が、処女を失っても)、名誉も失わなければ、結婚もできる」。


「ヨーロッパでは、娘や処女を、(家に)閉じこめておく事は、極めて(非常に)大事な事で、厳格に行われる。日本では、娘たちは、両親に断りもしないで(両親に、良いかどうか聞きもしないで・両親に、何も言わずに)、一日でも数日でも、一人で、好きな所へ出かける」(この、出かけると言う事は、おそらく、一人旅等の、通常の外出に加えて、交際している男性と会い、エッチする事も、含まれると思います)。 


「我々(ヨーロッパ)においては、女性が文字を書く事は、あまり普及していない。日本の貴婦人においては、もしその心得がなければ(女性が、文字を書く事が出来なければ)格が下がる物とされる」。

ちなみに、世界最古の(世界で、最も古い)、小説、世界最古の(世界で、最も古い)、近代式の、小説、世界最古の(世界で、最も古い)、心理小説(psychological novel)とも言われる、源氏(genji)物語(上流階級の、恋愛等を描いた、長編の小説で、概ね、100万文字・22万文節、400字詰め原稿用紙で約2400枚に及ぶ、およそ500名近くの人物が登場し、70年余りの出来事が描かれた(wikiを参考にしました)、長編の小説)は、紫式部(murasaki shikibu)(11世紀初め頃に活躍していた、日本の、富裕層の(下級の貴族出身の)、女性、小説家)によって、11世紀初めの、日本で、書かれました。


「ヨーロッパでは、財産は夫婦の間で共有である。日本では、妻と夫が、それぞれ、自分の分(それぞれ、自分の財産)を所有している。(日本では)、時には、妻が夫に、(お金を)高利で(高い利子を付けて)貸し付ける」。


「ヨーロッパでは、妻は夫の許可がなくては、家から外へ出る事が出来ない。日本の女性は夫に知らせず(夫に、何も言わないで)、好きな所に行く自由を持っている」(これは、おそらく、通常の外出に加えて、不倫(furin)(結婚しているのに夫以外の男性と交際する事)相手の、男性と会い、エッチする事も、含まれると思いますw)。


「ヨーロッパでは、女性が葡萄酒(wine)を飲む事は非礼(礼儀がない事)とされる。日本では、女性の飲酒(お酒(アルコール (alcoholic)飲料)を飲む事)が、非常に頻繁であり、(女性は)、祭礼(祭り)においては、たびたび(頻繁に)、酩酊(泥酔)するまで(非常に酒に酔うまで)、お酒(アルコール (alcoholic)飲料)を飲む」。


「ヨーロッパでは、妻を離別する(離婚する)事は、最大の不名誉である。日本では、意のままに(自由に)、いつでも離別(離婚)する。(日本では)、妻は、その事(離婚)によって、名誉も失わないし、又、結婚もできる(再び、結婚も出来る)」。


「ヨーロッパでは、夫が妻を離別する(夫の意志・希望で離婚する)のが普通である。日本では、しばしば(頻繁に)妻が夫を離別する(妻の意志・希望で離婚する)」。


ちなみに、参考に、以下「」内、今から、約140年前から150年前位の1870年から1874年に日本に滞在した、William Elliot Griffis(1843年生まれ。1928年に亡くなる。アメリカ人の、牧師・東洋学者)が、19世紀後期当時の、日本の女性について書いた文です。


「欧米諸国の女性と比べ、標準的に見て、日本の女性は美しい物への、あの優雅な趣味では、全く同等の資格があり、服装や個人の装身具においても、よく似合って見える。また、礼儀作法が女性らしく上品である事でも引けを取らない。美(美しさ)、秩序、整頓、家の飾りや管理、服装や礼儀の楽しみを、生まれながらにして愛する事では、一般に、(世界で?)、日本女性に、勝る女性はない」。
 

