旅行 GreenZonePositiveRelationship





Firefox以外で、この投稿の写真が見られない場合は、Firefoxで、ご覧下さい。


以下の投稿の続きです。


400年近い歴史を有する温泉旅館他1(「伝統文化紹介」掲示板にアップしています)→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2975776?&sfl=membername&stx=nnemon2
400年近い歴史を有する温泉旅館他2(「伝統文化紹介」掲示板にアップしています)→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2975775?&sfl=membername&stx=nnemon2
400年近い歴史を有する温泉旅館他3(「伝統文化紹介」掲示板にアップしています)→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2975774?&sfl=membername&stx=nnemon2
400年近い歴史を有する温泉旅館他4(「伝統文化紹介」掲示板にアップしています)→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2975773?&sfl=membername&stx=nnemon2


以下、「以下、400年近い歴史を有する温泉旅館他4からの続きです。。。」と言う文までは、前回までの投稿と重複します。



以下、参考の投稿。

恋愛する気分にならない理由他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2965032/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2




以下、去年の10月に行った投稿から抜粋して来た物です。


9月の前半に、保養で、彼女と、東京の我が家から自動車で2時間半程の、長野(nagano)県の中南部の高原地帯(避暑地)にある、私の別荘(別荘とは言っても、比較的裕福な人々が保有する様な典型的な別荘ではなく、庶民的な中古の一戸建て住宅です)に滞在して過ごしていた時の、ある日、天気が悪かったので(別荘周辺の森を散歩・ハイキングしたり、景色を楽しみながらdriveする日和ではなかった為)、別荘周辺の市街地に出て、別荘周辺の市街地のラブホテル(love hotel)で一日過ごしていた時(何やってんだかと言った感じw ちなみに、ラブホテル(love hotel)は、基本的に、男女(男と女)が、エッチをすると言う事に特化したホテルである事から、家で、エッチするのとは、また、違った感じで(違った雰囲気の中で)、エッチを楽しむ事が出来ます)、たまたまつけたテレビで、由美かおるが出演していた(NHKの「ごごナマ」というテレビ番組です)のを見て、私も彼女も、それまで、由美かおるについて、あまり知らなかったのですが、彼女は、そのテレビ番組の由美かおるを見て、由美かおるの話し方や話す雰囲気、性格が、私の母(彼女の母ではなく私の母)に、そっくりじゃない?と言った感じの事を言いましたw ちなみに、私は西野流呼吸法とは、どのような物か、全く分からないですし、私の母も私も、西野流呼吸法は、やっていませんw





参考に、動画は借り物。由美かおる。



以上、前に行った投稿から、抜粋して来た物でした。


以下の投稿も、参照して下さい。

サンバカーニバルの踊子さん他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2970221/page/1?&sfl=membername&stx=nnemon2
竹内まりやさん64歳他 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2926939?&sfl=membername&stx=nnemon



以下、「」内。私の前の投稿文より。。。


「「Cosmo AP」は、MAZDA(日本の、大規模、自動車会社の一つ。ただし、大規模会社としては、規模が小さい)が、1975年に販売を開始した、ミドルクラス(中級class)の乗用車です。「Cosmo AP」は、私が、幼い頃から子供の頃、実家(両親)の、自動車でした。

私が幼い頃から現在に至るまでの、(我が家の近所の)私の実家の(私の両親の)、自動車の変遷は、MAZDA「Cosmo AP」→Nissan Volkswagen Santana(日産(nissan)自動車が、日本国内市場向けに、日本国内で生産していた、2代目、Volkswagen Passat(Volkswagen Passat (B2))の姉妹自動車。1984年に販売開始)→Mercedes-Benz C-Class →Mercedes-Benz E-Class (W211)(現在)(Mercedes-Benz E-Class の中では安い物です)となっていますが、両親は、まだ、W211 E-Classに乗り続けていて、今のところ、一向に(全く)、買い替える気配を見せません。私の、家系(家族の性質)は、一度、自動車を買ったら、とても長く乗る(乗り潰す位の、つもりで乗る)、家系(家族の性質)ですw(私も、私の弟も、そうです)。

私の実家(両親)の自動車の選択は、母が主導権を握っているので、私の母は、前述の通り、ミーハーでチャラチャラしたところがあるんでw(現代に若者時代を過ごしていたら、ギャルになったような気もしますw)、Nissan Volkswagen Santanaは、ドイツ車(当時、日本では、おそらく、まだドイツ車のブランド力が高かった)が、国産の同クラスの車と同程度の価格で買える、「ラッキー!」と言った程度の乗りで買ったような気がしますw その後、両親は、Mercedes-Benz C-Class、Mercedes-Benz E-Classと乗り継いでいるのですが、ベンツと言う選択は、母の見栄の部分もある事は、否定出来ないと思いますw まあ、(私もそうなのですが)、両親は、休日に高速道路を使う機会が多いので、その点において、ドイツ車と言う選択は、良いのだと思いますが。

幼い頃、親に連れられて、実家のコスモで国内旅行をした際に、現地の私よりも年上の(おそらく自動車に興味がある・自動車好きの)見知らぬ男の子が、うちの(実家の)コスモを見て、「品川ナンバーのコスモ、かっけー!」みたいな内容の事を言い、その言葉が耳に残り、子供心になんとなくですが、品川ナンバーってブランド力があるんだなと言う事を初めて認識しましたw」



以下、「」内。12月4日に行った、以下の私の投稿の他の方のレスに対する、私のレスです。。。

日光で、お勧めのハイキングコース前編→
/jp/board/exc_board_1/view/id/2968681?&sfl=membername&stx=nnemon2


「ちなみに、11月前半の、 coco111さんの悩み板の投稿、「占い 」において、以下「」内のようにレスしましたが。。。

「理想は72歳で眠るように逝きたいのに(T_T)>調度、我が家の近所の実家の私の母と同年代ですが、母は父(母と同年代)と2人で、未だにスキーにも行っていますw  coco111さんも72歳になった時に、パートナーさんとまだボディーボードを続けている事を目標にして下さいw ただ、屋外でのスポーツ・海水浴・ハイキング等は、スキンケア(日焼け防止等)に十分に気をつけて。私は男ですし、肌の色は日焼けに強い色黒系なので(両親色白ですが、母方の祖父からの隔世遺伝。肌の色は竹野内豊さんと同じ感じですw)、特にスキンケアはしていませんが(海水浴時・スキー時に日焼け止めを塗る位)。

coco111さんは、仕事柄、車に乗っている時間が長いと思いますが、室内(車内)だからと言って、車も油断なりません。特に顔・首・手・腕の日焼けに気をつけて。ちなみに実家の両親は、長年乗り潰すつもりで乗って来たW211ベンツを買い替える事を検討しているようです(ベンツは母の見栄の部分があったと思いますが、もうベンツである必要はないし、お金の無駄遣いなので、今度は、国産のものを検討しているようです)。何れにしても買い替えを検討しているという事は、両親は、まだ当分の間、車の運転を続けるつもりであるようです。これから高齢化社会、安全の為、自動運転が普及して行くといいんですけどね。」

その後、近所の実家の両親と話す機会があった際に、両親は買い替える車に関して、プリウスも検討の選択肢に入れているようですw おいおい、息子の真似かいっw

私の車に関しては、以下の投稿を参照して下さい。

C級アイドル?他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2964814?&sfl=membername&stx=nnemon2

まあ、親は、プリウス買うとしても、私とは色違いの物を買うようですし(ちなみに、私は、今の自分の車(現行プリウス)の色は気に入っています)、(色々と付いた)私よりも高いグレードの物を買うと思いますが。車のダウンサイジングに関しては、親よりも、子供(私)の方が早かったというw

