旅行 GreenZonePositiveRelationship






以下、最近の投稿。

北海道伝統のインスタント焼き蕎麦 やきそば弁当他→
/jp/board/exc_board_14/view/id/3392586?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、参考の投稿。

夏の湘南drive→
/jp/board/exc_board_1/view/id/3311449/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2
葉山(hayama)のビーチ(beach)沿いのレストラン他→
/jp/board/exc_board_1/view/id/3319926/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2







以下の投稿内容に関して、ちなみに、私の実家(元々、私の母方の祖父母の家で、母方の祖父母共既に亡くなり、現在は、両親が引き継いで暮らしている。ちなみに、母は、一人っ子です)は、我が家(東京都心部の西部の静かで落ち着いた住宅地に位置します)の近所にあります。




以下、2019年の5月に行った、「湘南(syonan)モノレール(monorail)他」と言う投稿から抜粋して来た物です。



東京の近郊の、茅ヶ崎(chigasaki)、江ノ島 (enoshima)(藤沢(fujisawa))、(以下は、三浦(miura)(半島)areaとして、湘南(syonan)には、含めない考え方もあるが、私は、湘南(syonan)に含めて考えている。このへんは、地元の人も、結構大雑把だと思う)、鎌倉(kamakura)、逗子(zushi)、葉山(hayama)、横須賀(yokosuka)(西海岸の一部)等から成る、湘南(syonan)(東京圏の南部を占める神奈川(kanagawa)県の南部に位置する)は、東京都心部方面から見て、横浜(東京areaの海の玄関口(gateway)である、大きな港町。神奈川(kanagawa)県の中心都市)の向こう側(反対側)に隣接するareaであり、東京areaに暮らす人々にとって、 最も身近な、東京近郊のビーチリゾート(beach resort)地となっています。湘南(syonan)は、海岸線で見ると30km位ある様な気がしますが、大磯(ooiso)、二宮(ninomiya)辺りまで含めると、(海岸線で見ると)50km近く有る様な気がします。




湘南(syonan)モノレール(monorail)(1970年開業。路線距離6.6km)は、東京の南部近郊、電車(東京都心部への近郊電車・横浜の郊外住宅地を経由して横浜都心部への通勤電車等)の大船(ofuna)駅(大船(ofuna)駅周辺(内陸部に位置します)は、湘南(syonan)areaの主要な繁華街の一つとなっています)と、湘南(syonan)の、江ノ島(enoshima)を結ぶ、懸垂式の(suspended)モノレール(monorail)です。







動画は、借り物。湘南(syonan)モノレール(monorail)の、大船(ofuna)駅から、江ノ島(enoshima)までの、全線(路線距離6.6km)の、前面展望。鎌倉(kamakura)山の住宅地は、湘南(shonan/syonan)深沢(fukasawa)駅(上の動画の6分50秒)から、西鎌倉(Nishi Kamakura/西kamakura)駅(上の動画の10分26秒)までの、左側の、緑の多い、高台に位置します。上の動画の13分過ぎ辺りから、前方に海が見えて来ます。モノレール(monorail)の江ノ島(enoshima)駅(モノレール(monorail)の終点駅)から、海(江ノ島(enoshima)の海岸)までは、少し距離があります(とは言っても、歩いて5分位かな。。。)。









以下、前に行った投稿から抜粋して来た物です。



以下、「」内。前の他の方の投稿の私のレスより。。。

「実は百年の孤独は、近所の実家の父がお気に入りの酒の一つで、私は、美味しいとは思うけど、ただ、それだけと言った感じで、別に我が家で常時買い置いて、飲みたいと思う程の酒では全くないと言うw」

東京都心部の西部の、静かで落ち着いた住宅地にある、我が家の近所の、私の実家は、敷地面積100坪程(約330平方m)の、庭がある、一戸建て住宅です。私の実家は、元々、私の母方の祖父母の家で、現在は、両親が、その家を引き継いでいます(ちなみに、私の母は、一人娘です)。元々は、私の母方の祖母の父(田舎の、裕福な地主であった)が、東京に保有していた不動産の一つであった物で(私の母方の祖母の父が、私の母方の祖母が結婚した際に、私の母方の祖父母に与えた物。当時の中流階級の一戸建て住宅として、小さな方であったと思います)、元々の家の建物は、1920年代頃?に建てられた、日本伝統式の住宅の建物だった様ですが、現在の家の建物は、1960年代初め頃に、建替えられた物です(現在は、耐震補強もなされています)。ちなみに、私の母方の祖父も、私の母方の祖母も、既に、亡くなっています。



ちなみに、我が家は、狭い土地に3階建ての(1階部分の半分くらいが駐車場の)、居住床面積30坪(約100平方m)程の庭がない、地価が高い、東京中心部(東京23区)の、典型的な、比較的、新しい、庶民向けの、一戸建て住宅です(新築で購入した物です)。