「日本の男性は、他のアジア諸国ほど、女性に横柄でなく、女性に対して、むしろ、鄭重である(扱い等が、心がこもっていて、礼儀正しく、手厚い)」。


「アジア的生活の研究者は、日本に来ると、他の国と比べて、日本の女性の地位に、大いに満足する。ここでは(日本では)、女性が、東洋の(アジアの)他の国で観察される地位よりも、ずっと尊敬と思いやりで待遇されているのがわかる。日本の女性は、より大きな自由を許されていて、そのため、より多くの尊厳と自信を持っている」。



くらやみ(kurayami)祭は、4月30日から5月6日にかけて、行われます。ちなみに、1000年以上もの歴史を有する、長い伝統を誇る、くらやみ(kurayami)祭ですが、江戸(edo)時代(17世紀から19世紀半ば)までは、男女の、出会いの場・free エッチの場でもある、祭りでもあったようです(女性が男性を拒否した場合は、出会いはなかった事になる・エッチは出来ないと言った、ちゃんとした、様々な決まりがあったようです)。くらやみ(kurayami)祭は、近代に入っても(19世紀後期以降も)、その様な(男女の、出会いの場・free エッチの場でもあると言った)名残があったようですが、第二次世界大戦後には、その様な行為は禁止されました。



日本では夏から秋にかけて、非常に多くの祭りが行われ、その際には、日本では、多くの女性が(特に、子供から、若い女性が)、祭りに遊びに行く際に、浴衣(yukata)(夏用の、簡易な、着物(kimono)(日本の伝統衣装))を着ますが、くらやみ(kurayami)祭は、春の祭りであるので、彼女も、昨日は、浴衣(yukata)を着ないで、普通の服で行きました。本当は、現代の東京の夏の暑さでは、浴衣(yukata)は、少し暑過ぎるので、浴衣(yukata)は、このくらいの時期に着るのも、調度、良いと思いますが。



昨日の夕方6時からは、くらやみ(kurayami)祭の、メインの行事である、大國魂(ookunitama)神社(shrine)出発した、6個の、大きな太鼓と、8個の、神輿(mikoshi)が、府中(fuchu)市の、中心市街地(中心繁華街)を回る、行列(parade)が行われました。



行列(parade)の、8個の、神輿(mikoshi)の一つ。途中で飽きてしまったのでw、行列(parade)の全てを見た訳ではありませんが、迫力があり、見応えがありました。



写真以下。昨日の夕食は、府中(fuchu)市の、中心市街地の、裏通りで、適当に目に付いた、庶民的な、ネパール(Nepal)・インド料理レストランで食べました。



この夕食時は、私は、飲み物は、ビールを飲んだのですが、この夕食時に私が飲んだ、ビールの一つ。MAHARAJAビール(インドのビール。インドのビールとは言え、主要な市場は、インド本国ではなく、アメリカと日本であるようです)。




写真以下。このネパール(Nepal)・インド料理レストランで食べた、昨日の夕食。このネパール(Nepal)・インド料理レストランは、初めて利用したのですが、食べ物は、何れも、まあまあ、美味しかったです。まあ、お気に入りのレストランにしたいと思う程の味ではありませんでしたが。。。


写真以下5枚は、二人で分けて食べました。


ひよこ豆(雛豆)の、サラダ(salad)。



ネパール(Nepal)風、小龍包(xiaolongbao)。



タンドール(tandoor)料理の盛り合わせ。



海老の(海老の系統の)、カレー(curry)。



野菜の(野菜の系統の)、カレー(curry)。



ナン(naan)。一人、一枚ずつ(写真は、一人分)。ナン(naan)は、この時、二人共、お代わりは、しませんでしたが、もしかしたら、お代わり自由(食べ放題)だったかもしれません。



以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。




<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube-nocookie.com/embed/nGYFWNMqOPc" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
動画は、借り物。縄文(Jomon)時代の○○事情。何だか知らないけど、you tubeで、お勧めの動画として出て来た動画で、昨日の夜(昨日の夜と言っても、厳密には、日付が変わって、今日になっていましたが)、寝る前に、歯を磨きながら、ちょっと見てみた動画ですw 3月29日に、アップされた動画の様です。この動画作成者の動画は、初めて見ました。