ちなみに、父は、母に負けずに元気で、まあ、私の実家は、元々、大食いの家系なのですが(ちなみに、私は、母の痩せの大食い体質を受け継いでいますw 大食いと言っても標準よりも、少し多く食べる程度ですが)、上の両親の車の買い替えに関する話を聞いた際に、両親から聞いた話なのですが、この前、両親が、両親と同年代の両親と親しい友人夫妻と4人で、一泊2日の温泉旅行に行った際に、その両親の友人夫妻は、温泉宿の朝食バイキングで、父が、(おそらく少なからぬ)スクランブルエッグと共に、目玉焼き(2個)と、温泉玉子2個とっているのを見て、驚いていたと言っていましたw ちなみに、その両親の友人夫妻の夫の方は、食が細くて、私の父の3分の1程度しか食べないようです(し〜さまさんタイプの体質なのかもしれません)。

以下、参考の投稿。

お中元(cyugen)→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2629844/page/15?&sfl=membername&stx=jlemon


以下「」。両親を連れて、私と両親の3人で、箱根の富士屋ホテルに泊まった際の投稿から抜粋して来た物w

「この日の朝食は、両親の希望で(両親が、バイキング(buffet)の方が、良いと言った為)、富士屋(fujiya)ホテルの、主食堂(main diningroom)の建物に入っている、富士屋(fujiya)ホテルの、カジュアル(casual)な雰囲気の、洋食・西洋料理レストランの、朝食バイキング(buffet)で食べました。」

以下、参考の投稿。

箱根(hakone)富士屋(fujiya)ホテル他→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2833620/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon


以下、私の母と、私の彼女(私の今の彼女)を連れて、私、私の母、彼女(私の今の彼女)の、3人で、湯河原の伊藤屋に泊まった時に関する投稿です。

湯河原の老舗温泉旅館等→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2835192/page/8?&sfl=membername&stx=nnemon

以下「」内 。前に行った以下の投稿から抜粋して来た物。

身長と胸の話等→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2863056/page/5?&sfl=membername&stx=nnemon

「ちなみに、私の今の彼女は、美人さんですが、顔は、彼女の父親(会社員)似です。私も、私の彼女も、比較的、多く、食べ物を食べる方ですが(そう言っても、標準よりも、若干(ほんの、少しだけ)、多く食べる程度です)、幸いな事に?、(比較的、たくさん)食べても、太らない体質です。彼女は(彼女は、身長は、170cmと高いです)、胸が、大きいので(G-cupあります)、食べた栄養が、胸に行ってしまうのかもしれませんw。私の実家も、彼女の実家も、比較的、たくさん、食べ物を食べる家系(家族)なのですが(そう言っても、標準よりも、若干(ほんの、少しだけ)、多く食べる程度です)、特に、私の母(専業主婦)、及び、彼女の母(専業主婦)は、(比較的、たくさん)食べても、太らない体質で、私、及び、私の彼女は、体質は、それぞれの、母親に似たのかもしれません。彼女の母親(身長は、彼女程、高くはありませんが、比較的、高く、胸は、E-cup(彼女の情報w)と、大き目な方です)は、昔から、比較的、たくさん食べるのに、痩せていたそうで、今でも、(年齢の割に)、比較的、たくさん、食べ物を食べますが、痩せていますし、私の母も(身長は、163cm位と、私の母の世代の女性にしては、比較的、高い方です)、昔から、比較的、たくさん食べるのに、痩せており、今でも、(年齢の割に)、比較的、たくさん、食べ物を食べますが、痩せています。また、彼女の父親も(彼女の父親も長身です)、私の父親も(身長は、177cmと、私の父親の世代にしては、背が高い方です)、中年になって以降、それなりに肉が付きましたが、(年齢の割に、比較的、たくさん食べるものの)、別に、太っていると言う程ではなく、同世代の男性の標準的な、体形と言った感じです(私の父も、彼女の父も、若い頃は、痩せていました)。」





以下、「」内。4月30日に行った、上の「」内でリンクを付けた投稿、「湯河原の老舗温泉旅館等」と言う投稿から抜粋して来た物です。



「以下、前に行った投稿から抜粋して来た物で、私が、近所の実家の私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の、伊藤屋(itouya)と言う歴史のある高級温泉旅館に宿泊して来た時の物です。ちなみに、この時の、少し前には、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)と言う高級classの温泉旅館に一泊して来ました(ちなみに、山翠楼(sansuirou)は、彼女と二人でも宿泊した事があります)。ちなみに、何れの形態の旅行(私と、私の母と、彼女の3人の宿泊を伴う旅行、及び、私と、彼女と、彼女の母の3人の宿泊を伴う旅行)も、とても珍しい物で、と言うか、今まで、それぞれ、その時(私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の伊藤屋(itouya)に宿泊した時と、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)に宿泊した時)、1回だけです。

ちなみに、彼女と彼女の母の仲は、決して上手く行っている訳ではないのですが、私と、彼女の母の仲は、特に悪くも何もありません(彼女の母の、私に対する、人当たりは、良いですと言うか、何故か、不思議と、気に入られてる感すらありますw)。


ちなみに、この、私が、近所の実家の私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の、伊藤屋(itouya)と言う歴史のある高級温泉旅館に宿泊して来た時の旅行も、私が、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)に宿泊した時の旅行も、旅館の宿泊費等、旅行の、お金は、全員分、私が、支払っています。」


彼女(私の今の彼女。以下、彼女と書きます)と彼女の母の関係性に関しては、以下の投稿を参照して下さい。

いじめが起きる本当の原因他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2938874/page/5?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、4月28日に行った2つ上の「」内でリンクを付けた投稿、「箱根(hakone)富士屋(fujiya)ホテル他」と言う投稿から抜粋して来た物です。




「私は、その時の事に関して、kjで、アップ(upload)していますが、私は、一昨年の、2月の終わりに、(我が家の近所の私の実家の)両親を連れて、箱根(hakone)の、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊して来ました。

私の2歳年下の弟(東京の西部郊外に暮らしています)は、既に、結婚して、子供がいて、今は、子育てに忙しいので、今の所、こう言う役割は、私と言う事で。。。

その前の年の12月の初めに、両親を連れて、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊して来た時に(その時、両親と旅行したのは、とても久しぶりでした。その時の事も、kjで、アップ(upload)しています)、勢いで、両親に、今度、富士屋(fujiya)ホテルに連れて行くと言ってしまった事が、その時の、両親を連れた、富士屋(fujiya)ホテルの宿泊に、繋がりましたw(ちなみに、それから、私は、両親を旅行に連れて行っていませんし、これから、やや、しばらくの間は、両親を連れて旅行に行くかどうかは、ちょっと分かりませんw)。

富士屋(fujiya)ホテルがある、箱根(hakone)(東京圏(東京圏の南部を占める県である、神奈川(kanagawa)県)の、南西端部に位置します)は、日光(nikko)(栃木(tochigi)県(東京圏の北端に位置する県)に位置する)と並ぶ、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地です。ちなみに、箱根(hakone)は、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地であり、私の両親は、よく、箱根(hakone)に訪れていますし、私も、今まで、たくさん、箱根(hakone)に訪れています。

金谷(kanaya)ホテル(日光(nikko)を代表する、歴史のある高級リゾート(resort)ホテル。1873年開業)は、私は、子供の頃、私の母方の祖父に連れられて、(私の母方の祖父母、両親、弟と共に)、3回、大人になってから1回(女性と2人での、coupleでの宿泊)の
、合計4回、宿泊した事があります。私の両親は、金谷(kanaya)ホテルは、私が、子供の頃に、私の母方の祖父(私の母方の祖父母)に連れられて、子供と共に(私と、私の弟と共に)、3回、宿泊した事があります。

前述の通り、私の母方の祖父は、普段の生活は、つましかったですが、何故か、家族を(妻、娘夫婦、孫)を、金谷(kanaya)ホテルに連れて行く事に関しては、気前が良かったです。ちなみに、日光(nikko)は、私の母方の祖父の、お気に入りの場所でした。