両親は、東京都心部の我が家の近所の実家(元々、母方の祖父母の家。現在は、両親が引き継いで暮らしている)に暮らしているのですが、21年程前に、湘南(syonan)areaに、父が仕事を引退したら暮らす為の別荘(別荘とは言っても、典型的な別荘ではなく、普通の一戸建て住宅です)を、新築で、購入しました。父が、半分、定年退職状態になってからは(父は、会社員で、母は、父と結婚してから、ずっと主婦をしています)、両親は、基本的に、一週間の内の、半分を、東京都心部の我が家の近所の実家(元々、母方の祖父母の家。私の母にとっては、元々両親の家。ちなみに、母は、一人っ子です)、もう半分を、保養と気分転換に、湘南(syonan)areaの別荘で過ごしています。今の所、都会での生活が捨て難く(まあ、湘南(syonan)areaも、自動車生活圏で見れば、十分都会だと思いますが)、東京都心部の家(我が家の近所の私の実家)及び近所(私の街)に愛着がある(特に、母にとっては、生まれ育った家と街なので。。。)事等から、両親は、父が完全に定年退職しても、基本的に、一週間の内の半分を、東京都心部の家(我が家の近所の私の実家)、もう半分を、気分転換に、湘南(syonan)areaの別荘で過ごすと言う生活は、続けるつもりだそうです。

後述する、私の長野(nagano)県の別荘(別荘とは言っても、比較的裕福な人々が保有する様な典型的な別荘ではなく、庶民的な中古の一戸建て住宅ですが。。。)も、そうですが、両親の、湘南(syonan)areaの別荘も、眺めが良く(窓等からの景色が良く)、そこで過ごしているだけで快適です(まあ、長野(nagano)県の、私の別荘に滞在中は、周辺の森をハイキング(hiking)・散歩したり、周辺をdriveしたり、何だかんだ言って、出掛ける事が、多いのですが。。。)。


以下、前に行った投稿から抜粋して来た物で、(両親が旅行中に)、私の、今の彼女と、両親の、湘南(syonan)areaの別荘を利用させて貰って、滞在し、仕事をしたり、のんびりしたりしていた時に関する投稿から抜粋して来た物です。



この日の夜と、この翌日の夜、この翌々日の夜は、両親の、湘南(syonan)areaの別荘に置いてある、お酒(spirits)の中から、ウイスキー(whisky)を2本程(2本とも、丸々、一本分の量、飲んだ訳ではありませんがw)、頂いてw、ロック(on the rocks)で飲んだのですが、写真は、そのウイスキー(whisky)(この他にも、この時、両親の、湘南(syonan)areaの別荘に滞在中、夜、ちょこちょこっと(少しずつ)、両親の、湘南(syonan)areaの別荘に置いてある、お酒(spirits)を、幾つか飲みましたw)。左、Nikka(下の補足説明参照)の鶴(tsuru)17年と言うウイスキー(whisky)(Nikkaの最高級classの、ウイスキー(whisky)の一つです)、右、Old Parrの12年。
Nikka:サントリー(Suntory)(1899年創業の、日本の大規模whisky会社。本社は、大阪)と共に、日本を代表するウイスキー(whisky)会社(サントリー(Suntory)と共に、日本の2大、ウイスキー(whisky)会社)。1934年、北海道(hokkaido)で創業。



以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。


ちなみに、以下、「」内。私の前の投稿文より。。。

「私は、両親とも、酒に強くて酒飲みでw、遺伝により、酒は強いです。酒は、基本、どんなに飲んでも酒に飲まれる事はありませんw
それは、ウイスキーをストレートでボトル1本を超えて、比較的短時間で飲めば、時間差で後から腰は抜けますが(学生の頃の話w)、どんなに飲んでも、性格は、普段よりも陽気で上機嫌になる位で、大きくは変わりません。

日本酒、ワイン、ウイスキー、ビール、焼酎なんでも行けますが、私は、お酒の飲み方は、本来的には、ウイスキーの様な、濃いお酒を、ロックで、チビリチビリと飲むのが好きです。

私の今の彼女は、私の事を、「酒癖の良い男」と呼んでいます。何故ならば、彼女と二人きりで飲んでいて、私は酒に酔えば酔う程、彼女を賛辞する言葉・彼女の対する甘い言葉が、臆面もなく、どんどん飛び出て来るからです(彼女は、それは、まんざらではないようですw)。私は彼女よりもずっと年上の大人ではあるのですが、そうです、二人共馬鹿なんですw」

ちなみに、私の今の彼女は、酒に弱いです。




以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。





動画は、借り物。鎌倉(kamakura)山の住宅地の、drive動画。動画の4分50秒辺りからは、七里ヶ浜(shichirigahama)の住宅地です。



上の動画の46秒から50秒までの右側。鎌倉(kamakura)で、お気に入りの、ケーキ(cake)店の一つです。




以下、このケーキ(cake)店に関する物で、前に行った投稿から抜粋して来た物で、2016年の6月の下旬に、(両親が、旅行中に)、両親の、湘南(syonan)areaの別荘を利用させて貰って、彼女と滞在し、仕事をしたり、のんびりしたりしていた時の物から抜粋して来た物です。ちなみに、自動車で行きました(自動車でないと不便であるので、両親の、湘南(syonan)areaの別荘を利用させて貰う時は、いつも自動車で行きます)。


鎌倉(kamakura)を散歩した後は、各種、食料品・食材の買い物をする等した後(鎌倉(kamakura)で、お気に入りの、ケーキ(cake)店の一つで、ケーキ(cake)を買ったり、紀ノ国屋(kinokuniya)(1910年創業。東京圏に店舗を展開する、日本の、高級マート)の、鎌倉(kamakura)の店舗で買い物をしたり、大衆的なマートで買い物をしたり、パン店で、パンを買ったりした後)、両親の、湘南(syonan)areaの、別荘に行きました。