以下、「」内。私の前の投稿文より。。。

「私は、学生の頃(高校生・大学生の頃)、おそらくチャラチャラしていた事もあってw、芸能人・モデル事務所の人からスカウトの声がかけられていたのですが、母も女子大生の時、一応、芸能人・モデル事務所の人からスカウトの声がかかっていたそうですw(母方の祖父は穏やかで温和な性格であったのですが、当時、母にそれだけはやめてくれと言っていたそうでw、母は、母方の祖父に従って、断っていたそうです)。」

以下、参考の投稿。

沖縄旅行のエピソード・沖縄美人他→
/jp/board/exc_board_1/view/id/2984639/page/3?&sfl=membername&stx=nnemon2


以下、前に行った以下の投稿から抜粋して来た物です。

女子校・共学違い(番外編1)→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3007633/page/4?&sfl=membername&stx=nnemon2

ちなみに、後述する、私がかつて交際していた、女性の一人で、(私が交際していた当時)、菅原 沙樹(sugawara saki)に顔が、よく似ていた女性は、肌の色は、色黒で、私と同じ、色黒系の肌の、縄文(Jomon)顔(ソース顔)です。ちなみに、私の両親も弟も弟の奥さんも私の今の彼女も色白ですが、私は母方の祖父の隔世遺伝で色黒系の肌です。

以下、参考の投稿。

阿寒湖アイヌの村/アイヌ美人の思い出他→
/jp/board/exc_board_1/view/id/3001969?&sfl=membername&stx=nnemon2


以下、前に行った以下の投稿から抜粋して来た物です。

芸者他→
/jp/board/exc_board_11/view/id/3005911?&sfl=membername&stx=nnemon2


私は、生まれつき、テストステロンが多い男だと思います。


以下、「」内。前の他の方の投稿の私のレスより。。

「最近、you tube動画を見てkjの投稿でアップするのがマイブームになっているのですが、今まで生きて来た中における、自分の女性関係における、何気ない(本能的な)行動・経験が、心理学や女性への恋愛等に関するインタビュー等によって裏付けされる事を、楽しんじゃってる感じですw」


以下、前に投稿で紹介した動画です。ちなみに、私は、DaiGo(メンタリスト)の話の動画は、この動画を含めて、ほぼほぼ、今までに、kjで紹介している物しか見ていません。


浮気男の取り扱い説明書(去年の3月10日にアップされた動画の様です。)→
https://youtu.be/3ldR6ugAZuI


ちなみに、私は、若い頃は、遊んでいた事(チャラチャラしていた事)は、否定出来ませんが、私の今の彼女(以下、彼女と書きます)とは、私が今までに交際して来た女性の中で、交際期間最長記録を更新中ですが、私が彼女に振られない限り、私は、彼女の事を、これからも、ずっと大切にして行きたいと思っています。

以下、参考の投稿。

優しい・ユーモア・思いやり→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3005832?&sfl=membername&stx=nnemon2


私は、生まれつき、テストステロンが多い男だと思いますと言う事に関しては、以下の投稿を、参照して下さい。

腰振りダンスのコツ(ダイエットにも良い様ですw)他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2997788?&sfl=membername&stx=nnemon2
ラベンダーの香り他→
/jp/board/exc_board_26/view/id/3005724?&sfl=membername&stx=nnemon2


以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。ちなみに、テストステロンと、禿げる禿げないは関係ないようです(良かったw)。それに関しては、上でリンクを付けた投稿、「腰振りダンスのコツ(ダイエットにも良い様ですw)他」を参照して下さい。


ちなみに、私は、おじさんになった今でも、髪の毛は、フサフサです(私の弟も、おじさんになった今でも、髪の毛は、フサフサです)


以下「」内。前に行った投稿から抜粋して来た物です。

「ちなみに、私は、少なからぬ、女性経験がありますが(済みません。私は、若い頃は、ワルでした)、今まで、女性を妊娠させた事は、一度もありません(私は、元来の性分により、そうした事は、昔から、しっかりとしています)。」