私は、富士屋(fujiya)ホテルは、今まで、6回、宿泊しています(一昨年の、2月の終わりに、(我が家の近所の私の実家の)両親を連れて、箱根(hakone)の、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊して来た時の、1回を除き、(残りの5回は)、全て、couple(女性と2人)での宿泊)。

(亡くなった)私の母方の祖父母は、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した事がありましたが(母方の祖父母は夫婦で宿泊した事があり、母方の祖母に関しては、結婚前(子供の頃を含む)、母方の祖母の家族でも宿泊した事あり)、私の母は、その時まで、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した事がありませんでした。また、私の父は、その時まで、富士屋(fujiya)ホテルは、会社の研修で、一度、宿泊した事がありましたが、個人的な旅行で宿泊した訳ではないので、富士屋(fujiya)ホテルの雰囲気を、ゆっくりと味わう事は、全く、出来なかったそうです。その様な事から、その前の年の12月の初めに、両親を連れて、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊して来た時に(その時、両親と旅行したのは、とても久しぶりでした)、弾みで(勢いで)、両親に、今度、富士屋(fujiya)ホテルに連れて行くと言ってしまった事が、その時の、両親を連れた、富士屋(fujiya)ホテルの宿泊に繋がりましたw ちなみに、その時の、両親の、富士屋(fujiya)ホテルの印象が良かったらしく、両親は、その時から今まで、2回、夫婦で、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊している様です。


ちなみに、上記の、私の、両親を連れた、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)に宿泊した旅行、及び、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した旅行の、宿泊費、食事代等は、両親の分を含めて、全て、私が支払っています。」


私の両親に関しては、以下の投稿を参照して下さい。

妻が夫の容姿に惚れ夫が優しければ夫婦円満説→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2843289/page/7?&sfl=membername&stx=nnemon



以下の投稿も、参照して下さい。


東京人と田舎→
/jp/board/exc_board_1/view/id/2834459/page/4?&sfl=membername&stx=nnemon
湘南(syonan)モノレール(monorail)他→
/jp/board/exc_board_1/view/id/2842705/page/3?&sfl=membername&stx=nnemon
似てるw他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2974138?&sfl=membername&stx=nnemon2
姉妹他 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2974518?&sfl=membername&stx=nnemon2
女性いとこ同士他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2974562?&sfl=membername&stx=nnemon2
普通のカップルとマンネリカップルの違い他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2973417?&sfl=membername&stx=nnemon2
私と弟 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2836127/page/8?&sfl=membername&stx=nnemon
身長と胸の話等→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2863056/page/5?&sfl=membername&stx=nnemon
年収500万以下からの脱出法他 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2962047/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2
【悲劇】若いうちに稼げないとどうなるか他 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2969686/page/1?&sfl=membername&stx=nnemon2
理想の結婚を妄想!他 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2957263/page/3?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、参考に、私の彼女(私の今の彼女)と、箱根(hakone)の、強羅(goura)環翠楼(kansuirou)という歴史のある温泉旅館に宿泊した時に関する投稿です。

箱根の老舗温泉旅館1→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2835924/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon



以下、参考に、私の彼女(私の今の彼女)と、箱根(hakone)の、環翠楼(kansuirou)という歴史のある温泉旅館(「強羅(goura)環翠楼(kansuirou)」とは、別の温泉旅館です)に宿泊した時に関する投稿です。


箱根の老舗温泉旅館2-1 →
/jp/board/exc_board_11/view/id/2835923/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon
箱根の老舗温泉旅館2-2 →
/jp/board/exc_board_11/view/id/2835921/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon
箱根の老舗温泉旅館2-3 →
/jp/board/exc_board_11/view/id/2835920/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon



以下の投稿も、参照して下さい。


箱根の日帰りドライブデートの例→
/jp/board/exc_board_1/view/id/2967938?&sfl=membername&stx=nnemon2




以下、400年近い歴史を有する温泉旅館他4からの続きです。。。



以下、上の「」内で書いた、私の、両親を連れた、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)に宿泊した旅行に関する、私の前の投稿から抜粋して来た物です(2016年に行った投稿です)。



この時、私達が、宿泊した温泉旅館については、「400年近い歴史を有する温泉旅館他2」と「400年近い歴史を有する温泉旅館他3」を、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)記念館については、「400年近い歴史を有する温泉旅館他3」と「400年近い歴史を有する温泉旅館他4」を参照して下さい。




ちなみに、以下の文で、「ちなみに、私の両親は、ウォーキング(運動を兼ねて歩く事)・ハイキング(hiking)も好きで、(普段、運動不足気味の)私よりも、歩くのが速く、足も丈夫な位ですw 」と書いていますが、その事に関連して、以下「」内。私の前の投稿文より。。。



「私の両親は、昔から、とても仲が良く、子供(私と私の2歳年下の弟)が親離れしてからは(それぞれの楽しみを見つけて週末や休日を基本的に別々に楽しむようになってからは)、週末や休日にしょっちゅう夫婦二人で遊びに出掛けるようになり、それが父・母とも既に高齢者である現在まで続いています。我が家の近所の私の実家の両親は、二人共、高齢者になった、今でも、夫婦、とても仲が良く、頻繁に、二人で遊びに出掛けています。私の父は、会社員ですが、現在、半分、定年退職状態で、私の両親は、年齢的には高齢者の中で若い年齢ではありますが、夫婦で、よく二人共通の趣味のゴルフに行きますし(両親は、未だに、夫婦で、スキーにも行きます)、夫婦で、海外を含めた、長期旅行も、よくしており、私の父は、仕事と遊びを、とても、元気に楽しみ続けています。私は、両親の(まあ、私の母は、私の父と結婚してから、ずっと主婦ですが。。。)、元気と、パワーが(力が)、羨ましい位ですw」


以下の投稿文に、大倉(okura)財閥が出て来ますが、大倉(okura)財閥については、以下の投稿も、参照して下さい。

現代日本様式後編→
/jp/board/exc_board_14/view/id/2833736/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon
 

以下、「」内。上でリンクを付けた投稿の、ホテルokura(Hotel Okura)に関する説明は、wiki等を参考にしました。


「ホテルokura(Hotel Okura)は、大倉(okura)家(第二次世界大戦以前の、日本の、中規模、財閥(第二次世界大戦以前の日本の15大財閥の一つ)家)の当主であり、貴族(男爵)(実業家系の貴族。ちなみに、間違っていたら、申し訳ありませんが、おそらく、近代日本においては、実業家系の貴族(国への経済的な貢献により、貴族の地位が与えられた、実業家の家)は、どんなに財産があっても、基本的に、男爵(貴族の中では、一番、低い地位)止まりでした)でもあった、大倉 喜七郎(okura kishichiro)(1882年生まれ。1963年に亡くなる。自動車レース(car racing)等、日本、屈指の趣味人として知られた)により設立された、ホテルです。

 大倉 喜七郎(okura kishichiro)の父であり、先代の大倉(okura)家の当主である、大倉 喜八郎(okura kihachiro)(1837年生まれ。1928年に亡くなる。実業家・貴族(男爵(実業家系の貴族))は、帝国ホテル(Imperial Hotel)(1890年開業)の設立に、大きく関わった人物の一人であり、その事から、大倉(okura)家(大倉(okura)財閥。近代日本の中規模財閥の一つ。第二次世界大戦以前の日本の15大財閥の一つであった)は、帝国ホテルの経営を行っていましたが、1922年、大倉 喜七郎(okura kishichiro)は、父である、大倉 喜八郎(okura kihachiro)の後を継いで、帝国ホテルの会長に就任し、また、1924年に、大倉(okura)財閥の当主に就任しました。