写真以下3枚。鎌倉(kamakura)山にある、ケーキ(cake)店で、ケーキ(cake)を買いました(このケーキ(cake)店は、鎌倉(kamakura)で、お気に入りの、ケーキ(cake)店の一つです)。鎌倉(kamakura)山は、山では無く、鎌倉(kamakura)市の西部に位置する標高100m程の丘陵地で、1920年代に、高級別荘地として開発され、現在も、高級住宅地・別荘地となっています。




















以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。




上の動画の1分辺りから1分20秒辺りの右側。鎌倉(kamakura)山にある、元々、個人の別荘であった、蕎麦・日本料理食堂です。



以下、前に行った投稿から抜粋して来た物で、この、蕎麦・日本料理食堂に関する物で、2013年の、9月の前半に、(両親が旅行中に)、両親の、湘南(syonan)areaの別荘を利用させて貰って、彼女と滞在し、仕事をしたり、のんびりしたりしていた時の物から抜粋して来た物です。ちなみに、この時、私の今の彼女と付き合って初期の頃で、彼女は、まだ大学2年生でしたが(私も、まだ30代の後半でした)、私は、当時から、特に遠慮はしないで(自然体で)、彼女に、大人の世界を見せて来ました。ちなみに、上で書いた、ケーキ(cake)店を初めて利用した時の事も書いています。


この翌日(5日目。最終日。以下、この日と書きます)は、朝寝坊をし、(両親の、湘南(syonan)areaの別荘で)遅い朝食兼昼食を食べた後は、(両親の湘南(syonan)areaの別荘を出発し、我が家に帰る前の)片付け、掃除等をし、午後の夕方近くに、両親の、湘南(syonan)areaの別荘を出発し、鎌倉(kamakura)山の、蕎麦食堂等で、間食・おやつとして、蕎麦等を食べてから、東京都心部(東京都心部の西部の静かで落ち着いた住宅地に位置します)の我が家に帰って来ました。



 

写真以下16枚。鎌倉(kamakura)山にある、元々、個人の別荘であった、蕎麦・日本料理食堂で、間食として蕎麦を食べました。この蕎麦・日本料理食堂を利用したのは、この時で、2回目でした。この、蕎麦・日本料理食堂は、元々、個人の別荘であった物で、敷地面積は、約50,000平方m(約15,000坪)あります。

 

参考に、以下、鎌倉(kamakura)について、少し説明します。鎌倉(kamakura)は、中世(1185年から1333年まで)に、日本の政治の中心地であった中都市であり、中世以来の歴史を有する、寺や神社(shrine)が、数多くあります(ただし、鎌倉(kamakura)の寺や神社(shrine)の、現在の建物については、(極一部の例外を除き)中世よりも後の時代に、火事等の焼失により、再建された物であったり、時代に合わせて、建て替えられている物です)。その為、鎌倉(kamakura)は、東京近郊の主要な観光地の一つとなっています。鎌倉(kamakura)は、(中世には、日本の政治の中心地でしたが)、15世紀半ば以降衰退し、一時期、基本的に衰退した状態に有りましたが、19世紀頃から、徐々に観光地として発展し始め、また、19世紀後期以降、東京に近い近代別荘地・保養地として発展し、再興しました(wikiを参考にしました)。さらに、鎌倉(kamakura)は、1920年代、1930年代頃から、横浜や東京に通勤する、大学教授や高学歴(大学卒)会社員等の、インテリ(知識人)中流層・中上流層が暮らす、郊外住宅地として発展して行きました。また、鎌倉(kamakura)は、19世紀後期以降、作家や詩人等、多くの文学者が、好んで、居住し、若しくは、別荘を構えて来ており、鎌倉(kamakura)は、現在も、小説家や、画家、文系の大学教授等、文化人達に好まれ、鎌倉(kamakura)及びその周辺には、こうした人々が、多く暮らしているようです。その一方において、鎌倉(kamakura)は、現在は、若者に人気が高い、東京近郊の(東京areaに暮らす人々にとって、最も身近な)ビーチリゾート(beach resort)地である湘南(syonan)areaの一部としての側面も有しています。


 

写真以下3枚。鎌倉(kamakura)山の風景例(この蕎麦・日本料理食堂食堂周辺の風景)。鎌倉(kamakura)山は、山では無く、鎌倉(kamakura)市の西部に位置する標高100m程の丘陵地で、1920年代に、高級別荘地として開発され、現在も、高級住宅地・別荘地となっています。









写真以下15枚。この時、間食として、蕎麦を食べた、蕎麦・日本料理食堂。この、蕎麦・日本料理食堂は、元々、個人の別荘であった物で(鎌倉(kamakura)山が、高級別荘地として開発された1920年代から、この蕎麦・日本料理食堂が開業した1969年まで、個人の別荘であった物で)、敷地面積は、約50,000平方m(約15,000坪)あります。




向こうに見える門は、この蕎麦・日本料理食堂の門。

 






写真左側。この蕎麦・日本料理食堂の入り口の門。個人の別荘だった時からの、入り口の門で、鎌倉(kamakura)の寺の、1642年に建てられた門を、同寺が、宮城(miyagi)県に移転する際に、1931年に、移築した物です。