以下2つ。前に投稿で紹介した動画です。ちなみに、「高年収の男性の婚活もまた決してバラ色ではない件」についての動画の話でいう、ギラギラしたタイプの女性、及び、「新川優愛さんロケバス婚に学ぶ【美女の落としかたの心理学】」で言う、ブランド女子は、若い頃の遊んでいた私ならば、ワンナイトの関係、エッチだけの関係の女性ならば良いですが、交際する女性としては、タイプではありません。


ちなみに、私の今の彼女は、以下で紹介する動画で言う、ギラギラしたタイプの女性でも、ブランド女子でもありません。それに関しては、以下の2つの投稿と、上でリンクを付けた投稿、「優しい・ユーモア・思いやり」を参照して下さい。

以下、参考の投稿。

ファッションで判る?恋愛心理テスト(彼女の、ファッションに関する話の投稿です)→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2993384/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2
鈴木ちなみさんが結婚他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/3002503/page/1?&sfl=membername&stx=nnemon2


すぐ下の動画作成者の動画は、この動画を含めて、今までに、kjで、紹介している13個の動画しか見ていません。


高年収の男性の婚活もまた決してバラ色ではない件について(去年の3月7日にアップされた動画の様です)→
https://youtu.be/tVh4NY-RKy4


新川優愛さんロケバス婚に学ぶ【美女の落としかたの心理学】(去年の8月12日にアップされた動画の様です)→
https://youtu.be/sOS7TwGPxc4

ちなみに、私は、新川優愛さんが、どんな人だか、全く分かりません。


以下、基本的に、前に行った投稿から抜粋して来た物です。


私は、若い頃、率直に言って、遊んでいましたw 二股以上かけて女性と交際していた時期もありましたし、交際している女性がいるのにも拘わらず、所謂ワンナイトラブ的なエッチも、たくさんしていましたし、又、肉体関係だけの(エッチだけの関係の)女性もいました。

私の今までの、恋愛(女性との交際)の結末のほとんどが、私の気の多さから、交際相手の女性にとっては、GO BANG‘Sの曲の、「BYE-BYE-BYE」(1991年)の歌詞のような結末で終わらせてしまったのですが、私は、(私が)、異性関係で、チャラチャラしていると言う事に関して(前述の通り、私は、若い頃、率直に言って、異性関係で、チャラチャラしていました)、自分が隠したい、特定の人に対して、上手に隠すと言う事に関しては、とても得意で、ずる賢く、才能があったので、私が、異性関係でチャラチャラしている事が、交際している女性に、バレて、交際している女性に、愛想を尽かされて別れると言うケースはありましたけど、そのようなケースは、広い意味では、GO BANG‘Sの曲の、「BYE-BYE-BYE」(1991年)の歌詞のような結末に含まれるとも言えますが、厳密には、私の今までの、恋愛(女性との交際)の結末の中で、例外的な、結末に分類されます。


以下、私の、その他の例外的な、恋愛(女性との交際)の結末の例です。


私は、若い頃、率直に言って、遊んでいました。私が若く、クラブでの夜遊びや合コン全盛期で、交際している相手以外とも機会があればエッチしまくりな悪い男であった頃(本当に、ごめんなさい)、クラブでナンパして交際するようになった、濃い顔だちの美人さんが、当時の自分と全く同じタイプで、驚いた事がありますw  私が、その女性と知り合った切っ掛けはクラブで、可愛い女の子がいるなと思い、私がその女性をナンパした事(その女性に声を掛けた事)ですw。その女性と、私は1年間程交際し、最初の3カ月位は、お互いにとても仲が良かったのですが、その女性は浮気(交際している異性がいるのにもかかわらず、交際していない異性ともエッチをする事)が激しく、私は、私で、当時は、まだ若く、馬鹿で、浮気(交際している異性がいるのにも関わらず、交際していない異性ともエッチをする事)が激しかったので、結局、(その女性は、優しい、良い面もあったのですが)、その事が原因で別れてしまいました。ちなみに、私が、今まで、付き合って来た女性の中で、浮気(交際している異性がいるのにも関わらず、交際していない異性ともエッチをする事)が激しかった女性は、その女性だけで、今まで、私が、交際して来た女性の中では、例外的なタイプの女性でした。私が、今まで、交際して来た女性は、その女性以外は、皆、基本的には、浮気(交際している異性がいるのにもかかわらず、交際していない異性ともエッチをする事)はしない方針の女性です。