しかしながら、それぞれ、連合国軍最高司令官総司令部(Supreme Commander of the Allied Powers)(第二次世界大戦の、日本の敗戦に伴い、日本において占領政策を実施した連合国軍の機関。1952年、日本の、完全な、主権の回復により、活動を停止)の政策である、財閥の解体(財閥の廃止)、公職追放(第二次世界大戦以前の日本の体制下において、政治・経済・軍事等の分野で、重要な地位に就いていた者達の、(重要な職務への)就職が、第二次世界大戦直後の、一時期、禁止された)、貴族制度の廃止により、大倉 喜七郎(okura kishichiro)は、第二次世界大戦後、多くの財産を失うと共に、帝国ホテルの会長の地位も失い(帝国ホテルの経営から、離れざるを得なくなり)、さらに、貴族としての地位も失いました。
 
大倉 喜七郎(okura kishichiro)は、公職追放の解除後、帝国ホテルの社長への就任(帝国ホテルの経営への復帰)を、切望しましたが(強く望みましたが)、適わず、ホテル経営の未練から、最晩年に、自身の邸宅(大倉(okura)家の邸宅)の敷地の跡に、ホテルokura(Hotel Okura)を建て、1962年に開業しました(大倉 喜七郎(okura kishichiro)は、ホテルokura(Hotel Okura)の開業の翌年の、1963年に亡くなりました)。

ホテルokura(Hotel Okura)は、大倉 喜七郎(okura kishichiro)が、近代日本の最後の男爵(貴族)の一人であったと言う意地により、又、近代日本の貴族の精神を、(後の時代に至るまで)証明する為に(ちなみに、大倉 喜七郎(okura kishichiro)が当てはまるかどうかは、分かりませんが、日本の、金持ちは、一般的に、伝統的に、中国や中東の金持ちと違って、派手さよりも、風流さを好み(割と地味で)、見える所よりも、見えない所に、お金をかけるイメージがあります)、(最晩年に)、自身の邸宅(大倉(okura)家の邸宅)の敷地の跡に、「帝国ホテルを超えるホテル」を目指して、開業したホテルです(ちなみに、帝国ホテルは、大倉 喜七郎(okura kishichiro)の父である、大倉 喜八郎(okura kihachiro)が設立し、大倉 喜七郎(okura kishichiro)が、発展させたホテルです)。ちなみに、個人的には、ホテルokura(Hotel Okura)は、とても良いホテルであると思うものの、帝国ホテルを、あらゆる面において、超える事は、出来ていないと思います。」

 



以下、2016年に行った投稿から抜粋して来た物です。ちなみに、前述の通り、私の、両親を連れた、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)に宿泊した旅行、及び、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した旅行の、宿泊費、食事代等は、両親の分を含めて、全て、私が支払っています




以下、この時の2日目(以下、この日と書きます)の続きです。



この日は、旅館を、のんびりと、チェックアウト(checkout)した後、小田原(odawara)市の、丘陵地の、別荘地区にある、松永(matsunaga)記念館を訪れました。小田原(odawara)は、神奈川(kanagawa)県(東京圏の南部を占める県。箱根(hakone)も、神奈川(kanagawa)県に属する)南西部にある中都市で、箱根(hakone)の観光の拠点となっている中都市です。小田原(odawara)は、温暖な気候等から、近代以降、別荘地としても注目を集め、多くの政財界人・軍人(将校)等が、小田原(odawara)に、別荘・邸宅を構えました。


私は、古い建物を観賞したりするのが、好きなので、松永(matsunaga)記念館は、この時を、含めて、何回か訪れていますし、私の両親も、この時の前に、松永(matsunaga)記念館を訪れた事がありましたが、両親は、この時まで、紅葉の時期に、松永(matsunaga)記念館を訪れた事がなかったので、この時、両親を、松永(matsunaga)記念館に連れて行きました。この時、松永(matsunaga)記念館の、紅葉は、調度、見頃でした。




写真以下11枚。松永(matsunaga)記念館を訪れた後、松永(matsunaga)記念館の、駐車場に、自動車を、少し、そのまま、置かせて貰って、松永(matsunaga)記念館の周辺を、散歩した際に撮影した、小田原(odawara)市の、丘陵地の、別荘地の風景例。ちなみに、私の両親は、ウォーキング(運動を兼ねて歩く事)・ハイキング(hiking)も好きで、(普段、運動不足気味の)私よりも、歩くのが速く、足も丈夫な位ですw   小田原(odawara)市の、丘陵地の、別荘地は、現在は、基本的には、普通の、一戸建て住宅・普通の別荘の合間に、かつての、政財界人等の、別荘の跡地、及び、敷地の広い、金持ち等の別荘・住宅等が、点在していると言った感じになっています。































大きな、個人の別荘(記憶が曖昧ですが、たぶん。。。)の、入り口。



写真以下4枚。広い敷地を有する、1920年に建てられた、かつての、大倉(okura)財閥(近代日本の中規模財閥の一つ。第二次世界大戦以前の日本の15大財閥の一つであった)家の、小田原(odawara)の別荘の、入り口。数年前までは、旅館・食堂として運営されていたのですが(食事で、何度か、利用した事がありました)、閉店してしまいました。現在は、広い敷地は、手入れもされておらず、荒れ放題となっている様です。雰囲気の良い場所であったのに、残念です。




















写真以下。小田原(odawara)駅周辺にある、両親が、餃子(dumpling)が、お気に入りの、中国料理食堂で、この日の、昼食を、遅目の時間に、食べてから、東京都心部に帰りました。この中国料理食堂は、私は、この時、初めて利用しました(この時、両親の、勧めで、この中国料理食堂で、昼食を食べる事になりました)。



写真以下5枚。これで、全てではありませんが、この中国料理食堂で食べた、この日の昼食。餃子(dumpling)を、メイン(main)に(メイン(main)料理にして)(餃子(dumpling)は、3人で分けて食べました)、その他は、それぞれが(各自が)、食べたい物を注文して、食べました。

写真以下3枚は、この時、私が食べた、海老チリと、ご飯(rice)の組み合わせの、昼食メニュー(menu)。


















これは、参考に、この時、父が食べた、10種類の、薬膳(yakuzen)(健康・滋養等に良い)調味料を使った、薬膳(yakuzen)(様々な、健康・滋養等に良い食材を用いた、療養・健康・滋養等に、効果があるとされる中国料理)麺料理。この麺料理は、この中国料理食堂で、餃子(dumpling)と並んで、父の、お気に入りの料理である様です。




餃子(dumpling)。餃子(dumpling)は、後で、もう一皿、追加で頼んで食べました(一度に、纏めて注文し、纏めて来ると、食べている途中に、冷めてしまうので)。餃子(dumpling)は、3人で、分けて食べました。



400年近い歴史を有する温泉旅館他、終り。。。








400年近い歴史を有する温泉旅館他5





Firefox以外で、この投稿の写真が見られない場合は、Firefoxで、ご覧下さい。


以下の投稿の続きです。


400年近い歴史を有する温泉旅館他1(「伝統文化紹介」掲示板にアップしています)→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2975776?&sfl=membername&stx=nnemon2
400年近い歴史を有する温泉旅館他2(「伝統文化紹介」掲示板にアップしています)→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2975775?&sfl=membername&stx=nnemon2
400年近い歴史を有する温泉旅館他3(「伝統文化紹介」掲示板にアップしています)→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2975774?&sfl=membername&stx=nnemon2
400年近い歴史を有する温泉旅館他4(「伝統文化紹介」掲示板にアップしています)→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2975773?&sfl=membername&stx=nnemon2


以下、「以下、400年近い歴史を有する温泉旅館他4からの続きです。。。」と言う文までは、前回までの投稿と重複します。



以下、参考の投稿。

恋愛する気分にならない理由他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2965032/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2