写真以下5枚。この蕎麦・日本料理食堂の敷地の風景例。この蕎麦・日本料理食堂は、鎌倉(kamakura)山が、高級別荘地として開発された1920年代から、この蕎麦・日本料理食堂が開業した1969年まで、個人の別荘であった物で、敷地面積は、約50,000平方m(約15,000坪)あります。































写真以下3枚。この蕎麦・日本料理食堂の建物。1階が、手頃な値段で食事が出来る、蕎麦食堂、2階が、高級日本料理食堂となっています(2階の、高級日本料理食堂の方は、利用した事がありません)。この蕎麦・日本料理食堂の建物は、この蕎麦・日本料理食堂の敷地内にある、この蕎麦・日本料理食堂が、個人の別荘であった時からの建物の一つで、おそらく、個人の別荘であった時の、別荘の、メイン(main)の建物だった物です。この建物は、江戸(edo)時代(17世紀から19世紀半ば)に建てられた、現在の横浜郊外の、裕福な農家(裕福な農民の家)の、古い、メイン(main)の建物を、1920年代に、わざわざ移築した物です。この別荘の、オーナー(owner)は、別荘に、派手さよりも、風流を求める人だったようです(日本の近代の金持ちは、その様な人も、多かったようです)。





















写真以下5枚。この蕎麦・日本料理食堂の、1階の蕎麦食堂で、間食として、蕎麦を食べました。

 


写真以下2枚。食堂の席から眺めた、この、蕎麦・日本料理食堂の、敷地。














写真以下3枚。この時、この、蕎麦・日本料理食堂の、1階の蕎麦食堂で、間食として食べた蕎麦。冷たい蕎麦の、天麩羅蕎麦を食べました(二人共、同じ蕎麦(冷たい蕎麦の、天麩羅蕎麦)を食べました)。



















この、蕎麦・日本料理食堂の蕎麦は、それ程、美味しくありません(まあ、普通と言った感じ。。。手打ち蕎麦として見た場合は、不味い方。。。)。また、庭園の管理も、少し雑な感じで、従業員のサービス(service)の感じも、場所柄を考えると、雑な感じです。それでも、ゆったり過ぎる位、ゆったりとした環境の中で(敷地面積は、約50,000平方m(約15,000坪)と、食堂・レストランとしては、非常に広い)、気軽な値段で(1階の蕎麦食堂の場合。。。)、蕎麦が食べられる点は、良いと思います。






写真以下。蕎麦食堂で、蕎麦を食べた後は、前に、目に付いてから、ちょっと気になっていた、鎌倉(kamakura)山の、ケーキ(cake)店で、おやつとして、(飲み物と共に)ケーキ(cake)を食べてから、東京都心部の我が家に帰って来ました。このケーキ(cake)店は、店内が、簡易なカフェ(cafe)の様になっていて、店内で、飲み物と共に、ケーキ(cake)が、食べられる様になっています。

 


写真以下5枚。このケーキ(cake)店の建物及び、このケーキ(cake)店の周辺の景色。



































写真以下2枚。この時、このケーキ(cake)店で、(飲み物と共に)食べたケーキ(cake)。


 


彼女が食べた、緑茶(green tea)系のケーキ(cake)。

 







私が食べた、ケーキ(cake)。


 

 

このケーキ(cake)店は、この時、初めて利用したのですが、このケーキ(cake)店のケーキ(cake)、美味しかったです。このケーキ(cake)店、今後、お気に入りのケーキ(cake)店になりそうです。

 

ケーキ(cake)店で、ケーキ(cake)を食べた後は、東京都心部(東京都心部の西部の静かで、落ち着いた住宅地に位置します)の我が家に帰りました。この日の、夕食は、自動車で、我が家に、一旦、帰った後、歩いて、私の街のカフェ(cafe)に食べに行き、私の街のカフェ(cafe)で、(お酒(アルコール(alcoholic)飲料)等を)飲みながら、食べました。

 


以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。


前述の通り、上の動画の4分50秒辺りからは、七里ヶ浜(shichirigahama)の住宅地です。ちなみに、以下の投稿の、湘南(syonan)の海沿いの高台にある、湘南(syonan)で、お気に入りのレストランの一つは、七里ヶ浜(shichirigahama)の海沿いの高台にあります。

湘南(syonan)&江ノ島(enoshima)→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2686833/page/12?&sfl=membername&stx=jlemon






湘南(syonan)モノレール(monorail)他






以下、最近の投稿。

北海道伝統のインスタント焼き蕎麦 やきそば弁当他→
/jp/board/exc_board_14/view/id/3392586?&sfl=membername&stx=nnemon2



以下、参考の投稿。

夏の湘南drive→
/jp/board/exc_board_1/view/id/3311449/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2
葉山(hayama)のビーチ(beach)沿いのレストラン他→
/jp/board/exc_board_1/view/id/3319926/page/2?&sfl=membername&stx=nnemon2







以下の投稿内容に関して、ちなみに、私の実家(元々、私の母方の祖父母の家で、母方の祖父母共既に亡くなり、現在は、両親が引き継いで暮らしている。ちなみに、母は、一人っ子です)は、我が家(東京都心部の西部の静かで落ち着いた住宅地に位置します)の近所にあります。