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube-nocookie.com/embed/z29HMZBw0Kw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
動画は、借り物。その女性は、このMV(RIP SLYME(2000年代初め頃から活躍している日本のhip-hop group)の、「GALAXY」(2004年)のMV)に出演している、菅原 沙樹(sugawara saki)と言う、日本の無名の(有名ではない)、女性モデルに顔がよく似ていました。菅原  沙樹(sugawara saki)は、若干(少し)、西洋系(白人系)等の血が、混じっている様にも見えますが、西洋系(白人系)等の血は、混じっていない様です。


以上、私の、その他の例外的な、恋愛(女性との交際)の結末の例でした。

私は、若い頃(済みません。若い頃は、遊んでいました)、夜遊びで、クラブやバーで、女の子・女性をナンパする際に、美人さん・可愛い女の子を見たら、必ず声を掛けると言う事は、自分のルールとしていた訳ではありませんが、自然と、必ず、そうしていましたw 

ちなみに、若い頃、夜遊びで、クラブやバーで、ナンパする女の子は(中には、夜遊びで、クラブやバーでナンパした事が知り合ったきっかけで、交際した、女の子達もいましたが)、基本的には、体目的でした(済みません、若い頃は、ワルでしたw)。

個人的に、若い頃(特に高校生から20代の前半にかけて)、club(nightclub)で、よく、夜遊びしたり、よく、合コン(友人や知り合い等の紹介による、男女が、知り合う為の、居酒屋等での、飲み会や食事会。日本では、大学生等の学生位の年齢(18歳位)から20代位の年齢の若者の間で、盛んに行われている)に参加する等していた経験からすれば(ちなみに、今は、落ち着いて、真面目なw、大人となっています)、(自分の容姿に、ある程度、自信のある)、一般的に見て、綺麗な女性・可愛い女性程、男性に対する警戒心が少なく、失礼な言い方かもしれませんがw、男性から見て、口説いて、簡単にエッチし易い傾向にあると思います(もちろん、個人の性格の違いと言った物も、大きく、この傾向が、全ての女性に当てはまる傾向と言う訳では、全く、ありませんが。。。)。

個人的に、club(nightclub)でナンパ等して、簡単にワンナイトラブ的なエッチを出来る女性・簡単に肉体関係だけに(エッチだけの関係に)なれる女性の、特徴と言うのはあります。

以下、5つ。個人的に、club(nightclub)でナンパ等して、簡単にワンナイトラブ的なエッチを出来る女性・簡単に肉体関係だけに(エッチだけの関係に)なれる女性の、特徴です(あくまでも、私の、個人的な、経験によるものです)。

自分の容姿に、ある程度、自信のある、一般的に見て、綺麗な女性・可愛い女性。

自分のスタイルに、ある程度、自信を持っており、自分の体で特に自信のある部分等を強調した露出度の高い服等を着る。例えば、ヘソ出しファッション、足に自信のある女の子・女性であるのならば、ミニスカートとか生足を強調するショートパンツ、胸が大きい女の子・女性ならば、胸の大きさが強調される(際立つ)ような服など。

面食い。

ミーハー。

自分自身のファッションセンスやファッションの拘りを持っておらず、ブランド信仰が強い、女の子・女性。例が、古いですが、例えば、決して、裕福ではないのに(と言うか、むしろ、お金はあまり持っていない方なのに)、(少なくとも日本では)一般に普及したブランドだからと言う理由で、ルイ・ヴィトンのバッグを持っているような女の子。