以下、去年の10月に行った投稿から抜粋して来た物です。


9月の前半に、保養で、彼女と、東京の我が家から自動車で2時間半程の、長野(nagano)県の中南部の高原地帯(避暑地)にある、私の別荘(別荘とは言っても、比較的裕福な人々が保有する様な典型的な別荘ではなく、庶民的な中古の一戸建て住宅です)に滞在して過ごしていた時の、ある日、天気が悪かったので(別荘周辺の森を散歩・ハイキングしたり、景色を楽しみながらdriveする日和ではなかった為)、別荘周辺の市街地に出て、別荘周辺の市街地のラブホテル(love hotel)で一日過ごしていた時(何やってんだかと言った感じw ちなみに、ラブホテル(love hotel)は、基本的に、男女(男と女)が、エッチをすると言う事に特化したホテルである事から、家で、エッチするのとは、また、違った感じで(違った雰囲気の中で)、エッチを楽しむ事が出来ます)、たまたまつけたテレビで、由美かおるが出演していた(NHKの「ごごナマ」というテレビ番組です)のを見て、私も彼女も、それまで、由美かおるについて、あまり知らなかったのですが、彼女は、そのテレビ番組の由美かおるを見て、由美かおるの話し方や話す雰囲気、性格が、私の母(彼女の母ではなく私の母)に、そっくりじゃない?と言った感じの事を言いましたw ちなみに、私は西野流呼吸法とは、どのような物か、全く分からないですし、私の母も私も、西野流呼吸法は、やっていませんw




<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube-nocookie.com/embed/bPa66et-Zvw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
参考に、動画は借り物。由美かおる。



以上、前に行った投稿から、抜粋して来た物でした。


以下の投稿も、参照して下さい。

サンバカーニバルの踊子さん他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2970221/page/1?&sfl=membername&stx=nnemon2
竹内まりやさん64歳他 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2926939?&sfl=membername&stx=nnemon



以下、「」内。私の前の投稿文より。。。


「「Cosmo AP」は、MAZDA(日本の、大規模、自動車会社の一つ。ただし、大規模会社としては、規模が小さい)が、1975年に販売を開始した、ミドルクラス(中級class)の乗用車です。「Cosmo AP」は、私が、幼い頃から子供の頃、実家(両親)の、自動車でした。

私が幼い頃から現在に至るまでの、(我が家の近所の)私の実家の(私の両親の)、自動車の変遷は、MAZDA「Cosmo AP」→Nissan Volkswagen Santana(日産(nissan)自動車が、日本国内市場向けに、日本国内で生産していた、2代目、Volkswagen Passat(Volkswagen Passat (B2))の姉妹自動車。1984年に販売開始)→Mercedes-Benz C-Class →Mercedes-Benz E-Class (W211)(現在)(Mercedes-Benz E-Class の中では安い物です)となっていますが、両親は、まだ、W211 E-Classに乗り続けていて、今のところ、一向に(全く)、買い替える気配を見せません。私の、家系(家族の性質)は、一度、自動車を買ったら、とても長く乗る(乗り潰す位の、つもりで乗る)、家系(家族の性質)ですw(私も、私の弟も、そうです)。

私の実家(両親)の自動車の選択は、母が主導権を握っているので、私の母は、前述の通り、ミーハーでチャラチャラしたところがあるんでw(現代に若者時代を過ごしていたら、ギャルになったような気もしますw)、Nissan Volkswagen Santanaは、ドイツ車(当時、日本では、おそらく、まだドイツ車のブランド力が高かった)が、国産の同クラスの車と同程度の価格で買える、「ラッキー!」と言った程度の乗りで買ったような気がしますw その後、両親は、Mercedes-Benz C-Class、Mercedes-Benz E-Classと乗り継いでいるのですが、ベンツと言う選択は、母の見栄の部分もある事は、否定出来ないと思いますw まあ、(私もそうなのですが)、両親は、休日に高速道路を使う機会が多いので、その点において、ドイツ車と言う選択は、良いのだと思いますが。

幼い頃、親に連れられて、実家のコスモで国内旅行をした際に、現地の私よりも年上の(おそらく自動車に興味がある・自動車好きの)見知らぬ男の子が、うちの(実家の)コスモを見て、「品川ナンバーのコスモ、かっけー!」みたいな内容の事を言い、その言葉が耳に残り、子供心になんとなくですが、品川ナンバーってブランド力があるんだなと言う事を初めて認識しましたw」



以下、「」内。12月4日に行った、以下の私の投稿の他の方のレスに対する、私のレスです。。。

日光で、お勧めのハイキングコース前編→
/jp/board/exc_board_1/view/id/2968681?&sfl=membername&stx=nnemon2


「ちなみに、11月前半の、 coco111さんの悩み板の投稿、「占い 」において、以下「」内のようにレスしましたが。。。

「理想は72歳で眠るように逝きたいのに(T_T)>調度、我が家の近所の実家の私の母と同年代ですが、母は父(母と同年代)と2人で、未だにスキーにも行っていますw  coco111さんも72歳になった時に、パートナーさんとまだボディーボードを続けている事を目標にして下さいw ただ、屋外でのスポーツ・海水浴・ハイキング等は、スキンケア(日焼け防止等)に十分に気をつけて。私は男ですし、肌の色は日焼けに強い色黒系なので(両親色白ですが、母方の祖父からの隔世遺伝。肌の色は竹野内豊さんと同じ感じですw)、特にスキンケアはしていませんが(海水浴時・スキー時に日焼け止めを塗る位)。

coco111さんは、仕事柄、車に乗っている時間が長いと思いますが、室内(車内)だからと言って、車も油断なりません。特に顔・首・手・腕の日焼けに気をつけて。ちなみに実家の両親は、長年乗り潰すつもりで乗って来たW211ベンツを買い替える事を検討しているようです(ベンツは母の見栄の部分があったと思いますが、もうベンツである必要はないし、お金の無駄遣いなので、今度は、国産のものを検討しているようです)。何れにしても買い替えを検討しているという事は、両親は、まだ当分の間、車の運転を続けるつもりであるようです。これから高齢化社会、安全の為、自動運転が普及して行くといいんですけどね。」

その後、近所の実家の両親と話す機会があった際に、両親は買い替える車に関して、プリウスも検討の選択肢に入れているようですw おいおい、息子の真似かいっw

私の車に関しては、以下の投稿を参照して下さい。

C級アイドル?他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2964814?&sfl=membername&stx=nnemon2

まあ、親は、プリウス買うとしても、私とは色違いの物を買うようですし(ちなみに、私は、今の自分の車(現行プリウス)の色は気に入っています)、(色々と付いた)私よりも高いグレードの物を買うと思いますが。車のダウンサイジングに関しては、親よりも、子供(私)の方が早かったというw

ちなみに、父は、母に負けずに元気で、まあ、私の実家は、元々、大食いの家系なのですが(ちなみに、私は、母の痩せの大食い体質を受け継いでいますw 大食いと言っても標準よりも、少し多く食べる程度ですが)、上の両親の車の買い替えに関する話を聞いた際に、両親から聞いた話なのですが、この前、両親が、両親と同年代の両親と親しい友人夫妻と4人で、一泊2日の温泉旅行に行った際に、その両親の友人夫妻は、温泉宿の朝食バイキングで、父が、(おそらく少なからぬ)スクランブルエッグと共に、目玉焼き(2個)と、温泉玉子2個とっているのを見て、驚いていたと言っていましたw ちなみに、その両親の友人夫妻の夫の方は、食が細くて、私の父の3分の1程度しか食べないようです(し〜さまさんタイプの体質なのかもしれません)。

以下、参考の投稿。

お中元(cyugen)→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2629844/page/15?&sfl=membername&stx=jlemon


以下「」。両親を連れて、私と両親の3人で、箱根の富士屋ホテルに泊まった際の投稿から抜粋して来た物w

「この日の朝食は、両親の希望で(両親が、バイキング(buffet)の方が、良いと言った為)、富士屋(fujiya)ホテルの、主食堂(main diningroom)の建物に入っている、富士屋(fujiya)ホテルの、カジュアル(casual)な雰囲気の、洋食・西洋料理レストランの、朝食バイキング(buffet)で食べました。」