以下、2019年の5月に行った、「湘南(syonan)モノレール(monorail)他」と言う投稿から抜粋して来た物です。



東京の近郊の、茅ヶ崎(chigasaki)、江ノ島 (enoshima)(藤沢(fujisawa))、(以下は、三浦(miura)(半島)areaとして、湘南(syonan)には、含めない考え方もあるが、私は、湘南(syonan)に含めて考えている。このへんは、地元の人も、結構大雑把だと思う)、鎌倉(kamakura)、逗子(zushi)、葉山(hayama)、横須賀(yokosuka)(西海岸の一部)等から成る、湘南(syonan)(東京圏の南部を占める神奈川(kanagawa)県の南部に位置する)は、東京都心部方面から見て、横浜(東京areaの海の玄関口(gateway)である、大きな港町。神奈川(kanagawa)県の中心都市)の向こう側(反対側)に隣接するareaであり、東京areaに暮らす人々にとって、 最も身近な、東京近郊のビーチリゾート(beach resort)地となっています。湘南(syonan)は、海岸線で見ると30km位ある様な気がしますが、大磯(ooiso)、二宮(ninomiya)辺りまで含めると、(海岸線で見ると)50km近く有る様な気がします。




湘南(syonan)モノレール(monorail)(1970年開業。路線距離6.6km)は、東京の南部近郊、電車(東京都心部への近郊電車・横浜の郊外住宅地を経由して横浜都心部への通勤電車等)の大船(ofuna)駅(大船(ofuna)駅周辺(内陸部に位置します)は、湘南(syonan)areaの主要な繁華街の一つとなっています)と、湘南(syonan)の、江ノ島(enoshima)を結ぶ、懸垂式の(suspended)モノレール(monorail)です。






<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube-nocookie.com/embed/ZGLrP5eawdY" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
動画は、借り物。湘南(syonan)モノレール(monorail)の、大船(ofuna)駅から、江ノ島(enoshima)までの、全線(路線距離6.6km)の、前面展望。鎌倉(kamakura)山の住宅地は、湘南(shonan/syonan)深沢(fukasawa)駅(上の動画の6分50秒)から、西鎌倉(Nishi Kamakura/西kamakura)駅(上の動画の10分26秒)までの、左側の、緑の多い、高台に位置します。上の動画の13分過ぎ辺りから、前方に海が見えて来ます。モノレール(monorail)の江ノ島(enoshima)駅(モノレール(monorail)の終点駅)から、海(江ノ島(enoshima)の海岸)までは、少し距離があります(とは言っても、歩いて5分位かな。。。)。









以下、前に行った投稿から抜粋して来た物です。



以下、「」内。前の他の方の投稿の私のレスより。。。

「実は百年の孤独は、近所の実家の父がお気に入りの酒の一つで、私は、美味しいとは思うけど、ただ、それだけと言った感じで、別に我が家で常時買い置いて、飲みたいと思う程の酒では全くないと言うw」

東京都心部の西部の、静かで落ち着いた住宅地にある、我が家の近所の、私の実家は、敷地面積100坪程(約330平方m)の、庭がある、一戸建て住宅です。私の実家は、元々、私の母方の祖父母の家で、現在は、両親が、その家を引き継いでいます(ちなみに、私の母は、一人娘です)。元々は、私の母方の祖母の父(田舎の、裕福な地主であった)が、東京に保有していた不動産の一つであった物で(私の母方の祖母の父が、私の母方の祖母が結婚した際に、私の母方の祖父母に与えた物。当時の中流階級の一戸建て住宅として、小さな方であったと思います)、元々の家の建物は、1920年代頃?に建てられた、日本伝統式の住宅の建物だった様ですが、現在の家の建物は、1960年代初め頃に、建替えられた物です(現在は、耐震補強もなされています)。ちなみに、私の母方の祖父も、私の母方の祖母も、既に、亡くなっています。



ちなみに、我が家は、狭い土地に3階建ての(1階部分の半分くらいが駐車場の)、居住床面積30坪(約100平方m)程の庭がない、地価が高い、東京中心部(東京23区)の、典型的な、比較的、新しい、庶民向けの、一戸建て住宅です(新築で購入した物です)。


両親は、東京都心部の我が家の近所の実家(元々、母方の祖父母の家。現在は、両親が引き継いで暮らしている)に暮らしているのですが、21年程前に、湘南(syonan)areaに、父が仕事を引退したら暮らす為の別荘(別荘とは言っても、典型的な別荘ではなく、普通の一戸建て住宅です)を、新築で、購入しました。父が、半分、定年退職状態になってからは(父は、会社員で、母は、父と結婚してから、ずっと主婦をしています)、両親は、基本的に、一週間の内の、半分を、東京都心部の我が家の近所の実家(元々、母方の祖父母の家。私の母にとっては、元々両親の家。ちなみに、母は、一人っ子です)、もう半分を、保養と気分転換に、湘南(syonan)areaの別荘で過ごしています。今の所、都会での生活が捨て難く(まあ、湘南(syonan)areaも、自動車生活圏で見れば、十分都会だと思いますが)、東京都心部の家(我が家の近所の私の実家)及び近所(私の街)に愛着がある(特に、母にとっては、生まれ育った家と街なので。。。)事等から、両親は、父が完全に定年退職しても、基本的に、一週間の内の半分を、東京都心部の家(我が家の近所の私の実家)、もう半分を、気分転換に、湘南(syonan)areaの別荘で過ごすと言う生活は、続けるつもりだそうです。