総合すると、私の個人的な経験からすれば、何て事ない、自分の容姿に、ある程度、自信のある、一般的に見て、綺麗な女性・可愛い女性で、且つ、自分のスタイルに、ある程度、自信を持っており、自分の体で特に自信のある部分を強調した露出度の高い服等を着る女性、ぶっちゃけて言ってしまえば、単純に、一般的に、男性から見て、服装等も含めて、この女性と、ヤリたいな(エッチしたいな)と思われる女性が(ちなみに、この様な女性は、面食いで(イケメン・ハンサムな男性が好きで)、極端に言えば(とても単純化して言えば)、基本的に男性の上辺(外見)だけしか見ない(どちらかと言えば薄っぺらい性格な。ごめんなさい)女性が多いです)、個人的に、一番、簡単に、ワンナイトラブ的なエッチがし易く、簡単に肉体関係だけの(エッチだけの関係の)女性に出来ました。そして、実際に、私は、この様な女性達と、たくさんワンナイトラブ的なエッチをして来ましたし、又、肉体だけの(エッチだけの)関係にもなって来ましたw ちなみに、私にとって、一番、簡単に、ワンナイトラブ的なエッチがし易く、簡単に肉体関係だけの(エッチだけの関係の)女性に出来るタイプの女性は、基本的に、交際する女性としては、私が、好みのタイプの女性ではなく、そもそも、基本的に、最初から、交際しようと思う女性の対象には入らず、又、交際しても、基本的に、性格の不一致から、私は、すぐ、他の女の子・女性の事を好きになってしまい、交際は、長続きしませんでした。

ちなみに、この様な、私にとって、一番、簡単に、ワンナイトラブ的なエッチがし易く、簡単に肉体関係だけの(エッチだけの関係の)女性に出来るタイプの女性は、薄っぺらな意識が高く、交際する男性・結婚する男性は(金づるとしての男性は)、自分を高級ブランド品等で、贅沢させてくれる金持ちの男性が良いと思っている女性も少なくないと思いますが、自分が連れて歩いたり・エッチを含めて親密な関係となったりする男性に関しては、容姿が良い(顔が良く(イケメンで)スタイルが良い)男性が良いと思っている女性が多いです。


以下、「」内。過去の私のレスの中から抜粋した物です。

「私は、若い頃、夜遊びでクラブ等で女性・女の子をナンパする際には、スキンシップを活用していました。夜遊びでクラブ等でナンパして話しかけた女の子と、ノリが良く、楽しく話している際に、女の子の天然な部分・天然な発言等に、笑いながら、女の子(相手が女の子ではなく大人の女性の場合には、それをするのは相対的にはより慎重にしなければなりませんが)の頭を軽く叩いてツッコミを入れたりするのは、女の子との距離を縮めるのに、結構、効きます。夜遊びでクラブ等でナンパして話しかけた女性・女の子と、楽しく会話をし、お互いに乗って来たら、話しかけてから30分後位には、(ナンパして話しかけた女性・女の子と)イチャイチャしながら(女性・女の子を後ろから抱きしめたりしながら)話をするなんて、ザラにありました。夜遊びの世界は、その様なドロドロとしたものですw」

女性は本能的にスキンシップが好きな生き物です。ただし、女性に対して、女性が望まないスキンシップをしてはいけないのは、当然の事です。

前述の通り、女性は本能的にスキンシップが好きな生き物です。ちなみに、あえてだからと言う訳ではないのですが、私はエッチをした後に彼女に腕枕をしながら、彼女とまったりとお話しをする際に、よく彼女の頭を撫でたり、彼女の頭を優しくポンポンしてあげたりしています。と言うか、私の場合、彼女が愛おしくて自然と(無意識的に)そうなってしまうのですがw
 
ちなみに、(通常は、相手が自分が好きな男性・自分が好意を持っている男性に限られるのですが)女性は、男性よりも、キスが好きであると言うのも、女性が本能的にスキンシップが好きな事ともしかしたら関係しているのかもしれません。だからエッチにおいてもキスは重要なのです!