以下、参考の投稿。

箱根(hakone)富士屋(fujiya)ホテル他→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2833620/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon


以下、私の母と、私の彼女(私の今の彼女)を連れて、私、私の母、彼女(私の今の彼女)の、3人で、湯河原の伊藤屋に泊まった時に関する投稿です。

湯河原の老舗温泉旅館等→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2835192/page/8?&sfl=membername&stx=nnemon

以下「」内 。前に行った以下の投稿から抜粋して来た物。

身長と胸の話等→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2863056/page/5?&sfl=membername&stx=nnemon

「ちなみに、私の今の彼女は、美人さんですが、顔は、彼女の父親(会社員)似です。私も、私の彼女も、比較的、多く、食べ物を食べる方ですが(そう言っても、標準よりも、若干(ほんの、少しだけ)、多く食べる程度です)、幸いな事に?、(比較的、たくさん)食べても、太らない体質です。彼女は(彼女は、身長は、170cmと高いです)、胸が、大きいので(G-cupあります)、食べた栄養が、胸に行ってしまうのかもしれませんw。私の実家も、彼女の実家も、比較的、たくさん、食べ物を食べる家系(家族)なのですが(そう言っても、標準よりも、若干(ほんの、少しだけ)、多く食べる程度です)、特に、私の母(専業主婦)、及び、彼女の母(専業主婦)は、(比較的、たくさん)食べても、太らない体質で、私、及び、私の彼女は、体質は、それぞれの、母親に似たのかもしれません。彼女の母親(身長は、彼女程、高くはありませんが、比較的、高く、胸は、E-cup(彼女の情報w)と、大き目な方です)は、昔から、比較的、たくさん食べるのに、痩せていたそうで、今でも、(年齢の割に)、比較的、たくさん、食べ物を食べますが、痩せていますし、私の母も(身長は、163cm位と、私の母の世代の女性にしては、比較的、高い方です)、昔から、比較的、たくさん食べるのに、痩せており、今でも、(年齢の割に)、比較的、たくさん、食べ物を食べますが、痩せています。また、彼女の父親も(彼女の父親も長身です)、私の父親も(身長は、177cmと、私の父親の世代にしては、背が高い方です)、中年になって以降、それなりに肉が付きましたが、(年齢の割に、比較的、たくさん食べるものの)、別に、太っていると言う程ではなく、同世代の男性の標準的な、体形と言った感じです(私の父も、彼女の父も、若い頃は、痩せていました)。」





以下、「」内。4月30日に行った、上の「」内でリンクを付けた投稿、「湯河原の老舗温泉旅館等」と言う投稿から抜粋して来た物です。



「以下、前に行った投稿から抜粋して来た物で、私が、近所の実家の私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の、伊藤屋(itouya)と言う歴史のある高級温泉旅館に宿泊して来た時の物です。ちなみに、この時の、少し前には、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)と言う高級classの温泉旅館に一泊して来ました(ちなみに、山翠楼(sansuirou)は、彼女と二人でも宿泊した事があります)。ちなみに、何れの形態の旅行(私と、私の母と、彼女の3人の宿泊を伴う旅行、及び、私と、彼女と、彼女の母の3人の宿泊を伴う旅行)も、とても珍しい物で、と言うか、今まで、それぞれ、その時(私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の伊藤屋(itouya)に宿泊した時と、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)に宿泊した時)、1回だけです。

ちなみに、彼女と彼女の母の仲は、決して上手く行っている訳ではないのですが、私と、彼女の母の仲は、特に悪くも何もありません(彼女の母の、私に対する、人当たりは、良いですと言うか、何故か、不思議と、気に入られてる感すらありますw)。


ちなみに、この、私が、近所の実家の私の母と、彼女を連れて(私と、私の母と、彼女の3人で)、湯河原(yugawara)の、伊藤屋(itouya)と言う歴史のある高級温泉旅館に宿泊して来た時の旅行も、私が、彼女と、彼女の母を連れて(私と、彼女と、彼女の母の3人で)、湯河原(yugawara)の、山翠楼(sansuirou)に宿泊した時の旅行も、旅館の宿泊費等、旅行の、お金は、全員分、私が、支払っています。」


彼女(私の今の彼女。以下、彼女と書きます)と彼女の母の関係性に関しては、以下の投稿を参照して下さい。

いじめが起きる本当の原因他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2938874/page/5?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、4月28日に行った2つ上の「」内でリンクを付けた投稿、「箱根(hakone)富士屋(fujiya)ホテル他」と言う投稿から抜粋して来た物です。




「私は、その時の事に関して、kjで、アップ(upload)していますが、私は、一昨年の、2月の終わりに、(我が家の近所の私の実家の)両親を連れて、箱根(hakone)の、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊して来ました。

私の2歳年下の弟(東京の西部郊外に暮らしています)は、既に、結婚して、子供がいて、今は、子育てに忙しいので、今の所、こう言う役割は、私と言う事で。。。

その前の年の12月の初めに、両親を連れて、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊して来た時に(その時、両親と旅行したのは、とても久しぶりでした。その時の事も、kjで、アップ(upload)しています)、勢いで、両親に、今度、富士屋(fujiya)ホテルに連れて行くと言ってしまった事が、その時の、両親を連れた、富士屋(fujiya)ホテルの宿泊に、繋がりましたw(ちなみに、それから、私は、両親を旅行に連れて行っていませんし、これから、やや、しばらくの間は、両親を連れて旅行に行くかどうかは、ちょっと分かりませんw)。

富士屋(fujiya)ホテルがある、箱根(hakone)(東京圏(東京圏の南部を占める県である、神奈川(kanagawa)県)の、南西端部に位置します)は、日光(nikko)(栃木(tochigi)県(東京圏の北端に位置する県)に位置する)と並ぶ、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地です。ちなみに、箱根(hakone)は、東京近郊を代表するリゾート(resort)地・保養地・観光地・避暑地であり、私の両親は、よく、箱根(hakone)に訪れていますし、私も、今まで、たくさん、箱根(hakone)に訪れています。

金谷(kanaya)ホテル(日光(nikko)を代表する、歴史のある高級リゾート(resort)ホテル。1873年開業)は、私は、子供の頃、私の母方の祖父に連れられて、(私の母方の祖父母、両親、弟と共に)、3回、大人になってから1回(女性と2人での、coupleでの宿泊)の
、合計4回、宿泊した事があります。私の両親は、金谷(kanaya)ホテルは、私が、子供の頃に、私の母方の祖父(私の母方の祖父母)に連れられて、子供と共に(私と、私の弟と共に)、3回、宿泊した事があります。

前述の通り、私の母方の祖父は、普段の生活は、つましかったですが、何故か、家族を(妻、娘夫婦、孫)を、金谷(kanaya)ホテルに連れて行く事に関しては、気前が良かったです。ちなみに、日光(nikko)は、私の母方の祖父の、お気に入りの場所でした。

私は、富士屋(fujiya)ホテルは、今まで、6回、宿泊しています(一昨年の、2月の終わりに、(我が家の近所の私の実家の)両親を連れて、箱根(hakone)の、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊して来た時の、1回を除き、(残りの5回は)、全て、couple(女性と2人)での宿泊)。

(亡くなった)私の母方の祖父母は、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した事がありましたが(母方の祖父母は夫婦で宿泊した事があり、母方の祖母に関しては、結婚前(子供の頃を含む)、母方の祖母の家族でも宿泊した事あり)、私の母は、その時まで、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した事がありませんでした。また、私の父は、その時まで、富士屋(fujiya)ホテルは、会社の研修で、一度、宿泊した事がありましたが、個人的な旅行で宿泊した訳ではないので、富士屋(fujiya)ホテルの雰囲気を、ゆっくりと味わう事は、全く、出来なかったそうです。その様な事から、その前の年の12月の初めに、両親を連れて、箱根(hakone)の、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)と言う、温泉旅館に宿泊して来た時に(その時、両親と旅行したのは、とても久しぶりでした)、弾みで(勢いで)、両親に、今度、富士屋(fujiya)ホテルに連れて行くと言ってしまった事が、その時の、両親を連れた、富士屋(fujiya)ホテルの宿泊に繋がりましたw ちなみに、その時の、両親の、富士屋(fujiya)ホテルの印象が良かったらしく、両親は、その時から今まで、2回、夫婦で、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊している様です。