後述する、私の長野(nagano)県の別荘(別荘とは言っても、比較的裕福な人々が保有する様な典型的な別荘ではなく、庶民的な中古の一戸建て住宅ですが。。。)も、そうですが、両親の、湘南(syonan)areaの別荘も、眺めが良く(窓等からの景色が良く)、そこで過ごしているだけで快適です(まあ、長野(nagano)県の、私の別荘に滞在中は、周辺の森をハイキング(hiking)・散歩したり、周辺をdriveしたり、何だかんだ言って、出掛ける事が、多いのですが。。。)。


以下、前に行った投稿から抜粋して来た物で、(両親が旅行中に)、私の、今の彼女と、両親の、湘南(syonan)areaの別荘を利用させて貰って、滞在し、仕事をしたり、のんびりしたりしていた時に関する投稿から抜粋して来た物です。



この日の夜と、この翌日の夜、この翌々日の夜は、両親の、湘南(syonan)areaの別荘に置いてある、お酒(spirits)の中から、ウイスキー(whisky)を2本程(2本とも、丸々、一本分の量、飲んだ訳ではありませんがw)、頂いてw、ロック(on the rocks)で飲んだのですが、写真は、そのウイスキー(whisky)(この他にも、この時、両親の、湘南(syonan)areaの別荘に滞在中、夜、ちょこちょこっと(少しずつ)、両親の、湘南(syonan)areaの別荘に置いてある、お酒(spirits)を、幾つか飲みましたw)。左、Nikka(下の補足説明参照)の鶴(tsuru)17年と言うウイスキー(whisky)(Nikkaの最高級classの、ウイスキー(whisky)の一つです)、右、Old Parrの12年。
Nikka:サントリー(Suntory)(1899年創業の、日本の大規模whisky会社。本社は、大阪)と共に、日本を代表するウイスキー(whisky)会社(サントリー(Suntory)と共に、日本の2大、ウイスキー(whisky)会社)。1934年、北海道(hokkaido)で創業。



以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。


ちなみに、以下、「」内。私の前の投稿文より。。。

「私は、両親とも、酒に強くて酒飲みでw、遺伝により、酒は強いです。酒は、基本、どんなに飲んでも酒に飲まれる事はありませんw
それは、ウイスキーをストレートでボトル1本を超えて、比較的短時間で飲めば、時間差で後から腰は抜けますが(学生の頃の話w)、どんなに飲んでも、性格は、普段よりも陽気で上機嫌になる位で、大きくは変わりません。

日本酒、ワイン、ウイスキー、ビール、焼酎なんでも行けますが、私は、お酒の飲み方は、本来的には、ウイスキーの様な、濃いお酒を、ロックで、チビリチビリと飲むのが好きです。

私の今の彼女は、私の事を、「酒癖の良い男」と呼んでいます。何故ならば、彼女と二人きりで飲んでいて、私は酒に酔えば酔う程、彼女を賛辞する言葉・彼女の対する甘い言葉が、臆面もなく、どんどん飛び出て来るからです(彼女は、それは、まんざらではないようですw)。私は彼女よりもずっと年上の大人ではあるのですが、そうです、二人共馬鹿なんですw」

ちなみに、私の今の彼女は、酒に弱いです。




以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。




<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube-nocookie.com/embed/Bo3NTzFYO70" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
動画は、借り物。鎌倉(kamakura)山の住宅地の、drive動画。動画の4分50秒辺りからは、七里ヶ浜(shichirigahama)の住宅地です。



上の動画の46秒から50秒までの右側。鎌倉(kamakura)で、お気に入りの、ケーキ(cake)店の一つです。




以下、このケーキ(cake)店に関する物で、前に行った投稿から抜粋して来た物で、2016年の6月の下旬に、(両親が、旅行中に)、両親の、湘南(syonan)areaの別荘を利用させて貰って、彼女と滞在し、仕事をしたり、のんびりしたりしていた時の物から抜粋して来た物です。ちなみに、自動車で行きました(自動車でないと不便であるので、両親の、湘南(syonan)areaの別荘を利用させて貰う時は、いつも自動車で行きます)。


鎌倉(kamakura)を散歩した後は、各種、食料品・食材の買い物をする等した後(鎌倉(kamakura)で、お気に入りの、ケーキ(cake)店の一つで、ケーキ(cake)を買ったり、紀ノ国屋(kinokuniya)(1910年創業。東京圏に店舗を展開する、日本の、高級マート)の、鎌倉(kamakura)の店舗で買い物をしたり、大衆的なマートで買い物をしたり、パン店で、パンを買ったりした後)、両親の、湘南(syonan)areaの、別荘に行きました。


写真以下3枚。鎌倉(kamakura)山にある、ケーキ(cake)店で、ケーキ(cake)を買いました(このケーキ(cake)店は、鎌倉(kamakura)で、お気に入りの、ケーキ(cake)店の一つです)。鎌倉(kamakura)山は、山では無く、鎌倉(kamakura)市の西部に位置する標高100m程の丘陵地で、1920年代に、高級別荘地として開発され、現在も、高級住宅地・別荘地となっています。




