私にとって、一番、簡単に、ワンナイトラブ的なエッチがし易く、簡単に肉体関係だけの(エッチだけの関係の)女性に出来るタイプの女性は、交際する女性としては、基本的に、私が、好みのタイプの女性ではないのですが、私は、別に、この様なタイプの女性の否定派ではありません。私自身、薄っぺらく、チャラチャラした部分がありますし(特に、若い頃の私w)、この様なタイプの女性と過ごしていて楽しい部分もある事も事実です。

私は、どの様なタイプの女性であっても、私が、好意を持った女性には(ちなみに、私は、昔から、自分が好意を持たない女性とはエッチしません)、エッチを含めて、出来得る限りのサービス精神で(ちなみに、このサービス精神とは女性に媚びるのとは全く違います)もてなして、楽しい気分・幸せな気分になって貰いたいと思っています。

私は、昔から(中学生の頃から)、自然と、自分が好きな女性・自分が好意を持っている女性が、喜んでくてたら・幸せな気持ちになってくれたら、嬉しいし、幸せです。ちなみに、それには、率直に言って、自分の男性としての存在感・価値が認められる事に対しての自己満足と言う事が含まれます。あと、上手い例えが、思いつきませんが、例えると、一流のシェフが(まあ素人の料理自慢でも良いですが)、レストランで(または家に招いた)ゲストが、自分の作った料理を、とても美味しそうに食べて満足して幸せな気分になる事で、満足や充実感を感じる事に通じる物があると思います(エッチにしてもそうですw)。

例えば、客との何気ない会話の中から、客の好みを察知して、それをサービスに反映させると言うのは、一流の高級ホテルのサービスの手法でもあるようですが、こうした一流の高級ホテルの客を満足させるサービスと言うのは、男性が女性をもてなす手法と、それ程、大きく異なる物ではありません。

例えば、リッツ・カールトンのお客さんをおもてなしするノウハウは、男性がプライベートで女性をエンターテインする(喜ばせる)際のノウハウとしても使えます。

特に、「リッツ・カールトンでお客様が経験されるもの、それは感覚を満たすここちよさ、満ち足りた幸福感そしてお客様が言葉にされない願望やニーズをも先読みしておこたえするサービスの心です。」と言うあたりです。
 
以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。

私のエッチに関しては、上でリンクを付けた投稿、「ラベンダーの香り他」を参照して下さい。



TOTAL: 637

番号 タイトル ライター 参照 推薦
637 台湾産のパイナップル他 (19) nnemon2 2021-03-23 2332 0
636 BGM(外は雨でも家は晴れ)他 (17) nnemon2 2021-03-22 2486 1
635 青い空と海も良いけれど曇り空の家....... (7) nnemon2 2021-03-21 2408 0
634 今日の昼食&人生は楽しい (10) nnemon2 2021-03-19 2276 0
633 BMW他 (18) nnemon2 2021-03-18 2266 1
632 牛肉他 (14) nnemon2 2021-03-16 2153 1
631 女性がBLにハマる理由?他 (5) nnemon2 2021-03-16 1988 1
630 昨日の夕食のメインのおかずの食材....... (7) nnemon2 2021-03-15 2151 1
629 日本橋玉ゐの箱めし(穴子丼)(昨....... (10) nnemon2 2021-03-13 2130 1
628 今日の新聞の折り込みチラシ広告よ....... (5) nnemon2 2021-03-12 1918 0
627 あざとくて何が悪いの?他 nnemon2 2021-03-10 2134 1
626 SUNTORY OLD他 (5) nnemon2 2021-03-09 2049 1
625 ウイスキー(whisky)の話をもう少し....... (8) nnemon2 2021-03-08 2507 0
624 昨日の夕食のメインのおかずの食材....... (2) nnemon2 2021-03-07 2351 0
623 高原のオーベルジュ(auberge) (7) nnemon2 2021-03-06 2340 1
622 長髪の話他 (1) nnemon2 2021-03-05 2263 1
621 ムーミンの箱庭ゲーム他 (2) nnemon2 2021-03-05 2876 0
620 適当に、雛祭りに纏わる話 (3) nnemon2 2021-03-04 2085 0
619 昨日の夕食他 (1) nnemon2 2021-03-04 2110 1
618 車の運転の話他 (4) nnemon2 2021-03-03 2362 0