ちなみに、上記の、私の、両親を連れた、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)に宿泊した旅行、及び、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した旅行の、宿泊費、食事代等は、両親の分を含めて、全て、私が支払っています。」


私の両親に関しては、以下の投稿を参照して下さい。

妻が夫の容姿に惚れ夫が優しければ夫婦円満説→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2843289/page/7?&sfl=membername&stx=nnemon



以下の投稿も、参照して下さい。


東京人と田舎→
/jp/board/exc_board_1/view/id/2834459/page/4?&sfl=membername&stx=nnemon
湘南(syonan)モノレール(monorail)他→
/jp/board/exc_board_1/view/id/2842705/page/3?&sfl=membername&stx=nnemon
似てるw他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2974138?&sfl=membername&stx=nnemon2
姉妹他 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2974518?&sfl=membername&stx=nnemon2
女性いとこ同士他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2974562?&sfl=membername&stx=nnemon2
普通のカップルとマンネリカップルの違い他→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2973417?&sfl=membername&stx=nnemon2
私と弟 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2836127/page/8?&sfl=membername&stx=nnemon
身長と胸の話等→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2863056/page/5?&sfl=membername&stx=nnemon
年収500万以下からの脱出法他 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2962047/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2
【悲劇】若いうちに稼げないとどうなるか他 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2969686/page/1?&sfl=membername&stx=nnemon2
理想の結婚を妄想!他 →
/jp/board/exc_board_8/view/id/2957263/page/3?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、参考に、私の彼女(私の今の彼女)と、箱根(hakone)の、強羅(goura)環翠楼(kansuirou)という歴史のある温泉旅館に宿泊した時に関する投稿です。

箱根の老舗温泉旅館1→
/jp/board/exc_board_11/view/id/2835924/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon



以下、参考に、私の彼女(私の今の彼女)と、箱根(hakone)の、環翠楼(kansuirou)という歴史のある温泉旅館(「強羅(goura)環翠楼(kansuirou)」とは、別の温泉旅館です)に宿泊した時に関する投稿です。


箱根の老舗温泉旅館2-1 →
/jp/board/exc_board_11/view/id/2835923/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon
箱根の老舗温泉旅館2-2 →
/jp/board/exc_board_11/view/id/2835921/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon
箱根の老舗温泉旅館2-3 →
/jp/board/exc_board_11/view/id/2835920/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon



以下の投稿も、参照して下さい。


箱根の日帰りドライブデートの例→
/jp/board/exc_board_1/view/id/2967938?&sfl=membername&stx=nnemon2




以下、400年近い歴史を有する温泉旅館他4からの続きです。。。



以下、上の「」内で書いた、私の、両親を連れた、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)に宿泊した旅行に関する、私の前の投稿から抜粋して来た物です(2016年に行った投稿です)。



この時、私達が、宿泊した温泉旅館については、「400年近い歴史を有する温泉旅館他2」と「400年近い歴史を有する温泉旅館他3」を、松永 安左エ門(matsunaga yasuzaemon)記念館については、「400年近い歴史を有する温泉旅館他3」と「400年近い歴史を有する温泉旅館他4」を参照して下さい。




ちなみに、以下の文で、「ちなみに、私の両親は、ウォーキング(運動を兼ねて歩く事)・ハイキング(hiking)も好きで、(普段、運動不足気味の)私よりも、歩くのが速く、足も丈夫な位ですw 」と書いていますが、その事に関連して、以下「」内。私の前の投稿文より。。。



「私の両親は、昔から、とても仲が良く、子供(私と私の2歳年下の弟)が親離れしてからは(それぞれの楽しみを見つけて週末や休日を基本的に別々に楽しむようになってからは)、週末や休日にしょっちゅう夫婦二人で遊びに出掛けるようになり、それが父・母とも既に高齢者である現在まで続いています。我が家の近所の私の実家の両親は、二人共、高齢者になった、今でも、夫婦、とても仲が良く、頻繁に、二人で遊びに出掛けています。私の父は、会社員ですが、現在、半分、定年退職状態で、私の両親は、年齢的には高齢者の中で若い年齢ではありますが、夫婦で、よく二人共通の趣味のゴルフに行きますし(両親は、未だに、夫婦で、スキーにも行きます)、夫婦で、海外を含めた、長期旅行も、よくしており、私の父は、仕事と遊びを、とても、元気に楽しみ続けています。私は、両親の(まあ、私の母は、私の父と結婚してから、ずっと主婦ですが。。。)、元気と、パワーが(力が)、羨ましい位ですw」


以下の投稿文に、大倉(okura)財閥が出て来ますが、大倉(okura)財閥については、以下の投稿も、参照して下さい。

現代日本様式後編→
/jp/board/exc_board_14/view/id/2833736/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon
 

以下、「」内。上でリンクを付けた投稿の、ホテルokura(Hotel Okura)に関する説明は、wiki等を参考にしました。


「ホテルokura(Hotel Okura)は、大倉(okura)家(第二次世界大戦以前の、日本の、中規模、財閥(第二次世界大戦以前の日本の15大財閥の一つ)家)の当主であり、貴族(男爵)(実業家系の貴族。ちなみに、間違っていたら、申し訳ありませんが、おそらく、近代日本においては、実業家系の貴族(国への経済的な貢献により、貴族の地位が与えられた、実業家の家)は、どんなに財産があっても、基本的に、男爵(貴族の中では、一番、低い地位)止まりでした)でもあった、大倉 喜七郎(okura kishichiro)(1882年生まれ。1963年に亡くなる。自動車レース(car racing)等、日本、屈指の趣味人として知られた)により設立された、ホテルです。

 大倉 喜七郎(okura kishichiro)の父であり、先代の大倉(okura)家の当主である、大倉 喜八郎(okura kihachiro)(1837年生まれ。1928年に亡くなる。実業家・貴族(男爵(実業家系の貴族))は、帝国ホテル(Imperial Hotel)(1890年開業)の設立に、大きく関わった人物の一人であり、その事から、大倉(okura)家(大倉(okura)財閥。近代日本の中規模財閥の一つ。第二次世界大戦以前の日本の15大財閥の一つであった)は、帝国ホテルの経営を行っていましたが、1922年、大倉 喜七郎(okura kishichiro)は、父である、大倉 喜八郎(okura kihachiro)の後を継いで、帝国ホテルの会長に就任し、また、1924年に、大倉(okura)財閥の当主に就任しました。

しかしながら、それぞれ、連合国軍最高司令官総司令部(Supreme Commander of the Allied Powers)(第二次世界大戦の、日本の敗戦に伴い、日本において占領政策を実施した連合国軍の機関。1952年、日本の、完全な、主権の回復により、活動を停止)の政策である、財閥の解体(財閥の廃止)、公職追放(第二次世界大戦以前の日本の体制下において、政治・経済・軍事等の分野で、重要な地位に就いていた者達の、(重要な職務への)就職が、第二次世界大戦直後の、一時期、禁止された)、貴族制度の廃止により、大倉 喜七郎(okura kishichiro)は、第二次世界大戦後、多くの財産を失うと共に、帝国ホテルの会長の地位も失い(帝国ホテルの経営から、離れざるを得なくなり)、さらに、貴族としての地位も失いました。
 