以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。




上の動画の1分辺りから1分20秒辺りの右側。鎌倉(kamakura)山にある、元々、個人の別荘であった、蕎麦・日本料理食堂です。



以下、前に行った投稿から抜粋して来た物で、この、蕎麦・日本料理食堂に関する物で、2013年の、9月の前半に、(両親が旅行中に)、両親の、湘南(syonan)areaの別荘を利用させて貰って、彼女と滞在し、仕事をしたり、のんびりしたりしていた時の物から抜粋して来た物です。ちなみに、この時、私の今の彼女と付き合って初期の頃で、彼女は、まだ大学2年生でしたが(私も、まだ30代の後半でした)、私は、当時から、特に遠慮はしないで(自然体で)、彼女に、大人の世界を見せて来ました。ちなみに、上で書いた、ケーキ(cake)店を初めて利用した時の事も書いています。


この翌日(5日目。最終日。以下、この日と書きます)は、朝寝坊をし、(両親の、湘南(syonan)areaの別荘で)遅い朝食兼昼食を食べた後は、(両親の湘南(syonan)areaの別荘を出発し、我が家に帰る前の)片付け、掃除等をし、午後の夕方近くに、両親の、湘南(syonan)areaの別荘を出発し、鎌倉(kamakura)山の、蕎麦食堂等で、間食・おやつとして、蕎麦等を食べてから、東京都心部(東京都心部の西部の静かで落ち着いた住宅地に位置します)の我が家に帰って来ました。



 

写真以下16枚。鎌倉(kamakura)山にある、元々、個人の別荘であった、蕎麦・日本料理食堂で、間食として蕎麦を食べました。この蕎麦・日本料理食堂を利用したのは、この時で、2回目でした。この、蕎麦・日本料理食堂は、元々、個人の別荘であった物で、敷地面積は、約50,000平方m(約15,000坪)あります。

 

参考に、以下、鎌倉(kamakura)について、少し説明します。鎌倉(kamakura)は、中世(1185年から1333年まで)に、日本の政治の中心地であった中都市であり、中世以来の歴史を有する、寺や神社(shrine)が、数多くあります(ただし、鎌倉(kamakura)の寺や神社(shrine)の、現在の建物については、(極一部の例外を除き)中世よりも後の時代に、火事等の焼失により、再建された物であったり、時代に合わせて、建て替えられている物です)。その為、鎌倉(kamakura)は、東京近郊の主要な観光地の一つとなっています。鎌倉(kamakura)は、(中世には、日本の政治の中心地でしたが)、15世紀半ば以降衰退し、一時期、基本的に衰退した状態に有りましたが、19世紀頃から、徐々に観光地として発展し始め、また、19世紀後期以降、東京に近い近代別荘地・保養地として発展し、再興しました(wikiを参考にしました)。さらに、鎌倉(kamakura)は、1920年代、1930年代頃から、横浜や東京に通勤する、大学教授や高学歴(大学卒)会社員等の、インテリ(知識人)中流層・中上流層が暮らす、郊外住宅地として発展して行きました。また、鎌倉(kamakura)は、19世紀後期以降、作家や詩人等、多くの文学者が、好んで、居住し、若しくは、別荘を構えて来ており、鎌倉(kamakura)は、現在も、小説家や、画家、文系の大学教授等、文化人達に好まれ、鎌倉(kamakura)及びその周辺には、こうした人々が、多く暮らしているようです。その一方において、鎌倉(kamakura)は、現在は、若者に人気が高い、東京近郊の(東京areaに暮らす人々にとって、最も身近な)ビーチリゾート(beach resort)地である湘南(syonan)areaの一部としての側面も有しています。


 

写真以下3枚。鎌倉(kamakura)山の風景例(この蕎麦・日本料理食堂食堂周辺の風景)。鎌倉(kamakura)山は、山では無く、鎌倉(kamakura)市の西部に位置する標高100m程の丘陵地で、1920年代に、高級別荘地として開発され、現在も、高級住宅地・別荘地となっています。









写真以下15枚。この時、間食として、蕎麦を食べた、蕎麦・日本料理食堂。この、蕎麦・日本料理食堂は、元々、個人の別荘であった物で(鎌倉(kamakura)山が、高級別荘地として開発された1920年代から、この蕎麦・日本料理食堂が開業した1969年まで、個人の別荘であった物で)、敷地面積は、約50,000平方m(約15,000坪)あります。




向こうに見える門は、この蕎麦・日本料理食堂の門。

 






写真左側。この蕎麦・日本料理食堂の入り口の門。個人の別荘だった時からの、入り口の門で、鎌倉(kamakura)の寺の、1642年に建てられた門を、同寺が、宮城(miyagi)県に移転する際に、1931年に、移築した物です。








写真以下5枚。この蕎麦・日本料理食堂の敷地の風景例。この蕎麦・日本料理食堂は、鎌倉(kamakura)山が、高級別荘地として開発された1920年代から、この蕎麦・日本料理食堂が開業した1969年まで、個人の別荘であった物で、敷地面積は、約50,000平方m(約15,000坪)あります。































写真以下3枚。この蕎麦・日本料理食堂の建物。1階が、手頃な値段で食事が出来る、蕎麦食堂、2階が、高級日本料理食堂となっています(2階の、高級日本料理食堂の方は、利用した事がありません)。この蕎麦・日本料理食堂の建物は、この蕎麦・日本料理食堂の敷地内にある、この蕎麦・日本料理食堂が、個人の別荘であった時からの建物の一つで、おそらく、個人の別荘であった時の、別荘の、メイン(main)の建物だった物です。この建物は、江戸(edo)時代(17世紀から19世紀半ば)に建てられた、現在の横浜郊外の、裕福な農家(裕福な農民の家)の、古い、メイン(main)の建物を、1920年代に、わざわざ移築した物です。この別荘の、オーナー(owner)は、別荘に、派手さよりも、風流を求める人だったようです(日本の近代の金持ちは、その様な人も、多かったようです)。





















写真以下5枚。この蕎麦・日本料理食堂の、1階の蕎麦食堂で、間食として、蕎麦を食べました。

 


写真以下2枚。食堂の席から眺めた、この、蕎麦・日本料理食堂の、敷地。














写真以下3枚。この時、この、蕎麦・日本料理食堂の、1階の蕎麦食堂で、間食として食べた蕎麦。冷たい蕎麦の、天麩羅蕎麦を食べました(二人共、同じ蕎麦(冷たい蕎麦の、天麩羅蕎麦)を食べました)。



















この、蕎麦・日本料理食堂の蕎麦は、それ程、美味しくありません(まあ、普通と言った感じ。。。手打ち蕎麦として見た場合は、不味い方。。。)。また、庭園の管理も、少し雑な感じで、従業員のサービス(service)の感じも、場所柄を考えると、雑な感じです。それでも、ゆったり過ぎる位、ゆったりとした環境の中で(敷地面積は、約50,000平方m(約15,000坪)と、食堂・レストランとしては、非常に広い)、気軽な値段で(1階の蕎麦食堂の場合。。。)、蕎麦が食べられる点は、良いと思います。






写真以下。蕎麦食堂で、蕎麦を食べた後は、前に、目に付いてから、ちょっと気になっていた、鎌倉(kamakura)山の、ケーキ(cake)店で、おやつとして、(飲み物と共に)ケーキ(cake)を食べてから、東京都心部の我が家に帰って来ました。このケーキ(cake)店は、店内が、簡易なカフェ(cafe)の様になっていて、店内で、飲み物と共に、ケーキ(cake)が、食べられる様になっています。

 


写真以下5枚。このケーキ(cake)店の建物及び、このケーキ(cake)店の周辺の景色。



































写真以下2枚。この時、このケーキ(cake)店で、(飲み物と共に)食べたケーキ(cake)。


 


彼女が食べた、緑茶(green tea)系のケーキ(cake)。

 







私が食べた、ケーキ(cake)。


 

 

このケーキ(cake)店は、この時、初めて利用したのですが、このケーキ(cake)店のケーキ(cake)、美味しかったです。このケーキ(cake)店、今後、お気に入りのケーキ(cake)店になりそうです。

 

ケーキ(cake)店で、ケーキ(cake)を食べた後は、東京都心部(東京都心部の西部の静かで、落ち着いた住宅地に位置します)の我が家に帰りました。この日の、夕食は、自動車で、我が家に、一旦、帰った後、歩いて、私の街のカフェ(cafe)に食べに行き、私の街のカフェ(cafe)で、(お酒(アルコール(alcoholic)飲料)等を)飲みながら、食べました。

 


以上、前に行った投稿から抜粋して来た物でした。


前述の通り、上の動画の4分50秒辺りからは、七里ヶ浜(shichirigahama)の住宅地です。ちなみに、以下の投稿の、湘南(syonan)の海沿いの高台にある、湘南(syonan)で、お気に入りのレストランの一つは、七里ヶ浜(shichirigahama)の海沿いの高台にあります。

湘南(syonan)&江ノ島(enoshima)→
/jp/board/exc_board_8/view/id/2686833/page/12?&sfl=membername&stx=jlemon







TOTAL: 282

番号 タイトル ライター 参照 推薦
282 箱根(hakone)富士屋(fujiya)ホテル....... (7) nnemon2 2021-10-04 2151 0
281 日光金谷ホテルの伝統料理 虹鱒のソ....... (3) nnemon2 2021-10-04 1856 0
280 鎌倉 石窯ガーデンテラス他 (1) nnemon2 2021-09-28 2072 0
279 箱根 富士屋ホテル 花御殿他 (1) nnemon2 2021-09-28 1804 0
278 特急列車の思い出 (1) nnemon2 2021-09-27 2181 0
277 湘南(syonan)モノレール(monorail)他 (1) nnemon2 2021-09-27 2075 0
276 湯島天神・神田明神他 (2) nnemon2 2021-09-24 2001 0
275 熱海 来宮神社他 (1) nnemon2 2021-09-24 1663 0
274 東京都心散歩前編 (1) nnemon2 2021-09-21 1678 0
273 東京都心散歩後編 (1) nnemon2 2021-09-21 1847 0
272 中野(nakano) (5) nnemon2 2021-09-15 2157 0
271 桜の花見散歩1 (1) nnemon2 2021-09-09 1939 0
270 桜の花見散歩2 (1) nnemon2 2021-09-09 1812 0
269 府中市郷土の森博物館2 (3) nnemon2 2021-08-31 1764 0
268 府中市郷土の森博物館3 nnemon2 2021-08-31 1490 0
267 府中市郷土の森博物館4 (1) nnemon2 2021-08-31 1743 0
266 戦前の日本の空の旅他 (5) nnemon2 2021-08-25 1989 0
265 高幡不動尊 金剛(kongou)寺1 (5) nnemon2 2021-08-05 2355 0
264 高幡不動尊 金剛(kongou)寺2 (1) nnemon2 2021-08-05 1996 0
263 高幡不動尊 金剛(kongou)寺3 (1) nnemon2 2021-08-05 1963 0