大倉 喜七郎(okura kishichiro)は、公職追放の解除後、帝国ホテルの社長への就任(帝国ホテルの経営への復帰)を、切望しましたが(強く望みましたが)、適わず、ホテル経営の未練から、最晩年に、自身の邸宅(大倉(okura)家の邸宅)の敷地の跡に、ホテルokura(Hotel Okura)を建て、1962年に開業しました(大倉 喜七郎(okura kishichiro)は、ホテルokura(Hotel Okura)の開業の翌年の、1963年に亡くなりました)。

ホテルokura(Hotel Okura)は、大倉 喜七郎(okura kishichiro)が、近代日本の最後の男爵(貴族)の一人であったと言う意地により、又、近代日本の貴族の精神を、(後の時代に至るまで)証明する為に(ちなみに、大倉 喜七郎(okura kishichiro)が当てはまるかどうかは、分かりませんが、日本の、金持ちは、一般的に、伝統的に、中国や中東の金持ちと違って、派手さよりも、風流さを好み(割と地味で)、見える所よりも、見えない所に、お金をかけるイメージがあります)、(最晩年に)、自身の邸宅(大倉(okura)家の邸宅)の敷地の跡に、「帝国ホテルを超えるホテル」を目指して、開業したホテルです(ちなみに、帝国ホテルは、大倉 喜七郎(okura kishichiro)の父である、大倉 喜八郎(okura kihachiro)が設立し、大倉 喜七郎(okura kishichiro)が、発展させたホテルです)。ちなみに、個人的には、ホテルokura(Hotel Okura)は、とても良いホテルであると思うものの、帝国ホテルを、あらゆる面において、超える事は、出来ていないと思います。」

 



以下、2016年に行った投稿から抜粋して来た物です。ちなみに、前述の通り、私の、両親を連れた、萬翠楼 福住(bansuiro fukuzumi)に宿泊した旅行、及び、富士屋(fujiya)ホテルに宿泊した旅行の、宿泊費、食事代等は、両親の分を含めて、全て、私が支払っています




以下、この時の2日目(以下、この日と書きます)の続きです。



この日は、旅館を、のんびりと、チェックアウト(checkout)した後、小田原(odawara)市の、丘陵地の、別荘地区にある、松永(matsunaga)記念館を訪れました。小田原(odawara)は、神奈川(kanagawa)県(東京圏の南部を占める県。箱根(hakone)も、神奈川(kanagawa)県に属する)南西部にある中都市で、箱根(hakone)の観光の拠点となっている中都市です。小田原(odawara)は、温暖な気候等から、近代以降、別荘地としても注目を集め、多くの政財界人・軍人(将校)等が、小田原(odawara)に、別荘・邸宅を構えました。


私は、古い建物を観賞したりするのが、好きなので、松永(matsunaga)記念館は、この時を、含めて、何回か訪れていますし、私の両親も、この時の前に、松永(matsunaga)記念館を訪れた事がありましたが、両親は、この時まで、紅葉の時期に、松永(matsunaga)記念館を訪れた事がなかったので、この時、両親を、松永(matsunaga)記念館に連れて行きました。この時、松永(matsunaga)記念館の、紅葉は、調度、見頃でした。




写真以下11枚。松永(matsunaga)記念館を訪れた後、松永(matsunaga)記念館の、駐車場に、自動車を、少し、そのまま、置かせて貰って、松永(matsunaga)記念館の周辺を、散歩した際に撮影した、小田原(odawara)市の、丘陵地の、別荘地の風景例。ちなみに、私の両親は、ウォーキング(運動を兼ねて歩く事)・ハイキング(hiking)も好きで、(普段、運動不足気味の)私よりも、歩くのが速く、足も丈夫な位ですw   小田原(odawara)市の、丘陵地の、別荘地は、現在は、基本的には、普通の、一戸建て住宅・普通の別荘の合間に、かつての、政財界人等の、別荘の跡地、及び、敷地の広い、金持ち等の別荘・住宅等が、点在していると言った感じになっています。































大きな、個人の別荘(記憶が曖昧ですが、たぶん。。。)の、入り口。



写真以下4枚。広い敷地を有する、1920年に建てられた、かつての、大倉(okura)財閥(近代日本の中規模財閥の一つ。第二次世界大戦以前の日本の15大財閥の一つであった)家の、小田原(odawara)の別荘の、入り口。数年前までは、旅館・食堂として運営されていたのですが(食事で、何度か、利用した事がありました)、閉店してしまいました。現在は、広い敷地は、手入れもされておらず、荒れ放題となっている様です。雰囲気の良い場所であったのに、残念です。




















写真以下。小田原(odawara)駅周辺にある、両親が、餃子(dumpling)が、お気に入りの、中国料理食堂で、この日の、昼食を、遅目の時間に、食べてから、東京都心部に帰りました。この中国料理食堂は、私は、この時、初めて利用しました(この時、両親の、勧めで、この中国料理食堂で、昼食を食べる事になりました)。



写真以下5枚。これで、全てではありませんが、この中国料理食堂で食べた、この日の昼食。餃子(dumpling)を、メイン(main)に(メイン(main)料理にして)(餃子(dumpling)は、3人で分けて食べました)、その他は、それぞれが(各自が)、食べたい物を注文して、食べました。

写真以下3枚は、この時、私が食べた、海老チリと、ご飯(rice)の組み合わせの、昼食メニュー(menu)。


















これは、参考に、この時、父が食べた、10種類の、薬膳(yakuzen)(健康・滋養等に良い)調味料を使った、薬膳(yakuzen)(様々な、健康・滋養等に良い食材を用いた、療養・健康・滋養等に、効果があるとされる中国料理)麺料理。この麺料理は、この中国料理食堂で、餃子(dumpling)と並んで、父の、お気に入りの料理である様です。




餃子(dumpling)。餃子(dumpling)は、後で、もう一皿、追加で頼んで食べました(一度に、纏めて注文し、纏めて来ると、食べている途中に、冷めてしまうので)。餃子(dumpling)は、3人で、分けて食べました。



400年近い歴史を有する温泉旅館他、終り。。。









TOTAL: 282

番号 タイトル ライター 参照 推薦
222 沖縄(okinawa)ハートロック他 nnemon2 2021-01-30 1337 0
221 女神湖他 nnemon2 2021-01-30 1474 0
220 ワイルドブルーヨコハマ(Wild Blue Yokohama) (10) nnemon2 2021-01-28 1000 0
219 下北沢(shimokitazawa)他 nnemon2 2021-01-20 1417 0
218 残暑避暑の高原滞在1 (2) nnemon2 2021-01-16 1090 0
217 残暑避暑の高原滞在2 nnemon2 2021-01-16 1453 0
216 東京都心散歩(ピーター・ドイグ(Peter Doig)展) (1) nnemon2 2020-12-30 1706 1
215 ディズニーアンバサダーホテルHYPERION LOUNGE nnemon2 2020-12-29 1192 0
214 ハチ公ソース・桃のカレー・林檎外交他 nnemon2 2020-12-23 1078 0
213 東京カレンダー他 (12) nnemon2 2020-12-22 1828 0
212 1970年代原宿の画像がロンドンみたいな件?他 nnemon2 2020-12-19 2944 0
211 六本木ヒルズ森タワー展望台とモダンスペイン料理レス… nnemon2 2020-12-16 1840 0
210 東京sky tree nnemon2 2020-12-15 1397 0
209 目黒(meguro)川の桜他 nnemon2 2020-12-14 1161 0
208 東京driveお台場から私の街までのdrive動画(動画は借り… nnemon2 2020-12-13 1577 0
207 高尾(takao)山散歩6 nnemon2 2020-12-08 1834 0
206 アリビラ(alivila)の、香り他 nnemon2 2020-12-07 1153 0
205 大阪 美々卯(mimiu) (2) nnemon2 2020-12-06 1754 0
204 コープ・オリンピア、原宿 南国酒家他 (4) nnemon2 2020-12-05 1711 0
203 或る列車他 nnemon2 2020-12-05 1356 0